Tag: 2019/9

シンポジウム「コミュニティで創る・育てるコミュニケーションロボット」

名称 シンポジウム「コミュニティで創る・育てるコミュニケーションロボット」
主催 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 人間環境学専攻
日時 2019年9月21日13時から17時
場所 東京大学 先端知ビル 武田ホール
内容 ———-
シンポジウム
『コミュニティーで創る・育てるコミュニケーションロボット』

日時:2019年9月21日(土)13:00-17:00
場所:東京大学 武田先端知ビル 武田ホール

趣旨:現在、高齢社会を豊かにするための科学・技術システムの開発が急務となっています。本シンポジウムでは、地域コミュニティーにてフィールド・ベースのコンセプトをもとに実践してきた、「在宅高齢者の生活で必要となる重要な情報を提供する情報支援ロボットの開発」を紹介します。また、このフィールド・ベースの考え方、創り方は様々なシステム開発に応用でき、日本で生まれた技術の海外への移転においても役立つものと考えています。本シンポジウムでは、このような視点を背景に持ちつつ、University College Dublin(UCD)の小舘先生、JSTプログラムオフィサーの伊福部先生からご講演をいただくとともに、本プロジェクトの紹介、コミュニケーションロボットの活用に向けた取り組みをされている関係機関の方々からの講演、そして今後の展開について議論したいと思います。
★本シンポジウムは、東京大学共創センターLL交流会との連携企画です★
詳細URL HP: http://www.atl.k.u-tokyo.ac.jp……formation/
対象 どなたでも参加可能です
学生の
参加可否
参加可 
参加費 シンポジウムは参加無料です。懇親会に参加される方は1000円になります。
定員 100名ほど
申込み方法 HP/事前申込先: http://www.atl.k.u-tokyo.ac.jp……formation/
問い合わせ先:(担当)荒木、二瓶
       e-mail: comrobo_s2019@atl.k.u-tokyo.ac.jp
申込み締切 9月19日まで
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 問い合わせ先
東京大学大学院 新領域創成科学研究科 人間環境学専攻 生活支援工学分野 (担当:二瓶、荒木)
TEL:04-7136-5538 E-mail:comrobo_s2019@atl.k.u-tokyo.ac.jp
http://www.atl.k.u-tokyo.ac.jp……formation/

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7582/

第119回横浜CBTに集う会「CBT、マインドフルネス、リラクセーションの前に」

名称 第119回横浜CBTに集う会(認知行動療法を学んでいます)「CBT、マインドフルネス、リラクセーションの前に」
主催 横浜CBTに集う会(認知行動療法を学んでいます)
日時 2019年9月26日(木)19時~21時
場所 ウイリング横浜 11階会議室2
京急線、横浜地下鉄線上大岡駅徒歩数分
内容 テーマ:「CBT、マインドフルネス、リラクセーションの前に」
向井清二さん(産業カウンセラー・一般社団法人下町グリーフサポート響和国 理事)

わたしは、「マインドフルネス体験講座」や「自分でできるリラクセーション講座」などを行なっています。横浜CBTに集う会では5年ほど前から、時折話題提供をさせていただいています。
今回は、私が講座で共通に大切にしている、五感を意識的に確認できる状態にするために、心がけていることを、説明と体験をとおして共有できればと思います。
詳細URL 横浜CBTに集う会ホームページ http://yokohamacbt.jimdo.com/
対象 認知行動療法やテーマに興味や関心がある人ならどなたでも
学生の
参加可否
参加可 
参加費 500円(会場費・資料代、学生は無料)
定員 なし
申込み方法 申し込みは不要ですが、ホームページよりメールをいただけるとありがたいです。
申込み締切 なし。当日お気軽にお越しください。
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ なし。当日お気軽にお越しください。
備考 本会の詳細や年間予定等が本会ホームページにあります。
サンドウィッチやおにぎりを食べながらご参加ください。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7575/

自動車運転という作業への支援 ~脳損傷者を中心に~

名称 自動車運転という作業への支援 ~脳損傷者を中心に~
主催 東京都作業療法士会 自動車運転と移動支援対策委員会
日時 2019年9月28日(土) 
9:30~12:00 (9:00受付開始)
場所 首都大学東京 秋葉原サテライトキャンパス 〒101-0021 東京都千代田区外神田 1-18-13 秋葉原ダイビル 12 階
内容 講師:加藤 貴志 先生
(井野辺病院 作業療法士,運転と作業療法 研究会 副代表)

自動車運転は対象者が地域で活動の場を広げるための手段となりますが、実際にどのように支援を行えば良いのか悩まれる事が多いのではないかと考えます。
今回の研修では、かねてより精力的に自動車運転支援に携わる井野辺病院の加藤貴志先生より、実際の事例をもとに運転支援についてのご講演を頂けます。
多くの方のご参加をお待ちしております。
詳細URL https://tokyo-ot.com/lecture/18078.html
対象 自動車運転支援に興味・関心のある方
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 1000 円:東京都作業療法士会会員 2000 円:非会員
定員 60名 
申込み方法 申し込み
下記URL またはPDFのQR コードの申し込みフォームより申し込みください

URL
https://docs.google.com/forms/……49bNtwfRPs
申込み締切 2019 年 9 月 27 日(金)
生涯教育
ポイント
2ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ y.m0812327@gmail.com
三浦悠(東京都作業療法士会 自動車運転と移動支援対策委員会 )

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7555/

臨床シーティングセミナー 理論編×実技編~身近なものを利用して除圧効果のあるクッションを作ろう~

名称 臨床シーティングセミナー 理論編×実技編~身近なものを利用して除圧効果のあるクッションを作ろう~
主催 日本ユニバーサルリハビリテーション協会
日時 2019年9月27日 (金) 10:00~16:30(受付開始9:40)
場所 八王子市芸術文化会館いちょうホール(東京都八王子市本町24-1)
内容 クッションは買わずに作ってシーティング&フィッティング!そのために・・・
【理論を応用して、身の回りのものを使って姿勢保持を行ないます】

■世界中のシーティング、座位保持の概念や技術をまとめ、急性期、回復期、維持期でそれぞれに対応した姿勢を考えよう。回復段階やADLに合わせた姿勢保持を考えます。
■姿勢とは運動であり、日常様々な姿勢をとります。同じ姿勢は一つもありませんし、同じ姿勢をとり続ける事は不可能です。そこで、ひとつのシーティングの概念や技術、勉強会、セミナーで謳われているものだけで満足せず、そのすべてを統合して、その障害回復段階やADL(日常生活活動)に合わせたシーティング、フィッティングを行う技術が必要となります。
■使うものは、シートのたるんだ車椅子、タオル、バスタオル、段ボール、そして中身は身近にあるすぐに準備出来る物。お金をかけずに、短時間で作ります。

<プログラム>
-理論編- シーティングやフィッティングに関する理論、原理をを身につけます
■世界にある様々なシーティングの技術
■廃用にはこのシーティングを使う
■脳神経系のシーティングはこう考える
■業者シーティング、コンサルティングシーティングの導入時の注意点
■人間工学とシーティング&姿勢保持

-実技編- 身近にある物を解剖学、運動学、物理学を基にして、座れる道具に変えて実際に使う。
■作り方の概要説明
■実技1 エアフォースクッションの作り方
■実技2 ゲルフォースクッションの作り方
■実技3 エラスティックフォース(イーフォース)クッションの作り方

施設や病院内の限られた環境で、姿勢保持や座位保持を考え、結果を出していく方法論と技術を習得する研究を「臨床シーティングセミナー」で共有しましょう。
詳細URL http://universalreha.com/
対象 作業療法士、 看護師、 理学療法士、介護福祉士
学生の
参加可否
参加可 
参加費 15000円(クッション作製材料含む)
定員 5名
申込み方法 ホームページよりお申し込みください  http://universalreha.com/
申込み締切 2019年9月24日(火)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本ユニバーサル リハビリテーション協会
TEL 042-208-0102/E-mail otmode@jcom.home.ne.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7552/

令和元年度公認心理師現任者講習会(JTA)

名称 令和元年度公認心理師現任者講習会(JTA)
主催 一般社団法人日本遠隔カウンセリング協会(JTA)
日時 ●京都私学会館:2019年9月9日(月)・10日(火)・13日(金)及び14日(土)9:30-19:20(全4日間)●CIRQ(シルク)新宿:2019年12月7日(土)・8日(日)・28日(土)及び29日(日)9:30-19:20(全4日間)
●AP日本橋:2020年1月10日(金)・11日(土)・12日(日)及び13日(月)9:30-19:20(全4日間)
場所 ・京都私学会館
・CIRQ(シルク)新宿
・AP日本橋
内容 平素は格別のお引き立てにあずかり、厚くお礼申し上げます。この度はJTA主催講習会を下記により開催いたしますので、ご案内申し上げます。

一般社団法人日本遠隔カウンセリング協会(JTA)は、2019年8月13日付で、文部科学大臣及び厚生労働大臣より公認心理師現任者講習会実施機関のご指定を受けました。
これまで95%以上の受講者から高い評価をいただき、3期目のご指定を受けることができました(運営事務局に関する受講者アンケート「非常によかった」「よかった」の割合)。
今回は、2019年9月から2020年1月までに京都講座(1講座)と東京講座(2講座)を開催いたします。

現在、Web申し込みの先着順でお申込みを承っております。未受講の方のご応募はもちろん、お知り合いへのご周知も歓迎いたします。

——————————————————–
内容:令和元年度公認心理師現任者講習会(JTA)

費用:65,000円(税込み価格)

詳細: https://kouninshinrishi.jtaonline.or.jp/

お問い合わせ窓口(電子メール):gcontact@jtaonline.or.jp

※JTAは、公認心理師現任者講習会(2018-2019)指定事業者、ストレスチェック実施者養成研修の法定研修実施事業者、公認心理師100人力の運営事業者です。心理専門職の職能団体として、公認心理師(候補者)の育成に取り組んでおります。
——————————————————–
詳細URL https://kouninshinrishi.jtaonline.or.jp/
対象 受験資格の特例(公認心理師法、法附則第2条第2項)に該当する現任者の方
学生の
参加可否
参加可 受験資格の特例(公認心理師法、法附則第2条第2項)に該当する現任者の方
参加費 65,000円(税込み価格)
定員 ・京都私学会館:100名
・CIRQ(シルク)新宿:500名
・AP日本橋:324名
申込み方法 募集を締め切りました
[ 情報ページURL ] https://kouninshinrishi.jtaonline.or.jp/
申込み締切 募集を締め切りました
Web申し込みの先着順
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ
備考

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7551/

『CIセラピーとタナベセラピー講習会』神奈川支部・ナイトセミナー ~明日からの臨床に役立つ知識と技術を蓄積する~

名称 『CIセラピーとタナベセラピー講習会』神奈川支部・ナイトセミナー ~明日からの臨床に役立つ知識と技術を蓄積する~
主催 タナベセラピー研究会・日本CIセラピー研究会 神奈川支部
日時 2019年9月27日(金)
19:00‐21:00
場所 ウィリング横浜 12階 123研修室
www.yokohamashakyo.jp/willing/……4-1-1.html
内容 【上肢機能・机上課題コース】
評価から治療まで、基本的な手技を復習しながらCIセラピーにおける反復・課題指向型練習、シェーピングを学びます。はじめて受講される方には評価の基礎から、より実践的なアプローチを学びたい方には臨床での応用展開の仕方を指導します。座位での実技演習がメインです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー本講習会では、若手作業療法士の育成に尽力され続け、中枢神経系の疾患を多く扱うリハビリテーション病院や整形外科病院、自費診療での治療経験も豊富な近藤昭彦先生から直接指導を受け、片麻痺当事者に対する治療演習を行います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回、定員20名に対し、10名の片麻痺サポーターが協力参加します。サポーター1名に対し、参加者2名のグループで実習していく形式 です。
手技だけでなく、なぜそれを行うのか、評価はどうすればいいのかなど、参加者ひとりひとりの疑問に丁寧に応える指導を受けることが出来ます。
明日からの臨床に必ず役立ちます! ぜひご参加下さい。
詳細URL facebook タナベセラピー
対象 PT、OT、および、鍼灸師、PT/OT学生など
学生の
参加可否
参加可 
参加費 2,000円
※当日の現金徴収です。
定員 20名
定員になり次第、締め切ります。
申込み方法 ≪申し込み方法≫
申し込みフォームよりお申込み下さい。
https://forms.gle/oyT7Jda8iDEBBzu56
申込み締切 定員になり次第、締め切ります。
生涯教育
ポイント
なし。
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ ご不明なことや、受付メールが届かない、などございましたら、tanabetherapyentry@yahoo.co.jp へご連絡下さい。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7545/

住宅改造・改修セミナー

名称 住宅改造・改修セミナー
主催 (福)神奈川県総合リハビリテーション事業団
日時 令和元年9月28日(土) 10:00~16:10
場所 神奈川リハビリテーション病院 3階研修室 (厚木市七沢516)
内容 この研修では、リハ専門職やケアマネジャー、建築関係者等の方々を対象に、高齢者や障害者の「住宅改造・改修」に必要な視点や、改修についての考え方を学びます。
詳細URL https://www.chiiki-shien-hp.ka……hab.or.jp/
対象 医療職、福祉職、建築関係者
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 3,000円
定員 30名
申込み方法 地域リハビリテーション支援センター ホームページよりお申込みください。
申込み締切 定員になり次第締め切ります。
生涯教育
ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ (福)神奈川県総合リハビリテーション事業団
地域リハビリテーション支援センター 一木・砂川
TEL:046-249-2602
MAIL:chiiki-shien.kensyu@kanagawa-rehab.or.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7537/

促通反復療法

名称 促通反復療法
主催 湘南OT交流会
日時 2019年9月22日13:00~16:00
場所 茅ヶ崎市民文化会館4階大会議室
内容 脳卒中治療ガイドライン2015では,上肢機能障害に対するリハビリテーションの項目で、「麻痺が軽度から中等度の患者に対して促通反復療法などの反復訓練を行うことが勧められる(グレードB)」とされています。今回のセミナーでは、促通反復療法の理論と実際を事例や基本的な手技のデモなどを交えながらご紹介致します。

講師:大郷和成さん(かながわ促通反復療法連絡会 代表)
詳細URL https://shounanot.wixsite.com/……t/schedule
対象 ご興味ある方でしたらどなたでも
学生の
参加可否
参加可 
参加費 一般3000円
OTS1000円
定員 50名
申込み方法 下記サイトの専用フォームよりお申し込みをお願いいたします.
https://shounanot.wixsite.com/……t/schedule
申込み締切 9/21
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 下記専用サイトよりお願いいたします.
https://shounanot.wixsite.com/……ot/contact

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7535/

ポジショニングR.E.D.セミナー 理論編×実技体感編~微小重力環境で行う筋緊張制御~

名称 ポジショニングR.E.D.セミナー 理論編×実技体感編~微小重力環境で行う筋緊張制御~
主催 日本ユニバーサルリハビリテーション協会
日時 2019年9月1日 (日) 10:00~16:30(受付開始9:40)
場所 多摩平交流センター
(東京都日野市多摩平2-9)
中央本線 豊田駅より徒歩7分
内容 微小重力環境で段階的に筋緊張制御をおこなう治療概念です。

身体質量と重力を拮抗させた環境で行うポジショニングアプローチを行う事で、筋緊張が安定し、関節拘縮の変化と長時間持続する臨床研究が発表されました。
身体にかかる重力が小さくなり、収縮の必然性がなくなる筋、腱は、柔軟性を取り戻し、神経や感覚入力と相互作用していきます。変化した身体状況は自律神経系の安定(副交感神経優位)や呼吸、循環へと波及し、過緊張、低緊張など異常筋緊張の安定に結びついていきます。

長期療養生活を送り、長い年月をかけてもたらされた過緊張や関節拘縮の変化と循環器系の安定例は、これまでの臨床場面では見られなかった新しい発見と、今後の医療に大きく影響する事が示唆されました。
低反撥マットレスを身体質量の比重に合わせて積層する環境設定という単純性は、高い再現性と介入者要因に依存しない筋緊張制御となり、誰が介入しても同じ結果となります。このような現象、結果の蓄積により関節拘縮の概念をも、確実に変える力を持っています。

筋組織の変化と過緊張、低緊張など異常筋緊張の安定、重度の呼吸器疾患、心疾患患者の心拍数、呼吸数、血中酸素飽和度、血圧の安定といった変化は、内部障害への新たなアプローチとしても期待されています。

ポジショニングで関節拘縮を緩和させ身体全体が柔らかくなる効果を共有しましょう。しかも臨床のケアに応用できます。実技では、微小重力環境を体感できます。あなたの身体が数mmHgの身体質量に変化します。その体感がリハビリ、日頃のケアの気付きへ導き治療手段や介助技術に繋がります。
関節拘縮の対応にお悩みの方は一度ご参加ください。
詳細URL http://universalreha.com/
対象 作業療法士、理学療法士、看護師
学生の
参加可否
参加可 
参加費 15000円
定員 5名
申込み方法 ホームページよりお申し込みください  http://universalreha.com/
申込み締切 2019年8月29日 (木)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本ユニバーサル リハビリテーション協会 TEL 042-208-0102/E-mail otmode@jcom.home.ne.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7532/

[東京] 筋膜の新常識 組織滑走法入門講座(SIGなし)

名称 【東京】筋膜の新常識 組織滑走法入門講座(SIGなし)
主催 一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会
日時 2019年9月29日(日)10:00~16:00
場所 東大島文化センター 第1研修室(東京都江東区大島8-33-9)
内容 この研修会では、筋膜周辺の最新の組織解剖を学んだのち「肩関節の可動域制限」「座位安定性の低下」「歩行バランスの不安定さ」などそれぞれの解釈と、対応するための評価、筋膜からのアプローチ方法を学ぶことが出来ます。

このセミナーで学べる4つの機能改善の為のアプローチ

1腹部軟部組織の滑走アプローチ
 腹膜前壁を構成する腹筋群と腹膜との間、腹膜と各臓器との間の滑走を促すアプローチです。
 腹筋群などの筋活動、神経情報伝達が改善し、体幹部が安定しやすくなります。

2肘関節(橈尺関節)周囲の滑走アプローチ
 橈尺関節の可動性低下は食事や更衣動作に多大な影響を与えることがいわれています。
 橈尺関節周囲の組織滑走を促すことにより、肩の代償動作の改善、日常生活動作の改善が期待できます。

3腹腔(体幹深部)組織への滑走アプローチ
 大腰筋や腸骨筋などの体幹深層筋は、腹腔の後方に接するように走行しています。
 腹腔と深層筋との間の滑走を促すことによって、体幹・股関節の可動域が改善し、座位や立位姿勢が安定しやすくなります。

4脛腓関節周囲の組織滑走アプローチ
 近位、遠位の脛腓関節周辺の滑走を促し、距腿関節、距骨下関節の動きを出すアプローチです。
 脛腓関節の可動性向上により、立位や歩行が改善します。

*お申し込みの前に参加規約を必ずご確認ください。
申込をされた時点で同意されたとみなします。
詳細URL http://u0u0.net/TKNd
対象 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 8,640円(税込)
定員 30名(先着になり次第閉め切らせて頂きます。)
申込み方法 詳細・お申し込みはこちらから
》》 http://u0u0.net/TKNd
申込み締切 募集締め切り:2019年9月27日(金)18:00
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会(kanto@iairjapan.jp)

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7527/