Category: オンライン

エビデンスに基づく認知症リハビリテーション(第2弾) -ADL・BPSDの評価・介入を中心に-

名称 エビデンスに基づく認知症リハビリテーション(第2弾) -ADL・BPSDの評価・介入を中心に-
主催 コウセラ
日時 2020年12月6日(日) 10:00~13:00
場所 オンラインセミナー(視聴方法:Zoomにて開催)
内容 【セミナー内容】
〇ADLについて
〇BPSDについて
〇介入について
※プログラムは追加・変更になる場合がございます。

【講師】
田中寛之先生(大阪府立大学 作業療法学専攻 講師)
・作業療法士
・保健学博士
著書:Evidence Based で考える 認知症リハビリテーション

詳細URL https://koutheraken.jimdofree.com/
対象 OT・ST・PT・看護師・介護士・他 
学生の
参加可否
参加可 
参加費 2000円
→各種クレジットカード、コンビニ・ ATM (ペイジー)・Paypal
定員 150名(先着順)
申込み方法 詳細・お申込みはホームページより(『コウセラ』で検索)
https://koutheraken.jimdofree.com/
申込み締切 満席・セミナー前日
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
あり
問い合わせ Mail:koutheraken@yahoo.co.jp 
備考 なし

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7928/

新人でもわかる画像所見から読み解く高次脳機能と作業療法

名称 新人でもわかる画像所見から読み解く高次脳機能と作業療法
主催 神奈川県作業療法士会 学術部
日時 R2年10月25日(日) Zoom開始9:45講義10:00~11:30
場所 ※会場での講義はありません
講義は遠隔会議アプリ「Zoom(ズーム)」で行います.
振込が確認でき次第,順次申込者にZoomのURL等をメールでご連絡します.
内容 講師
昭和大学横浜市北部病院 渡部 喬之先生
経歴
2006-2020年 昭和大学藤が丘リハビリテーション病院 勤務
2016年-現在 昭和大学保健医療学部作業療法学科 准教授
2020年-現在 昭和大学横浜市北部病院        勤務
委員歴
2010年-現在 日本作業療法士協会   演題採択委員
学歴
2018年    昭和大学大学院保健医療学研究科 博士号取得
渡部先生は急性期,回復期など様々な期で勤務されており,臨床家でありながら転倒,眼球運動などの研究をされています.昨年,大好評だった内容をさらに急性期の事例を追加して,画像所見,事例,介入のご講義をしていただく予定です.新人の方はもとより,5年以下の若手の方,ベテランの方までどなたでもご参加できます.
対象 神奈川県作業療法士会のR2年度会費を納入された方
神奈川県作業療法士会非会員の方,他都道府県作業療法士会員・非会員の方
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 神奈川県作業療法士会のR2年度会費を納入された方:1,000円
神奈川県作業療法士会非会員の方,他都道府県作業療法士会員・非会員の方:1,500円
<参加費 振込について>
※10月11日までに参加費を振込して下さい.(手数料申込者負担)
※振込の際,必ず振込名義は「G1025 氏名」を入力して下さい.
例)「G1025 カナガワ タロウ」
横浜銀行 関内支店 普通 店番号 310 口座番号 6082830
一般社団法人 神奈川県作業療法士会代表理事 錠内広之
定員 100名
申込み方法 https://fs223.formasp.jp/n699/form22/
このフォームに必要事項をご入力ください.
申込直後にメールが自動返信されます.メール拒否設定されている方はメールが届かないことがあります.1日経過してもメールが届かない場合は1231gakujutukensyu@gmail.comへメールして下さい.
申込2週間前までに今年度県士会費を納入して下さい.納入状況をお忘れの場合は,県士会事務局にお問い合わせ下さい.(TEL:045-663-5997)
申込み締切 9月13日 ~ 10月11日
生涯教育
ポイント
2ポイント
ポイントシールの配布,受講記録への受講印の押印等の手続きは行いません.
申込時にOT協会番号を入力した方は,学術部担当者からOT協会に研修に参加した旨を連絡します.
研修後,各自でOT協会の会員ポータルサイトでポイントをご確認下さい.
https://www.jaot.net/mm/#/login
ポイントのお問い合わせは教育部奥原理事okuhara-sp8@kuhs.ac.jpにお願いします
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 申込等ご質問のある方は,担当 林:1231gakujutukensyu@gmail.comにお問い合わせ下さい.

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7927/

2020年度 心のケアに携わる人の認知行動療法のスキルアップ研修

名称 2020年度 心のケアに携わる人の認知行動療法のスキルアップ研修
主催 国立精神・神経医療研究センター 認知行動療法センター
日時 2020年9月14日 ~ 9月30日 17日間のオンデマンド研修
場所 オンライン研修(WEB配信)
内容 認知行動療法をはじめ様々な心理療法を身につける際に重要となるのがスーパービジョンです。スーパービジョンは心のケアに携わる人の安全と成長を支えることにもつながります。本研修では、認知行動療法を含む心理療法のスーパービジョンに関する実践法の習得を目的とします。
・心理療法のスーパービジョン
・認知行動療法のスーパービジョンのポイント
・認知行動療法のスーパービジョンの進め方
・グループスーパービジョン
・セルフ・スーパービジョン
詳細URL https://ncnp.smktg.jp/public/seminar/view/276
対象 認知行動療法を用いた対人援助に携わる方。医師、心理職、看護職、精神保健福祉士等。医療・保健、福祉、産業、教育、司法・矯正の有職者、大学院生。
学生の
参加可否
参加可 
参加費 1万円(税込)
定員 900名(定員になり次第、受付期間内でも締め切らせていただきます。)
申込み方法 9月14日以降に、下記リンクよりお申込ください。
https://ncnp.smktg.jp/public/seminar/view/276
申込み締切 2020年9月14日 ~ 9月29日
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 国立精神・神経医療研究センター 認知行動療法センター 研修事務局
〒187-8551 東京都小平市小川東町4-1-1 MAIL:cbtkenshu@ncnp.go.jp
※お問合せの際には、メールの件名に【研修番号】を必ずご記入ください。【研修番号】はHPに掲載しております研修タイトルの横にございます。
備考 ・受講時の通信にかかる料金は受講者のご負担となります。
・研修動画の写真撮影、録画、録音、送信、複製、改変、転載またはそれに準ずる行為、研修動画を権利者の許諾なく上映することは法律で禁止されています。
・研修動画の視聴URLを他者に漏洩することは固く禁止いたします。
・機器の使用方法、機器トラブル、配信トラブルについての対応はいたしかねますので、ご了承ください。
・受講に当たっては、配信システムへの会員登録と決済手続きが必要になります。
・受講料のお支払いはクレジットカード払いとなります。
・領収書またはそれに相当するものを発行いたします。
・決済完了後にキャンセルされた場合、受講料は返金いたしかねますので、ご了承ください。
・申込受付期間後の申込は受け付けておりませんので、ご了承ください。
・対象となる講義を100%受講すると、修了証が発行されます。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7925/

[WEB開催] 湘南OT「意図的関係モデル(IRT)の紹介と活用法」

名称 【WEB開催】湘南OT「意図的関係モデル(IRT)の紹介と活用法」
主催 湘南OT交流会
日時 2020年10月3日(土)
13:00~15:30
場所 zoomを利用したオンラインセミナー
内容 皆さん,日々の臨床で次のような悩みはありませんか?
“クライエントと良好な関係を築くにはどうしたら良いんだろう…”
“担当OT変更後にクライエントとの関係性が良好になる!「…相性が悪かったのかな?」”

これまで,“経験”や“勘”,“相性”や“センス”という言葉で片付けていた関係性について
理論的に考え行動できると素敵だと思いませんか? 

意図的関係モデル(IRM)は,作業療法の関係性構築における

 ○自己の治療的活用

 ○クライエントと作業療法士の関係がどのようにして作業参加を促進できるか

を説明する理論です.

今回,湘南OT交流会とのコラボ企画で,MOOTによる意図的関係モデルの解説と自己の治療的活用(治療的モード)に焦点を当てた演習を中心としたセミナーを開催いたします.クライエントとの関係性構築における自分自身の癖や特性に気づく機会となり,今後の臨床の発展の一助になれば幸いです.

詳細URL https://shounanot.wixsite.com/shounanot/schedule
対象 ご興味がある方でしたらどなたでも
学生の
参加可否
参加可 
参加費 2000円
定員 70名
申込み方法 下記専用ページよりお申し込みをお願いいたします.
https://moot.peatix.com/view
申込み締切 10月2日(金)
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 下記専用ページよりお願いいたします.
https://shounanot.wixsite.com/shounanot/contact

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7921/

[オンライン] 姿勢を中心に介入する摂食嚥下リハビリテーション(基礎編・実践編)

名称 【オンライン】姿勢を中心に介入する摂食嚥下リハビリテーション(基礎編・実践編)
主催 コウセラ
日時 第1回『姿勢を中心に介入する摂食嚥下リハビリテーション(基礎編)』:2020年11月8日(日)10:00〜13:00
第2回『姿勢を中心に介入する摂食嚥下リハビリテーション(実践編)』:2021年1月31日(日)10:00〜13:00
※1日のみでも受講可能(1日のみでも臨床上、十分に役立つ内容となっています)。
場所 視聴方法:Zoomにて開催。
内容 【セミナー内容】
1日目:基礎編
〇サルコペニア、フレイルと脳卒中患者の嚥下障害
〇低栄養と嚥下障害
〇急性期脳卒中患者の嚥下障害
〇姿勢と嚥下機能の関連性
〇嚥下の機能評価と身体運動の関連性
〇脳卒中患者の姿勢調節障害と嚥下障害
〇総括  

2日目:実践編
〇従来の嚥下リハビリテーションの課題
〇姿勢から介入する嚥下リハビリテーション
〇脳卒中患者の姿勢と呼吸、嚥下の関連性
〇理学療法介入の目的
〇作業療法介入の目的
〇言語聴覚療法の目的
〇食べられるポジショニング
〇総括
※プログラムは追加・変更になる場合がございます。

【講師】内田学 先生(理学療法士)東京医療学院大学 准教授
主な著書:『姿勢を意識した 神経疾患患者の食べられるポジショニング』『姿勢から介入する摂食嚥下 脳卒中患者のリハビリテーション(単著)』『理学療法実践レクチャー 栄養・嚥下理学療法』『脳卒中理学療法の理論と技術(第2版)』

詳細URL https://koutheraken.jimdofree.com/
対象 OT・ST・PT・看護師・その他(摂食嚥下に関わる方)
学生の
参加可否
参加可 
参加費 各回2000円
→各種クレジットカード、コンビニ・ ATM (ペイジー)・Paypal
定員 各回 約100名
申込み方法 詳細・お申込みはホームページより(『コウセラ』で検索)
https://koutheraken.jimdofree.com/
申込み締切 各回の開催日前日
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ Mail:koutheraken@yahoo.co.jp
備考 なし

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7919/

2020 第4回認知アップデート オンライン研修

名称 2020 第4回認知アップデート オンライン研修
主催 東京都作業療法士会・認知症の人と家族の生活支援委員会
日時 2020年10月 4日 (日) 9:30~14:50(開場 8:45~) ※9:15までの入室必要
場所 オンラインツール:Zoom
内容 本講座を受講することにより、国内外の認知症の動向、認知症の医学的およびBPSDの理解、作業療法の評価の紹介など、臨床に役立つ知識の整理ができます。また、すべてを受講するとOT協会に認知症アップデート研修修了者として登録されます。※本研修は基礎研修2ポイント付与の対象研修です。
詳細URL https://tokyo-ot.com/lecture/19680.html
対象 作業療法士 (日本作業療法士協会及び都道府県士会会員に加入している必要があります)
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 会員:2,000円(日本作業療法士協会及び都道府県士会会員)
定員 50名
申込み方法 下記URLもしくはリーフレットの QR コードを読み取り 指定の申し込みフォームより、お申し込みください。https://bit.ly/3hEMrmh
申込み締切 2020/9/23(水)
生涯教育
ポイント
2ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 東京都作業療法士会 認知症の人と家族の生活支援委員会
研修担当メールアドレス:ot.dementia@gmail.com
備考 各自PCやiPadなど、インターネット環境をご準備ください(スマートフォンでの参加は推奨しておりません)。申込み・ご入金をされた方へ、招待URLと資料の情報、Zoomの簡易的説明資料をお送りいたします。Zoom初心者の方向けに、事前の操作説明会を開催予定です。原則、返金不可能ですので、会員情報、インターネット通信環境をご確認の上で、お申込み下さい。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7918/

目白大学大学院 リハビリテーション学研究科 公開フォーラム

名称 目白大学大学院 リハビリテーション学研究科 公開フォーラム
主催 目白大学大学院リハビリテーション学研究科
日時 2020年11月7日 13:00~15:30
場所 ZoomによるWeb開催
内容 テーマ:これからの臨床実習教育について日時:2020年11月7日 13:00~15:30講師:中川法一(増原クリニック副院長、日本リハビリテーション臨床教育研究会会長)概要:臨床実習教育のあり方については、新たな療法士を育成していく上で我々が考えていかなければいけない大きなテーマとなっています。本フォーラムでは、増原クリニック副院長で、日本リハビリテーション臨床教育研究会の会長でもある中川法一先生に、臨床実習教育についてお話しいただきます。先生のご講義を通して、より良い教育方法について議論していただく場にしたいと考えております。皆さまのご参加をお待ちしております。
詳細URL https://www.mejiro.ac.jp/graduate/course/reh/m_reh/event/20201107/
対象 なし
学生の
参加可否
参加可 
参加費 無料
定員 なし
申込み方法 QRコードもしくはWebサイトから
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 連絡先:rehabilitation@mejiro.ac.jp
担当者名:兵頭 甲子太郎

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7917/

[オンラインセミナー・リハスク共催] 理解して実践しよう!!注意障害に対するリハビリテーションアプローチセミナー

名称 【オンラインセミナー・リハスク共催】理解して実践しよう!!注意障害に対するリハビリテーションアプローチセミナー
主催 進リハの集い
日時 ○開催日
2020/10/17(土) 1時間半
○時間:
受付20時00分よりzoom起動可能
セミナー時間20時30分~22時00分
*質疑応答などで時間延長となる可能性もありますが、その際は途中退室可
場所 ○場所
自宅などWi-Fi環境のある室内
内容 【概要】
高次脳機能の中でも「注意」は他の認知過程の根幹となり,その障害は多くの日常・社会生活にまで影響を及ぼします。急性期の注意障害は意識レベルの改善とともに消退することが多いです。

一方で、注意障害は後遺症として残存することもまれではありません。

本セミナーでは「注意障害」に視点を置き、概論やリハビリテーション戦略について話しをします!!

こんな悩みはありませんか?
・注意障害を難しいと思ってしまう。
・なんでも、注意障害の影響のせいにしてしまう。
・ADL場面で問題がありそうまではわかるが、それに対してどのような取り組み方がいいのか悩むことが多い。
・注意障害の評価が後手に回ることが多い。
・作業療法士・言語聴覚士なのに注意障害の評価が曖昧だ

上記に当てはまる人は参加をオススメします。

【講義内容】
1注意障害の臨床分類について
2注意障害の臨床症状について
3注意障害の評価について
-机上検査
-行動評価
4リハビリテーションの戦略について
*高次脳機能セミナー受講者はより理解が深まりやすいため、高次脳機能セミナーもセットで受講されることもお勧めします!!

*今回は1.5時間のセミナーとなりますので、症例供覧はありません。

詳細URL https://www.shinreha.com/tyuui
対象 PT/OT/ST
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 ○費用
リハスクオンラインサロン会員:0円(無料)
通常申し込み:2980円
(申し込み時にリハスクオンラインサロン会員を希望された場合には無料)
⇒気になる方は、HPをご覧ください。
定員 30名
申込み方法 HP内の申し込みフォーマットよりお申込みください
申込み締切 前日まで
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ Mail: shin.reha.tudoi@gmail.com
上記よりお申込みください

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7916/

高齢者における肩の拘縮と痛みに対するアプローチ

名称 高齢者における肩の拘縮と痛みに対するアプローチ
主催 コウセラ
日時 2020年10月25日(日)
10:00~13:00(受付9:00~)
場所 視聴方法:Zoomにて開催
内容 【セミナー内容】
<総論>
・肩の治癒過程
・拘縮の理解
・痛みの理解
・肩関節疾患への臨床推論
<各論>
・肩関節屈曲・外転の正常運動の理解
・肩甲上腕関節への徒手的アプローチ

【講師】
吉田一也 先生(理学療法士・医学博士)
人間総合科学大学保健医療学部 准教授
肩コンディショニング専門店APULA 代表
著書
『病態動画から学ぶ臨床整形外科的テスト』(ヒューマンプレス 2020年)
『肩こり、首痛、頭痛は鎖骨を5秒ほぐすだけでなくなる!』(主婦の友社、2019年)

詳細URL https://koutheraken.jimdofree.com/
対象 OT・PT・その他
学生の
参加可否
参加可 
参加費 2000円 →各種クレジットカード、コンビニ・ ATM (ペイジー)・Paypal
定員 100名(先着順)
申込み方法 <<お申込みはホームページより>>
https://koutheraken.jimdofree.com/
申込み締切 2020年10月24日(土)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ Mail:koutheraken@yahoo.co.jp 

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7913/

[オンライン] 初心者が知りたいOAアプローチ!膝OAに対するノウハウ~

名称 【オンライン】初心者が知りたいOAアプローチ!膝OAに対するノウハウ〜
主催 進リハの集い
日時 ○開催日
・概要編  2020/10/25(日) 1時間半
・評価編  2020/11/1 (日) 1時間半
・治療編  2020/11/8 (日) 1時間半

○時間:
受付20時00分よりzoom起動可能
セミナー時間20時30分~22時00分

*質疑応答などで時間延長となる可能性もありますが、その際は途中退室可

場所 ○場所
自宅などWi-Fi環境のある室内
内容 【概要】
膝OAは新卒が臨床に出てすぐに関わる確率が高く、臨床実習でもケースとして受け持たせて頂く機会がある疾患。当然、臨床でも関わる頻度は整形外科的疾患の中でも多いかと思います。
みなさん、テンプレートでアプローチしていませんか?
大腿外側のコンディショニングからスタートして、Quadセッティングして、スクワットして、なんて流れ。
大切ではありますが、全てのクライアントに当てはまるとは限りません。改めて、膝関節の構造を理解し、OAアプローチのレベルをあげてみませんか?

・膝関節の基本的構造や運動学を復習の意味も込めてちゃんと勉強したい。
・膝関節治療の幅を拡げたい。
・整形外科疾患のアプローチの引き出しを増やしたい。
・運動療法の幅を拡げたい。
・OAアプローチをちゃんと学びたい。
・外側筋群のコンディショニングから始まるアプローチに疑念を抱いている。
・とにかく今は知識を取り入れたい。

上記の項目に共感できる方は特にご参加ください!

治療技術、、臨床思考の向上を目指している方も必見内容です!

【講義内容】
当講義は概要編、評価編、治療編の3部構成になっております。

部分的に受講することも可能です。内容はそれぞれ分断ではなく連結している内容ですので、全受講の方がより相違なく 受講できます。

〇概要編
・膝関節の基本的構造〜解剖学と運動学〜
→膝関節の構造は複雑でそこに関連する組織も多数です。1つ1つ把握することで今後の膝関節に対する臨床思考が変わります。PFjt、TFjt、patella、周辺組織(神経含む)についてお話します。

・周辺組織の関連性
→OAになると構造自体が変化します。外側OAなのか内側OAなのかでも組織の反応は変化します。

・膝OAのプロトコル
→最新のガイドラインをベースに必要項目の選定と臨床への活用方法をお伝えします。

〇評価編
・伏在神経について
→神経痛といえば脊柱変化によるものと考えがちですが、膝OAには伏在神経の評価は必須です。神経の基礎的解剖学をベースにお話ししていきます。

・関節評価
→概要編でお話した内容を基に細かく膝関節を評価できるように大腿骨、脛骨、足根骨をどう評価すべきかお話ししていきます。

〇治療編
・アプローチ方法
→複雑な構造の膝関節だからこそ、シンプルに〜法ではなく全て解剖学生理学運動学を基にした徒手療法をお伝えします。
①関節モビライゼーション②組織間リリース③リアライメント④運動療法、こちらをお話ししていきます。

詳細URL https://www.shinreha.com/knee-oa
対象 PT/OT
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 各回 2980円
全3回受講 7980円
(通常受講より約1000円お得です)
定員 30名
申込み方法 HP内の申し込みフォーマットよりお申込みください
申込み締切 前日まで
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ Mail:shin.reha.tudoi@gmail.com までお問い合わせください

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7912/