Tag: 2021/3

[オンライン] 明日から臨床で結果の出せる体幹・下肢セミナー

名称 【オンライン】明日から臨床で結果の出せる体幹・下肢セミナー
主催 進リハの集い
日時 ○開催日
2021/3/14(日)

​○時間:
受付12時30分よりzoom起動可能
セミナー時間13時00分~17時00分
*質疑応答などで時間延長となる可能性もありますが、その際は途中退室可

場所 ○場所
自宅などWi-Fi環境のある室内
内容 【概要】
晴れてセラピストになっていざ現場に出たけど、実際の介入って何をしたらいいのかわからない、どうやってアプローチするのがいいのかわからないなんて悩みを抱えていませんか?

当セミナーは基礎知識を紐解きながら臨床で圧倒的に活用できるアプローチ方法をお伝えするセミナーです!

新人の方はもちろん、現場でのアプローチの引き出しを増やしたいセラピストにはおすすめです!

●コンセプト
解剖学、運動学、生理学を基に総論的にお伝えします。
手技ではない、知識があれば誰でもできる方法です。
即時効果が出やすいので、その場で効果を実感できます。
すぐに効果が出るので臨床が楽しくなります。

こんな悩みや考えを抱えていませんか?
・先輩の臨床見学をしてマネてるだけだから、アプローチ方法のバリエーションがない。
・正直、自分のアプローチに自信がない。
・これでいいのかと悩みながらやっている。
・曖昧な方法しか知らない。
・いろいろ試しているけど、自分にぴったりと思うアプローチが見つからない。
・〜法などを受講したことあるけど、難しくてもっと簡単な方法を知りたい
・今、臨床でやっていることに確証を持ちたい。
・もっと臨床って楽しいものだと肌で実感したい。
・臨床が楽しいと思えず、セラピストとしてどうしようか考えてしまっている。

もし、上記のことに当てはまるのならぜひご参加ください!

【講義内容】
・腹直筋リリース
・脊柱起立筋リリース
・腰部多裂筋リリース
・胸郭リリース
・腰方形筋リリース
・大殿筋リリース
・大腿筋膜張筋リリース
・ハムストリングス リリース
・大腿四頭筋リリース
・前脛骨筋リリース
・下腿三頭筋リリース
・膝関節モビライゼーション
・足関節モビライゼーション
・足根骨モビライゼーション

詳細URL https://www.shinreha.com/trunk-le
対象 PT/OT/ST
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 通常:8980円
ペア割:7980円 
定員 30名
申込み方法 HP内の申し込みフォーマットよりお申込みください
申込み締切 前日まで
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ HP内のお問い合わせフォームよりご連絡ください

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/8038/

[オンライン] QOLの向上を目指した作業療法介入

名称 【オンライン】 QOLの向上を目指した作業療法介入
主催 臨床実践に役立つ理論研究会
日時 2021年3月14日(日)
10:00~16:00  (途中,昼休みあり)
場所 Zoomを利用したオンラインセミナー
内容 作業療法士は作業を通じて健康と安寧を促進する専門職として,対象者のQOLの改善に価値を置いて関わっています。実践の中だけでなく、研究の中でもQOLという言葉も年々増加傾向にあります。しかし、QOLという言葉は、使っているものの曖昧さや分かりにくさを感じている方が多いと思います。
そこで、村仲先生よりQOLについて概念や尺度についての解説と、これまでの作業療法研究の中で、QOLがどのように扱われてきたのかをお話し頂きます笹田先生からは、作業療法の実践モデルである人間作業モデルとQOLとの関係についてお話し頂きます。
自身の臨床でQOLをどのように位置づけ、いかしていけばよいか、考えてみませんか?

講師:笹田哲(神奈川県立保健福祉大学大学院 教授)、村仲隼一郎 (茅ヶ崎リハビリテーション専門学校)

対象 作業療法士,作業療法学生 (領域は問いません)
学生の
参加可否
参加可 
参加費 作業療法士 4,000円 作業療法学生 1,000円
定員 30名
申込み方法 uottip456@gmail.com まで以下の内容を添えてメールでお申し込み下さい
「gmail.com」からのメールを 受信できるように設定してください.
    
●メール記載内容
件名 2021年3月14日 参加申し込み
本文
1 氏名 
2 所属 
3 連絡先メールアドレス(PDFファイルが添付可能なアドレス) 
申込み締切 2021年3月12日(金)まで
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ uottip456@gmail.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/8024/

[スキルアップ研修(精神障害分野)] 動機づけ面接を学ぼう

名称 【スキルアップ研修(精神障害分野)】動機づけ面接を学ぼう
主催 神奈川県作業療法士会 学術部
日時 2021年3月7日(日)13時30分〜15時30分(Zoom開始:13時15分〜)
場所 オンライン開催
内容 <講 師> 相模ヶ丘病院 院長 澤山透先生

動機づけ面接(Motivational Interviewing:MI)をご存知でしょうか?
MIは、対象者が抱える矛盾を探り、解決することによって、変化することへのモチベーションを高めるクライエント中心の面接技法です。質の高い傾聴を基盤とし、なぜ変化が必要か、そしていかに変化するかについて、対象者の思いを捉えながら、より健康的な行動に至ることができるように支援します。また、数多くの研究により、科学的根拠に基づく一貫性のあるアプローチといわれています。
臨床において、面接を行い、傾聴をすることがあると思います。そこで対象者の行動の変化をもたらす技法が活かせたら…。今回、澤山先生にMIの概要説明や導入方法を中心に、明日の臨床が変わる目からウロコの講義を行っていただきます。オンライン開催ですので、お気軽にご参加ください。

対象 会 員:神奈川県OT士会員で今年度会費納入済みの方.
非会員:神奈川県OTでも会費未納の方,他都道府県OT士会員の方.
その他:OT以外の方.
学生の
参加可否
参加可 
参加費 会 員:500円
非会員:2,000円
その他:1,000円
※一度、お振込いただきますと返金できませんので、お間違いないようにお願いいたします。

<参加費振込について>
※2月21日までに参加費を振込して下さい.(手数料申込者負担)
※振込の際,必ず振込名義は「G0307 氏名」を入力して下さい.例)「G0307 カナガワ タロウ」
横浜銀行 関内支店普通 店番号 310 口座番号 6082830
一般社団法人神奈川県作業療法士会代表理事 錠内広之

定員 50名
申込み方法 1. https://fs223.formasp.jp/n699/form15/ このフォームに必要事項をご入力ください.
2.申込直後にメールが自動返信されます.メール拒否設定されている方はメールが届かないことがあります.
1日経過してもメールが届かない場合はgakuseisin<アットマーク>gmail.comへメールしてください.
3.会員でお申し込みの方は申込2週間前までに今年度県士会費を納入してください.
 納入状況をお忘れの場合は,県士会事務局にお問い合わせください.(TEL:045-663-5997)
申込み締切 2月21日(日)まで
生涯教育
ポイント
2ポイント

・ポイントシールの配布,受講記録への受講印の押印等の手続きは行いません.
・申込時にOT協会番号を入力した方は,学術部担当者からOT協会に研修に参加した旨を連絡します.
・研修後,各自でOT協会の会員ポータルサイト(https://www.jaot.net/mm/#/login)でポイントをご確認ください.

託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 担当:西前英紀(藤沢病院デイケアセンター)
Mail:gakuseisin<アットマーク>gmail.com
Tel:0466-23-0909

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/8019/

日本発達系作業療法学会 第9回学術大会(WEB開催)

名称 日本発達系作業療法学会 第9回学術大会(WEB開催)
主催 日本発達系作業療法学会
日時 2021年2月19日(金)~3月14日(日) オンデマンド配信
2021年3月6日(土)ZOOMライブ配信
場所 WEB開催(ZOOMライブ配信含む)
内容 テーマ:それぞれも臨床 〜臨床・研究・教育から考える発達OT〜
大会長:小松則登 愛知県医療療育総合センター中央病院
●オンデマンド配信:2021年2月19日(金)~3月14日(日)
 一般演題(質疑応答あり)
 理事のお話(石附智奈美・伊藤祐子・岩永竜一郎・鴨下賢一・黒澤淳二・小松則登・仙石泰仁・辻善城・森田浩美)
●ZOOMライブ配信:2021年3月6日(土)
  理事シンポジウム1 [シンポジスト]伊藤祐子・鴨下賢一・仙石泰仁   [司会]有川真弓
  理事シンポジウム2 [シンポジスト]黒澤淳二・小松則登・辻善城    [司会]有川真弓
  理事シンポジウム3 [シンポジスト]石附智奈美・岩永竜一郎・森田浩美 [司会]中島そのみ
  シークレット企画
詳細URL https://www.hattatuot.jp/congress.html
対象 小児および発達障害領域に従事している作業療法士
学生の
参加可否
参加可 
参加費 1次受付 会員2,500円 非会員3,000円 学生500円(2021年2月10日まで)
2次受付 会員・非会員・学生3,000円
申込み方法 詳細はURLへアクセスし、申込み手続きを行ってください
『Peatix』というWebサービスを利用して、イベントのチケット購入を行っていただく形式で受け付けます
申込み締切 2020年12月26日(土)〜2021年3月1日(月)
※申込み期間を過ぎての参加申込みはできません。必ず期間内の申込みをお願いいたします。
生涯教育
ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ Eメール:jhattatuot.9@gmail.com 件名「申込みについて」 担当:松本まで

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/8012/

第15回 滋賀認知行動療法研修会 [児童思春期の摂食障害 ~基礎から臨床まで~] [Family Based Treatment in滋賀]

名称 第15回 滋賀認知行動療法研修会 【児童思春期の摂食障害 ~基礎から臨床まで~】 [Family Based Treatment in滋賀]
主催 一般社団法人CBTを学ぶ会
日時 2021/01/30(土)10:00~ 03/31(水)20:00
場所 WEB
内容 これまで思春期の神経性やせ症(AN)は、慢性化や死亡率の点で難治とされてきました。
FamilyBasedTreatment(FBT)はANに対してエビデンスが高い新しい治療法です。
特に家族が介入の主体となって、スタッフはチームでそれを支えるところに特徴があります。
また、この治療法は早期に発見して早期に介入することが、いかに予後を改善するかについて伝えています。
本研修では、摂食障害の基礎知識とその鑑別、介入の原理原則、FBTの理論と実践について、具体的に学ぶことができ、ANにアプローチする際の心強い指針となるでしょう。
一般社団法人CBTを学ぶ会では【児童思春期の摂食障害 基礎から臨床まで】という二日間研修を企画しました。
詳細URL https://studygroup.cbtcenter.jp/fbt/2020fbt.php
対象 【1日目】養護教諭、スクールカウンセラーなど子どもを支援する立場にある専門家。摂食障害の専門知識や経験がそれほど多くない精神科医、小児科医、心理師、看護師、保健師、管理栄養士など。

【2日目】児童思春期の摂食障害をある程度知っている、何例か治療を経験している臨床家。神経性やせ症の治療に携わっておられる、小児科、精神科を中心とした、医療、保健、福祉、教育等さまざまな現場で臨床をされている有職専門家。
または1日目の研修を受けた者で、 今後摂食障害治療に意欲があるもの。

臨床的な対象者を持たない方、得られた知見を還元する対象者さんが居ない方は参加できません。
(その他、事務局の判断でお断りする場合もございます。予めご了承下さい)

学生の
参加可否
条件付きで参加可 大学院生さんは有給の臨床現場を持ち、かつ所属大学教員の推薦状をお持ちいただければ参加可能です。
(すでに当会のこれまでの研修会で提出頂いている方は結構です)
参加費 1日参加 15,000円、両日参加 28,000円
定員 録画視聴参加 10,000名(定員に達し次第、締め切ります)
申込み方法 下記ページ下部に記載の申込フォームより、お申し込みをお願いします。
https://studygroup.cbtcenter.jp/fbt/2020fbt.php
申込み締切 3月24日
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 一般社団法人CBTを学ぶ会 事務局
study@cbtcenter.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/8002/

[オンラインセミナー・リハスク共催] 理解して実践しよう!!注意障害に対するリハビリテーションアプローチセミナー

名称 【オンラインセミナー・リハスク共催】理解して実践しよう!!注意障害に対するリハビリテーションアプローチセミナー
主催 進リハの集い
日時 2021/3/6(土) 1時間半
​○時間:
受付20時00分よりzoom起動可能
セミナー時間20時30分~22時00分
*質疑応答などで時間延長となる可能性もありますが、その際は途中退室可
場所 ​○場所
自宅などWi-Fi環境のある室内
内容 概要
高次脳機能の中でも「注意」は他の認知過程の根幹となり,その障害は多くの日常・社会生活にまで影響を及ぼします。急性期の注意障害は意識レベルの改善とともに消退することが多いです。
一方で、注意障害は後遺症として残存することもまれではありません。
本セミナーでは「注意障害」に視点を置き、概論やリハビリテーション戦略について話しをします!!

こんな悩みはありませんか?
・注意障害を難しいと思ってしまう。
・なんでも、注意障害の影響のせいにしてしまう。
・ADL場面で問題がありそうまではわかるが、それに対してどのような取り組み方がいいのか悩むことが多い。
・注意障害の評価が後手に回ることが多い。
・作業療法士・言語聴覚士なのに注意障害の評価が曖昧だ。

上記に当てはまる人は参加をオススメします。

講義内容
1注意障害の臨床分類について
2注意障害の臨床症状について
3注意障害の評価について
机上検査
行動評価
4リハビリテーションの戦略について

*高次脳機能セミナー受講者はより理解が深まりやすいため、高次脳機能セミナーもセットで受講されることもお勧めします!!

*今回は1.5時間のセミナーとなりますので、症例供覧はありません。

詳細URL https://www.shinreha.com/tyuui
対象 PT/OT/ST
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 リハスクオンラインサロン会員:0円(無料)
通常申し込み:3980円
高次脳機能障害セミナー受講歴がある方:2980円
※詳細はHPへ
定員 30名
申込み方法 HP内の申し込みフォーマットよりお申し込みください
申込み締切 前日
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ HPよりお問い合わせください

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7994/

[オンラインセミナー] 明日から実践できる!手指・手関節の評価と治療 (評価治療編123・ADL編)

名称 【オンラインセミナー】明日から実践できる!手指・手関節の評価と治療 (評価治療編123・ADL編)
主催 進リハの集い
日時 ○開催日
・評価治療編 2021/3/7(日)、3/14(日)、3/21(日)各1時間半  
・ADL編  2021/4/4(日) 1時間半

○時間:
受付20時00分よりzoom起動可能
セミナー時間20時30分~22時00分
*質疑応答などで時間延長となる可能性もありますが、その際は途中退室可

場所 ​○場所
自宅などWi-Fi環境のある室内
内容 概要

​臨床でこんな悩みを持っていませんか??
○作業療法士なのに理論を介した手指・手関節の評価ができない。
○実は手内在筋のMMTの結果を自信を持って伝えることができない。
○手根骨が細かすぎて評価しきれない。
○分離、共同運動の違いはわかるけども、それをどこまで評価をしていいかわからない。
○握力、ピンチ力の測定結果だけで訓練内容(グリップ訓練、ピンチ訓練など)を決めてしまいがち。
○拘縮の病態の分類が曖昧で評価に苦しむことがある。
○箸・書字動作の評価に悩みアプローチができない
○制限があるから手指の関節可動域訓練をするといったアセスメントになってしまう。
○手指の関節可動域をTPDだけで判断してしまう。
○末梢神経障害の評価が難しい。
○理学療法士、言語聴覚士なので手指・手関節に苦手意識がある。
もし一つでも当てはまるのであれば参加をお勧めします!!

このセミナーに参加することで得られること。
○手指・手関節に対しての評価の仕方を身につけることができる。
○関節に対するアプローチを自信を持って提供できるようになる。
○関節可動域制限のある方に対して、闇雲に関節可動域訓練をしなくてすむようになる。
○MMTの結果を自信を持って伝えることができるようになる。
○手に対するアプローチの重要性を知る・実践することができるようになる。
○解剖学を理解してアプローチすることができるようになる。
○ADLアプローチを自信持ってできるようになる

基礎的な評価から治療プログラムを立案できるように機能解剖、生理学、評価の仕方中心のセミナーとなっております。もちろん、治療のテクニックなどもお伝えはしますが、評価ありきの治療です。
*今回はスプリントを作製するための評価ではありません。分野は問いませんが、脳科学の分野ではなく筋骨格系の評価を主体に話しを進めさせて頂きます。

講義内容
※本セミナーは全4回で構成されております
3月7日(日)、3月14日(日)、3月21日(日)

【評価治療編】
●治療技術・治療手段の区別の仕方
●手指、手関節、前腕(一部)の機能解剖について
評価に入る前に機能解剖を理解する必要があります。各関節、手根骨の動きの特徴などについて説明していきます。
●手根骨の触診指導
全ての手根骨を触れるようにオンラインでの指導を行います
●評価
触診・視診、浮腫、血行、瘢痕、末梢神経、筋力、握力、ピンチ、知覚、疼痛、関節可動域、拘縮、骨のアライメント
*それぞれの項目についてポイントを説明していきます。
●日常生活における手の使い方
摘み(つまみ)などの手の使い方を学んでいきます。
●治療modality&procedure
既存のリハビリテーションで行われている治療の紹介説明をします。
●徒手テクニック&自主訓練テクニックの紹介
*実技では遠隔になりますので、やり方の説明が主体となります
・各関節モビライゼーション
・各筋膜リリース
●自主訓練指導
・腱グライティングエクササイズ ・ブロッキングエクササイズetc

4月4日(日)
【ADL編】
●箸動作の治療ついて:治療ポイントについてお伝えします
●書字動作の治療について:治療ポイントについてお伝えします
*箸、お椀 、鉛筆、紙をご用意ください
*進行状況によってセミナー内容が前後することがあります。その点、ご理解頂ければと思います。
*本セミナーはオフラインでも実施しておりましたが、違う点としてはADL動作を箸動作・書字動作の両方の
動作について学ぶことが可能な点です。受講経験のある先生も、ADL動作だけでも勉強になるかと思います。

詳細URL https://www.shinreha.com/blank-81
対象 PT/OT/ST
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 各編受講  3980円
評価治療編123セット受講 8980円(約3000円割引となります)
全編受講 10800円
全受講希望の場合、約5000円お得となります
定員 30名
申込み方法 HP内の申し込みフォーマットよりお申し込みください
申込み締切 前日まで
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ HPよりお問い合わせください

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7993/

オンラインセミナー「WAIS-4アドバンスセミナー(解釈と所見作成編)」

名称 オンラインセミナー「WAIS-4アドバンスセミナー(解釈と所見作成編)」
主催 心理オフィスK
日時 2021年3月21日(日)13:00~16:00
場所 Zoomを用いたオンライン開催
内容 ウェクスラー成人知能検査第4版(WAIS-4)の解釈と所見作成についてのセミナーです。以前にWAIS-4の初心者に向けた基礎的なセミナーを行いましたが、今回はそのアドバンス編となります。

WAIS-4の基礎的な知識を持ち、実施や集計をある程度可能な方を対象としています。

WAIS-4は医療機関や教育機関のみならず、さまざまな現場で使用されている知能検査です。知能の良し悪しだけではなく、神経心理的な観点からクライエントの能力を分析的に把握し、全体的な傾向を知ることができる非常にすぐれた検査です。

このセミナーでは、数値データなどの各指標の意味や解釈のレクチャーを行います。そして、それらを用いて所見作成についての講習を行います。さらにグループワークを取り入れ、少人数で話し合って解釈や所見などを共同で作成してもらうような実習も行う予定です。

(検査器具などの画面提示は行いません)

■講師
伊藤周平 先生(心理オフィスKカウンセラー、公認心理師)

詳細URL https://s-office-k.com/news/archives/2631
対象 臨床心理士、公認心理師、医師、精神保健福祉士、社会福祉士、言語聴覚士、作業療法士、教師、保育士、キャリアコンサルタントなどの資格をもつ対人援助の専門家。
学生の
参加可否
参加可 
参加費 5000円
定員
申込み方法 ■問い合わせ・申し込み
参加希望者は以下の必要事項を書き、件名に希望セミナー「WAIS-4セミナー参加希望」と明記して、info@s-office-k.comまでメールしてください。その後、振込先を案内します。

・名前
・なまえのふりがな
・所属
・メールアドレス
・所持資格

申込み締切 2021年3月18日(木)まで。
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
あり
問い合わせ info@s-office-k.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7976/

[触診が苦手な方限定] 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナー

名称 【触診が苦手な方限定】6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナー
主催 療法士活性化委員会
日時 第17期 2021年 1月9,10日 2月6,7日 3月6,7日
9時30分〜16時30分(昼休憩1時間、その他適宜休憩あり)
場所 ウィリング横浜 ゆめおおおかオフィスタワー
〒233-0002 横浜市港南区上大岡西1-6-1 ゆめおおおかオフィスタワー内
内容 一ヶ月目
・触診の基礎とコツ
・体幹の関節・筋の触診
・体幹の関節・筋のアプローチ方法

二ヶ月目
・上下肢の関節・筋の触診1
・上下肢の関節・筋のアプローチ方法1

三ヶ月目
・上下肢の関節・筋の触診2
・上下肢の関節・筋のアプローチ方法2
など
詳しくはHPよりを御覧ください。

詳細URL https://lts-seminar.jp/syokushinbasic/
対象 作業療法士、理学療法士、言語聴覚士
学生の
参加可否
参加可 受講料が36,000円(税抜)になります。
参加費 59,800円(税抜)テキスト代含む
定員 24名
申込み方法 HPよりお申し込みください。
>>>https://lts-seminar.jp/syokushinbasic/
申込み締切 前日まで
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 療法士活性化委員会事務局:lts-info@lts-seminar.jp
備考 オンラインでの参加も可能です。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7961/

ここがポイント!!まゆみんの骨盤底機能障害アプローチ(2日間)

名称 ここがポイント!!まゆみんの骨盤底機能障害アプローチ(2日間)
主催 ヒューマン・プレス
日時 1日目:2021年3月13日(土)14:00〜18:00(受付開始 13:30)予定
2日目:2021年3月14日(日)10:00〜16:00(受付開始 9:30)予定
※当日は、実技がありますので動きやすい服装(着替え持参)でご参加ください。
場所 インターリハ本社
東京都北区上中里1-37-15(JR京浜東北線 上中里駅 徒歩2分)
内容 骨盤底機能障害を原因とする主な疾患は、1.尿失禁、2.頻尿、3.骨盤臓器脱、4.便秘、5.便失禁、6.性機能障害、7.腰痛・仙腸関節痛などの骨盤帯疼痛があげられます。特に女性は、月経、妊娠、出産、閉経といったライフイベントにより骨盤底機能に多大な影響が生じ、QOLなどを著しく低下させます。
本講習会では、この骨盤底機能の基本的なメカニズムから具体的な評価・治療ポイントまでを、実技を通しながら学べます。また、良く遭遇する実際の症例を提示しながら評価・治療展開をやさしく解説し、臨床に落とし込めるよう目指した内容です。いま一つ理解に欠ける方や初めて学ぶ方などには、ぜひお勧めです。
詳細URL https://human-press.jp/seminar/seminar041.php
対象 作業療法士
学生の
参加可否
参加可 
参加費 1名様 25,000円(税込み)
定員 30人
申込み方法 下記のサイトよりお申込みください。
https://human-press.jp/seminar/seminar041.php
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 下記のサイトよりお問い合わせください。
https://human-press.jp/contact.html

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7953/