Tag: 2022/9

リハビリテーションに明日から使えるシングルケース実践・研究デザイン

名称 リハビリテーションに明日から使えるシングルケース実践・研究デザイン
主催 行動リハビリテーション研究会
日時 2022年9月10日(土)10:00〜13:00
場所 ZOOMオンラインセミナー
内容 講師:山本淳一先生(東京都立大学特任教授 慶應義塾大学名誉教授)
    鈴木誠先生(東京家政大学健康科学部教授)
ここ最近のトレンドとなっている,シングルケースについて,事例を豊富に使用し,臨床での実践から研究方法に至るまで,第一線で活躍する講師陣がわかりやすく解説します.
詳細URL http://koudo-reha.kenkyuukai.jp/event/
対象 OT PT ST Nrs Dr
学生の
参加可否
参加可 
参加費 研究会会員1,000円 非会員 2,000円 学生 1,000円
定員 100名(先着順)
申込み方法 下記申し込みフォームからお申し込みの上,参加費をお振り込みください.
https://forms.gle/uHKHymhSKRF6paZq8
ご入金確認後メールにてURLをお知らせいたします。(9月7日頃を予定しております)
詳細は行動リハビリテーション研究会ホームページ http://koudo-reha.kenkyuukai.jp/event/ にてご確認ください.

※本研修会の参加費は事前振り込みとなります.研修会当日5日前までに以下のようにお振り込みください.たいへんお手数をおかけいたしますが、事務手続き上よろしくお願い申し上げます。
銀行名:みずほ銀行三ツ境支店
預金種別と口座番号:普通口座 1675656
口座名:行動リハビリテーション研究会
振込名義:振込名の前に研修会日(4桁)の数字を入れて下さい.
(例えば9月10日であれば、0910コウドウハナコ)
その他:お振り込み後は,事由に関わらず返金不可となりますのでご承知おきください.また振込手数料は参加者のご負担となりますのでご了承ください.

申込み締切 会員1,000円 非会員 2,000円 学生 1,000円
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 行動リハビリテーション研究会事務局 研修部 koudo.reha.kensyu@gmail.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/8638/

アクティビティ インストラクター資格認定セミナー<オンライン>

名称 アクティビティ インストラクター資格認定セミナー<オンライン>
主催 芸術と遊び創造協会 高齢者アクティビティ開発センター
日時 9月10日(土)10時~12時 
※お申し込み後、7日ほどで教材をお届けします。
 動画視聴(4時間)後、スクーリング(2時間)を受講し、資格認定となります
場所 オンライン(zoom)
※カメラ付きのパソコン、タブレット、携帯電話でご受講いただけます
内容 ■WEB動画視聴 (受講期間中は、繰り返しご覧いただけます)
カリキュラム1・2 アクティビティ・ケアの基礎知識
「心が動く」ということは、対象者の日常生活において重要なポイントです。
デイケア、高齢者施設での事例から、アクティビティ・ケアによって、どのような変化が起こったのかを 「心が動けば身体が動く」をキーワードにひもときます。

カリキュラム3 認知症の人のアクティビティ・ケア
 これだけは押さええおきたい認知症ケアの基礎知識と、現場でよくある「食事」「入浴」「排泄」時に、ケアする側の声のかけ方で、どのように利用者さんの行動が変化するのかを寸劇で再現しています。相手の気持ちに配慮することで、認知症の人への対応が変わります。

カリキュラム4 集団プログラムの考え方
 デイサービスにおける事例から、地域に根差した活動や世代間交流など、利用者さんが安心して交流できる機会を作ることの重要性が理解できます。

カリキュラム5 個別プログラムの考え方
 ある認知症の利用者さんとの出会いから退所までを、実際にケアを行った講師が「意欲の鍵」をキーワードに語ります。
 利用者さんと話すことさえままならなかった状態から、フロアー全体が協力してその方を支えるまでに至ったストーリーから、認知症だからとあきらめずに、かかわり続けることの大切さが理解できます。

■主に講座でお伝えするのは、「心の栄養士」として要介護者の心を動かし、笑顔と意欲を引き出す「アクティビティ・ケア」の考え方なので、一度身に付けてしまえば、一生活用できるスキルです。
 特に、認知症の方とのコミュニケーションを深めたい方、利用者さんがすすんで参加する活動が提供したいと考えている方に役立つ内容です。

■ご自宅でお好きな時間に動画をご覧いただき、スクーリングでは、オンラインでコミュニケーションを学んでいただけます。

■お申し込み後、7日ほどで教材をお届けします。
ネット上の動画(4時間)を視聴後、
zoomを活用したスクーリング(2時間)でコミュニケーションの体験学習をします。

【動画内容】
カリキュラム1 アクティビティ・ケアの考え方
カリキュラム2 アクティビティ・ケア基礎理論
カリキュラム3 認知症の人のアクティビティ・ケア
カリキュラム4 アクティビティ・ケア実践論 生活文化編
カリキュラム5 アクティビティ・ケア実践論 人生歴編
■受講期限:6か月 
 平均1~2ヶ月で資格取得。最短では 教材を送付後 10日で資格取得。
※スクーリングは、毎月開講します。受講期限の6か月の間にご受講ください

■ポイント付与対象 
日本作業療法士協会 SIG認定 生涯教育制度 基礎ポイント 1ポイント
日本認知症予防学会 認知症予防専門士 更新単位2単位(年間4単位まで)
https://www.aptycare.com/instructor_onlineseminar.html

詳細URL https://artplaylab.jp/activity_care/instructor.html#corr_seminar
対象 作業療法士、理学療法士、言語聴覚士、介護福祉士、看護師など、医療・介護の現場の専門職の方、
セラピスト・介護・看護の大学、専門学校へ通学中の学生の方など
学生の
参加可否
条件付きで参加可 大学、短期大学、専門学校の学生の方
参加費 9,900円
定員 20名
申込み方法 当センターホームページにて詳細をご覧いただき、
「カートに入れる」ボタンから、ショッピングサイトでのお申し込みをお願い致します。
事務局で入金確認(お申込み完了)後、詳細な参加案内をお送りします。https://artplaylab.jp/activity_care/instructor.html#seminar
申込み締切 2022年9月1日
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 特定非営利活動法人 芸術と遊び創造協会 
高齢者アクティビティ開発センター
TEL:03-3387-5461 E-mail:aptc@aptycare.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/8634/

アクティビティ インストラクター資格認定セミナーin東京

名称 アクティビティ インストラクター資格認定セミナーin東京
主催 芸術と遊び創造協会 高齢者アクティビティ開発センター
日時 2022年9月4日(日)10:00~16:15 (受付 9:30~)
場所 東京おもちゃ美術館
〒160-0004 東京都新宿区四谷4-20 四谷ひろば内
東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目駅」2番出口より徒歩5分
都営新宿線「曙橋駅」A1出口より徒歩約8分 
公共の交通機関のご利用をお願い致します
内容 「認知症の方との意思疎通が難しい」「意欲の低下、リハビリの拒否がある」「本人が楽しめる活動がほんとうに提供できているのかわからない」などのお悩みはありませんか。
 この講座では、事例から対象者の「心を動かす」ことによる行動の変化を知り、生活全体をアクティビティとして捉える視点を学ぶことによって、アクティビティの幅が広がります。
 また、身近な素材を使った製作物と既存のゲームでの実践から、交流によって生まれる対話の楽しさを実感できます。

 講師は、利用者さんのアクティビティや、機能訓練を実践している 木﨑美江先生(特別養護老人ホーム さくら苑 看護師)です。6大ケアに沿った事例とともに、ゲームを使った機能訓練について、利用者さんが抵抗なく始められるポイントや変化の様子をお話しいただきます。
 機能訓練やリハビリを楽しみながら行いたいと考えている方にお勧めの内容です。
 コロナ感染対策を行い対面で開講いたします。ぜひご参加ください。

●内容
【講義】利用者の「その人らしい暮らし」を支える視点を学ぶ
     ・全国各地のアクティビティ事例
     ・要介護者のQOL向上をめざす「6大ケア」とは
         
【実践】「心が動けば体が動く」自立支援のためのアクティビティ・ケア実践
    ・アクティビティ・ツールの制作・実践

【交流】要介護者、他職種理解のための コミュニケーション実践
    ・要介護者の「できること」に注目!プラスの専門家を目指すために
     ・日常のケアの中でコミュニケーションスキルをアップする方法 

詳細URL https://artplaylab.jp/activity_care/instructor.html#seminar
対象 作業療法士・介護福祉士・看護師などの専門職 および 高齢者関連事業に従事されている方
学生の
参加可否
条件付きで参加可 医療・介護の資格取得のため、大学・短大・専門学校に通学中の方
参加費 9,900円
定員 18名
申込み方法 当センターホームページにて詳細をご覧いただき、
「カートに入れる」ボタンから、ショッピングサイトでのお申し込みをお願い致します。
事務局で入金確認(お申込み完了)後、詳細な参加案内をお送りします。https://artplaylab.jp/activity_care/instructor.html#seminar
申込み締切 2022年8月28日
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 特定非営利活動法人 芸術と遊び創造協会 
高齢者アクティビティ開発センター
TEL:03-3387-5461 E-mail:aptc@aptycare.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/8633/

生活行為向上マネジメント研修会(旧基礎研修)

名称 生活行為向上マネジメント研修会(旧基礎研修)
主催 生活行為向上マネジメント推進委員会
日時 2022年9月3日 9:30〜17:30(受付開始9:00)
場所 ウェブ開催(Zoom使用)
内容 基礎研修 概論90分 + 演習330分
対象 日本作業療法士協会会員かつ神奈川県作業療法士会会員
日本作業療法士協会会員かつ他都道府県士会会員
※今年度会費納入済みの方
※応募者多数の場合、神奈川県士会員を優先いたします
※生涯教育ポイント付与あり(2ポイント)
 協会員であれば県士会より協会へ申請いたします。
 協会番号と氏名を必ずご記載ください。申し込み時の
 協会番号等が間違っている場合には付与できませんのでご注意ください。
※現職者選択研修対象
学生の
参加可否
条件付きで参加可 修了証の発行は不可
参加費 4500円
※振り込みが確認できない場合、研修会への参加はできません。
 また、ご自身の間違いや当日キャンセルによる返金はできません。ご注意ください。
定員 50名
申込み方法 1.下記PeatixのURLからチケットをご購入ください。
 研修URL:https://kana-mtdlp-basic2022.peatix.com
2.申し込み期限(チケット販売期限)は9月2日(金)21時までです。
  それ以降のお申し込みはできませんので、お早めにお申し込みください。
3.会員でお申し込みの方は申込2週間前までに今年度県士会費を納入してください。納入状況をお忘れの場合は、県士会事務局(Tel:045-663-5997)にお問い合わせください。
申込み締切 2022年9月2日 21時
生涯教育
ポイント
2ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 問い合わせ:mtdlp@kana-ot.jp
      生活行為向上マネジメント推進委員会 木村
備考  生活行為向上マネジメントの生活行為とは我われ作業療法士が対象としてきた「作業」とほぼ同意語として使用されております。「生活行為を向上するためのマネジメント方法」と簡単にご理解いただいても構いません。
 生活行為向上マネジメントは作業療法士の先人達が作り上げてきた作業療法の思考プロセスを、ツールを通じて追体験するものであり、対象者にも関係者にも見える化された作業療法を提示することができます。
 日本作業療法士協会の重点課題であり、当国における作業療法士の生き残りをかけた一大プロジェクトです。
 またH27年度の介護報酬改定では、通所リハビリテーションにおいて「生活行為向上リハビリテーション加算」が算定可能になりました。算定要件は「生活行為の内容の充実を図るための専門的な知識や経験を有する作業療法士」となっており、生活行為向上マネジメントの基礎研修修了がこれにあたるとされております。
 既に全国では講習会受講者を多く輩出しておりますので、遅ればせながら神奈川県でも精力的に推進していく所存です。多くの会員の受講を心よりお待ちしております。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/8632/

知れば差がつく福祉用具セミナー~導線から考える排泄編~

名称 知れば差がつく福祉用具セミナー~導線から考える排泄編~
主催 制度対策部 福祉用具関連事業班
日時 2022年09月03日(土)
09:30-12:00(受付開始 09:10~)
場所 Zoomオンライン講習会
内容 <講師>佐谷 瑞紀(さや みずき)先生 作業療法士
学校法人 岩崎学園 横浜リハビリテーション専門学校
教務部教務課 作業療法学科

本研修は、セラピストがADLを分節された行為でなく一連の生活動作として環境設定から考えるスキルを身に付けることを目的とした研修会です。

今回は「排泄」という行為を起居~移動~排泄といった一連の生活動作として捉え、場面ごとの福祉用具の適応や、対象者の状態に合わせた個別性のある工夫点を、 講義形式、ディスカッション形式でお伝えしていきます。

詳細URL https://hukushiyougu-kana.peatix.com
対象 作業療法士
理学療法士
言語聴覚士
一般(ケアマネージャー等)
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 神奈川県作業療法士会員(令和4年度会費納入済みの方):500円
他都道府県士会員および非会員:1000円
PT、ST、一般(ケアマネージャーなど):1000円
定員 約30名ほど
申込み方法 1.下記PeatixのURLまたはQRコードから、チケットをご購入ください。
 一般社団法人神奈川県作業療法士会
 制度対策部 福祉用具関連事業班
 研修URL:https://hukushiyougu-kana.peatix.com
2.申し込み期限(チケット販売期限)は9月2日(金)19時までです。
  それ以降のお申し込みはできませんので、お早めにお申し込みください。
3.会員でお申し込みの方は申込2週間前までに今年度県士会費を納入してください。納入状況をお忘れの場合は、県士会事務局(Tel:045-663-5997)にお問い合わせください。
申込み締切 9月2日(金)19時まで
生涯教育
ポイント
日本作業療法士協会に入会されている方の生涯教育ポイント付与:2ポイント
ポイントシールの配布、受講記録への受講印の押印等の手続きは行いません。申込時にOT協会番号を入力した方は、学術部担当者からOT協会に研修に参加した旨を連絡します。但し、協会会費納入が確認されなかった場合にはポイント付与はされません。
講習後、各自でOT協会の会員ポータルサイト(https://www.jaot.net/mm/#/login)でポイントをご確認下さい。
ポイント付与に講習後1ヶ月以上時間を要する場合もありますのでご了承ください.
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 神奈川県作業療法士会 制度対策部 福祉用具関連事業班
hukushiyougu.2018@gmail.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/8625/

[オンライン] はじめてでもわかる! 事例を通して学ぶ人間作業モデル(MOHO)

名称 【オンライン】 はじめてでもわかる! 事例を通して学ぶ人間作業モデル(MOHO)
主催 臨床実践に役立つ理論研究会
日時 2022年8月14日(日)9:30~12:00『はじめてのMOHO』
2022年9月25日(日)9:30~12:00『事例を通して学ぶMOHO』
※8月と9月の2回に分けて実施をします。2回合わせての参加をお勧めしますが、1回だけでも参加可能です。
場所 Zoomを利用したオンライン
内容 講師:笹田哲先生(神奈川県立保健福祉大学大学院 教授)

人間作業モデル(MOHO)は、作業療法の実践理論の1つです。最近では、国家試験にも出題されるようにもなりました。これまで、興味はあったけど難しいイメージがあり、なかなか一歩を踏み出せなかった方も多いのではないでしょうか。そこで、そんな方々向けに今回の研修を企画いたしました。
まず、8月は作業療法の歴史を振り返り,どのような変遷を経て人間作業モデルが作り上げられたのかを,他のモデルと比較しながら分かりやすく解説していきます.9月は人間作業モデルを臨床での考え方や実践への組み込み方を複数の事例を通して学んでいきます.評価から介入までの一連の流れを感じることが出来るような内容となっています.みなさんにも馴染みのあるICFも用いながら,MOHOへと発展させていきますので,イメージしやすく聞きやすいのではないでしょうか。人間作業モデルを全くを知らない方,学び始めの方大歓迎です!

対象 作業療法士,作業療法学生 (領域・学年は問いません)
学生の
参加可否
参加可 
参加費 作業療法士   どちらか1回参加:2,500円   両日参加:4,000円
作業療法学生 どちらか1回参加:1,000円   両日参加:2,000円
定員 各回30名
申込み方法 申し込みフォーム(https://forms.gle/8D3RQ9XLLqjRQgf5A)よりお申込みください。

お申込み受付後に参加費の振り込みなどの詳細なお知らせをお送りさせて頂きます

申込み締切 各回開始日5日前まで
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ uottip456@gmail.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/8623/

[オンライン] 明日から臨床で結果の出せる上肢セミナー

名称 【オンライン】明日から臨床で結果の出せる上肢セミナー
主催 進リハの集い
日時 9/24(土)10:30-16:00
場所 自宅などWi-Fi環境のある室内
内容 臨床でこんな悩みのある方はいませんか。

○評価後のアプローチの仕方に悩み、治療結果が出せない。
○触診技術が甘い。
○とにかく結果を出したい。
○筋骨格系の問題であるにもかかわらず、代償手段を先に考えてしまう。
○筋と筋膜の差を知りたい。
○アライメントを調整したい。
○解剖学、生理学、運動学が苦手だ。
○治療手段を少しでも身につけたい。
○実技をたくさんしたい。
○痛みを少しでも緩和させる技術を身につけたい。
○痛みがある方に対して筋トレだけをしてしまっている。

もしひとつでも当てはまるのであれば参加をお勧めします。

詳細URL https://www.shinreha.com/blank-80
対象 PT,OT
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 通常:8980円
ペア割:7980円 
定員 30名
申込み方法 当団体HPの申込フォームよりお申込みください。
申込み締切 前日
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 当団体問い合わせフォームよりお願い致します。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/8622/

作業科学基礎入門研修会~身近な作業の話をしよう!~

名称 作業科学基礎入門研修会~身近な作業の話をしよう!~
主催 日本作業科学研究会
日時 第 1 回:9 月 3 日(土)9:30~12:30
第 2 回:9 月 9 日(金)20:00~21:30
場所 オンライン Zoom
内容 日程及び内容
第 1 回:9 月 3 日(土)9:30~12:30
第 1 部:作業療法と作業科学(渡辺潤) 目的:作業科学に興味はあるけど、よく分からないに打ち勝つ 内容:講義形式(作業科学と作業療法・作業科学の歴史・作業科学でよく出て
くる言葉)
第 2 部:作業の視点で自身と他者を理解する(渡辺慎介)
目的:生産的作業(仕事、地域活動等)の形態を軸として、機能・意味の視点 から自身や他者を理解する
内容:事前課題の発表等ディスカッション中心、まとめ部分で講義 ・第 2 回研修事前説明(大谷将之)
詳細URL http://www.jsso.jp/courses_seminars.html#2022-0717
対象 日本作業科学研究会会員,非会員問わず
学生の
参加可否
参加可 
参加費 1000 円(2 回参加で 1000 円とします)
1 回のみ参加の方も一律で 1000 円となります
定員 特になし
申込み方法 申込・振込〆切
8 月 29 日(月)18:00
下記 Google Form より申込ください。
https://forms.gle/RFFVHFKtbugDc6sP6
申込み締切 8 月 29 日(月)18:00
生涯教育
ポイント
各回、90 分受講で 1 ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 問い合わせ先
渡辺慎介 s-wnabe@yic.ac.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/8621/

高次脳機能障害の作業療法 ~OTが診る注意障害~

名称 高次脳機能障害の作業療法 ~OTが診る注意障害~
主催 神奈川県作業療法士会 学術部
日時 開催日時:2022年9月3日(土) 受付開始12:45 講義13:00~14:30
場所 講義は遠隔会議アプリ「Zoom」,受付完了後,Zoom URL をご案内します.
内容 講師: 森下 史子 先生 (済生会若草病院 高次脳機能障害 専門作業療法士)
「高次脳機能障害は難しい…」と感じることは臨床上少なくないかと思います。
その中でも特に、注意障害は臨床場面で最も遭遇する高次脳機能障害であり、生活行動上の観察評価や復職や自動車運転再開…など様々な作業に影響を及ぼす症状です。
しかし、臨床場面では、どういった評価指標を用いたらいいか?や、どういった介入が良いのか?など悩まれることが多いのではないでしょうか。
今回、高次脳機能障害分野の専門作業療法士であられる森下先生をお招きして、講義後すぐに臨床で使えるような高次脳機能障害の評価や作業療法介入についてご講義して頂く予定です。
若手の方はもちろん中堅からベテランまで、注意障害の今更聞けない点を学べる貴重な機会ですので、是非ご参加下さい。
詳細URL https://peatix.com/event/3292300/view
対象 神奈川県作業療法士会の会員(令和 4 年度会費納入済みの方),他都道府県士会の会員 ,神奈川県士会および他都道府県士会の非会員 ,学生(OT 養成校に限る)
学生の
参加可否
条件付きで参加可 OT養成校に限る
参加費 神奈川県作業療法士会の会員(令和 4 年度会費納入済みの方)1000 円
他都道府県士会の会員 1500 円
神奈川県士会および他都道府県士会の非会員 3000 円
学生(OT 養成校に限る) 無料
定員 100名
申込み方法 https://peatix.com/event/3292300/view 神奈川県作業療法士会 学術部主催 9/3森下先生
URL内の,「チケットを申し込む」よりチケットをご購入ください。
申込2週間前までに今年度の県士会費を納入して下さい。
納入状況をお忘れの場合は、県士会事務局(TEL:045-663-5997)にお問い合わせください。
申込み締切 2022年9月2日(金)まで
生涯教育
ポイント
日本作業療法士協会に入会されている方の生涯教育ポイント付与:2 ポイント
申込時に OT 協会番号を入力した方は、県士会から協会へ研修に参加した旨を連絡します.
但し、協会会費納入が確認されなかった場合は付与されません.
誤った氏名や協会番号ですと,付与されないことがありますのでご注意ください.
ポイント付与に講習後 1 ヶ月以上時間を要する場合もありますのでご了承ください.
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 申込等ご質問のある方は、2021gakujutu@gmail.com にお問い合わせ下さい。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/8620/

初学者のための!アサーション臨床実践ワークショップ

名称 初学者のための!アサーション臨床実践ワークショップ
主催 心理カウンセリングオフィスFLIFE
日時 2022年8月13日(土)0時00分~2022年9月13日(火)23時59分
場所 オンライン(録画視聴)
内容 『アサーション』とは「自分も相手もどちらも尊重するコミュニケーション」のことです。企業研修などでは増えてきていますが、臨床場面で役立つアサーションを本格的に学べる機会は限られているのが現状です。そのため、アサーションを知っているけれど臨床場面でうまく活用できていない、アサーションに興味はあるけれどよく知らないといった声を耳にします。
そこで本ワークショップでは、講義や実際のやりとりを通して臨床場面での実践や介入への活用に役立つノウハウをご紹介いたします。また、アサーションと関連の深いアンガーマネジメントについても触れていきます。

【講師】
若杉肇 (公認心理師/臨床心理士/株式会社日本・精神技術研究所認定アサーショントレーニング・トレーナー(平木典子認定))

詳細URL https://note.com/pcoflife/n/n2c81302cb26e
対象 メンタルヘルス支援者および大学生、大学院生
学生の
参加可否
参加可 
参加費 6000円(税込)
定員 上限無し
申込み方法 こちらのお申込みフォームからお願いいたします。
https://forms.gle/994SrJnfCHQU2hnGA
申込み締切 2022年9月3日
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 心理カウンセリングオフィスFLIFE
代表 奥本浩司
okumoto@pco-flife.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/8617/