Category: 近畿

在宅リハビリテーション従事者研修会〈通所介護編〉〈通所リハ編〉

名称 在宅リハビリテーション従事者研修会〈通所介護編〉〈通所リハ編〉
主催 一般社団法人 訪問リハビリテーション振興財団
日時 〈通所介護編〉2019年12月14日(土曜)~12月15日(日曜)
〈通所リハ編〉2020年1月25日(土曜)~1月26日(日曜)
場所 〈通所介護編〉
(メイン会場)田町イーストウイングビル6階(東京都港区芝浦3-5-39)
(サテライト会場)名古屋学院大学名古屋キャンパスしろとり 希館(名古屋市熱田区熱田西町1-25)
         西宮協立デイケアセンターほほえみ (兵庫県西宮市津門呉羽町10-13)
         医療法人福岡桜十字 桜十字福岡病院 (福岡市中央区渡辺通3-5-11)

〈通所リハ編〉
(メイン会場)田町イーストウイングビル6階(東京都港区芝浦3-5-39)
(サテライト会場)名古屋学院大学名古屋キャンパスしろとり 希館(名古屋市熱田区熱田西町1-25)
         社会福祉法人慶生会 特別養護老人ホーム 称揚苑 (大阪市東成区深江北1-14-8)
         医療法人福岡桜十字 桜十字福岡病院 (福岡市中央区渡辺通3-5-11)
内容 地域包括ケアシステムの構築と持続可能な社会の実現に向けて、矢継ぎ早に社会保障制度が見直されています。在宅リハビリテーションにおいては、高齢・認知機能低下・障害の有無・病気療養をしていても、心身機能の回復だけでなく、その人の持っている強みを活かして役割や社会参加活動に繋げる暮らしづくりが求められている。
これまで通所介護に従事する療法士の為の系統的な人材育成プログラムがなく、各事業所において手探りでの運営がなされてきた。本研修において通所介護における運営の基礎から、実務の具体的な進め方、これからの療法士の役割に関してトータルに学びたいと思います。
詳細URL https://fs219.xbit.jp/n954/form13/
対象 PT/OT/ST
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 メイン会場 会員16500円 非会員22000円
サテライト会場 会員11000円 非会員16500円
定員 メイン会場75名
申込み方法 https://fs219.xbit.jp/n954/form13/

上記URLより申し込み
申込み締切 通所介護編 10月15日~10月29日
通所リハ編は追って連絡いたします
生涯教育
ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 一般社団法人 訪問リハビリテーション振興財団 HPより

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7639/

令和元年度公認心理師現任者講習会(JTA)

名称 令和元年度公認心理師現任者講習会(JTA)
主催 一般社団法人日本遠隔カウンセリング協会(JTA)
日時 ●京都私学会館:2019年9月9日(月)・10日(火)・13日(金)及び14日(土)9:30-19:20(全4日間)●CIRQ(シルク)新宿:2019年12月7日(土)・8日(日)・28日(土)及び29日(日)9:30-19:20(全4日間)
●AP日本橋:2020年1月10日(金)・11日(土)・12日(日)及び13日(月)9:30-19:20(全4日間)
場所 ・京都私学会館
・CIRQ(シルク)新宿
・AP日本橋
内容 平素は格別のお引き立てにあずかり、厚くお礼申し上げます。この度はJTA主催講習会を下記により開催いたしますので、ご案内申し上げます。

一般社団法人日本遠隔カウンセリング協会(JTA)は、2019年8月13日付で、文部科学大臣及び厚生労働大臣より公認心理師現任者講習会実施機関のご指定を受けました。
これまで95%以上の受講者から高い評価をいただき、3期目のご指定を受けることができました(運営事務局に関する受講者アンケート「非常によかった」「よかった」の割合)。
今回は、2019年9月から2020年1月までに京都講座(1講座)と東京講座(2講座)を開催いたします。

現在、Web申し込みの先着順でお申込みを承っております。未受講の方のご応募はもちろん、お知り合いへのご周知も歓迎いたします。

——————————————————–
内容:令和元年度公認心理師現任者講習会(JTA)

費用:65,000円(税込み価格)

詳細: https://kouninshinrishi.jtaonline.or.jp/

お問い合わせ窓口(電子メール):gcontact@jtaonline.or.jp

※JTAは、公認心理師現任者講習会(2018-2019)指定事業者、ストレスチェック実施者養成研修の法定研修実施事業者、公認心理師100人力の運営事業者です。心理専門職の職能団体として、公認心理師(候補者)の育成に取り組んでおります。
——————————————————–
詳細URL https://kouninshinrishi.jtaonline.or.jp/
対象 受験資格の特例(公認心理師法、法附則第2条第2項)に該当する現任者の方
学生の
参加可否
参加可 受験資格の特例(公認心理師法、法附則第2条第2項)に該当する現任者の方
参加費 65,000円(税込み価格)
定員 ・京都私学会館:100名
・CIRQ(シルク)新宿:500名
・AP日本橋:324名
申込み方法 募集を締め切りました
[ 情報ページURL ] https://kouninshinrishi.jtaonline.or.jp/
申込み締切 募集を締め切りました
Web申し込みの先着順
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ
備考

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7551/

第1回西日本循環器作業療法研修

名称 第1回西日本循環器作業療法研修
主催 循環器臨床作業療法研究会
日時 2019 年8 月11 日(日) 10:00~ 16:30
場所 関西電力病院 講堂(3F)
内容 招待講演:「在宅における循環器作業療法」
 訪問看護ステーション花あかり 村井達彦
第一部 :「すぐ臨床で役立つ循環器の基礎」
第二部 :「急性期から在宅に繋げる作業療法の実践」
詳細URL https://sccot.jimdo.com/
対象 作業療法士もしくは心大血管疾患の作業療法に興味のある医療職
学生の
参加可否
参加可 
参加費 循環器臨床作業療法研究会会員:5000 円  非会員:7000 円
定員 100名
申込み方法 研修会案内もしくは循環器臨床作業療法研究会HPを参照してください。
申込み締切 定員に達し次第締め切ります。
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 西日本循環器作業療法研究会事務局
cardiac_ot_westアットマークyahoo.ne.jp
(アットマークを記号に変換してください)
備考 循環器臨床作業療法研究会では関東を主会場に過去14回の研修会を開催し、日本作業療法学会でも2回セミナーを開催しております。この度、関西でも研修会を開催することとなりました。皆様の臨床に役立つ研修になると考えておりますので是非ご参加ください。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7492/

第16回箱づくり法全国研修会

名称 第16回箱づくり法全国研修会
主催 箱づくり法研究会
日時 2019年7月20.21日(土.日)
場所 滋賀医療技術専門学校(東近江市北坂町967)
内容 箱づくり法は多少手間がかかる評価法ですが,作業面接の視点を学ぶことによって,臨床観察や他の評価法と組み合わせながら,対象者の弱点をどう強みに変えていくか,具体的にどんな工夫をしていけば対象者がしたい作業やらねばならない作業ができるようになるかのヒントを共有できるという点で,評価でありながら非常に治療的であるため,臨床家の皆様,教員の皆様に広く知っていただきたい評価法です.
研修会では箱づくり法の概要を学んだ後,参加者がペアになって検者・被検者体験をし,2日目に評価のまとめについて小グループでスーパーバイズを受けます.
講師:冨岡 詔子(信州大学名誉教授 箱づくり法研究会代表)
詳細URL https://www.hakodukuri.com/
対象 作業療法士
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 26000円(受講費15000円,宿泊費9000円/合宿形式)
定員 20名
申込み方法 参加ご希望の方は,「氏名」「所属」「協会番号」「連絡先電話番号」「連絡先メールアドレス」を明記の上,事務局:栗林までE-mailにてお申込みください.申込書をお送りします.
箱づくり法研究会事務局:〒381-2227長野県長野市川中島町今井原11-1長野保健医療大学 作業療法学専攻内 栗林美智子E-mail:kuribayashi.michiko@shitoku.ac.jp  TEL:026-283-6111 FAX:026-283-6122
申込み締切 2019年6月14日(金)(期日を過ぎた場合も定員に満たない場合は受け付けることがありますので,お問い合わせください)
生涯教育
ポイント
2ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 長野保健医療大学 作業療法学専攻内 栗林美智子E-mail:kuribayashi.michiko@shitoku.ac.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7419/