[オンライン] 東京都作業療法士会 自動車運転と移動支援対策委員会 主催 Web研修会

名称 【オンライン】東京都作業療法士会 自動車運転と移動支援対策委員会 主催 Web研修会
主催 東京都作業療法士会 自動車運転と移動支援対策委員会
日時 2021年2月12日(金)19:00~21:00予定
場所 web(ZOOMでの開催)
内容 今回、当委員会では自動車運転や移動支援に関する悩みなどを少しでも会員の皆様と共有できればと思い、Web研修会を企画しました。研修では、急性期〜生活期までの運転再開や移動支援について皆様と事例を共有し、今後の支援に活かせる場になればと思っております。ぜひ、多くの方のご参加をお待ちしております。

1 急性期病院における移動支援
 (東京慈恵医科大学付属第三病院:大熊・岩井)
2 回復期病院における移動支援
 (多摩丘陵病院:青木、東京都リハビリテーション病院:尾森・坂)
3 生活期における移動支援
 (リハラボ訪問看護リハビリステーション町田:永島)
4 家族の立場から考える移動支援
 (竹の塚脳神経リハビリテーション病院:南、木村病院:井上)
5 郊外における移動支援 
 (大久野病院:三浦、台東区立台東病院:森田)

詳細URL https://tokyo-ot.com/lecture/20312.html
対象 職種問わずどなたでも参加可能
学生の
参加可否
参加可 
参加費 無料
定員 100名
申込み方法 こちらから申し込みください。
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ naokik@jadecom.jp:楠本まで

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/8043/

第13回 京都CBTセンター研修会 [会場・Web研修] コメディカルのための基本がわかる精神科診断セミナー こども編

名称 第13回 京都CBTセンター研修会 【会場・Web研修】コメディカルのための基本がわかる精神科診断セミナー こども編
主催 京都CBTセンター
日時 2021年4月10日(土)11:00~17:00
場所 会場(アスニー山科)/録画配信(4月19日~5月10日:録画はお好きな時間に繰り返し何度でもご覧いただけます。)
内容 <講師> 稲垣 貴彦 先生
医療法人明和会琵琶湖病院/滋賀医科大学精神医学講座
医師、子どものこころ専門医、日本児童青年精神医学会認定医

<内容> 講義と演習
こどもの心の病がわからず悩み、対応に困った経験はありませんか?
精神科診断は他の科と異なり、曖昧で理解の難しいところがあります。
今回の研修では、最前線で活躍する児童精神科医の根拠に基づく知識と
実践を学び、明日からの支援に役立つ内容を提供したいと考えています。

詳細URL https://cbtcenter.jp/cms/?itemid=2660
対象 医療、保健、福祉、産業、教育、司法の有職専門家(認知行動療法初心者の方でも歓迎です)、大学院生
学生の
参加可否
参加可 
参加費 10,000円(税込)
申込み方法 https://cbtcenter.jp/cms/?itemid=2660 にアクセスして、
お申し込みフォームにご入力のうえ、送信してください。
申込み締切 2021年3月31日
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 杉山悠 (訪問看護ステーションKAZOC)
kyotocbt03<アットマーク>gmail.com
備考 臨床心理士ポイント申請予定

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/8041/

[オンライン] 難病を抱え農業を始めた男と車椅子で世界一周した男の「挑戦の原点」講演会

名称 【オンライン】難病を抱え農業を始めた男と車椅子で世界一周した男の「挑戦の原点」講演会
主催 リハビリデイサービスオリオン、リハラボ訪問看護リハビリステーション町田 、訪問看護リハビリステーション ヨリドコ
日時 2021年2月21日(日)14時〜16時30分
場所 オンライン開催
内容 【内容】
人生をかけて挑戦したいことはありますか?もし多くの制約があっても諦めずに挑戦し続けることはできますか?
数年前に寝たきりになる難病PLSを発症し、徐々に身体が動かなくなっていく中でクラウドファンディングに挑戦し、障がい者でも働けるにんにく水耕栽培事業をスタートさせた落水洋介さん。交通事故で頸髄損傷となり、生きる意味を失いかけていたところから車椅子で単独世界一周を達成。そして現在は車椅子の旅人として講演活動やバリアフリーツアーの監修を行っている三代達也さん。
多くの困難を乗り越え、誰しもができないような挑戦を続ける2人の男をゲストに講演会&対談イベントを開催します。

【イベント日時】
令和3年2月21日(日)14時〜
14:00 主催者挨拶
14:10 落水さん「挑戦の原点」
14:55 三代さん「挑戦の原点」
15:40 休憩
15:50 落水さん&三代さんクロストーク、質問
16:30 閉会

【主催者】
リハビリデイサービスオリオン
安西 祐太
リハラボ訪問看護リハビリステーション町田
永島 匡
訪問看護リハビリステーション ヨリドコ
大関 純平
【技術サポート】
スタジオよっしー
吉田 雄一

詳細URL https://junyoridoko.peatix.com/view
対象 どなたでも参加可能
学生の
参加可否
参加可 
参加費 1,500円
定員 100名
申込み方法 【参加方法】
YouTube配信
参加者は、講演会終了後7日間YouTube上のアーカイブを視聴できます

<Peatix>
https://junyoridoko.peatix.com/view

申込み締切 2121年2月19日(金)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ jun.herogamign@gmail.com(担当:大関)

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/8040/

[オンラインセミナー] 脳卒中者の基本動作がわかるようになる!!臨床に活かせる動作分析と治療セミナー(寝返り編、起き上がり編、立ち上がり編)

名称 【オンラインセミナー】 脳卒中者の基本動作がわかるようになる!!臨床に活かせる動作分析と治療セミナー(寝返り編、起き上がり編、立ち上がり編)
主催 進リハの集い
日時 ○開催日
・寝返り編    2021/5/9 (日) 1時間半
・起き上がり編  2021/5/16 (日) 1時間半
・立ち上がり編  2021/5/23 (日) 1時間半

○時間:
受付20時00分よりzoom起動可能
セミナー時間20時30分~22時00分
*質疑応答などで時間延長となる可能性もありますが、その際は途中退室可

場所 ○場所
自宅などWi-Fi環境のある室内
内容 【概要】
臨床でこんな悩み・思うことはありませんか?
○脳卒中者の基本動作がよくわからない
〇脳卒中者の動作分析において見るべきポイントがよくわからない
〇基本動作の知識を身につけても脳卒中者の治療に応用できていない
○脳卒中者の基本動作のメカニズムや特徴を知りたい
〇問題点に対してどんな治療方法を選択したらいいのかわからない
○脳卒中者の基本動作に対するアプローチを知りたい

もし一つでも当てはまるのであれば参加をお勧めします!!

こんな受講生にオススメです!
〇脳卒中者の姿勢(臥位・座位・立位)の評価ができるようになりたい
○脳卒中者の基本動作について広い視野から分析できるようになりたい
○基本動作のメカニズム(神経機構を中心に)の基礎知識を身につけたい
〇脳卒中者の基本動作の分析ができるようになりたい
○脳卒中者の基本動作に対するアプローチを知りたい
○治療後の効果判定ができるようになりたい

このセミナーに参加することで得られること
〇姿勢の評価・姿勢に対するアプローチがわかるようになる
○基本動作の基礎的な知識を身につけることができる
○脳卒中者の基本動作において見るべきポイントが理解できるようになる
○脳卒中者の基本動作のメカニズム(神経機構を中心に)がどうなっているのかが理解できる
○脳卒中者の基本動作に対する治療方法を学ぶことができる
○評価と治療による効果判定ができるようになる

基礎的な評価から治療プログラムを立案できるように機能解剖、生理学、評価の仕方中心のセミナーとなっております。

姿勢・基本動作(寝返り・起き上がり・立ち上がり・着座)の分析と治療ができるようになることが目標であり、そのうえで治療方法もお伝えします。

※基本動作のセミナーですが、今回の内容に歩行は含まれません

対象疾患は中枢神経系の疾患としていますが、どの疾患にも健常者にも当てはまるので応用できる内容になっています。

【講義内容】
※本セミナーは全3回で構成されております

5月9日
【臥位姿勢・寝返り動作編】
●脳卒中者における背臥位・側臥位・腹臥位の姿勢評価
●脳卒中者における寝返り動作の分析
●背臥位・側臥位・腹臥位姿勢と寝返り動作に対するアプローチ方法

5月16日
【起き上がり動作・座位姿勢編】
●脳卒中者における起き上がり動作の分析(臥位姿勢・寝返り動作編の内容と関連させながらお伝えします)
●脳卒中者における起き上がり動作→座位姿勢の関係と座位姿勢の評価
●起き上がり動作に対するアプローチ方法

5月23日
【立ち上がり動作・着座動作・立位姿勢編】
●脳卒中者における座位姿勢評価(起き上がり動作・座位姿勢編の内容と関連させながらお伝えします)
●脳卒中者における立ち上がり動作・着座動作の分析と立位姿勢の評価
●立ち上がり動作・着座動作に対するアプローチ

各基本動作に対する評価とアプローチに加えて、動作に関連する姿勢の評価とアプローチ方法もお伝えします。

※講義の中で使用する画像や動画は健常者を対象としておりますが、脳卒中者を想定した設定でお伝えします

*進行状況によってセミナー内容が前後することがあります。その点、ご理解頂ければと思います。

詳細URL https://www.shinreha.com/stroke-actionanalysis
対象 PT/OT/ST
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 各編  3980円
全編受講 9800円
全受講希望の場合、約2000円お得となります
定員 20名
申込み方法 HP内の申し込みフォーマットよりお申込みください
申込み締切 前日まで
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ HP内のお問い合わせフォームよりお問い合わせください

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/8039/

[オンライン] 明日から臨床で結果の出せる体幹・下肢セミナー

名称 【オンライン】明日から臨床で結果の出せる体幹・下肢セミナー
主催 進リハの集い
日時 ○開催日
2021/3/14(日)

​○時間:
受付12時30分よりzoom起動可能
セミナー時間13時00分~17時00分
*質疑応答などで時間延長となる可能性もありますが、その際は途中退室可

場所 ○場所
自宅などWi-Fi環境のある室内
内容 【概要】
晴れてセラピストになっていざ現場に出たけど、実際の介入って何をしたらいいのかわからない、どうやってアプローチするのがいいのかわからないなんて悩みを抱えていませんか?

当セミナーは基礎知識を紐解きながら臨床で圧倒的に活用できるアプローチ方法をお伝えするセミナーです!

新人の方はもちろん、現場でのアプローチの引き出しを増やしたいセラピストにはおすすめです!

●コンセプト
解剖学、運動学、生理学を基に総論的にお伝えします。
手技ではない、知識があれば誰でもできる方法です。
即時効果が出やすいので、その場で効果を実感できます。
すぐに効果が出るので臨床が楽しくなります。

こんな悩みや考えを抱えていませんか?
・先輩の臨床見学をしてマネてるだけだから、アプローチ方法のバリエーションがない。
・正直、自分のアプローチに自信がない。
・これでいいのかと悩みながらやっている。
・曖昧な方法しか知らない。
・いろいろ試しているけど、自分にぴったりと思うアプローチが見つからない。
・〜法などを受講したことあるけど、難しくてもっと簡単な方法を知りたい
・今、臨床でやっていることに確証を持ちたい。
・もっと臨床って楽しいものだと肌で実感したい。
・臨床が楽しいと思えず、セラピストとしてどうしようか考えてしまっている。

もし、上記のことに当てはまるのならぜひご参加ください!

【講義内容】
・腹直筋リリース
・脊柱起立筋リリース
・腰部多裂筋リリース
・胸郭リリース
・腰方形筋リリース
・大殿筋リリース
・大腿筋膜張筋リリース
・ハムストリングス リリース
・大腿四頭筋リリース
・前脛骨筋リリース
・下腿三頭筋リリース
・膝関節モビライゼーション
・足関節モビライゼーション
・足根骨モビライゼーション

詳細URL https://www.shinreha.com/trunk-le
対象 PT/OT/ST
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 通常:8980円
ペア割:7980円 
定員 30名
申込み方法 HP内の申し込みフォーマットよりお申込みください
申込み締切 前日まで
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ HP内のお問い合わせフォームよりご連絡ください

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/8038/

[オンライン] 明日から臨床で結果の出せる上肢セミナー

名称 【オンライン】明日から臨床で結果の出せる上肢セミナー
主催 進リハの集い
日時 ○開催日
2021/4/25(日)

○時間:
受付10時00分~10時30分までに入室(zoom起動)
セミナー時間10時30分~16時00分(途中お昼休憩あり)
*質疑応答などで時間延長となる可能性もありますが、その際は途中退室可
場所 自宅などWi-Fi環境のある室内
内容 【概要】

問診して評価して介入の段取りをする。当たり前の流れですが重要です。
しかしながら、介入となると局所治療のみになりがちで根本治療にならず、なかなか症状が改善されない経験があるのではないでしょうか。

当セミナーはテクニック系ではなく、機能解剖学的に基づいた学校では教わらないことや教科書には載らない、
臨床の現場でこそ見える評価・治療をお伝えします。
これを機に、特に新人の方は明日から使える臨床での評価思考パターンと治療パターンを取得して頂きたいです。

​上肢を対象にクライエントを治療しているが、治療手段に悩んでいる方必見!!または筋骨格系の触診に自信がない方は必見です!!

臨床でこんな悩みのある方はいませんか。
○評価後のアプローチの仕方に悩み、治療結果が出せない。
○触診技術が甘い。
○とにかく結果を出したい。
○筋骨格系の問題であるにもかかわらず、代償手段を先に考えてしまう。
○筋と筋膜の差を知りたい。
○アライメントを調整したい。
○解剖学、生理学、運動学が苦手だ。
○治療手段を少しでも身につけたい。
○実技をたくさんしたい。
○痛みを少しでも緩和させる技術を身につけたい。
○痛みがある方に対して筋トレだけをしてしまっている。

もしひとつでも当てはまるのであれば参加をお勧めします。

上肢治療よって得られるもの
○筋・筋膜性の疼痛改善
○可動域改善
○上肢機能向上(手、肘、肩、体幹から)
○痙性の強い方のつまみ動作の向上
○肩こりの軽減
○猫背の改善
○触診技術の向上
○不定愁訴の改善(気怠さ・疲れの改善など)

対象疾患
どの疾患に対してもベースとして持っていることが重要なことですので、疾患は問いません。健康な方から障害のある方まで通じる技術です。

【講義内容】
■実際のアプローチについての考え
・筋硬結(トリガーポイント)に対するリリース
・離開とその動き(モビライゼーション)について

■触診に必要な心得
・相手を緊張させない触り方の実践

■肩・肩甲骨・胸部のアプローチの実際
・斜角筋リリース
・胸鎖乳突筋リリース
・僧帽筋リリース
・肩甲挙筋リリース
・小胸筋リリース
・棘上筋リリース
・棘下筋リリース
・小円筋リリース
・肩甲下筋リリース
・肩甲骨モビライゼーション
・肩甲胸郭関節の離開(前鋸筋リリース)
・胸郭リリース
・三角筋リリース

■前腕・肘・上腕のアプローチの実際
・上腕二頭筋リリース
・上腕三頭筋リリース
・前腕回内・外分離運動(前腕屈筋・伸筋群リリース)

■指・手根骨・手関節のアプローチの実際(手のアーチの改善に向けて)
・手根管の調整
・手根骨モビライゼーション
・手根中央関節モビライゼーション
・橈骨手根関節モビライゼーション
・手根中手関節モビライゼーション
・指関節モビライゼーション

※本セミナーはオンラインのため、実技は画面を通した内容となります。具体的な方法などを提示して口頭で説明していきます。

詳細URL https://www.shinreha.com/blank-80
対象 PT/OT/ST
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 通常:8980円
ペア割:7980円 
定員 30名
申込み方法 HP内の申し込みフォーマットよりお申込みください
申込み締切 前日まで
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ HP内の問い合わせフォームよりお問い合わせください

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/8037/

NPO法人 精神科作業療法協会 第49回作業療法研修会

名称 NPO法人 精神科作業療法協会 第49回作業療法研修会
主催 NPO法人 精神科作業療法協会(POTA)
日時 2021年2月27日(土)9:50~12:00
場所 Zoom
内容 『コロナ禍における退院促進』-将来の退院促進のあり方への示唆を得る-
コロナ禍の中、退院に向けてのアプローチが進めにくくなっています。外出や面会が制限されているなかで家族や社会資源との接点が減らざるを得ません。その中でも退院を可能にし、引き続く地域生活の安定への支援がなされている実践について事例を中心にお話しをお聞きします。コロナ禍で出来たこのような実践は、コロナ問題が小さくなった時には、退院促進のために本当に必要な支援は何かを示す事例として大いに参考になると考えられます。
詳細URL https://www.pota.jp/
学生の
参加可否
参加可 
参加費 POTA会員1000円 非会員1500円 学生500円
定員 100名
申込み方法 Peatixから申し込んでください。インターネットの検索サイトで「Peatix」または「ピーティックス」と入力して公式サイトに入り「イベントの検索」で「作業療法」と入力すると「第49回作業療法研修会」がでてきます。
内容を確認して「チケットを申し込む」をクリックし必要事項を記入してください。
申込み締切 2021年2月21日
生涯教育
ポイント
託児サービスの
有無
あり
問い合わせ otk-t@pota.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/8036/

[オンライン] ポジショニングR.E.D.セミナー 理論編~微小重力環境で行う筋緊張制御~

名称 【オンライン】ポジショニングR.E.D.セミナー 理論編~微小重力環境で行う筋緊張制御~
主催 日本ユニバーサルリハビリテーション協会
日時 2021年2月13日 (土) 14:00~17:00
場所 「Zoom」を使用したオンラインでの開催となります。
インターネットに繋がっているパソコン、スマホ、タブレット (カメラ、マイク付属)で どこからでも受講できます。
内容 微小重力環境で段階的に筋緊張制御をおこなう治療概念です。
身体質量と重力を拮抗させた環境で行うポジショニングアプローチを行う事で、筋緊張が安定し、関節拘縮の変化と長時間持続する臨床研究が発表されました。
身体にかかる重力が小さくなり、収縮の必然性がなくなる筋、腱は、柔軟性を取り戻し、神経や感覚入力と相互作用していきます。変化した身体状況は自律神経系の安定(副交感神経優位)や呼吸、循環へと波及し、過緊張、低緊張など異常筋緊張の安定に結びついていきます。
長期療養生活を送り、長い年月をかけてもたらされた過緊張や関節拘縮の変化と循環器系の安定例は、これまでの臨床場面では見られなかった新しい発見と、今後の医療に大きく影響する事が示唆されました。
低反撥マットレスを身体質量の比重に合わせて積層する環境設定という単純性は、高い再現性と介入者要因に依存しない筋緊張制御となり、誰が介入しても同じ結果となります。このような現象、結果の蓄積により関節拘縮の概念をも、確実に変える力を持っています。

筋組織の変化と過緊張、低緊張など異常筋緊張の安定、重度の呼吸器疾患、心疾患患者の心拍数、呼吸数、血中酸素飽和度、血圧の安定といった変化は、内部障害への新たなアプローチとしても期待されています。

ポジショニングで関節拘縮を緩和させ身体全体が柔らかくなる効果を共有しましょう。しかも臨床のケアに応用できます。実技では、微小重力環境を体感できます。あなたの身体が数mmHgの身体質量に変化します。その体感がリハビリ、日頃のケアの気付きへ導き治療手段や介助技術に繋がります。
関節拘縮の対応にお悩みの方は一度ご参加ください。

詳細URL https://www.meducation.jp/seminar/detail.php?id=33951
対象 作業療法士、理学療法士、看護師
学生の
参加可否
参加可 
参加費 5,980円(税込)
※クレジットカード決済または銀行振込のお手続きをお願い申し上げます。詳細につきましてはお申込み後にご連絡いたします。
定員 5名
申込み方法 ホームページまたは下記URLよりお申し込みください
https://www.meducation.jp/seminar/detail.php?id=33951
申込み締切 2021年2月9日 (火)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本ユニバーサル リハビリテーション協会
TEL 042-208-0102
http://universalreha.com/

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/8035/

[オンライン] ものづくりシーティングセミナー原理編~シートクッションを1からつくる~

名称 【オンライン】ものづくりシーティングセミナー原理編~シートクッションを1からつくる~
主催 日本ユニバーサルリハビリテーション協会
日時 2021年2月20日 (土) 14:00~17:00
場所 「Zoom」を使用したオンラインでの開催となります。
インターネットに繋がっているパソコン、スマホ、タブレット (カメラ、マイク付属)で どこからでも受講できます。
内容 【 クッションの構造を知る事から始めて、回復段階やADLに合わせたシーティングを行ない、業者やメーカーのクッションの作り方を学ぶ 】
シートクッションのカバーを外した事はありますか?中には何層にもなった様々な構造体が目に入ります。「最も徐圧効果があるのは、AのウレタンとBのウレタンを組み合わせだった。」「骨盤の固定や体感保持に必要な形状は!」「姿勢のこのポイントに補助支持物を入れるともっと座位が安定する」等、カスタマイズやオーダーメイドの目線を入れると、様々に座位保持のイメージが変わり、介入プログラムの輪が広がっていきます。

普段何気なく使っているクッションの構造を知り、シーティング・フィッティングの理論構築を考えていきましょう。
人の姿勢は運動の連続です。生活シーンに合わせて姿勢を変化させています。回復段階もそのひとつです。急性期、回復期、維持期で訓練効果により収縮筋が変わったり、廃用が進むと拘縮のある関節も出てきます。このようなひとつではない身体状況に対応する、世界中のシーティング・フィッティングを用いた技術を身につけましょう。

シートクッションの作り方は大きく分けて二つあります。採寸式と採型式です。
採寸は身体の寸法からクッションを作り上げます。採型は採型機と呼ばれる身体全体の型を取ることで成形する方法です。クッションを作るにはポイントがあり、徐圧、免荷、支持性、安定性、バランス、重心の位置など、各カテゴリーを自分自身の身体から見つけ、体感していきます。
このような自分自身の身体が教えてくれる情報は、座位の本質や身体の構造の理解に繋がり、その気づきが『対象者の姿勢へのケア』を導きます。

<プログラム>
シーティングやフィッティングシートのつくり方を学習し、姿勢や座位保持のイメージをつくる
■世界中にあるシーティングへの考え方(ドイツ、アメリカ、フランス、スウェーデン、日本)を知ろう。姿勢保持を行なっているのは日本だけではない。
■自分自身の骨盤と体幹の重心の位置を探し、確認する。そこが座位保持のポイント。
■姿勢のイメージをつくろう。イメージから図面が生まれる。
■クッションをつくるための身体採型(採寸)。評価のポイント、測定のポイントと記入方法
■座面のクッションのつくり方、図面の見方
■背面のクッションをつくり方、図面の見方

詳細URL https://www.meducation.jp/seminar/detail.php?id=33956
対象 作業療法士、理学療法士、看護師
学生の
参加可否
参加可 
参加費 5,980円(税込)
※クレジットカード決済または銀行振込のお手続きをお願い申し上げます。詳細につきましてはお申込み後にご連絡いたします。
定員 5名
申込み方法 ホームページまたは下記URLよりお申し込みください
https://www.meducation.jp/seminar/detail.php?id=33956
申込み締切 2021年2月16日 (火)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本ユニバーサル リハビリテーション協会
TEL 042-208-0102
http://universalreha.com/

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/8034/

[オンライン] 臨床シーティングセミナー理論編~身近な物を利用して除圧効果のあるクッションを作る~

名称 [オンライン] 臨床シーティングセミナー理論編~身近な物を利用して除圧効果のあるクッションを作る~
主催 日本ユニバーサルリハビリテーション協会
日時 2021年2月20日 (土) 10:00~13:00
場所 「Zoom」を使用したオンラインでの開催となります。
インターネットに繋がっているパソコン、スマホ、タブレット (カメラ、マイク付属)で どこからでも受講できます。
内容 「クッションは買わずに作ってシーティング&フィッティング!
そのために・・・全てのシーティング理論をまとめ、臨床ですぐに使える技術を習得します。」
世界中のシーティング、座位保持の概念や技術をまとめ、そこから急性期、回復期、維持期という様々なシーンに対応していく姿勢保持を学びます。このように、シーティングやフィッティングは、それぞれの回復段階やADLに合わせた姿勢保持を考えるべきです。
なぜなら、姿勢とは運動であり日常様々な姿勢となります。同じ姿勢は一つもありませんし、同じ姿勢をとり続ける事は不可能です。このため、ひとつの概念や技術だけでは、運動を切り取った姿勢という画像を見ているようなもので応用できません。

運動や日常生活動作に合わせるためには画像ではなく、動画として姿勢を捉えるべきであると考えます。動画として捉えるためには、ひとつのシーティングの概念や技術で満足せず、様々な概念を統合して、障害回復段階やADL(日常生活活動)に合わせたシーティング、フィッティングの技術が必要です。

施設や病院内の限られた環境で、姿勢保持や座位保持を考え、結果を出していく方法論と技術を習得する研究を「臨床シーティングセミナー」で共有していきます。

<プログラム>
○世界にある様々なシーティングの技術
○廃用にはこのシーティングを使う
○脳神経系のシーティングはこう考える
○業者シーティング、コンサルティングシーティングの導入時の注意点
○人間工学とシーティング&姿勢保持

詳細URL https://www.meducation.jp/seminar/detail.php?id=33955
対象 作業療法士、理学療法士、看護師、介護福祉士
学生の
参加可否
参加可 
参加費 5,980円(税込)
※クレジットカード決済または銀行振込のお手続きをお願い申し上げます。詳細につきましてはお申込み後にご連絡いたします。
定員 5名
申込み方法 ホームページまたは下記URLよりお申し込みください
https://www.meducation.jp/seminar/detail.php?id=33955
申込み締切 2021年2月16日 (火)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本ユニバーサル リハビリテーション協会
TEL 042-208-0102
http://universalreha.com/

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/8033/