Tag: 2020/2

明日から実践できる!!手指・手関節の評価と治療

名称 明日から実践できる!!手指・手関節の評価と治療
主催 進リハの集い
日時 ○開催日
2020/2/2(日)

○時間:
受付9時30分
セミナー時間10時00分~16時00分
場所 ○場所
ウィリング横浜(上大岡駅徒歩3分)
http://www.yokohamashakyo.jp/w……4-1-1.html
11階多目的室
内容 概要

臨床でこんな悩みを持っていませんか??
○作業療法士なのに理論を介した手指・手関節の評価ができない。
○手の浮腫に対して悩んでいる。
○手根骨が細かすぎて評価しきれない。
○分離、共同運動の違いはわかるけども、それをどこまで評価をしていいかわからない。
○握力、ピンチ力の測定結果だけで訓練内容(グリップ訓練、ピンチ訓練など)を決めてしまいがち。
○拘縮の病態の分類が曖昧で評価に苦しむことがある。
○制限があるから手指の関節可動域訓練をするといったアセスメントになってしまう。
○手指の関節可動域をTPDだけで判断してしまう。
○実は手内在筋のMMTの結果を自信を持って伝えることができない。
○末梢神経障害の評価が難しい。
○理学療法士、言語聴覚士なので手指・手関節に苦手意識がある。

もし一つでも当てはまるのであれば参加をお勧めします!!

このセミナーに参加することで得られること
○手指・手関節に対しての評価の仕方を身につけることができる。
○関節に対するアプローチを自信を持って提供できるようになる。
○関節可動域制限のある方に対して、闇雲に関節可動域訓練をしなくてすむようになる。
○MMTの結果を自信を持って伝えることができるようになる。
○手に対するアプローチの重要性を知る・実践することができるようになる。
○解剖学を理解してアプローチすることができるようになる。

基礎的な評価から治療プログラムを立案できるように機能解剖、生理学、評価の仕方中心のセミナーとなって
おります。もちろん、治療のテクニックなどもお伝えはしますが、評価ありきの治療です。

*今回はスプリントを作製するための評価ではありません。分野は問いませんが、脳科学の分野ではなく筋骨格系の評価を主体に話しを進めさせて頂きます

講義内容
1手指、手関節、前腕(一部)の機能解剖について
評価に入る前に機能解剖を理解する必要があります。各関節、手根骨の動きの特徴などについて説明していきます。

2評価
浮腫、血行、瘢痕、末梢神経、筋力、握力、ピンチ、知覚、疼痛、関節可動域、拘縮、骨のアライメント
*それぞれの項目についてポイントを説明していきます。

3日常生活における手の使い方
摘み(つまみ)などの手の使い方を学んでいきます。

4治療modality&procedure
既存のリハビリテーションで行われている治療の紹介説明をします。

5徒手テクニック&自主訓練テクニック(実技)
・各関節モビライゼーション
・各筋・筋膜リリース
・腱グライティングエクササイズ
・ペアへの治療(箸動作実施)

*進行状況によってセミナー内容が前後することがあります。その点、ご理解頂ければと思います。
詳細URL https://www.shinreha.com/in-3
対象 PT/OT
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 ○費用
通常:9000円
ペア割:8000円 
定員 40名
申込み方法 HP内の申し込みフォーマットよりお申し込みをお願いいたします。
申込み締切 前日まで
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ HP内→ https://www.shinreha.com/contact
Mail:shin.reha.tudoi@gmail.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7630/

アクティビティ インストラクター資格認定セミナー

名称 アクティビティ インストラクター資格認定セミナー
主催 認定NPO法人芸術と遊び創造協会 高齢者アクティビティ開発センター
日時 2020年2月2日(日)10:00~16:15
場所 中野サンプラザ 研修室(東京都中野区中野4-1-1)
JR・地下鉄 中野駅より 徒歩3分
内容 要介護者のQOL向上のためには、一人ひとりの生活歴を尊重し、本人が主体的・積極的にかかわれるケアをデザインすることが求められます。
アクティビティ・ケアでは、生活を豊かにする「6大ケア」を基に、アクティビティを実践することによって、要介護者の日常生活を活性化し、QOL向上を目指します。    
 本セミナーは、アクティビティ・ケアの基礎知識を1日5時間で学べます。全国の事例と、アクティビティ・ツールを活用した実践で「心が動く」瞬間を体感し、コミュニケーションの大切さや、リハビリを促す方法を学びます。
講師:小平有紀(ナチュラルセラピーインテグレート 主宰・アロマセラピスト・介護福祉士)
詳細URL https://artplaylab.jp/activity……r_seminar/
対象 作業療法士、介護福祉士、理学療法士、言語聴覚士、看護師、保育士、管理栄養士、学生、ボランティア等その他アクティビティ・ケアに興味のある方や、対象者のQOL向上を目指す方
学生の
参加可否
条件付きで参加可 専門学校生、短大生、大学生
参加費 9,900円 テキスト代・資格認定料を含む
定員 50名
申込み方法 認定NPO法人 芸術と遊び創造協会 高齢者アクティビティ開発センター 
ホームページの「お申し込みフォーム」をご活用ください。
https://artplaylab.buyshop.jp/……s/21934631
申込み締切 定員になり次第締め切り
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 認定NPO法人芸術と遊び創造協会 高齢者アクティビティ開発センター
〒165-0026 東京都中野区新井2-12-10
TEL 03-3387-5461

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7589/

発達系作業療法学会 第8回学術大会

名称 発達系作業療法学会 第8回学術大会
主催 日本発達系作業療法学会
日時 2020年 2月29日(土) 、3月1日(日)
場所 長崎大学医学部記念講堂
(長崎市坂本1丁目12-4)
内容 それぞれの臨床 ~多様な実践から考える発達OT~
●特別講演I
 講師:服巻智子 先生 (心と発達の相談支援 another planet/ 大阪大学連合大学院)
●特別講演II
 講師:岸本光夫 先生 (重症児・者福祉医療施設 ソレイユ川崎)
●実践講演
 加藤寿宏 先生 (京都大学大学院医学研究科)
 鴨下賢一 先生 (株式会社 児童発達支援協会)
 黒澤淳二 先生 (大阪発達総合療育センター)
 小松則登 先生 (愛知県心身障害者コロニー中央病院)
 酒井康年 先生 (うめだ・あけぼの学園)
 高橋知義 先生 株式会社 Like Lab 保育所等訪問支援事業 Switch)
 辻善城 先生 (大阪赤十字病院付属大手前整肢学園)
 徳永瑛子 先生 (長崎大学大学院医歯薬学総合研究科)
●一般演題(研究報告・実践報告)
●懇親会
詳細URL https://hattatuot.jp/index.html
学生の
参加可否
参加可 「学生」に大学院生は含みません。
参加費 会員:4,000 円
一般:9,000 円
学生:無料(抄録 200 円)
懇親会費:未定
申込み方法 事前参加申込み、演題応募をご希望の方は、日本発達系作業療法学会HPをご覧ください。
申込み締切 ◆事前参加申し込み
2019年10月1日(火)~2020年1月31日(金)

◆演題募集期間
2019年9月1日(日)~10月12日(土)
生涯教育
ポイント
あり
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本発達系作業療法学会第8回学術大会事務局
Mail:jhattatu.nagasaki@gmail.com
備考 託児サービスの有無につきましては、ホームページをご確認ください。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7581/

ICUにおける人工呼吸患者のリハビリテーションin東京(2日間)

名称 ICUにおける人工呼吸患者のリハビリテーションin東京(2日間)
主催 ヒューマン・プレス
日時 1日目:2020年2月1日(土)10:00~17:00(受付開始9:30)
2日目:2020年2月2日(日)10:00~16:00(受付開始9:30)
場所 東京工科大学 蒲田キャンパス(蒲田駅西口より徒歩2分)
東京都大田区西蒲田5-23-22
内容 本セミナーは、世界の潮流ともいうべき、ICUリハビリテーション(以下、ICUリハ)について、最新の知見と実践を伝える実践講習会です。ICUリハにおいて重症度の高い超急性期の患者にリスク管理を行い、安全かつ効果的な介入を実践するためには、患者の状態・病状の把握に加え、生命維持装置・各種デバイス、環境因子についての理解が不可欠となります。しかし、これらの膨大な内容を独学、あるいは他の職種,先輩や同僚に指導してもらうことは、現実的には困難な場合が少なくありません。本セミナーでは、ICUの人工呼吸患者における全身管理からリハビリテーションの実際について、基礎から応用までの内容を盛り込んでいます。ICUリハをこれから始める理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などのリハタッフ、ICUリハについて知りたい看護師、臨床工学技士をはじめとするICUスタッフなど、すべての初学者に適しています。明日から即活用できる内容を多く盛り込み、皆さんの臨床力アップ、患者のさらなる改善への手がかりが見つかる技術を提供します。
詳細URL https://human-press.jp/seminar……nar030.php
対象 作業療法士
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 16,000円
申込み方法 ヒューマン・プレスのサイトからお申込みください。
https://human-press.jp/seminar……nar030.php
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ https://human-press.jp/contact.html

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7567/

よこすかOT勉強会 のお知らせ<2019年度>

名称 <2019年度>よこすかOT勉強会 のお知らせ
主催 よこすかOT勉強会
日時 毎月第2火曜日 19:00~21:30ごろまで

※2020年2月12日(水)のみ第二水曜日の開催です.

ーーーーーーーーーーーーーーーー
2019年4月9日:基礎I(クラインフォーゲルバッハの運動学,ハンドリング)
2019年5月14日:基礎II
2019年6月11日:臥位I(寝返り含む)
2019年7月9日:臥位II
2019年8月13日:座位I(リーチ含む)
2019年9月10日:座位II
2019年10月8日:立位
2019年11月12日:歩行
2019年12月10日:活動分析アプローチI
2020年1月14日:活動分析アプローチII
2020年2月12日:統合アプローチI
2020年3月10日:まとめ・復習
ーーーーーーーーーーーーーーーー
日程は台風等の影響により変更もございます。
場所 神奈川県立保健福祉大学  教育研究棟 A221教室
(京浜急行「県立大学」より徒歩約7分)
内容 本勉強会は玉垣努先生(神奈川県立保健福祉大学 教授)の指導の下、作業療法士・理学療法士を中心に,クラインフォーゲルバッハの運動学や臨床動作分析、活動分析やボバースアプローチ、アフォーダンスなど種々のアプローチや考え方の良いところを取り入れ、知識だけでは汎化できない様な実技の練習を中心に実施しています.臨床での疑問や解決に対する試行錯誤も大歓迎です.自由で闊達な意見交換を実施しています。
※年度途中からの参加・飛び石での参加も問題なく参加いただけます。
対象 OT・PTなどこの勉強会に関心のある方
学生の
参加可否
参加可 
参加費 無料
定員 40名
申込み方法 申し込み不要
申込み締切 なし
生涯教育
ポイント
1
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ よこすかOT勉強会事務局まで
thewildflowers83あっとまーくgmail.com
(あっとまーく、を@に変更してください)

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7325/

第55回三浦半島作業療法研究会

名称 第55回三浦半島作業療法研究会
主催 三浦半島作業療法研究会
日時 2020年2月1日(土) 14:30受付 15:00~17:00
場所 神奈川県立保健福祉大学 教育研究棟 情報実習室1(A431)
横須賀市平成町1-10-1 京浜急行線 県立大学から徒歩5分
内容 内容:講演「認知症の基礎知識と臨床-観察と洞察」
講師:作業療法士 佐藤良枝 先生(曽我病院)
参加費:100円
若手セラピスト向けに、認知症について、わかりやすい講演を企画しました。職種、経験を問わず、お気軽にご参加ください。会場の収容人数が限られるため、当日参加者が多数の場合には、入場をお断りする事もありますので、出来るだけ事前予約をお願いします。
研究会ホームページよりお申し込みください。 http://miuraot.kenkyuukai.jp/e……index.asp?
詳細URL http://miuraot.kenkyuukai.jp/e……index.asp?
対象 作業療法士など
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 100
定員 50
申込み方法 三浦半島作業療法研究会ホームページから申し込み
http://miuraot.kenkyuukai.jp/event/
申込み締切 2020年1月30日16:00
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ shirahama-kあkuhs.ac.jp(あ→@)
掲載内容変更:2019/8/22

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7222/