Category: 東海・北陸

2022年冬期「認知症ライフパートナー検定試験」

名称 2022年冬期「認知症ライフパートナー検定試験」
主催 一般社団法人 日本認知症コミュニケーション協議会
日時 2022年12月11日(日)
3級は10:00~、2級は14:00~、1級は前半10:00~、後半14:00~
※試験時間は、すべて2時間
場所 試験会場
札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・岡山・福岡・熊本(8会場)
※1級試験のみ、札幌・東京・名古屋・大阪・福岡(5会場)

受験会場の詳細は、受験票でのお知らせになります。

内容 「認知症ライフパートナー」はアクティビティ・ケアを通じて、認知症の人とコミュニケーションをとり、その生き方や価値観を尊重し、ご本人や家族に寄り添い、サポートする役割を担います。
「認知症ライフパートナー検定」は、さまざまなアクティビティを用いて認知症の人とかかわる手法を学ぶため、「現場で役立つ検定」という評価を得ており、作業療法士などリハビリ専門職の方にも多く受験していただいています。
検定試験は2009年より実施しており、年2回開催しています。
1級・2級・3級の3つの級があります。
マークシート方式の試験で、問題は「公式テキスト」から出題されます。
100点満点中の70点以上で合格となります。
詳細URL https://www.jadecc.jp/index.html
対象 2級・3級は、学歴・年齢・性別・国籍による制限はなく、どなたでもご受験いただけます。
1級は、2級合格者が対象になります。
学生の
参加可否
参加可 学生の方にも毎回多く受験していただいており、受験資格などはありません。
学校単位での団体受験なども受け付けております。
参加費 受験料 3級:6,000円、2級:9,800円、1級:14,000円(すべて税込み)
定員 試験会場ごとに異なります。
申込み方法 当協議会HPより、インターネットからのお申し込みができます。

また、申し込み用紙に記入のうえFAXや郵送でのお申し込みもできます。
当協議会・検定事務局の方にお問い合わせいただければ、申し込み用紙等を送付させていただきます。

申込み締切 2022年11月7日(月)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 一般社団法人 日本認知症コミュニケーション協議会 検定事務局
TEL:03-5388-4134 FAX:03-3370-8061
※協議会HPの「お問い合わせフォーム」からもお受けしています。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/8669/

実践!認知症ケア研修会2021(名古屋会場)

名称 実践!認知症ケア研修会2021(名古屋会場)
主催 日本通所ケア研究会
日時 2021年2月27日(土)10:30~17:30
場所 ウインクあいち
〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4ー4ー38
JR名古屋駅桜通口より徒歩5分
内容 <開催のねらい>
認知症ケアの質を高めワンランク上のサービスを提供するヒントが見つかる!

記憶力や判断力の低下によって孤立しがちな認知症高齢者の方が、地域での生活を継続するために私たちにできる支援は何でしょうか。認知症の方が不安なく生活できる社会をつくるためには、私たちが正しく認知症を理解し、認知症の方が気軽に社会参加できる環境や支える側の負担を軽減する状況をつくることが大切です。私たちは本当に「認知症」と「人」を正しく理解できているのでしょうか。この研修会では、【認知症の人の日常生活・社会生活における支援を充実する】を目的に、「なぜ、拒否が起こるのか?介護場面でのコミュニケーションから探る」「介護の専門職として本人が望む生活の営みを支える視点・工夫とコミュニケーション報酬」「自己効力感を高める役割づくり」「認知症ケアと予防の環境整備とプログラムづくり」を大きなテーマとして、翌日からの認知症ケアの現場実践で実践できる、ワンランク上の質の高いサービスを提供するためのヒントを多数ご紹介いたします。

<タイムスケジュール>

【第1講座】10:30~12:00
「ケアを拒否!?こんな時どうする?認知症の方への適切な支援とは~BPSDを回避する適切なコミュニケーション」
講師:川畑 智氏(株式会社Re学 代表取締役/理学療法士)

【第2講座】12:50~14:20
「「生きがい」「その人らしさ」を引き出す環境・活動の工夫~地域啓発活動×予防ケア×認知症ケアの多様な支援~」
講師:直井 誠氏(和が家グループ 代表)

【第3講座】14:30~16:00
「認知症のひとへの生活行為向上リハ・楽しみと脳トレの活動の工夫」
講師:浅野 有子氏(非営利一般社団法人あっとほーむいなしき 代表理事/作業療法士)

【第4講座】16:10~17:30
「認知症の転倒予防プログラム~環境整備・反射促進・身体認知改善ほか~」
講師:妹尾 弘幸氏(総合介護施設ありがとう 総施設長/理学療法士)

詳細URL https://tsuusho.com/dementia
対象 介護・医療分野で認知症ケアに携わるリハ職・看護師・介護職など
学生の
参加可否
参加可 
参加費 3,500円(1講座/税・資料代込み)/11,000円(全講座/税・資料代込み)
定員 限定60名
申込み方法 公式ホームページよりお申し込みいただくか、事務局までお問い合わせください。

【公式ホームページ】
https://tsuusho.com/dementia

【資料請求・お問い合わせ】
日本通所ケア研究会
〒721-0902
広島県福山市春日町浦上1205株式会社QOLサービス内
TEL:084-971-6686
FAX:084-948-0641
メール:info@tsuusho.com

生涯教育
ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本通所ケア研究会
〒721-0902
広島県福山市春日町浦上1205株式会社QOLサービス内
TEL:084-971-6686
FAX:084-948-0641
メール:info@tsuusho.com
備考 【その他】
・日本認知症ケア学会単位認定講座 認知症ケア専門士単位:申請中
・定員になり次第締切ます
・会場での開催が難しくなった場合は完全オンラインセミナーとして開催いたします

【新型コロナウィルス感染対策として】
・新型コロナウィルス感染症対策としてクローズドセミナーとさせていただきます
・2月上旬の感染拡大の状況によってはオンラインでの開催に変更いたします
・換気のため「ドア」や「窓」を開放する時間を設けます
・参加者は、お互い距離をとってご着席いただけるよういたします
・会場に、手指消毒剤を設置致しますのでご活用ください
・受講当日は、ご来場いただく前に体温測定をお願いいたします
・体調にご留意いただき、もし体調不良(風邪症状がある場合・息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ、高熱など厚生労働省の通知による)があれば参加はご遠慮ください

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/8049/

[2021年介護報酬改定・介護保険制度改正直前対応] 地域包括ケア・包摂支援時代の通所系サービス生き残り戦略特別リレー講演(名古屋会場)

名称 【2021年介護報酬改定・介護保険制度改正直前対応】地域包括ケア・包摂支援時代の通所系サービス生き残り戦略特別リレー講演(名古屋会場)
主催 日本通所ケア研究会
日時 1日目:2021年2月27日(土)10:00~17:45
2日目:2021年2月28日(日)10:30~16:15
場所 ウインクあいち
〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4ー4ー38
JR名古屋駅桜通口より徒歩5分
内容 2021年介護報酬改定最重要項目への対応とこれからの事業所づくりの強化策

このリレー講演では、2021年介護報酬改定・介護保険制度改正の最重要項目(「機能改善の評価」「地域づくり」「認知症対応」「他サービスとの連携」「介護人材(スタッフ育成・定着・確保)」など)への対応を下記6講演から学んでいただき、視点・視座を広げていただきます。さまざまな角度から学べるので今後の事業所運営の舵取りのヒントに大いに役立ちます。
今回ご提案する6つの講演は、実際に法人経営・事業所運営の舵取りをしたり、介護・臨床場面への介入・調査など実際に携わる講師陣だからこそ、決して「聴くだけ」で終わりにしない、新年度から実際に実践できるヒントを多数提示できるリレー講演となっています。2025年、2040年に向けて必須の内容となっています。経営者・管理者は今後の経営方針・事業展開・戦略を整え、専門職などの現場従事者はサービスの質を高める機会として、ぜひご参加ください。

<タイムスケジュール>

【講演1】2月27日(土)10:00~12:00
「通所系サービスがすべき介護報酬・制度改正への対応具体策」
講師:妹尾 弘幸氏(日本通所ケア研究会 会長/株式会社QOLサービス 代表取締役)

【講演2-1】2月27日(土)13:00~14:30
「通所系サービス生き残りと展開(1)半日型デイ、長時間デイ、軽度者中心のデイ、レク・アクティビティ中心のデイなどは何をすべきか」
講師:小室 貴之氏(株式会社楓の風 代表取締役)

【講演2-2】2月27日(土)14:30~16:00
「通所系サービス生き残りと展開(2)通所リハ(短時間・長時間)はどう連携して加算を算定していくのか」
講師:宮川 直彦氏(志村フロイデグループ本部事務局 副局長/コミュニティケアサービス部 部長)

【講演3】2月27日(土)16:15~17:45
「低稼働率から利用者増を達成し高稼働率を実践する具体的方法」
講師:山下 総司氏(株式会社IDO 介護部門ディレクター)

【講演4】2月28日(日)10:30~12:00
「収益増のためにデイに求められる他サービスとの具体的連携~デイ⇔訪問、老健⇔デイなど他サービスが求められている視点から考える~」
講師:塩原 貴子氏(介護老人保健施設フェルマータ船橋 事務長代理)

【講演5】2月28日(日)13:00~14:30
「基準があってこその育成、育成があってこその内部統制!必要な職員が残る仕組みづくり(問題職員の辞めさせ方と人材確保の具体策)」
講師:知野 吉和氏(介護人材育成アドバイザー)

【講演6】2月28日(日)14:45~16:15
「共生型サービス、保険外サービスの始め方とデイの今後・展開の仕方」
講師:半田 和徳氏(リハプライム株式会社 営業部長)

【詳細】
https://tsuusho.com/daysurvival

詳細URL https://tsuusho.com/daysurvival
対象 介護・医療分野でマネジメント業務に携わるリハ職・看護師・介護職など
学生の
参加可否
参加可 
参加費 18,000円(1日のみ/税・資料代込み)/30,000円(2日間/税・資料代込み)
定員 限定50名
申込み方法 公式ホームページよりお申し込みいただくか、事務局までお問い合わせください。

【公式ホームページ】
https://tsuusho.com/daysurvival

【資料請求・お問い合わせ】
日本通所ケア研究会
〒721-0902
広島県福山市春日町浦上1205株式会社QOLサービス内
TEL:084-971-6686
FAX:084-948-0641
メール:info@tsuusho.com

生涯教育
ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本通所ケア研究会
〒721-0902
広島県福山市春日町浦上1205株式会社QOLサービス内
TEL:084-971-6686
FAX:084-948-0641
メール:info@tsuusho.com
備考 【その他】
・定員になり次第締切ます
・2日間のうち、同一法人の場合は参加者の変更はOK
・資料は各日配付いたします
・会場での開催が難しくなった場合は完全オンラインセミナーとして開催いたします

【新型コロナウィルス感染対策として】
・新型コロナウィルス感染症対策としてクローズドセミナーとさせていただきます
・2月上旬の感染拡大の状況によってはオンラインでの開催に変更いたします
・換気のため「ドア」や「窓」を開放する時間を設けます
・参加者は、お互い距離をとってご着席いただけるよういたします
・会場に、手指消毒剤を設置致しますのでご活用ください
・受講当日は、ご来場いただく前に体温測定をお願いいたします
・体調にご留意いただき、もし体調不良(風邪症状がある場合・息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ、高熱など厚生労働省の通知による)があれば参加はご遠慮ください

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/8046/