Tag: 2019/11

第121回横浜CBTに集う会「依存症に対する作業療法の動向とCBT」

名称 第121回横浜CBTに集う会(認知行動療法を学んでいます)「依存症に対する作業療法の動向とCBT」
主催 横浜CBTに集う会(認知行動療法を学んでいます)
日時 2019年11月28日(木)19時~21時
場所 ウイリング横浜 11階会議室2
京急線、横浜地下鉄線上大岡駅徒歩数分
内容 テーマ:「依存症に対する作業療法の動向とCBT」(小砂哲太郎 久里浜医療センター OT)

小砂さんよりひとこと:近年の依存症に対する作業療法を概観しながら、認知行動療法を行う上で理解が必要な“変化のステージモデル”を押さえていきます。
依存症にたずさわっていない方でも一緒に深めていきたいと思っています。

詳細URL 横浜CBTに集う会ホームページ http://yokohamacbt.jimdo.com/
対象 認知行動療法やテーマに興味や関心がある人ならどなたでも
学生の
参加可否
参加可 無料です。
参加費 500円(会場費・資料代、学生は無料)
定員 なし
申込み方法 申し込みは不要ですが、ホームページよりメールをいただけるとありがたいです。
申込み締切 なし。当日お気軽にお越しください。
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 横浜CBTに集う会ホームページ http://yokohamacbt.jimdo.com/
備考 本会の詳細や年間予定等が本会ホームページにあります。
サンドウィッチやおにぎりを食べながらご参加ください。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7679/

車椅子住環境リスクマネジメントと車椅子メンテナンスセミナー~車椅子管理とリスクの視点~

名称 車椅子住環境リスクマネジメントと車椅子メンテナンスセミナー~車椅子管理とリスクの視点~
主催 日本ユニバーサルリハビリテーション協会
日時 2019年11月30日 (土) 10:00~16:30(受付開始9:40)
場所 府中市生涯学習センター(東京都府中市浅間町1-7)
内容 車椅子の点検不良による事故、職員の意識、身体拘束、姿勢不良からの褥瘡問題にまで発展する車椅子関係因子。このような物理的リスク因子を取り巻くリスクマネジメントを工学技術者の立場から解説、解消し、車椅子のメンテナンス方法もお伝えします。
講師は、車椅子メーカーの技術者として全国を飛び回り、問題と向き合い、解決してきた工学のスペシャリストです。しかも、医学の目線からリスク管理を考え、解決策を研究しました。そのノウハウをたくさんの皆さんと共有し、患者様の明日の安全な生活に生かしてみませんか。(リスクマネジメント、メンテナンスどちらかのみの参加も可能です。)

<車椅子住環境リスクマネジメントセミナー>
リスクの把握 ⇒ 技術の習得(整備、点検技術)⇒ 車椅子の管理と継続 ⇒ このすべてがマネジメント
リスクの因子が出せない様では、問題は見つけられず、当然意識も上がらず、解決ができないという図式になってしまいます。そこで、始めにみなさんとリスクを確認共有し、リスク因子を定義します。この定義から必要な技術、知識を説明し、姿勢管理や姿勢保持、シーティング、フィッティング、褥瘡にまで関係する事を確認しましょう。
定義と技術が習得されれば、そのあとは同じ水準で行えるようにする「管理」と、誰もが再現性ある行動ができるようにする「持続」を考えます。
より具体的な行動レベルにまで落とし込むので、「本当にできるのか」という不安がよぎるかもしれません。そのために全国の病院や施設はどうやっているのか、どのようにリスクマネジメントを行い、問題を解決しているのかを提示します。

<車椅子メンテナンスセミナー>車椅子メンテナンス用工具セット付属
車椅子をメンテナンス出来るようになることは、車椅子住環境の事故を自身の手で予防することに繋がります。また、メンテナンスは車椅子の能力を最大限に引き出す方法です。このため、ADLや日常の姿勢、車椅子シーティングにも大きく関ってきます。車椅子メンテナンスを通じて、最低ここだけ調整すれば、日常で快適に座れてしまうシーティング技術も合わせて紹介します。
・車椅子の構造からメンテナンスのポイント
・タイヤ交換、キャスター調整、ブレーキ調整、車椅子のバランス、車椅子の転がり抵抗、車椅子から異音がした時の対応、時間があればパンク修理もやってみましょう。
・メンテナンスと日常の車椅子姿勢の関わりを説明し、簡単なADLシーティングのポイントの実演、実技をします。たとえば、フットサポートの調整やメンテナンスと、知名度の高いバックサポートの張調整。この2か所の調整で姿勢は見違えるほど変わります。

詳細URL http://universalreha.com/
対象 作業療法士、 看護師、 理学療法士、介護福祉士
学生の
参加可否
参加可 
参加費 15000円 (車椅子メンテナンス用工具セット付属)
定員 5名
申込み方法 ホームページのお問い合わせまたはメールにてお申し込みください

otmode@jcom.home.ne.jp

申込み締切 2019年11月27日(水)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本ユニバーサル リハビリテーション協会 TEL 042-208-0102/E-mail otmode@jcom.home.ne.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7669/

第99回 横浜脳血管障害リハビリテーション症例検討会

名称 第99回 横浜脳血管障害リハビリテーション症例検討会
主催 横浜脳血管障害リハビリテーション症例検討会
日時 11月30日(土) 9:30~12:00
場所 横浜市大倉山記念館 第9集会室
http://o-kurayama.com/access/
内容 今回は、火気管理などIADLが心配されたが、家事支援の必要性を感じないまま回復期リハビリテーション病棟を退院しましたが、退院後に自宅での支援導入に至った1ケースについて、急性期・回復期を担当した作業療法士と、地域で支援導入時に関わった作業療法士のプレゼンテーションをもとに、ディスカッションを行います。
対象 作業療法士・理学療法士・ソーシャルワーカーなど
学生の
参加可否
参加可 
参加費 会場費として30~50円程度
定員 12名
申込み方法 メールでお願いいたします
ykhm-cvariha@hotmail.co.jp
申込み締切 定員に達し次第
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ メールでお願いいたします
ykhm-cvariha@hotmail.co.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7659/

第6回リハビリ・介護 モノづくり成果発表

名称 第6回リハビリ・介護 モノづくり成果発表
主催 一般社団法人ICTリハビリテーション研究会
日時 2019年11月17日(日)13時30分から15時30分
場所 ファブラボ品川: 
〒142-0053 東京都品川区中延4丁目6-15
https://fablab-shinagawa.org/
内容 <<見学だけのオンライン参加も歓迎します!!>>

ICTリハビリテーション研究会では、自助具・装具など、リハビリや介護の現場に関わる方や当事者の方が自作されたモノを発表し合う『第5回 リハビリ・介護 モノづくり成果発表会』を開催致します。

3Dプリンター・レーザー加工機などのデジタル工作機器やICTを活用したモノづくりから完全お手製のモノづくりまで、身近な小さな道具も含め、お互いの工夫や思いを共有する場にしたいと思います。

自分が作ったモノをご披露いただける方、ぜひあなたのモノとそれにまつわるストーリーをお聞かせください。
また、他の方のモノづくりについて知りたい、聞きたいという方のご参加も大歓迎です。
ぜひ、お誘いあわせの上、ご参加ください。

▼ファシリテーター:
林 園子(ICTリハビリテーション研究会 代表理事)
山下 聖(ICTリハビリテーション研究会 理事)

▼内容:
(1) モノづくり成果発表
 お一人5分程度で、自分の作品の紹介を行います。
 ・ハンドメイドの部(100均アイテムなどの改造なども歓迎!)
 ・デジタル工作の部(デジタルファブリケーションやICTを活用したモノ)

(2) ステキなストーリーを語り合おう
 それぞれの作品の工夫点や生まれた経緯などを、参加者の対話からシェアします。

(3) トークセッション「オープンとシェアで広がるデジタル工作の可能性」
 ICTリハビリテーション研究会の理事から、デジタル化がもたらすモノづくりや
世界中の人たちと知見をシェアできる魅力について、お話をします。

※会の終了後に個別相談なども承ります。

▼注意事項
・どなたでも参加できますが、それぞれの立場や思いの違いなどを受け入れることを旨とし、他者へ持論を強く押し付けるような議論はご遠慮ください。
・メーカー等の既製商品の宣伝の場ではないので、予めご了承ください。

▼主催:一般社団法人ICTリハビリテーション研究会

詳細URL https://www.ictrehab.com/
対象 どなたでも参加可
学生の
参加可否
参加可 
参加費 無料
定員 20名(オンライン参加も可能)
申込み方法 下記フォームよりお申込みください。
https://forms.gle/E18aypfpHsuKrqtv9
(満席の場合は別の会へご案内させて頂く場合があることをご了承ください。 オンラインでの参加ご希望の場合はその旨お書き添えください。)
生涯教育
ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 一般社団法人ICTリハビリテーション研究会
事務局
email :info@ictrehab.com
HP : https://www.ictrehab.com/

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7657/

小脳疾患患者に対する認知神経リハビリテーション

名称 小脳疾患患者に対する認知神経リハビリテーション
主催 神奈川認知神経リハビリテーション研究会
日時 令和元年11月24日(日) 9時~13時(受付:8時40分~)
場所 登戸内科・脳神経クリニック(JR南武線登戸駅,小田急登戸駅:徒歩2分)
内容 今年度のテーマも昨年と同様『病態解釈』です。普段の臨床思考を高め、病態解釈を明確にできるための勉強会にしていきます。

内容:
1.認知神経リハビリテーションの基礎
2.小脳の神経科学
3.小脳症例提示
4.実技

対象 PT,OT
学生の
参加可否
参加可 
参加費 500円
定員 20名
申込み方法 参加をご希望の方は,kanagawaetc☆yahoo.co.jpに下記の事項を記入の上メールください(☆は@に変更してください)
タイトル「神奈川認知定期勉強会参加」
1氏名 2所属 3職種 4修了コース(or 未修了)5今回の勉強会情報を知り得た媒体(Facebook、学会ホームページなど)
よろしくお願いします
申込み締切 11月22日(金)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ kanagawaetc☆yahoo.co.jp (☆を@に替えてください)

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7656/

作業と姿勢と人間工学 基礎編 ~インテリアを学ぶことから見えてくる道具を介したケア~

名称 作業と姿勢と人間工学 基礎編 ~インテリアを学ぶことから見えてくる道具を介したケア~
主催 日本ユニバーサルリハビリテーション協会
日時 2019年11月19日 (火) 18:40~21:20(受付開始18:30)
場所 多摩平交流センター
(東京都日野市多摩平2-9 多摩平の森ふれあい館2階)
中央本線 豊田駅より徒歩7分
内容 車椅子、椅子、ベッドというインテリアは人間工学から生まれました。患者様が使う車椅子を知る、椅子を知る、ベッドとは何かを知るために、まずはインテリアの基礎である人間工学を学びませんか。
私たちが日々の日常で何気なく使っているインテリアや作業椅子、作業台に隠されたルーツ、原理を解き明かすことで、臨床に生かしていく技術、方法論と心理精神活動に影響する事実をご紹介します。

身体技法は物に対してヒトの感覚を課題としているのに対し、人間工学は物をヒトにどのように合わせていくかを問題としています。この二つを利用して目の前の対象者へのアプローチを考えてみましょう。車椅子を卒業し、「もう一度椅子に座る」「もう一度インテリアを使った生活をする」というごく当たり前の生活スタイルに帰っていただく。健常者と同じ生活環境へ戻すという役割として医療はその一端を担っているのではないでしょうか。
いつまでも車椅子に座る事を考えずに、原点である人間工学という基礎を振り返ることで治療に応用し、再び馴染みのある道具やインテリアの利用を考える事が目標です。
<プログラム>
1.とっても身近な人間工学
2.作業と姿勢、姿勢と疲労の関係性 そこから見えてくる「身体技法」  
3. 工学からみた人間の感覚、人体の仕組みと動作
4. 心理と行動 ~他人に侵入されたくない領域~
5. 人間工学から臨床シーティング 回復段階に合わせたシーティング

人間工学を知ることで、インテリアと椅子の関係性から座る技術やシーティングについても理解が深まり、人間工学を施設や病院内で応用していくことが出来ます。
何気なく使っている道具は、聴講後、治療機器に見えてくるかもしれません。

詳細URL http://universalreha.com/
対象 作業療法士、 理学療法士、 看護師、介護福祉士
学生の
参加可否
参加可 
参加費 7000円
定員 5名
申込み方法 ホームページよりお申し込みください  http://universalreha.com/
申込み締切 2019年11月16日(土)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本ユニバーサル リハビリテーション協会 TEL 042-208-0102/E-mail otmode@jcom.home.ne.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7654/

リハMAP 第21回勉強会

名称 リハMAP 第21回勉強会
主催 リハビリママ&パパの会
日時 2019年11月17日(日) 10:00~16:00(受付9:30~)
場所 リハビリテーション天草病院(埼玉県越谷市平方343-1)
内容 テーマ:明日から使える!頸椎~肩甲帯のアプローチ
講師:杉山健治先生  上田泰久先生
内容:講義、実技、ランチ交流会、バザー
詳細URL https://ptmama2008.jimdo.com/
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 1000円(キッズルームを使用される場合は、保険料としてお子様お一人につき100円)
定員 40名
申込み方法 リハビリママ&パパの会ホームページ入力フォームよりお申し込みください。
申込み締切 2019年11月1日
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
あり
問い合わせ リハビリママ&パパの会 準備委員長:泉真理、河合麻美
Email :ptmama2008@gmail.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7648/

車椅子設計身体採寸と 適合選定セミナー ~車椅子の適合選定からシーティングへつなぐ~

名称 車椅子設計身体採寸と 適合選定セミナー ~車椅子の適合選定からシーティングへつなぐ~
主催 日本ユニバーサルリハビリテーション協会
日時 2019年11月3日 (日) 10:00~12:30(受付開始9:40)
場所 八王子市芸術文化会館いちょうホール
(東京都八王子市本町24番1号)
内容 車椅子の採寸や車椅子適合、選定のための身体採寸方法がわかっていれば、業者ではなくセラピストの目線から車椅子を選定できます。その瞬間、タイヤの付いたただの椅子は、治療技術や治療器具となるでしょう。車椅子もセラピストが自分で採寸し選定できれば、車椅子という治療器具を通じて、在宅でもリハビリの治療効果が持続することになります。「そうはいっても難しいだろう」「そのときは習得できても、すぐに忘れてしまいそう」「臨床で忙しくてそこまでは…」と考える方もいるでしょう。でも、ポイントを絞れば、短時間で出来てしまいます。しかも、セミナーでの技術、知識が消えないように、車椅子身体採寸ツールセットをプレゼントします。
<講義のポイント>
■車椅子や身体採寸ができるから、オーダーメイドの車椅子がわかる。オーダーメイドのイメージがあるからシーティングは自然に習得できる。
 
 採寸ができ、オーダーメイドの知識があれば、街を往く、廊下を往く車椅子姿勢を見ただけで適合が正しいかどうかがわかります。それは、製図知識というエビデンスに裏付けられたものです。製図という世界的共通言語からもたらされた技術であり評価となります。このため、車椅子選定は、より安易な業務になっていきます。さらに、シーティング技術、概念も自然に身に付くようになっていくでしょう。
 医学を学んだセラピストが、本当にゼロからシーティング技術を学ばなくてはいけないのでしょうか。座る技術を徹底的に教え込まれた我々は、工学というきっかけを知るだけで、車椅子やシーティングをはじめ、たくさんの存在を治療手段に変えることができるはずです。

■車椅子を治療器具に変える

 「車椅子の寸法を測ったり、選定は業者さんがするもの。」「シーティングは業者さんのほうが知ってるから」・・・しかし、セラピストがこの業務を行うことで、リハビリテーション医学が車椅子を治療的視点から処方することになります。この瞬間、車椅子という単なる工学技術からセラピストが処方する治療器具となります。

■車椅子の採寸、そのための身体採寸はとても簡単です。そのデータを図面に起こすことも、ポイントを絞れば誰にでもできる事なんです。

 たとえば、「横方向の採寸はパイプの内内(パイプ間の内側同士の寸法を測る)」「縦方向は上上(地面からパイプの上までの寸法を測る)」という採寸のルールがあります。こういったルールやポイントを絞って説明しますので、誰でも簡単に採寸ができます。

■講師は、長年車椅子メーカーで修業し工学系資格を有した作業療法士です。工学技術とリハビリテーション医学の目線から採寸、適合、選定を実際にできるようになるまで、丁寧にお教えします。

<プログラム>
●車椅子の構造やメカニズム。
●車椅子の測り方。車椅子に座るための身体寸法の測り方。
●処方箋の書き方。図面の書き方。
●車椅子の適合。車椅子の選定。

詳細URL http://universalreha.com/
対象 作業療法士、 看護師、 理学療法士、介護福祉士
学生の
参加可否
参加可 
参加費 7000円 (採寸用ツールセット付属)
定員 5名
申込み方法 ホームページまたはメールにてお申し込みください

otmode@jcom.home.ne.jp

申込み締切 2019年11月1日(金)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本ユニバーサル リハビリテーション協会 TEL 042-208-0102/E-mail otmode@jcom.home.ne.jp
備考 同日11月3日(日)13:30からは車椅子メンテナンスセミナーを行っております。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7647/

第15回循環器臨床作業療法研究会講習会

名称 第15回循環器臨床作業療法研究会講習会
主催 循環器臨床作業療法研究会
日時 2019年11月23日9:00~17:15
場所 首都大学東京秋葉原サテライトキャンパス
内容 内容:胸部X線,心臓エコーを作業療法に生かす
   検体検査を作業療法に生かす
   心電図を作業療法に生かす
   心配運動負荷試験を作業療法に生かす
   フィジカルアセスメントを作業療法に生かす
   高齢心疾患患者の特徴を理解して作業療法に生かす
   ワークショップ「循環器障害作業療法の改革を考える」

講師:大嶋 伸雄(首都大学東京,認知作業療法研究会代表)
   笹井 祥充(自治医科大学付属さいたま医療センター)
   須藤 誠 (獨協医科大学日光医療センター)
   内藤 喜隆(心臓病センター榊原病院)
   生須 義久(群馬県立心臓血管センター)
   松本 哲郎(沼田脳神経外科循環器科病院)
   山下 遊平(群馬県立心臓血管センター)

詳細URL https://sccot.jimdo.com/研究会案内/
対象 心大血管疾患のリハビリに関わっている,または興味のある作業療法士
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 4000円
定員 50名
申込み方法 HP申し込みフォームよりお願い致します.
申込み締切 定員なり次第締め切り
生涯教育
ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ sccot@cvc.pref.gunma.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7645/

OTコネクトミーティング(顔が見えるナナメの関係づくり)

名称 OTコネクトミーティング(顔が見えるナナメの関係づくり)
主催 エリア化推進委員会
日時 時間:19:30~20:30(受付19:15)
場所 場所:県内8か所(詳細は内容に記載しております)
内容 『OTコネクトミーティング』

2019年度のエリア化推進委員会における重要なミッションは【顔が見えるナナメの関係づくり】でございます。そこで、「OTコネクトミーティング」と表して、県内8会場で会員の皆さまが繋がり合える場を設けることにいたしました!
OTコネクトミーティングは、飲み物やお菓子を食べながら、ざっくばらんに語り合える場です。ラフな格好で、ラフな気持ちでお越しくださいませ!

≪開催概要≫
内容:1県士会によるエリア化構想プレゼン(担当理事 大郷和成)
   2参加者同士の交流タイム
参加費:無料
申込:下記サイトよりご登録ください!
   https://fs223.formasp.jp/n699/form23/
※8会場とも同一時間・内容となります

「第1セッション」
日時:11/19(火) 19:30~20:30
場所:アートフォーラムあざみ野 セミナールーム1(あざみ野駅下車 徒歩5分)

「第2セッション」
日時:11/27(水) 19:30~20:30
場所:横浜YMCA学院専門学校 6階(関内駅 徒歩5分)
   https://www.yokohamaymca.ac.jp/gakuin/about/access/

「第3セッション」
日時:12/5(木) 19:30~20:30
場所:おだわら市民交流センターUMECO 会議室7(小田原駅 徒歩3分)
   https://umeco.info/use/access/

「第4セッション」
日時:1月16日(木) 19:30~20:30
場所:オフィスモトヨシ(元住吉駅徒歩2分)
http://motosumi.jp/access

「第5セッション」
日時:1/31(金) 19:30~20:30
場所:神奈川県立保健福祉大学 教育研究棟1階 職業リハビリテーション室(A105)
http://www.kuhs.ac.jp/access.html

「第6セッション」
日時:2月7日(金) 19:30~20:30
場所:藤沢市民活動推進センター 会議室(藤沢駅徒歩5分)
http://npocafe.f-npon.jp/center/000279.html

「第7セッション」
日時:2月18(火) 19:30~20:30 *中止
場所:ユニコムプラザ相模大野 ミーティングルーム5(相模大野駅徒歩3分)
https://unicom-plaza.jp/access/index.html

「第8セッション」
日時:3月9日(月) 19:30~20:30 *中止
場所:磯子区民文化センター 杉田劇場 会議室AB(JR新杉田駅・京急杉田駅徒歩4分)
https://www.sugigeki.jp/交通-アクセス/

*中止について

会員の皆様

お世話になっております。
新型コロナウイルスの感染が拡大しており、県内では死亡例が確認されております。
厚労省や神奈川県からの通達を鑑みて、2/18および3/9のOTコネクトミーテイングは開催を中止させていただくことになりました。大変申し訳ございませんでした。ご理解いただけると幸いです。

よろしくお願い致します。

対象 作業療法士
学生の
参加可否
参加可 
参加費 無料
定員 各会場30名程度
申込み方法 下記サイトよりご登録ください!
https://fs223.formasp.jp/n699/form23/
申込み締切 各日程の前日まで
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 県士会事務局へお問い合わせください。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7644/