Category: 神奈川県

麻痺の分離と促通法

名称 麻痺の分離と促通法
主催 療法士活性化委員会
日時 2020年5月17日(日)10時~16時
場所 ウィリング横浜 ゆめおおおかオフィスタワー
〒233-0002 横浜市港南区上大岡西1-6-1 ゆめおおおかオフィスタワー内
内容 ・脳卒中の疫学
・促通と分離について
・麻痺の分離と促通法
・ブルンストロームステージの確認
・関節モビライゼーション
・筋膜リリース
・ハンドリング法
詳細URL https://lts-seminar.jp/paralys……eparation/
対象 作業療法士、理学療法士、言語聴覚士
学生の
参加可否
参加可 受講料が5,390円(税込)となります
参加費 10,780円(税込)
定員 30名限定
*先着締め切り
申込み方法 HPよりお申し込み下ください>>> https://lts-seminar.jp/paralys……eparation/
申込み締切 前日まで
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 療法士活性化委員会事務局:lts-info@lts-seminar.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7810/

[1単位20分で変化を出す] 股関節疾患に対する評価とアプローチ法

名称 【1単位20分で変化を出す】股関節疾患に対する評価とアプローチ法
主催 療法士活性化委員会
日時 2020年4月19日(日) 10:00~16:00
場所 ウィリング横浜 ゆめおおおかオフィスタワー
〒233-0002 横浜市港南区上大岡西1-6-1 ゆめおおおかオフィスタワー内
内容 1、変化の出るアプローチ法
・股関節関節のモビライゼーション
・仙腸関節のモビライゼーション
・腰椎のモビライゼーション
・大腰筋に対するアプローチ
・大殿筋に対するアプローチ
・中殿筋に対するアプローチ
2、股関節疾患に対する評価法
・姿勢、動作観察のポイント
・パトリックテスト
・トーマステスト
・立位での股関節の安定性のテスト
3、股関節疾患の病態
4、具体的な症例へのアプローチ法
詳細URL https://lts-seminar.jp/neckfracture/
対象 作業療法士、理学療法士、言語聴覚士
学生の
参加可否
参加可 受講料が4,400円(税込)になります。
参加費 8,690円(税込)
定員 30名限定
申込み方法 HPよりお申し込みください>>> https://lts-seminar.jp/neckfracture/
申込み締切 前日まで
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 療法士活性化委員会事務局:lts-info@lts-seminar.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7809/

評価の抽出とスクリーニング検査法セミナー

名称 評価の抽出とスクリーニング検査法セミナー
主催 療法士活性化委員会
日時 2020年4月18日(土) 10:00~16:00
場所 ウィリング横浜 ゆめおおおかオフィスタワー
〒233-0002 横浜市港南区上大岡西1-6-1 ゆめおおおかオフィスタワー内
内容 ・評価の抽出方法

(動作・歩行の行程分析表を用いて抽出を行います)

・5分で終わるスクリーニング検査

 (BRS・ROM・MMT・バレー兆候・協調性・高次脳検査・認知面を含めたスクリーニング検査を5分でできるように練習します。)
詳細URL https://lts-seminar.jp/assessment/
対象 作業療法士、理学療法士、言語聴覚士
学生の
参加可否
参加可 学生は受講料が8,250円(税込)になります。
参加費 16,500円(税込)
定員 24名限定
申込み方法 HPよりお申し込みください>>> https://lts-seminar.jp/assessment/
申込み締切 前日まで
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 療法士活性化委員会事務局:lts-info@lts-seminar.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7808/

[OT限定] OTのOTによるOTのための歩行セミナー

名称 【OT限定】OTのOTによるOTのための歩行セミナー
主催 療法士活性化委員会
日時 2020年5月16日(土)10時~16時
場所 ウィリング横浜 ゆめおおおかオフィスタワー
〒233-0002 横浜市港南区上大岡西1-6-1 ゆめおおおかオフィスタワー内
内容 ・OTの歩行とPTの歩行の分析の違い
・OTに必要な歩行分析とは?
・3つのポイントで見るシンプル歩行分析
・歩行分析で必要な触診の基礎
・歩行に介入するためのアプローチ法
詳細URL https://lts-seminar.jp/otgate/
対象 作業療法士、養成校の学生
学生の
参加可否
参加可 学生は参加費が4,400円(税込)になります。
参加費 8,690円(税込)
定員 30名限定
*先着順となります。
申込み方法 HPよりお申し込みください>>> https://lts-seminar.jp/otgate/
申込み締切 前日まで
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
あり
問い合わせ 療法士活性化委員会事務局:lts-info@lts-seminar.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7807/

@sagamihara第27回研修会「運転支援における作業療法士の役割」

名称 @sagamihara第27回研修会「運転支援における作業療法士の役割」
主催 作業療法地域連携会@sagamihara
日時 令和2年3月13日(金) 19:00~21:00(18:30より受付開始予定)
場所 相模原市民会館 大会議場(JR横浜線「相模原」駅より徒歩20分、または神奈川中央交通バス「市民会館前」下車すぐ)
〒252-0239 相模原市中央区中央3-13-15
内容 自動車運転に年齢や疾患がもたらす影響が取り上げられている昨今、私たち作業療法士に相談対応や机上評価を求められることが増えてきております。しかしながら、いざ直面すると「どのような支援をしたらよいのか、情報をまとめたらよいのか」と悩まれる方が多いのが現状ではないでしょうか。そのような中で神奈川県では、日本で初めて自動車運転免許センターに作業療法士が配置されたり、県士会に自動車運転支援に関する情報の取りまとめをする部門が設置されたりと、組織的な動きがみられております。そこで本研修会では、自動車運転支援の経験が豊富な2人の作業療法士から、自動車運転支援に必要な評価の視点や具体的なアプローチ方法、免許センターや教習所との連携、県士会自動車運転班の取り組み紹介などをご講義いただき、皆様の疑問解消や明日から使える知識の習得を図れたらと思っております。たくさんの意見や経験談を集めて、作業療法士が行う自動車運転支援について一緒に考えてみませんか。ご参加をお待ちしております。

「地域で考える運転と移動支援」
講師:東京都作業療法士会 運転と移動支援対策委員会 委員
永島 匡 先生(リハラボ訪問看護リハビリステーション、NPO法人煌めく返り花)

「自動車運転支援を取り巻く作業療法士としての動向」
講師:神奈川県作業療法士会制度対策部自動車運転班 班長
渡邉 隼人 先生(さがみリハビリテーション病院)
対象 どなたでもご参加いただけます
学生の
参加可否
参加可 
参加費 1,000円
定員 100名
申込み方法 件名に「第27回研修会参加希望」、
本文に、1氏名、2所属、3経験年数、4返信用メールアドレス、をご記入の上、以下のメールアドレスにお申し込み下さい。
メール:sagamiharatmrk@yahoo.co.jp
事務局より、受付のご返事をお送りさせて頂きます。(ご返事のメールがお届きで無い場合は、お手数ですが事務局までご連絡下さい)
申込み締切 令和2年3月12日 17:00まで
生涯教育
ポイント
1
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 作業療法地域連携会@sagamihara
事務局:迫田(sagamiharatmrk@yahoo.co.jp)
備考 研修会終了後に懇親会を予定しております.参加希望者は当日受付にてお申し付けください.

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7806/

高次脳機能障害の評価とアプローチ ~ 脱『高次脳は難しい』を目指して ~(横浜会場)

名称 【高次脳機能障害の評価とアプローチ ~ 脱『高次脳は難しい』を目指して ~】(横浜会場)
主催 Medical MARKSTAR
日時 2020年4月29日(水祝)10:00~16:00
場所 ウィリング横浜
内容 ・「高次脳はなんとなく苦手」
・「高次脳機能障害について基礎から学びたい」
・「実際の対象者に行なっている評価を聞きたい」
・「アプローチ方法について学びたい」
・「実際の症例提示から、どう評価してアプローチに繋げたのか聞いてみたい」

今回の講習会では、高次脳機能障害の基礎知識を学ぶとともに、より臨床的な解釈やアプローチのポイントなどを中心にご講演いただきます。「高次脳は難しい」と感じているセラピストにとって、苦手意識を克服できる貴重な機会になると思います。

【講習会の概要】
・脳の基礎知識
・高次脳機能障害の基礎知識
・高次脳機能障害の評価と、臨床的に考えるポイント
・高次脳機能障害に対するアプローチ
・早川先生が実際に評価・アプローチした症例の提示と解説
 
ぜひ、皆さまのお越しを心よりお待ちしております。
詳細URL https://www.markstar.net/highe……ain2020-1/
対象 PT・OT・STなど、どなたでも参加可能
学生の
参加可否
参加可 
参加費 7800円
定員 先着50名程度
申込み方法 ホームページよりお申込み下さい。
申込み締切
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ MARKSTAR事務局へのお問い合わせ
https://www.markstar.net/contact/
備考 info@markstar.netからのメールを受信できるようお願いいたします。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7805/

神経科学とバイオメカニクスから紐解く脳卒中リハビリテーション~自己組織化アプローチ(BiNI Approach)の基礎と臨床応用~(横浜会場)

名称 【神経科学とバイオメカニクスから紐解く脳卒中リハビリテーション~自己組織化アプローチ(BiNI Approach)の基礎と臨床応用~】(横浜会場)
主催 Medical MARKSTAR
日時 2020年4月5日(日)10:00~16:00
場所 ウィリング横浜
内容 ・「もっと片麻痺に対するアプローチの知識・技術を身に付けたい」
・「脳卒中の神経科学を臨床的に学びたい」
・「脳卒中をバイオメカニクスを元に評価できるようになりたい」
・「自己組織化アプローチ(BiNI Approach)について教えて欲しい」
・「神経科学とバイオメカニクスから考える脳卒中リハを聞いてみたい」
・「実際のアプローチの動画を見て学びたい」

近年の脳卒中リハビリテーションでは様々なアプローチがあり、皆さまの臨床でのスキルアップに役立つ知識・技術が数多く存在しております。その中でも、PT学会で会場に入れないほどの注目を浴びた、新たなアプローチとして注目されている自己組織化アプローチ(BiNI Approach)を、今回初めて企画することができました。
今回の講習会では、バイオメカニクスと神経科学を融合した画期的なアプローチの基礎から臨床応用までをわかりやすく、講義・実技を通してお伝えいたします。

【講習会の概要】
・自己組織化理論、自己組織化アプローチ(BiNI Approach)とは
・自己組織化アプローチの基礎知識
・脳卒中における神経科学とバイオメカニクス
・実際の自己組織化アプローチの動画と解説
  
ぜひ、皆さまのお越しを心よりお待ちしております。
詳細URL https://www.markstar.net/bini-……roach2020/
対象 PT・OT・STなど、どなたでも参加可能
学生の
参加可否
参加可 
参加費 7800円
定員 先着50名程度
申込み方法 ホームページよりお申込み下さい。
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ MARKSTAR事務局へのお問い合わせ
https://www.markstar.net/contact/
備考 info@markstar.netからのメールを受信できるようお願いいたします。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7804/

地域と高次脳機能障害 研修会

名称 地域と高次脳機能障害 研修会
主催 地域リハビリテーション部主催
日時 2020年3月29日(日) 
10:00~16:00
場所 横浜YMCA学院専門学校6階
(横浜市中区常磐町1-7)
内容 高次脳機能障害の方は一人ひとり、症状の現れ方、支援内容、支援方法、介助量が異なります。“病院”とは違い“生活の場である地域”において、どのように生活しているのか、支援を受けているのか、多職種とどのように情報共有していくかについて、リハビリ病院で指導し、在宅での経験がある森田秋子先生よりご講演をいただきます。午前中は、森田先生から今更聞けない高次脳機能障害やご家族対応、多職種連携についてと話して頂きます。また午後は、作業療法士から事例提示して頂き、実際の事例を通して、より具体的に地域、高次脳機能障害について考えを深めればと思っております。利用者様がどのように地域で生活しているか、地域で支援するための方法を、職種を超えて学んでいくことができればと思っております。地域で働いている方は勿論のこと、医療で働いている医療、福祉職もご参加の方をお待ちしています。
対象 神奈川県作業療法士会会員、その他興味がある医療・福祉職の方
学生の
参加可否
参加可 
参加費 会員:2,000円 非会員:4,000円
定員 50名
申込み方法 神奈川県作業療法士会ホームページの「研修会」から「地域と高次脳機能障害研修会」を選び、本研修会フォーム、下記のURLからお申込みください。
https://fs223.formasp.jp/n699/form28/
申込み締切 2020年2月10日(月)~3月27日(金)
生涯教育
ポイント
2ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 神奈川県作業療法士会 地域リハビリテーション部 遠藤 E-mail:chiikireha@kana-ot.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7803/

生活行為向上マネジメン研修会(旧基礎研修)

名称 生活行為向上マネジメン研修会(旧基礎研修)
主催 神奈川県作業療法士会生活行為向上マネジメント推進委員会
日時 2020年3月14日(土)9:30~17:30(開場9:00)
場所 横浜リハビリテーション専門学校
JR横須賀線「東戸塚駅」徒歩5分
内容 基礎研修 : 概論90分 + 演習330分
対象 日本作業療法士協会会員かつ神奈川県作業療法士会会員(今年度会費納入済みの方)
日本作業療法士協会会員かつ他当道府県士会会員
※応募者多数の場合、神奈川県士会員を優先いたします。
※生涯教育ポイント付与あり
※現職者選択研修対象
学生の
参加可否
参加可 
参加費 4,500円
定員 80名
申込み方法 以下のURLをクリックして、リンク先の申込みフォームに必要事項をご記入ください。
送信ボタンを押して申込みを終了してください。申込み終了後、指定のメールアドレスに申込み受付メールが届きます。万が一届いていない場合には、お問い合わせください。

https://fs223.formasp.jp/n699/form14/
申込み締切 2020年3月10日(火)
生涯教育
ポイント
2ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ mtdlp@kana-ot.jp
生活行為向上マネジメント推進委員会 木村
備考 生活行為向上マネジメントの生活行為とは我われ作業療法士が対象としてきた「作業」とほぼ同意語として使用されております。「生活行為を向上するためのマネジメント方法」と簡単にご理解いただいても構いません。
 生活行為向上マネジメントは作業療法士の先人達が作り上げてきた作業療法の思考プロセスを、ツールを通じて追体験するものであり、対象者にも関係者にも見える化された作業療法を提示することができます。
日本作業療法士協会の重点課題であり、当国における作業療法士の生き残りをかけた一大プロジェクトです。
またH27年度の介護報酬改定では、通所リハビリテーションにおいて「生活行為向上リハビリテーション加算」が算定可能になりました。算定要件は「生活行為の内容の充実を図るための専門的な知識や経験を有する作業療法士」となっており、生活行為向上マネジメントの基礎研修修了がこれにあたるとされております。
既に全国では講習会受講者を多く輩出しておりますので、遅ればせながら神奈川県でも精力的に推進していく所存です。多くの会員の受講を心よりお待ちしております

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7802/

かながわ「ICTを活用した地域医療介護連携ネットワーク」セミナー

名称 かながわ「ICTを活用した地域医療介護連携ネットワーク」セミナー
主催 神奈川県健康医療局保健医療部医療課、横浜市医療局医療政策課
日時 令和2年3月13日(金)
19:00~21:00(開場18:30)
場所 神奈川県総合医療会館7階ホール(横浜市中区富士見町3-1)

〇横浜市営地下鉄ブルーライン「伊勢佐木長者町」駅4番出口 右側から徒歩3分
〇JR根岸線「関内」駅南口から徒歩10分
内容 県内医療機関、薬局、介護事業所等におけるEHRの構築機運を高めるためセミナーを開催いたします。
昨年8月に神奈川県が策定したガイドラインや、横浜市鶴見区を中心に構築されたサルビアねっとの報告に加えて、政府が先行モデルとして評価している「とねっと」の構築に尽力された中野先生からご講演いただきます。

【報告】神奈川県の取組(ガイドラインの策定について)
    横浜市の取組(「サルビアねっと」など横浜市の取組について)
【講演】『とねっと』の取組と今後の展望について(JMA東埼玉総合病院中野智紀先生)
詳細URL http://www.pref.kanagawa.jp/do……ml#seminar
対象 医療・介護関係者、行政関係者
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 無料
定員 280名
申込み方法 ※本セミナーは事前申込制となっております。

神奈川県医療課ホームページ( http://www.pref.kanagawa.jp/do……seminar)
に掲載しているチラシに必要事項を記入のうえ、専用申し込みフォームまたはFAXにてお申込みください。
申込み締切 3月10日(火)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 神奈川県医療課地域包括ケアグループ 青木、松本
045-210-4893(直通)
備考 本セミナーは貴会にご後援いただいており、会員様へセミナーの開催を周知したく掲載をお願いします。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7801/