Category: 神奈川県

障がいのある方への在宅就労支援

名称 障がいのある方への在宅就労支援
主催 (社福)神奈川県総合リハビリテーション事業団 
日時 令和元年12月14日(土) 10:00~16:00
場所 おださがプラザ(小田急相模原駅北口すぐ ラクアルオダサガ4階)
内容 働きたいけど働くことをあきらめている方はいらっしゃいませんか?働くためには生活の安定が欠かせません。今回は在宅雇用に向けた就労支援や、生活の整え方や就労に向けた環境調整などの職業準備性について専門職から学びます。そして、実際に障がいのある方の在宅雇用に取り組んでいる事業所や能力開発校の方から、在宅就労支援の実際について伺い、一緒に考えましょう。
詳細URL https://www.chiiki-shien-hp.ka……hab.or.jp/
対象 作業療法士、理学療法士、福祉職、就労に関わる方
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 3,000円
定員 30名
申込み方法 地域リハビリテーション支援センター ホームページよりお申込みください。
申込み締切 定員になり次第締め切ります。
生涯教育
ポイント
1
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ (社福)神奈川県総合リハビリテーション事業団
地域リハビリテーション支援センター 一木 砂川
TEL:046-249-2602
MAIL:chiiki-shien.kensyu@kanagawa-rehab.or.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7638/

もっと臨床を深める!全身を整える足部セミナー

名称 もっと臨床を深める!全身を整える足部セミナー
主催 進リハの集い
日時 ○開催日
2020/1/11(土)
○時間:
受付9時30分
セミナー時間10時00分~16時00分
場所 ○場所
ウィリング横浜(上大岡駅徒歩3分)
http://www.yokohamashakyo.jp/w……4-1-1.html
10F 介護実習室2
内容 概要
「全身は全て繋がっている」と頭ではわかっていてもいざ臨床の場となると局所に目がいきがちです。
特に足部に至っては部位も細かいのでどうしても避けたくなる部位。そんな足部のアセスメントから治療まで
全てお伝えします!

下記の一つでも当てはまる方はぜひご参加ください!
・全身を捉えたい
・関節の運動連鎖を知りたい
・足部を基礎からしっかりと理解したい
・足部の評価方法から治療までしっかりと会得したい
・アセスメント方法を知りたい
・力学的ストレスに対するアセスメントを知りたい
・臨床思考能力を上げたい
・触診に自信をつけたい
・足部からの繋がりを理解したい
・セミナー後も講師にいろんな臨床の疑問を解消してほしい

対象疾患
循環器、内部障害の病歴がない整形外科疾患及び脳血管系疾患

講義内容
・足関節から足部について~解剖学、運動学から紐解く~
・周辺組織の役割~靭帯と脂肪体について~
・足関節及び足部のアライメント~正常とマルアライメント~
・力学的ストレスから紐解くアセスメントの一例
・周辺組織の評価方法~靭帯及び脂肪体~
・足根骨の触診
・足関節及び足部のアライメント評価方法
(距腿関節、距骨下関節、ショパール関節、リスフラン関節、踵骨からなる各関節)
・筋へのアプローチ
(前脛骨筋、腓腹筋、ヒラメ筋、後脛骨筋、腓骨筋群、長母趾屈筋、長母趾伸筋、足底筋膜)
詳細URL https://www.shinreha.com/blank-65
対象 PT/OT
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 ○費用
通常:9000円
ペア割:8000円 
定員 25名
申込み方法 HP内の申し込みフォーマットよりお申込み下さい
申込み締切 前日まで
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ Mail : shin.reha.tudoi@gmail.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7637/

WRAP研修~実践報告と自分のWRAPづくり~

名称 WRAP研修~実践報告と自分のWRAPづくり~ 
主催 神奈川県作業療法士会学術部
日時 令和元年11 月10 日(日)1 3 :00~1 7 :00(1 2 :30~受付)
場所 川崎教育文化会館 第7 会議室
内容 (ファシリテーター) 初石病院 小亀 晶子氏 訪問看護ステーションみのり横浜 星 竜平氏 藤沢病院 福田 舞 氏
(内容)WRAP は1997 年にアメリカの当事者によってリカバリーの理念のもとに作られました。近年は日本でも精神科領域を中心に、広く認識されるようになってきています。そこで、本研修では院内やデイケア、訪問看護や地域におけるWRAP の活用やWRAP クラスの実践報告を行うと共に、ワークショップ形式で自分のWRAP 作りを体験できる機会を設けています。みなさまのご参加をお待ちしております。支援職や精神疾患経験者問わずWRAP に興味がある方ならどなたでもご参加いただけます。
学生の
参加可否
参加可 
参加費 神奈川県作業療法士会員および他県士会員:1,000 円
(非会員で今回,神奈川県作業療法士会に入会される方は1,000 円で受講可)神奈川県作業療法士会および他県士会の非会員:4,000 円 その他 2,000 円
定員 40名
申込み方法 https://fs223.formasp.jp/n699/form22/
このフォームにアクセスし、必要事項をご入力下さい。
神奈川県作業療法士会ホームページ内 「講習会・研修会」 https://kana-ot.jp/wp7/Cont ent s TOP「実践報告と自分のWRAP 作り」神奈川県内在勤もしくは在住の方は、申し込み2 週間前までに必ず入会手続きと今年度県士会費を納入して下さい。
納入状況をお忘れの場合は、日本作業療法士協会「WEB 版OT 協会会員情報システム」にてご確認下さい。
会費納入状況、申込方法などは、神奈川県作業療法士会事務局ken-ot@kana-ot.jp もしくは045-663-5997 に
お問い合わせ下さい。申込後、キャンセルの場合は 1231ga kujutuk ens yu@gma i l . com までご連絡下さい。
申込み締切 2019 年10 月1日 ~ 2019 年11 月9 日
生涯教育
ポイント
(社)日本作業療法士協会会員の方は、受講により2 ポイントが付与されます。
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 藤沢病院デイケア科 西前英紀 0466-23-0909

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7635/

からだにやさしいポジショニング

名称 からだにやさしいポジショニング
主催 (社福)神奈川県総合リハビリテーション事業団
日時 令和元年12月17日(火) 10:00~16:00
場所 神奈川リハビリテーション病院 (厚木市七沢516)
内容 この研修では、からだにやさしいポジショニングをテーマに、ベット上臥位や車椅子座位における安定かつリラックスできる姿勢への支援方法について学習します。講義や実技を通して、姿勢の整え方や耐圧分散を促すクッションの差し込み方など、翌日から実践できるように進めていきます。
詳細URL https://www.chiiki-shien-hp.ka……hab.or.jp/
対象 作業療法士、理学療法士、福祉職、介護職 等
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 3,000円
定員 30名
申込み方法 地域リハビリテーション支援センター ホームページよりお申込みください。
申込み締切 定員になり次第締め切ります。
生涯教育
ポイント
1
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ (社福)神奈川県総合リハビリテーション事業団
地域リハビリテーション支援センター 一木 砂川
TEL;046-249-2602
MAIL:chiiki-shien.kensyu@kanagawa-rehab.or.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7633/

高次脳機能障害セミナー(実務編)

名称 高次脳機能障害セミナー(実務編)
主催 (社福)神奈川県総合リハビリテーション事業団
日時 令和元年11月23日(土)9:55~17:00
場所 厚木シティプラザ 6階サイエンスホール (小田急線本厚木駅 徒歩3分)
内容 高次脳機能障害は受傷発症の原因、受傷発症からの時期、重症度等によってリハビリや支援のプロセスが多様であり、ゴール設定もさまざまとなります。また、高次脳機能障害の症状、発症前の生活様式、性格、社会的背景も個々人で異なるためにオーダーメイドのアプローチが必要となります。今回のセミナーでは、高次脳機能障害の個別性を踏まえつつ、各専門職の立場からアプローチのヒントについてお話しいたします。
詳細URL https://www.chiiki-shien-hp.ka……hab.or.jp/
対象 脳外傷等による高次脳機能障害に関係する医療・保健・福祉・行政関係者 等
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 1,000円
定員 50名
申込み方法 地域リハビリテーション支援センター ホームページよりお申込みください。
申込み締切 定員になり次第締め切ります。
生涯教育
ポイント
1
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ (社福)神奈川県総合リハビリテーション事業団
地域リハビリテーション支援センター 瀧澤 砂川
TEL:046-249-2602
MAIL:chiiki-shien.kensyu@kanagawa-rehab.or.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7632/

脊髄損傷のリハビリテーション(実務編)

名称 脊髄損傷のリハビリテーション(実務編)
主催 (社福)神奈川県総合リハビリテーション事業団
日時 令和元年11月30日(土) 10:00~16:00
場所 神奈川リハビリテーション病院 (厚木市七沢516)
内容 近年、加齢に伴う脊柱管狭窄や変形性頸椎症、OPLL等を伴い、転倒や転落などによる高齢者の不全
四肢麻痺が高い比率を占め、増加してきています。この研修は、地域や病院で不全損傷者に関わるリハ
スタッフや看護師等を対象に開催します。不全損傷者の身体状況や日常生活動作、車椅子スポーツにつ
いて実際の実技を通し、障害の理解や支援方法について学んでいただくことを目的としています。
詳細URL https://www.chiiki-shien-hp.ka……hab.or.jp/
対象 作業療法士、理学療法士、看護師 等
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 3,000円
定員 30名
申込み方法 地域リハビリテーション支援センターホームページよりお申込みください。
申込み締切 定員になり次第締め切ります。
生涯教育
ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ (社福)神奈川県総合リハビリテーション事業団
地域リハビリテーション支援センター 一木 砂川
TEL:046-249-2602
MAIL:chiiki-shien.kensyu@kanagawa-rehab.or.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7631/

明日から実践できる!!手指・手関節の評価と治療

名称 明日から実践できる!!手指・手関節の評価と治療
主催 進リハの集い
日時 ○開催日
2020/2/2(日)

○時間:
受付9時30分
セミナー時間10時00分~16時00分
場所 ○場所
ウィリング横浜(上大岡駅徒歩3分)
http://www.yokohamashakyo.jp/w……4-1-1.html
11階多目的室
内容 概要

臨床でこんな悩みを持っていませんか??
○作業療法士なのに理論を介した手指・手関節の評価ができない。
○手の浮腫に対して悩んでいる。
○手根骨が細かすぎて評価しきれない。
○分離、共同運動の違いはわかるけども、それをどこまで評価をしていいかわからない。
○握力、ピンチ力の測定結果だけで訓練内容(グリップ訓練、ピンチ訓練など)を決めてしまいがち。
○拘縮の病態の分類が曖昧で評価に苦しむことがある。
○制限があるから手指の関節可動域訓練をするといったアセスメントになってしまう。
○手指の関節可動域をTPDだけで判断してしまう。
○実は手内在筋のMMTの結果を自信を持って伝えることができない。
○末梢神経障害の評価が難しい。
○理学療法士、言語聴覚士なので手指・手関節に苦手意識がある。

もし一つでも当てはまるのであれば参加をお勧めします!!

このセミナーに参加することで得られること
○手指・手関節に対しての評価の仕方を身につけることができる。
○関節に対するアプローチを自信を持って提供できるようになる。
○関節可動域制限のある方に対して、闇雲に関節可動域訓練をしなくてすむようになる。
○MMTの結果を自信を持って伝えることができるようになる。
○手に対するアプローチの重要性を知る・実践することができるようになる。
○解剖学を理解してアプローチすることができるようになる。

基礎的な評価から治療プログラムを立案できるように機能解剖、生理学、評価の仕方中心のセミナーとなって
おります。もちろん、治療のテクニックなどもお伝えはしますが、評価ありきの治療です。

*今回はスプリントを作製するための評価ではありません。分野は問いませんが、脳科学の分野ではなく筋骨格系の評価を主体に話しを進めさせて頂きます

講義内容
1手指、手関節、前腕(一部)の機能解剖について
評価に入る前に機能解剖を理解する必要があります。各関節、手根骨の動きの特徴などについて説明していきます。

2評価
浮腫、血行、瘢痕、末梢神経、筋力、握力、ピンチ、知覚、疼痛、関節可動域、拘縮、骨のアライメント
*それぞれの項目についてポイントを説明していきます。

3日常生活における手の使い方
摘み(つまみ)などの手の使い方を学んでいきます。

4治療modality&procedure
既存のリハビリテーションで行われている治療の紹介説明をします。

5徒手テクニック&自主訓練テクニック(実技)
・各関節モビライゼーション
・各筋・筋膜リリース
・腱グライティングエクササイズ
・ペアへの治療(箸動作実施)

*進行状況によってセミナー内容が前後することがあります。その点、ご理解頂ければと思います。
詳細URL https://www.shinreha.com/in-3
対象 PT/OT
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 ○費用
通常:9000円
ペア割:8000円 
定員 40名
申込み方法 HP内の申し込みフォーマットよりお申し込みをお願いいたします。
申込み締切 前日まで
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ HP内→ https://www.shinreha.com/contact
Mail:shin.reha.tudoi@gmail.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7630/

『CIセラピーの基礎入門』 CIセラピー×タナベセラピー研究会講習会

名称 『CIセラピーの基礎入門』 CIセラピー×タナベセラピー研究会講習会
主催 日本CIセラピー・タナベセラピー研究会 神奈川支部
日時 1.2019年11月22日(金)19:00~21:00 
2.2019年12月6日(金)19:00~21:00
3.2019年12月20日(金)19:00~21:00
場所 【会場】
湘南医療大学

【アクセス】
横浜市戸塚区上品濃16-48
JR横須賀線 東戸塚駅西口より徒歩15分
※ 湘南医療大学HP交通アクセスのご案内をご参照下さい。
内容  麻痺肢をreal world activities;生活の中で能動的に使ってこそ、大脳ネットワーク再構築に影響を及ぼすことは広く知られており、そのメソッドはCIセラピーで確立されています。しかし実際のところ、トランスファーパッケージって、つまりなに?、と悩むことはないでしょうか?
 本講習会では、アラバマ大学においてCI Therapy Training programを履修され、中枢神経系の疾患を多く扱うリハビリテーション病院や整形外科病院、自費診療での治療経験も豊富な、近藤昭彦 先生を講師にお招きし、CIセラピーいろはの基礎から学んでいきます。

1.トランスファーパッケージの概要 2019年11月22日(金)19:00~21:00
CIセラピーでは、行動心理学的アプローチを用いて生活の中での麻痺手使用を促していきます。
その代表格であるトランスファーパッケージの概要を学びます。

2.上肢ボトムアップのスキル 2019年12月6日(金)19:00~21:00
麻痺手が動かなければ、生活の中で使おうとは思ってもらえないものです。
反復・課題指向型練習を可能にする上肢機能訓練の基礎を学びます。

3.下肢評価の基礎と歩行介助 2019年12月20日(金)19:00~21:00
生活場面で麻痺手の使用を考えていくとき、OTであっても下肢へのアプローチは必要です。下肢機能の評価、基礎的なシェーピング、歩行介助の方法を学びます。
詳細URL
対象 作業療法士、理学療法士
学生の
参加可否
参加可 
参加費 各回@2,000円/全3回5,000円
定員 先着40名で締め切ります。
申込み方法 以下の申し込みフォームからお願いします。

https://forms.gle/BKczh9Qdn8uLsNzK9
申込み締切 先着順で定員に達し次第締め切ります。
生涯教育
ポイント
各回1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ ご不明なことや、受付メールが届かない、などございましたら、  
tanabetherapyentry@yahoo.co.jp へご連絡下さい。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7629/

拘縮予防につなげるポジショニング・トランスファーのポイント

名称 拘縮予防につなげるポジショニング・トランスファーのポイント
主催 コウセラ
日時 2020年1月12日(日)10:00~16:00(受付9:30~)
場所 ウィリング横浜 10F 介護実習室1(京急「上大岡」駅 徒歩3分)
内容  当セミナーは介護技術の分野で数多くの講演・執筆活動をされている田中義行先生をお招きして、拘縮予防に重点を置いたポジショニングやトランスファーに関する実技セミナーを開催いたします。 

【セミナー内容】
1、拘縮の分類を再確認する
2、分類から対応策を考える
3、ポジショニングなどの実際
4、移乗介助の実際
5、実技
※プログラムは追加・変更になる場合がございます。
詳細URL https://koutheraken.jimdo.com/
対象 OT・PT・ST・介護士・看護師・その他
学生の
参加可否
参加可 
参加費 8000円
定員 30名(先着順)
申込み方法 お申込みはホームページより(『コウセラ』で検索)
https://koutheraken.jimdo.com/
申込み締切 2020年1月11日(日)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ Mail:koutheraken@yahoo.co.jp  
備考 【講師】
田中義行 先生(株式会社大起エンゼルルヘルプ・理学療法士)
著書(単著のみ)
「潜在力を引き出す介助(中央法規)」
「写真で学ぶ拘縮予防・改善のための介護(中央法規)」
「写真でわかる拘縮ケア(ナツメ社)」
「写真でわかる移動・移乗ケア(ナツメ社)」

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7628/

2019地域包括ケアOT特別セミナー

名称 2019地域包括ケアOT特別セミナー
主催 神奈川県作業療法士会 地域包括ケアシステム推進委員会
日時 2019年12月1日(日) 14:00~17:00 受付13:30
場所 かながわ労働プラザ 4F第6・7会議室
横浜市中区寿町1-4(JR石川町駅徒歩5分)
https://www.zai-roudoufukushi-……ccess.html
内容 2019地域包括ケアOT特別セミナー
~地域に飛び出せ作業療法士たち!~
 
昨年大好評であったシンポジウムを、今年度は特別セミナーとしてバージョンアップして開催いたします。今年度は作業療法士の地域参画をさらに推進していくためにスペシャルな講師をお呼びいたしました!
今までにないざっくばらんで、アツくて、コアなセミナーになること間違いなしです!
 
【内容】
1特別セミナー
「地域包括ケアシステムにおける作業療法士の可能性」
講 師:鎌田 大啓氏
略 歴:作業療法免許取得後、病院勤務を経て、地域医療を展開している医療法人の介護部門をまとめセンターを設立。センター長として、介護保険の原点である「自立支援」を軸とした介護サービス(訪問看護・リハビリ、通所リハビリ、ケアプランセンター)を展開。 同時に、吹田市介護保険事業者連絡会会長としても多くの介護事業者、行政、住民と交わり地域づくりに取り組む。この中でステークホルダーがそれぞれ感じている課題をそのままにしている業界の課題を痛感。それぞれの強みを見出し新たなに強み同士をつなぎ合わせる(コネクトする)デザインの必要性を感じ2015年に株式会社TRAPEを設立。
 ・大阪大学 医学部保健学科 医学系研究科 招聘教員
 ・平成30年度 「介護サービス事業における生産性向上に向けた調査事業」委員、事業所選考委員会 委員、試行的ガイドライン委員会 委員
 ・平成30年度、令和元年度 老人保健健康増進等事業 「先進国における高齢者の介護予防に資する自助又は互助も含めたサービスの仕組みに関する調査研究事業 委員
 ・平成30年度、令和元年度 老人保健健康増進等事業 ケアマネシ?メントの公正中立性を確保するための 取組や質に関する指標のあり方に関する調査研究事業 委員
 ・令和元年度 年度老人保健健康増進等事業「「地域ケア会議に関する総合的なあり方検討のための調査研究事業」委員会 委員
 ・大阪ええまち塾(大阪府生活支援コーディネーター育成事業) 塾長
 ・大阪府作業療法士連盟 幹事
 
2実践報告
「神奈川県作業療法士会による地域支援実践」
報告者:大郷 和成氏 (神奈川県作業療法士会 理事)
 
3座談会&交流会
対象 どなたでもOK
学生の
参加可否
参加可 
参加費 神奈川県作業療法士会会員1,000円、会員外2,000円
定員 40名
申込み方法 登録フォームよりお申込みください
https://fs223.formasp.jp/n699/form21/
申込み締切 11月25日(月)
生涯教育
ポイント
2ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 地域包括ケアシステム推進委員会(ot.chiikicareあっとまーくgmail.com)
備考 神奈川県在勤のOTの方は、申込2週間前までに必ず今年度士会費を納入してください。納入確認に2週間程度必要となります。納入状況をお忘れの場合は(社)日本作業療法士協会「WEB版OT協会 会員情報システム」にてご確認頂くか、県士会事務局(TEL045-663-5997)にお問い合わせください。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7624/