Tag: 2018/11

地域リハビリテーション人材育成研修会 地域包括ケアシステム・地域ケア会議編 11月25日


名称 地域リハビリテーション人材育成研修会 地域包括ケアシステム・地域ケア会議編 11月25日
主催 神奈川県作業療法士会 地域リハビリテーション部
日時 平成30年11月25日 日曜日
10時00分~16時30分
場所 横浜YMCA専門学校
JR・横浜市営地下鉄 関内駅より徒歩3分
みなとみらい線 日本大通り駅より徒歩6分
内容 作業療法士の定義が変わりました。地域に住むすべての人々が私たち作業療法士の対象です。
今担当している患者様、利用者様が生活する場所となる地域では、介護予防や地域包括ケアシステム、地域ケア会議に注目が集まっています。その人らしい生活を自立支援できるような地域づくりが私たち作業療法士に期待されています。今回は地域が連携して患者様や利用者様の生活を支えていくための地域包括ケアシステム、地域ケア会議に目を向けていきます。本研修会は神奈川県の生涯教育推進事業の委託を受けて開催しております。多くの方のご参加を心よりお待ちしています。

地域包括ケアシステムの概要、地域ケア会議とは
行政の立場から考える地域包括ケアのあり方について
各市区町村における地域ケア会議の実際
対象 神奈川県作業療法士会会員(今年度会費納入者)
他都道府県作業療法士会会員
養成校在学中の学生
医療・福祉関連職種
学生の
参加可否
参加可 
参加費 無料(神奈川県委託事業のため)
定員 50名
申込み方法 以下のフォームにアクセスし、必要事項をご入力ください。

https://fs223.formasp.jp/n699/form13/
申込み締切 平成30年11月18日
生涯教育
ポイント
2ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 地域リハビリテーション部担当理事
遠藤陵晃
chiikireha@kana-ot.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/6845/

特別支援教育と地域作業療法2018 地域で支える子どものミライ


名称 特別支援教育と地域作業療法2018 地域で支える子どものミライ
主催 神奈川県作業療法士会 地域リハビリテーション部
日時 2018年11月4日(日)10:00~16:30 (9:30受付開始)
場所 横浜リハビリテーション専門学校 8階講堂
〒244-0801 神奈川県横浜市戸塚区品濃町550-1
内容 近年、発達障害分野に携わる作業療法士は年々増えてきており、療育センターや病院だけでなく、特別支援学校や放課後等デイサービスなど地域での関わりが期待されています。
 今回は、米国における小児分野の作業療法士の取り組みや、日本における今後の小児分野の作業療法の可能性について高橋先生から、また、これまでの自身の取り組みをふまえた地域支援の重要性について大郷先生からお話いただきます。子どもたちの未来を地域で支えるために、ご興味のある方はどなたでもご参加ください!

1「子どもと療育者に対するエンパワメント」
   ~米国OTの取り組みと日本における可能性~
         髙橋 香代子 氏(北里大学)

2「スペシャルニーズのある子どもたちの地域支援」
   ~もっと遊ぼう!作業療法士たち~
       大郷 和成 氏(NPO法人laule’a)

3 地域リハビリテーションを皆で考える会
  神奈川県作業療法士会 地域リハビリテーション部
対象 神奈川県作業療法士協会会員(今年度会費納入者)
他都道府県作業療法士会会員、医療・福祉関連職種
学生の
参加可否
参加可 
参加費 神奈川県作業療法士会員 1,000円
県士会非会員      3,000円
定員 50名
申込み方法 以下の1または2の方法で申し込みをしてください。
1フォーム入力による申し込み
  https://fs223.formasp.jp/n699/form12/

2メールによる申し込み
宛先:ken-ot@kana-ot.jp      
件名
「11月4日特別支援教育と
        地域作業療法2018参加申込」
内容1参加者氏名  2フリガナ
3所属先(常勤・非常勤)4所属先住所
5協会会員番号 非会員の場合は「非会員」と記載
6受講可否通知の連絡先E-mailアドレス
7懇親会への参加有無
申込み締切 2018年10月28日(日)
生涯教育
ポイント
2ポイント付与
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 地域リハビリテーション部
増子 E-mail:chiikiriha@kana-ot.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/6829/

生活行為向上マネジメント研修会(旧基礎研修)


名称 生活行為向上マネジメント研修会(旧基礎研修)
主催 生活行為向上マネジメント推進委員会
日時 2018年11月24日(土)9:30~17:30(開場9:00)
場所 横浜リハビリテーション専門学校
内容 基礎研修 : 概論90分 + 演習330分
対象 日本作業療法士協会会員かつ神奈川県作業療法士会会員(今年度会費納入済みの方)
日本作業療法士協会会員かつ他当道府県士会会員
※応募者多数の場合、神奈川県士会員を優先いたします。
※生涯教育ポイント付与あり
学生の
参加可否
参加可 
参加費 4,500円
定員 80名
申込み方法 以下のURLをクリックして、リンク先の申込みフォームに必要事項をご記入ください。
送信ボタンを押して申込みを終了してください。申込み終了後、指定のメールアドレスに申込み受付メールが届きます。万が一届いていない場合には、お問い合わせください。

https://fs223.formasp.jp/n699/form14/
申込み締切 2019年11月17日(土)
生涯教育
ポイント
2ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ mtdlp@kana-ot.jp
生活行為向上マネジメント推進委員会 木村
備考 生活行為向上マネジメントの生活行為とは我われ作業療法士が対象としてきた「作業」とほぼ同意語として使用されております。「生活行為を向上するためのマネジメント方法」と簡単にご理解いただいても構いません。
 生活行為向上マネジメントは作業療法士の先人達が作り上げてきた作業療法の思考プロセスを、ツールを通じて追体験するものであり、対象者にも関係者にも見える化された作業療法を提示することができます。
日本作業療法士協会の重点課題であり、当国における作業療法士の生き残りをかけた一大プロジェクトです。
またH27年度の介護報酬改定では、通所リハビリテーションにおいて「生活行為向上リハビリテーション加算」が算定可能になりました。算定要件は「生活行為の内容の充実を図るための専門的な知識や経験を有する作業療法士」となっており、生活行為向上マネジメントの基礎研修修了がこれにあたるとされております。
既に全国では講習会受講者を多く輩出しておりますので、遅ればせながら神奈川県でも精力的に推進していく所存です。多くの会員の受講を心よりお待ちしております

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/6814/

第8回多職種精神保健福祉セミナー


名称 第8回 多職種精神保健福祉セミナー
主催 神奈川県作業療法士会 神奈川県精神保健福祉士協会 共催
日時 2018年11月11日(日)10:00~17:00(受付9:30~)
場所 横浜市総合保健医療センター 4階講堂
内容 入院中からできる就労支援をテーマに精神障害者雇用の現状、入院患者さんが求めている就労支援、事例を通して就労支援の現状を知り、医療や福祉など私たちがいる現場で何ができるのかを考える機会にしていきたいと思います。講師:就労支援の概要(横浜市精神障害者就労支援センター馬塲順子氏)、就労移行支援事業所の取り組み(医療法人誠心会ラボ・ラーレ髙水祐子氏)精神科クリニックの取り組み(医療法人三精会汐入メンタルクリニック有川雅俊氏)講義及びグループワーク
対象 本研修会に興味関心のある方
学生の
参加可否
参加可 
参加費 1500円(作業療法士、精神保健福祉士 各協会員は1,000円)
定員 70名
申込み方法 E-mailにて 神奈川県作業療法士会事務局 研修担当(ken-ot@kana-ot.jp)

<記載事項>

1参加者氏名 2フリガナ 3所属(常勤・非常勤) 4所属先住所(自宅の場合は市町村名まで) 5日本作業療法士協会会員番号(OT以外は職種) 6経験年数 7所属の都道府県士名⑧受講可否通知の連絡先Eメールアドレス
申込み締切 2018年10月28日(日)
生涯教育
ポイント
2ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 川崎市障害者更生相談所 南部地域支援室 原島
harashima-a@city.kawasaki.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/6796/

リウマチの作業療法 ~私たちOTにできること~  スプリント療法を中心に


名称 リウマチの作業療法 ~私たちOTにできること~  スプリント療法を中心に
主催 神奈川県作業療法士会 学術部
日時 平成30年11月23日(金曜日・祝日)
受付12:30
講義13:00~16:00
場所 横浜南共済病院
(京急線 追浜駅より徒歩7分)
当日、休日出入り口に看板を出します。
お車での来場者は、受付時に駐車券を配布します。
駐車料金は無料です。
内容 プログラム
「シニア世代のリウマチ患者の特徴」(30分) 横浜南共済病院 長岡章平  病院長
「リウマチの最新の薬物治療」    (30分)   同上    鈴木良江  薬剤師
「リウマチの作業療法」       (45分)   同上    中西理佐子 作業療法士
「スプリントの症例発表」      (15分)  同上    山口晃治  作業療法士
「リウマチのスプリント療法」    (45分)  同上     前田優   作業療法士

人が自由に動くために必要な関節の機能には、可動性と固定性、そして適切なアライメントがあると考えます。関節の疾患であるリウマチの作業療法においては、この「可動性・固定性・アライメント」をいかに評価し、対応できるかが重要な課題となります。今回、リウマチの患者さんが少しでも楽に生活できるために私たちOTができることについて、スプリント療法を中心にお伝えしたいと考えています。当院病院長のリウマチ科医と薬剤師による、疾患についての講義もあります。まだリウマチの患者さんを担当されたことがない、よく知らないと言う方も大歓迎です。ぜひ、ご参加下さい。
対象 神奈川県OT士会で今年度会費納入済みの方
他都道府県OT士会員等
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 2,000円
定員 50名
申込み方法 1)E-mail(携帯メール不可)にて神奈川県OT士会事務局研修会担当(ken-ot@kana-ot.jp)までお申し込みください。申込のE-mailは一人一通までとします。
2)E-mailは題名を「リウマチ11/23受講希望」とし、本文に1受講希望講習会名及び開催日、2氏名、3所属、4都道府県士会名、5日本作業療法士協会会員の場合は会員番号、6連絡先電話番号、7返信用E-mailアドレス(携帯メール不可)を必ずご記載ください。8必須ではありませんが、講習会で聞きたい質問などがありましたら、ご記入ください。
3)神奈川県在勤のOTの方は、申込2週間前までに必ず今年度士会費を納入してください。納入確認に2週間程度必要となります。納入状況お忘れの場合は、(社)日本作業療法士協会「WEB版OT協会会員情報システム」にてご確認いただくか、士会事務局(TEL045-663-5997)にお問い合わせください。
申込み締切 2018年9月7日~11月9日
生涯教育
ポイント
2ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 佐々木秀一(北里大学病院)sasakiki0821@gmail.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/6757/

明日から使える環境調整スキル 第4回


名称 明日から使える環境調整スキル 第4回
主催 神奈川県作業療法士会 神奈川県理学療法士会 共催
日時 平成30年11月4日(日) 10時~16時40分(受付9:30~) 
場所 ウイリング横浜 10階介護実習室I
http://www.yokohamashakyo.jp/w……4-1-1.html
内容 今回の研修では、起居・移動編として、ポジショニング関連用具やベッドマットレスの選定、移乗機器の選定をメインに病院、老健、地域と領域を問わず、明日から臨床ですぐに使える環境調整のスキルをお話しいただきます。

・起居動作について(ポジショニングやマットレスなど) れいんぼう川崎 池谷充弘 先生  

・移乗動作について                  川崎市北部リハビリテーションセンター 数野理恵 先生

こちらは昨年の状況を報告したページです。詳細URLをご覧ください。
詳細URL https://kana-ot.jp/wpc/action/2017/374
対象 日本作業療法士会および各都道府県作業療法士会員で
今年度会費納入済みの方
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 神奈川県士会員2000円、他都道府県会員4000円
定員 10名
申込み方法 申し込み用アドレスに下記内容を添えてお申し込み下さい。

件名 明日から使える環境調整スキル第4回申し込み
1.氏名
2.所属
3.経験年数
4.住所
5.電話番号
6.OT協会番号
7.所属する都道府県士会

申し込みアドレス hukushiyougu.2018@gmail.com
申込み締切 9/1~定員になり次第締め切ります。
生涯教育
ポイント
2
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 神奈川県作業療法士会 制度対策部福祉用具対策班
hukushiyougu.2018@gmail.com
備考 動きやすい服装でお越し下さい

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/6742/