Category: 関東

“メリデン版訪問家族支援“について知ろう! ~家族を丸ごと支援する~

名称 “メリデン版訪問家族支援“について知ろう! 〜家族を丸ごと支援する〜
主催 神奈川県作業療法士会学術部 精神障害分野
日時 2020年11月8日(日)
zoom開始13:00
研修会13:30~15:30
場所 オンラインzoom配信
内容 講師:篠崎安志氏 社会福祉士(横浜市青葉区福祉保健センター高齢・障害支援課)
松井洋子氏 看護師(訪問看護ステーションみのり)

内容:「家族支援が必要と思う.…。でもどのように?何を支援したらいい?」と皆さんも臨床で一度は悩んだ経験があるのではないでしょうか?
今回は英国を発祥としたアウトリーチ支援の一つである「メリデン版訪問家族支援」について学ぶ研修を企画しました。横浜でこの家族支援を実践しているお2人を講師にお招きし、本人と家族を対象としている訪問支援についての概要と実践についてお話しいただきたいと思います。日本で実践している臨床家はまだまだ少ないと聞いていますので、今回大変貴重な機会となっています。オンライン開催となりますので、おうち時間を使って気軽にご参加ください。

対象 会員(神奈川県OT士会員で今年度会費納入済みの方)
非会員(神奈川県OT士会員で今年度会費未納の方、他都道府県OT士会員)
その他(OT以外の職種の方、学生等)
学生の
参加可否
参加可 
参加費 会員¥500-,非会員¥2,000- 他1,000⁻
定員 100名
申込み方法 1.https://fs223.formasp.jp/n699/form22/ このフォームに必要事項をご入力ください.
2.申込直後にメールが自動返信されます.メール拒否設定されている方はメールが届かないことがあります.1日経過してもメールが届かない場合はgakuseisin@gmail.comへメールして下さい.
3.会員でお申し込みの方は申込2週間前までに今年度県士会費を納入して下さい.納入状況をお忘れの場合は,県士会事務局にお問い合わせ下さい.(TEL:045-663-5997)
申込み締切 2020年9月28日(月)~2020年10月31日(日) 
※期日を過ぎてからのお申し込みでも十分可能です。講習会担当者までご連絡下さい。
※応募者多数の場合、先着、神奈川県OT士会員を優先し選考いたします。
生涯教育
ポイント
日本作業療法士協会員の方は2ポイント
ポイントシールの配布,受講記録への受講印の押印等の手続きは行いません.
申込時にOT協会番号を入力した方は,学術部担当者からOT協会に研修に参加した旨を連絡します.
研修後,各自でOT協会の会員ポータルサイト(https://www.jaot.net/mm/#/login)でポイントをご確認下さい.(社)日本作業療法士協会会員の方は、受講により2ポイントが付与されます。
託児サービスの
有無
あり
問い合わせ 担当 西前英紀(藤沢病院デイケアセンター)
gakuseisin@gmail.com tel 0466-23-0909

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7934/

[臨床編] 脳機能と高次脳機能障害~優位・劣位半球に分けた各症状と症例から学ぶ解釈とアプローチ~

名称 「【臨床編】脳機能と高次脳機能障害〜優位・劣位半球に分けた各症状と症例から学ぶ解釈とアプローチ〜」
主催 Medical MARKSTAR
日時 2020年11月15日(日)10:00〜16:00
場所 ウィリング横浜ゆめおおおかオフィスタワー
内容 ・「脳機能と高次脳機能障害について、基礎からわかりやすく学びたい」
・「優位半球と劣位半球それぞれの各機能と各症状を整理したい」
・「臨床で役立つ高次脳機能障害の評価法を学びたい」

この講習会では、よりわかりやすく学べるよう、高次脳機能障害の基礎編と臨床編に分け、開催いたします。

【講習会の概要】
・脳機能と高次脳機能障害についての基礎知識
・優位半球の各機能と各症状ついて 〜評価や臨床でのポイント〜
・劣位半球の各機能と各症状ついて 〜評価や臨床でのポイント〜
・高次脳機能障害の臨床像と、押えておくべきポイント
・実際に唐沢先生が治療した症例のVTRと解説

ぜひ、みなさまのお越しを心よりお待ちしております。

詳細URL https://www.markstar.net/higherbrain2020-3/
対象 ・PT
・OT
・ST
・柔道整復師
・鍼灸マッサージ師
・看護師
・トレーナー
・その他医療従事者
学生の
参加可否
参加可 
参加費 7800円
定員 会場での参加:最大20名
zoomでの参加:最大100名
申込み方法 ホームページよりお申込み下さい。
https://www.markstar.net
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ ホームページのお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。
https://www.markstar.net/contact/
備考 資料ダウンロードURLやzoomのURLは、研修会前日にお申込みを頂きましたメールアドレスに送付いたします。

回線状況により音声や動画の不具合の可能性がありますことを、予めご了承下さい。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7931/

新人でもわかる画像所見から読み解く高次脳機能と作業療法

名称 新人でもわかる画像所見から読み解く高次脳機能と作業療法
主催 神奈川県作業療法士会 学術部
日時 R2年10月25日(日) Zoom開始9:45講義10:00~11:30
場所 ※会場での講義はありません
講義は遠隔会議アプリ「Zoom(ズーム)」で行います.
振込が確認でき次第,順次申込者にZoomのURL等をメールでご連絡します.
内容 講師
昭和大学横浜市北部病院 渡部 喬之先生
経歴
2006-2020年 昭和大学藤が丘リハビリテーション病院 勤務
2016年-現在 昭和大学保健医療学部作業療法学科 准教授
2020年-現在 昭和大学横浜市北部病院        勤務
委員歴
2010年-現在 日本作業療法士協会   演題採択委員
学歴
2018年    昭和大学大学院保健医療学研究科 博士号取得
渡部先生は急性期,回復期など様々な期で勤務されており,臨床家でありながら転倒,眼球運動などの研究をされています.昨年,大好評だった内容をさらに急性期の事例を追加して,画像所見,事例,介入のご講義をしていただく予定です.新人の方はもとより,5年以下の若手の方,ベテランの方までどなたでもご参加できます.
対象 神奈川県作業療法士会のR2年度会費を納入された方
神奈川県作業療法士会非会員の方,他都道府県作業療法士会員・非会員の方
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 神奈川県作業療法士会のR2年度会費を納入された方:1,000円
神奈川県作業療法士会非会員の方,他都道府県作業療法士会員・非会員の方:1,500円
<参加費 振込について>
※10月11日までに参加費を振込して下さい.(手数料申込者負担)
※振込の際,必ず振込名義は「G1025 氏名」を入力して下さい.
例)「G1025 カナガワ タロウ」
横浜銀行 関内支店 普通 店番号 310 口座番号 6082830
一般社団法人 神奈川県作業療法士会代表理事 錠内広之
定員 100名
申込み方法 https://fs223.formasp.jp/n699/form22/
このフォームに必要事項をご入力ください.
申込直後にメールが自動返信されます.メール拒否設定されている方はメールが届かないことがあります.1日経過してもメールが届かない場合は1231gakujutukensyu@gmail.comへメールして下さい.
申込2週間前までに今年度県士会費を納入して下さい.納入状況をお忘れの場合は,県士会事務局にお問い合わせ下さい.(TEL:045-663-5997)
申込み締切 9月13日 ~ 10月11日
生涯教育
ポイント
2ポイント
ポイントシールの配布,受講記録への受講印の押印等の手続きは行いません.
申込時にOT協会番号を入力した方は,学術部担当者からOT協会に研修に参加した旨を連絡します.
研修後,各自でOT協会の会員ポータルサイトでポイントをご確認下さい.
https://www.jaot.net/mm/#/login
ポイントのお問い合わせは教育部奥原理事okuhara-sp8@kuhs.ac.jpにお願いします
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 申込等ご質問のある方は,担当 林:1231gakujutukensyu@gmail.comにお問い合わせ下さい.

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7927/

アクティビティ インストラクター資格認定セミナーin東京

名称 アクティビティ インストラクター資格認定セミナーin東京
主催 認定NPO法人芸術と遊び創造協会 高齢者アクティビティ開発センター
日時 2020年10月25日(日)10:00~16:15
場所 国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟
〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町3-1
内容 要介護者のQOL向上を目指す「心の栄養士」として アクティビティ・ケアの基礎知識を1日5時間で学べるセミナーです。

 要介護者のQOL向上のためには、一人ひとりの生活文化を尊重し、利用者が主体的・積極的にかかわれるケアデザインをすることが求められます。
 アクティビティ・ケアでは、「6大ケア」によって、生活に密着したアクティビティを計画、実行し、要介護者のQOL向上を目指します。
     
 初級編の本セミナーでは、施設における活動事例とコミュニケーションを通して、「その人らしい暮らし」を実現するために、アクティビティ・ケアがいかに大切かを学びます。

●講師 
木﨑美江
社会福祉法人多摩大和園 さくら苑 看護師・ケアマネジャー・アクティビティ ディレクター

施設と地域をつなぐコーディネート役としてボランティアを積極的に受入れ,利用者のQOL向上につながる活動に力を入れています。現場経験を活かした豊富な実践事例が、初めてアクティビティ・ケアを知った方にもとてもわかりやすいと大好評です。

※コロナウイルス感染対策として、受講者定員を減らし、手指消毒、マスクの着用、定期的な換気などに注意を払い運営いたします。

詳細URL https://artplaylab.jp/activity_care/activity_instructor/
対象 作業療法士、理学療法士、言語聴覚士、介護福祉士、看護師、医師、美容福祉師、精神保健福祉士、歯科衛生士、臨床美術士、社会福祉士、学生、ボランティア等
学生の
参加可否
条件付きで参加可 専門学校、大学、短期大学の学生の方(高校生以下不可)
参加費 9,900円(税込)
定員 40名
申込み方法 【パソコン・携帯の方】
芸術と遊び創造協会 芸術と遊びらぼ ホームページの「お申込フォーム」をご活用ください。
https://artplaylab.buyshop.jp/categories/1043156
お支払いは、クレジットカード・コンビニ・銀行振込からお選びいただけます

【郵送・ファックスの方】
高齢者アクティビティ開発センター
 住所:〒165-0026 東京都中野区新井2-12-10
    ファックス番号:03-3228-0699

【受講料のお支払いについて】     
郵便局に備え付けの「振込取扱票」の通信欄にお申込内容をご記入の上、ご入金お手続きと共にお申し込みください。
番号:00100-1-387787
加入社名:高齢者アクティビティ開発センター
通信欄:アクティビティ インストラクターセミナー・10/25 講座番号710

申込み締切 定員になり次第締め切り
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 認定NPO法人 芸術と遊び創造協会 
高齢者アクティビティ開発センター
TEL:03-3387-5461
住 所:〒165-0026 東京都中野区新井2-12-10 中野オフィス4階

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7926/

車椅子設計採寸技術と車椅子メンテナンスセミナー ~付属のキットと工具で技術を習得しよう~

名称 車椅子設計採寸技術と車椅子メンテナンスセミナー ~付属のキットと工具で技術を習得しよう~
主催 日本ユニバーサルリハビリテーション協会
日時 2020年10月25日 (日) 10:00~16:30(受付開始9:40)
場所 八王子市芸術文化会館いちょうホール
(東京都八王子市本町24-1)
中央本線 八王子駅から徒歩15分
内容 講師は、長年車椅子メーカーで修業し工学系資格を有した作業療法士です。工学技術とリハビリテーション医学の目線から実際にできるようになるまで丁寧にお教えします。

<車椅子設計身体採寸と適合選定>
車椅子の採寸や車椅子適合、選定のための身体採寸方法がわかっていれば、業者ではなく自身の目線から車椅子を選定できます。
車椅子を自分で採寸し選定できれば、車椅子という治療器具を通じて、在宅でもリハビリの治療効果が持続することになります。工学というきっかけからシーティング技術や概念が身に付くことに繋がっていくでしょう。

●車椅子の構造やメカニズムをお見せします。
●車椅子の測り方。車椅子に座るための身体寸法の測り方。
●処方箋の書き方。図面の書き方。
●車椅子の適合。車椅子の選定。

<車椅子メンテナンス>
車椅子のメンテナンスを怠る事で、ブレーキが効かず、後方へ転倒したり、車椅子上から滑落する事故が依然聞かれます。そのような問題を解消するため、的確で効率のよいメンテナンス方法と調整のポイントをわかりやすく簡単に説明します。
車椅子をメンテナンス出来るようになることが、車椅子住環境の事故を自身の手で予防することに繋がります。また、メンテナンスは車椅子の能力を最大限に引き出す方法です。このため、ADLや日常の姿勢、車椅子シーティングにも大きく関わってきます。車椅子メンテナンスを通じて、最低ここだけ調整すれば、日常で快適に座れてしまうシーティング技術も合わせて紹介します。

●車椅子の構造からメンテナンスのポイント
●タイヤ交換、キャスター調整、ブレーキ調整、車椅子のバランス、車椅子の転がり抵抗、車椅子から異音がした時の対応、パンク修理もやってみましょう。
●メンテナンスと日常の車椅子姿勢の関わりを説明し、簡単なADLシーティングのポイントの実演、実技をします。

詳細URL http://universalreha.com/
対象 作業療法士、 看護師、 理学療法士、介護福祉士
学生の
参加可否
参加可 
参加費 15000円 (採寸用ツールセット、メンテナンス工具セット付属)
定員 5名
申込み方法 ホームページよりお申し込みください
http://universalreha.com/
申込み締切 2020年10月22日(木)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本ユニバーサル リハビリテーション協会 TEL 042-208-0102/E-mail otmode@jcom.home.ne.jp
備考 使用する会場の新型コロナウイルス感染拡大防止措置に従って行います。マスクの着用・手洗い等のご協力をお願いいたします。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7924/

全身の筋緊張制御を行うポジショニングからの 摂食嚥下リハビリテーション理論編×実技体感編

名称 全身の筋緊張制御を行うポジショニングからの 摂食嚥下リハビリテーション理論編×実技体感編
主催 日本ユニバーサルリハビリテーション協会
日時 2020年10月2日 (金) 10:00~16:30(受付開始9:40)
場所 多摩平の森ふれあい館
(東京都日野市多摩平2-9)
中央本線 豊田駅より徒歩6分
内容 摂食嚥下リハビリテーションの新たな視点と介入手段として、嚥下機能に働きかける直接的なアプローチではなく、ポジショニングによって間接的に過緊張を緩和したことで、長期療養生活から嚥下訓練に移行した症例がありました。

【長期療養生活6年、ADL全介助の症例に、局所的ではなく全身の筋緊張を一度に落とすポジショニングを行ったところ、拘縮が変化して端座位や自立、20日後にお楽しみのゼリー食を用いた摂食嚥下訓練の介入に至った。】この内容で第9回摂食嚥下リハビリテーション学会へ口述発表する。
本セミナーは、この原理と、症例報告から全身の筋緊張制御を行うことでの、呼吸筋、横隔膜、呼吸数の低下(過呼吸の変化)、舌骨上筋群、舌骨下筋群の過緊張の改善、摂食嚥下の変化を報告し、『p×s=mg』の物理学的根拠から認知、高次脳機能、筋収縮様式の変化を熟考し考察する。
<プログラム>
【理論編】
●長期療養生活者の過緊張、関節拘縮の変化から関節可動域が改善した症例を提示し、重力をコントロールしたポジショニングを行うことでの様々な効果を報告します。
●実際の介入方法や技術論、ポジショニングR.E.D.の具体的内容を伝達し、また技術指導を行います。
【実技体感編】
●(R.E.D.環境の解説)
訓練場面で低反撥マットレスを重ねてポジショニングをとるだけで、筋緊張の変化から関節拘縮の改善が起こります。この原理、理論を紐解きます。
●(R.E.D.環境を使った訓練場面でのポジショニング実技)
安定した筋緊張は持続します。再び亢進しても適宜継続して介入することで、姿勢の変化や全介助から自立する症例がみられます。この事例を交えながら実践していただきます。
●(R.E.D.を生かした各症例に対してのポジショニング実技)
R.E.D.環境で簡単に過緊張の筋は緩み、姿勢及び嚥下機能は変化します。これを疾患別に説明します。

頸部や肩、肩甲骨が硬く柔軟性が出せないと悩んでいる方、呼吸や循環の安定を提供したいと考えている方、
全身の異常筋緊張に悩んでいる方、摂食嚥下の姿勢制御に悩んでいる方へ・・・全身の筋緊張をコントロールする技術を臥位ポジショニングで簡単に出来る方法を学習します。局所的なマッサージではなく、全身を一気に筋緊張コントロールする技術です。しかも訓練室のみで30分程で終了できるので訓練時間内で施術出来ます。

詳細URL http://universalreha.com/
対象 作業療法士、 言語聴覚士、 理学療法士、看護師
学生の
参加可否
参加可 
参加費 15000円(税込)
定員 5名
申込み方法 ホームページよりお申し込みください
http://universalreha.com/
申込み締切 2020年2月25日 (火)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本ユニバーサル リハビリテーション協会
TEL 042-208-0102/E-mail otmode@jcom.home.ne.jp
備考 使用する会場の新型コロナウイルス感染拡大防止措置に従って行います。マスクの着用・手洗い等のご協力をお願いいたします。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7923/

ポジショニングR.E.D.セミナー 理論編×実技体感編~微小重力環境で行う筋緊張制御~

名称 ポジショニングR.E.D.セミナー 理論編×実技体感編~微小重力環境で行う筋緊張制御~
主催 日本ユニバーサルリハビリテーション協会
日時 2020年10月31日 (土) 10:00~16:30(受付開始9:40)
場所 多摩平の森ふれあい館
(東京都日野市多摩平2-9)
中央本線 豊田駅より徒歩6分
内容 微小重力環境で段階的に筋緊張制御をおこなう治療概念です。

身体質量と重力を拮抗させた環境で行うポジショニングアプローチを行う事で、筋緊張が安定し、関節拘縮の変化と長時間持続する臨床研究が発表されました。
身体にかかる重力が小さくなり、収縮の必然性がなくなる筋、腱は、柔軟性を取り戻し、神経や感覚入力と相互作用していきます。変化した身体状況は自律神経系の安定(副交感神経優位)や呼吸、循環へと波及し、過緊張、低緊張など異常筋緊張の安定に結びついていきます。

長期療養生活を送り、長い年月をかけてもたらされた過緊張や関節拘縮の変化と循環器系の安定例は、これまでの臨床場面では見られなかった新しい発見と、今後の医療に大きく影響する事が示唆されました。
低反撥マットレスを身体質量の比重に合わせて積層する環境設定という単純性は、高い再現性と介入者要因に依存しない筋緊張制御となり、誰が介入しても同じ結果となります。このような現象、結果の蓄積により関節拘縮の概念をも、確実に変える力を持っています。

筋組織の変化と過緊張、低緊張など異常筋緊張の安定、重度の呼吸器疾患、心疾患患者の心拍数、呼吸数、血中酸素飽和度、血圧の安定といった変化は、内部障害への新たなアプローチとしても期待されています。

ポジショニングで関節拘縮を緩和させ身体全体が柔らかくなる効果を共有しましょう。しかも臨床のケアに応用できます。実技では、微小重力環境を体感できます。あなたの身体が数mmHgの身体質量に変化します。その体感がリハビリ、日頃のケアの気付きへ導き治療手段や介助技術に繋がります。
関節拘縮の対応にお悩みの方は一度ご参加ください。

詳細URL http://universalreha.com/
対象 作業療法士、理学療法士、看護師
学生の
参加可否
参加可 
参加費 15000円
定員 5名
申込み方法 ホームページよりお申し込みください
http://universalreha.com/
申込み締切 2020年10月28日 (水)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本ユニバーサル リハビリテーション協会 TEL 042-208-0102/E-mail otmode@jcom.home.ne.jp
備考 使用する会場の新型コロナウイルス感染拡大防止措置に従って行います。マスクの着用・手洗い等のご協力をお願いいたします。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7922/

[WEB開催] 湘南OT「意図的関係モデル(IRT)の紹介と活用法」

名称 【WEB開催】湘南OT「意図的関係モデル(IRT)の紹介と活用法」
主催 湘南OT交流会
日時 2020年10月3日(土)
13:00~15:30
場所 zoomを利用したオンラインセミナー
内容 皆さん,日々の臨床で次のような悩みはありませんか?
“クライエントと良好な関係を築くにはどうしたら良いんだろう…”
“担当OT変更後にクライエントとの関係性が良好になる!「…相性が悪かったのかな?」”

これまで,“経験”や“勘”,“相性”や“センス”という言葉で片付けていた関係性について
理論的に考え行動できると素敵だと思いませんか? 

意図的関係モデル(IRM)は,作業療法の関係性構築における

 ○自己の治療的活用

 ○クライエントと作業療法士の関係がどのようにして作業参加を促進できるか

を説明する理論です.

今回,湘南OT交流会とのコラボ企画で,MOOTによる意図的関係モデルの解説と自己の治療的活用(治療的モード)に焦点を当てた演習を中心としたセミナーを開催いたします.クライエントとの関係性構築における自分自身の癖や特性に気づく機会となり,今後の臨床の発展の一助になれば幸いです.

詳細URL https://shounanot.wixsite.com/shounanot/schedule
対象 ご興味がある方でしたらどなたでも
学生の
参加可否
参加可 
参加費 2000円
定員 70名
申込み方法 下記専用ページよりお申し込みをお願いいたします.
https://moot.peatix.com/view
申込み締切 10月2日(金)
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 下記専用ページよりお願いいたします.
https://shounanot.wixsite.com/shounanot/contact

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7921/

[基礎編] 脳機能と高次脳機能障害~優位・劣位半球に分けた各症状と症例から学ぶ解釈とアプローチ~

名称 「【基礎編】脳機能と高次脳機能障害〜優位・劣位半球に分けた各症状と症例から学ぶ解釈とアプローチ〜」
主催 Medical MARKSTAR
日時 2020年10月4日(日)10:00〜16:00
場所 ウィリング横浜ゆめおおおかオフィスタワー
内容 ・「脳機能と高次脳機能障害について、基礎からわかりやすく学びたい」
・「優位半球と劣位半球それぞれの各機能と各症状を整理したい」
・「臨床で役立つ高次脳機能障害の評価法を学びたい」

この講習会では、よりわかりやすく学べるよう、高次脳機能障害の基礎編と臨床編に分け、開催いたします。

【講習会の概要】
・脳機能と高次脳機能障害についての基礎知識
・優位半球の各機能と各症状ついて 〜評価や臨床でのポイント〜
・劣位半球の各機能と各症状ついて 〜評価や臨床でのポイント〜
・高次脳機能障害の臨床像と、押えておくべきポイント
・実際に唐沢先生が治療した症例のVTRと解説

ぜひ、みなさまのお越しを心よりお待ちしております。

詳細URL https://www.markstar.net/higherbrain2020-2/
対象 ・PT
・OT
・ST
・柔道整復師
・鍼灸マッサージ師
・看護師
・トレーナー
・その他医療従事者
学生の
参加可否
参加可 
参加費 7800円
定員 20名程度(会場での参加人数は少数制)、オンラインでの参加も可能です。
申込み方法 ホームページよりお申込み下さい。
https://www.markstar.net
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ ホームページのお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。
https://www.markstar.net/contact/

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7909/

リハスタッフのための福祉用具選定の考え方~東京会場~

名称 リハスタッフのための福祉用具選定の考え方~東京会場~
主催 株式会社gene
日時 2020年10月25日(日)
10:00 ~ 16:00 (受付9:30 ~)
場所 中央労働基準協会ビル 4階 ホール
東京都千代田区二番町9-8
内容 【講師】
下元 佳子 先生
一般社団法人 ナチュラルハートフルケアネットワーク 代表理事・理学療法士

【プログラム】
・福祉用具選定のノウハウとその考え方
・利用者の生活から見た福祉用具選定の考え方
・身体能力を踏まえた福祉用具選定の考え方
・福祉用具選定の評価で大切なポイント
※プログラムは追加・変更になる場合がございます。

詳細URL https://www.gene-llc.jp/seminar_info/?id=1591858987-629652
対象 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・その他
学生の
参加可否
条件付きで参加可 臨床経験のある方が対象のセミナーのため
講義内容が難しく感じる可能性がございます。
ご理解のうえお申し込みいただけますと幸いに存じます。
参加費 12,800円(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含め7日前の朝8:00以降からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。
申込み方法 弊社ホームページよりお申し込みください
https://www.gene-llc.jp/seminar_info/?id=1591858987-629652
生涯教育
ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ seminar@gene-llc.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7907/