Tag: 2019/12

第122回横浜CBTに集う会「病識が獲得されていない統合失調症患者に対して、小集団の心理教育を提案した事例」

名称 第122回横浜CBTに集う会(認知行動療法を学んでいます)「病識が獲得されていない統合失調症患者に対して、小集団の心理教育を提案した事例」
主催 横浜CBTに集う会(認知行動療法を学んでいます)
日時 2019年12月26日(木)19時~21時
場所 ウイリング横浜 11階112
京急線、横浜地下鉄線上大岡駅徒歩数分
内容 テーマ:「病識が獲得されていない統合失調症患者に対して、小集団の心理教育を提案した事例」(吉田航平さん 日向台病院 OT)

吉田さんよりひとこと:私は精神科単科の病院で作業療法士として働いています。今回私は病識が獲得されておらず、問題行動により度々再入院に至る統合失調症の患者に対して、病識の変化、問題解決方法の獲得を主目的に小集団の心理教育を提案した事例を紹介させて頂き、その介入方法について皆様と検討させて頂ければと考えています。
よろしくお願いします。
詳細URL 横浜CBTに集う会ホームページ http://yokohamacbt.jimdo.com/
対象 認知行動療法やテーマに興味や関心がある人ならどなたでも
学生の
参加可否
参加可 無料です。
参加費 500円(会場費・資料代、学生は無料)
定員 なし
申込み方法 申し込みは不要ですが、ホームページよりメールをいただけるとありがたいです。
申込み締切 なし。当日お気軽にお越しください。
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 横浜CBTに集う会ホームページ http://yokohamacbt.jimdo.com/
備考 本会の詳細や年間予定等が本会ホームページにあります。
サンドウィッチやおにぎりを食べながらご参加ください。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7725/

学童×作業療法in湘南  「地域で」「チームで」「長い目で」子どもたちと関わるセミナー

名称 学童×作業療法in湘南  「地域で」「チームで」「長い目で」子どもたちと関わるセミナー
主催 岡山県学童保育連絡協議会
日時 2019年12月15日(日)13:00~16:00 (開場12:40)
   ※17:00~懇親会あり
場所 遊びリパーク リノア(神奈川県藤沢市辻堂西海岸2-10-3-1)
内容 13:00-14:00 講演会 もっと「子ども」を知ろう!!
 髙橋香代子先生 (北里大学作業療法学専攻)
14:00-15:00 実践報告 学童 ×作業療法は無限大 
 八重樫貴之先生 (帝京平成大学作業療法学科)
15:00-16:00 ワークショップ 子どもがイキイキ育つための環境作り
 大郷和成OT(遊びリパークリノア)
 増子拓真OT(たすく(株))
詳細URL https://www.facebook.com/event……980319684/
対象 作業療法士・学童関係者・その他児童に関わる方・学生参加可
学生の
参加可否
参加可 
参加費 3000円(会員割引あり)
定員 50名
申込み方法 申込方法:gakudou@mx6.tiki.ne,jp 申し込みの際、メールに名前、職種、職場、会員は、所属の各都道府県の学童保育連絡協議会、作業療法士会を記入ください
申込み締切 2019年12月13日(金)まで
生涯教育
ポイント
託児サービスの
有無
あり
問い合わせ gakudou@mx6.tiki.ne,jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7695/

JDF全国フォーラム 障害者権利条約の完全実施をめざして ~2020年の審査・勧告でどう変わる、私たちの暮らし~

名称 JDF全国フォーラム 障害者権利条約の完全実施をめざして ~2020年の審査・勧告でどう変わる、私たちの暮らし~
主催 日本障害フォーラム
日時 日時 2019年12月5日(木)10:00~16:40
場所 場所 ベルサール東京日本橋 5階Room4+5(東京都中央区日本橋(日本橋駅直結))

●「日本橋駅」B6番出口直結(銀座線・東西線・浅草線)
●「東京駅」八重洲北口徒歩6分(JR)
●「三越前駅」B6出口徒歩3分(銀座線・半蔵門線)
内容 障害者権利条約の実施状況に関わる日本の初審査(「建設的対話」)が、2020年夏に国連・障害者権利委員会(ジュネーブ)で行われ、日本への勧告が採択されます。これに先立って、去る9月に日本への「事前質問事項」が同委員会から出され、政府の回答準備が進められるとともに、JDFでは民間の立場からの報告である「パラレルレポート」の作成を行っています。
 本年の全国フォーラムでは、障害者権利委員会の前委員長であるテレジア・デゲナーさんをお招きし、委員会でのご経験や、条約に基づく障害の「人権モデル」の考え方等についてお話しいただくとともに、条約の実施を通じて、国内の法制度や身近な暮らしをどう変えていけるのか、共に話し合います。
詳細URL https://www.normanet.ne.jp/~jd……/20191205/
対象 特になし
学生の
参加可否
参加可 
参加費 参加費 1,000円 (介助者等は無料。点字資料、手話通訳、要約筆記、ヒアリングループあり)
定員
申込み方法 下記の方法で12月1日までにお申込みください。
(先着順。混みあった場合は事前申込みの方が優先となります)

1.こちらのWEBフォームからお申込みができます。
<WEBフォーム>
https://docs.google.com/forms/……A/viewform

2.または、下記必要事項とともに、下記事務局までお申し込みください。

<申込必要事項>

1.お名前(ふりがな)
2.ご所属
3.ご連絡先住所
4.TEL/FAX/E-mail
5.介助者同行 有・無
6.必要事項 手話通訳・要約筆記・ヒアリングループ
       点字資料・車椅子スペース
       その他:
※本フォーラムに関するご連絡、今後のご案内等にのみ使用し、それ以外には使用しません。

<チラシ兼申込用紙はこちら(MSワード)>
https://www.normanet.ne.jp/~jd……forum.docx

日本障害フォーラム事務局
 TEL:03-5273-0601
 FAX:03-5292-7630
 E-mail jdf_info@dinf.ne.jp
申込み締切 12月1日
生涯教育
ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本障害フォーラム事務局
 TEL:03-5273-0601
 FAX:03-5292-7630
 E-mail jdf_info@dinf.ne.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7694/

ものづくりシーティングセミナー 原理編×工房実技編~シートクッションを1からつくり上げる~

名称 ものづくりシーティングセミナー 原理編×工房実技編~シートクッションを1からつくり上げる~
主催 日本ユニバーサルリハビリテーション協会
日時 2019年12月8日 (日) 10:00~16:30(受付開始9:40)
場所 八王子市芸術文化会館いちょうホール
(東京都八王子市本町24番1号)
中央本線 八王子駅より徒歩15分
内容 【 クッションの素材に触れて構造を知る事から始めて、回復段階やADLに合わせたシーティングを行ない、クッションのつくり方を学ぶ・・・シートクッションをつくることで本当のシーティング技術に変える! 】

シートクッションのカバーを外した事はありますか?中には何層にもなった様々な構造体が目に入ります。「最も徐圧効果があるのは、AのウレタンとBのウレタンを組み合わせだった。」「骨盤の固定や体感保持に必要な形状は!」「姿勢のこのポイントに補助支持物を入れるともっと座位が安定する」等、カスタマイズやオーダーメイドの目線を入れると、様々に座位保持のイメージが変わり、介入プログラムの輪が広がっていきます。

普段何気なく使っているクッションの構造を知り、素材に触れて感じながらシーティング・フィッティングの理論構築を考えていきましょう。
人の姿勢は運動の連続です。生活シーンに合わせて姿勢を変化させています。回復段階もそのひとつです。急性期、回復期、維持期で訓練効果により収縮筋が変わったり、廃用が進むと拘縮のある関節も出てきます。このようなひとつではない身体状況に対応する、世界中のシーティング・フィッティングを用いた技術を身につけましょう。

次に、クッションをつくるための身体採寸を行います。徐圧、免荷、支持性、安定性、バランス、重心の位置など、各カテゴリーを自分自身の身体から見つけ、体感していくことがポイントとなります。
このような自分自身の身体が教えてくれる情報は、座位の本質や身体の構造の理解に繋がり、その気づきが『対象者の姿勢へのケア』を導きます。

「姿勢とは何か」のイメージ、体感で得られた「自分自身の重心の位置」を基に、実際にウレタンを削ってクッションを形にしていきましょう。
自分自身のシーティング、フィッティングを考え、道具や材料を自由に使ってご自分のクッションを作製し持ち帰って使ってみてください。
詳細URL http://universalreha.com/
対象 作業療法士、理学療法士、看護師
学生の
参加可否
参加可 
参加費 15000円(製作材料費含む)
定員 5名
申込み方法 ホームページよりお申し込みください  http://universalreha.com/
申込み締切 2019年12月6日 (金)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本ユニバーサル リハビリテーション協会 TEL 042-208-0102/E-mail otmode@jcom.home.ne.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7684/

第2回作業療法実践の質を高める研究法セミナー [アドバンスコース]

名称 第2回作業療法実践の質を高める研究法セミナー【アドバンスコース】
主催 臨床作業療法学会
日時 2019年12月21日(土)・22日(日)
場所 首都大学東京荒川キャンパス464教室(東京都荒川区東尾久7-2-10)
内容 内省的実践家として日々の業務に取り組み、自らの作業療法実践の質を高めるために、
臨床研究に必要な知識や技術を学修し、研究のスキルアップを図るセミナーです。
詳細URL http://jscot.kenkyuukai.jp/eve……p?id=37829
対象 ベーシックコース(旧入門編)受講者、大学院進学・在籍者(進学予定も含む)、論文執筆などの研究歴のある者 *いずれかの条件に該当する者
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 <学会員>6,000 円 <非会員>8,000 円
定員 20名
申込み方法 申し込みフォーム https://forms.gle/XWd43D39awcCsWGZA
申込み締切 2019年12月14日(土)
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ jscotinfo@gmail.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7682/

困ったな。この人、どうしたら納得してくれるかな? 本人の意思に反することを促す際のコミュニケーションのコツセミナー

名称 困ったな。この人、どうしたら納得してくれるかな? 本人の意思に反することを促す際のコミュニケーションのコツセミナー
主催 リハビリコミュニケーション研究所
日時 令和1年12月15日(日)10時~16時半
場所 越谷サンシティホール 第1和室(和室で行いますので、動きやすい服装でお越しください。)
JR武蔵野線南越谷駅、東武スカイツリーライン新越谷駅 (地下鉄日比谷線・半蔵門線直通)より徒歩3分
http://www.suncityhall.jp/info……st_27.html
内容 ・認知症があり帰宅欲求が激しい方に対し、家に帰ることができないことをどう納得してもらうか困っている。
・強いリハビリの拒否があるが、家族の希望があり、リハビリにつなげていかなくてはならず、納得してやっていただくのにどうするか困っている。
・精神疾患があるのか、クレーマーなのか?こだわりが強く、無理難題を言う患者さんの対応に困っている。
日常の臨床の中に、本人の意思には、反するけれど、
やっていただかなくてはならないことをしていただく。
そのように場面に立たされることがあるかと思います。
そんな時、
どのような伝え方やコミュニケーションの工夫をしたらいいのか?

NLPという心理学の手法を用いて、学んでいきます。
詳細URL https://peraichi.com/landing_p……attana1215
対象 作業療法士・理学療法士・言語聴覚士などリハビリ従事者
医療福祉従事者学生も可
学生の
参加可否
参加可 
参加費 8000円
定員 15人
申込み方法 HPよりよろしくお願いいたします。
https://peraichi.com/landing_p……attana1215
申込み締切 前日まで
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ https://peraichi.com/landing_p……attana1215

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7681/

介護予防従事者研修(地域ケア個別会議・実務編)

名称 介護予防従事者研修(地域ケア個別会議・実務編)
主催 神奈川県 委託先:(公社)神奈川県理学療法士会
日時 2019年12月15日(日)13時~17時(12時30分より受付開始)
場所 神奈川県総合医療会館 7階講堂
横浜市中区富士見町3-1
内容 介護予防のための地域ケア個別会議の実施に向け、市町村へ助言者の専門性の理解、助言者同士の相互理解を深めることを目的とする。
1.介護予防のための地域ケア会議とは(総論)
2.地域ケア会議における助言者の役割について(各専門職より)
 ・栄養士の役割
 ・歯科衛生士の役割
 ・リハビリテーション専門職の役割
3.グループワーク 事例をもとにした模擬会議

講師:
遠藤 陵晃 氏(一社)神奈川県作業療法士会
竹田 すずよ 氏(公社)神奈川県栄養士会
重田 富子 氏 神奈川県歯科衛生士会
久保木 あずみ 氏 (公社)神奈川県理学療法士会
詳細URL http://pt-kanagawa.or.jp/membe……/1215.html
対象 (1) 管理栄養士及び栄養士
(2) 歯科衛生士
(3) 理学療法士
(4) 作業療法士
(5) 言語聴覚士
(6) 看護師
※地域ケア会議に助言者として参加される方を対象
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 無料
定員 100名
申込み方法 神奈川県理学療法士会のHP
申込み締切 2019年12月12日
生涯教育
ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ (公社)神奈川県理学療法士会 
事務局 池田
office@pt-kanagawa.or.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7680/

県央地区リハビリテーション連絡会 2019年度 one day 勉強会 「バイオメカニクスの基礎と歩行(健常者と片麻痺患者の比較)」

名称 県央地区リハビリテーション連絡会 2019年度 one day 勉強会 「バイオメカニクスの基礎と歩行(健常者と片麻痺患者の比較)」
主催 県央地区リハビリテーション連絡会
日時 2019年12月15日(日) 10:00~16:00 (9:00~受付開始)
場所 東名厚木病院
内容 今回は当連絡会のメインイベントのひとつであります、oneday勉強会のご案内です。
今回の勉強会では国際医療福祉大学大学院 教授の山本 澄子先生をお招きし、「バイオメカニクスの基礎と歩行 (健常者と片麻痺患者の比較)」というテーマでご講演いただきます。
山本澄子先生のご講演を、この価格で聴講できる機会は大変貴重です。ぜひふるってご参加ください。
申し込みは定員に達し次第、締め切りとさせていただきます。
加えまして、当日お弁当(500円)をご用意できますので、そちらも希望される方はお申し込みください。
参加希望の方は、【県央地区リハビリテーション連絡会ホームページ】→【お知らせ】より入っていただき、案内文をご確認の上、QRコードもしくは申し込み用URLより各自お申し込みをお願いします。
詳細URL https://kenoureharen.wixsite.c……oureharenn
対象 作業療法士、理学療法士、言語聴覚士
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 3000円 当日会場でお弁当を申し込む方は+500円となります。(要事前申し込み)
定員 150名(定員に達した際、ご希望に添えない場合がありますのでご了承ください)
申込み方法 県央地区リハビリテーション連絡会HPよりお願いいたします。
申込み締切 2019年11月30日
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 亀田森の里病院 リハビリテーション室 重田 直哉(shigeta.naoya@kameda.jp)
備考 駐車場利用可能ですが(¥200)、なるべく乗り合わせでお越しいただきますようお願いします。当日はバインダーをご持参ください。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7676/

意欲を引き出す !!評価と 介入

名称 意欲を引き出す !!評価と 介入
主催 臨床実践に役立つ理論研究会
日時 201 9 年 12 月 22 日(日 )9 :3 0~ 1 5: 00 (途中昼休憩あり)
場所 横浜市健康福祉総合センター 8 F 会議室 横浜市中区桜木町 1 1
http://www.yokohamashakyo.jp/s……o/map.html
※会場へは内容に関する問い合わせしないようお願い致します
内容 治療場面で患者さんのモチベーションは重要といわれます.
臨床で意欲 が下がっている 患者さんを担当されたことがある方は多いのではないでしょうか. 意欲を引き出す作業療法について考えてみませんか
午前は、臨床にいかせる意欲に関する理論を紹介し活用ポイントを 初心者にもわかりやすく 解説します 午後は 臨床での実践に 結び付けられるよう, 意欲をとらえる 作業療法 評価も紹介しますので、この機会にぜひ体験してみてください

講師:笹田哲(神奈川県立保健福祉大学 大学院教授)
対象 作業療法士・作業療法学生(領域・学年は問いません)
学生の
参加可否
参加可 
参加費 作業療法士   5000円
作業療法学生  2500円
定員 40名
申込み方法 uottip456@gmail.com まで以下の内容を添えてメールでお申し込下さい

件名:201 9 年 12 月 2 2 日 参加申し込み
本文:・氏名
   ・所属
   ・連絡先メールアドレス
申込み締切 2019年12月18日まで
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ uottip456@gmail.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7672/

基礎から臨床応用まで学ぶ運動器治療 肩関節シリーズセミナー 治療編(応用)

名称 基礎から臨床応用まで学ぶ運動器治療 肩関節シリーズセミナー 治療編(応用)
主催 進リハの集い
日時 ○開催日
2019/12/15(日)

○時間:
受付9時30分
セミナー時間10時00分~16時00分
場所 ウィリング横浜(上大岡駅徒歩3分)
http://www.yokohamashakyo.jp/w……4-1-1.html
11F多目的室
内容 『病態や機能の評価に基づいた治療』を背景に、治療の選択肢やバリュエーションをとことん増やしてみませんか?
治療の幅や視野を広げることは、治療の可能性を広げることにつながると思います!

『治療編の応用』では、肩甲骨や胸郭など患部外機能に対する徒手療法や運動療法について触れていきます。
特に四肢運動の土台となる体幹部(腹腔内圧)機能の制御をどのように捉え構築していけばよいか、理論的背景を説明しながらエクササイズを実践していきます。
また、肩関節疾患には頚部周囲筋の過緊張や、持続的な疼痛による中枢性感作を生じやすく、頚部への徒手的治療を併用することが効率的な治療につながることから、頚部へのアプローチ方法も実技にて学んでいく予定です!

治療技術を磨いて、治療の選択肢に幅を持たせることで、様々な状態や疾患に対応していけるようになりましょう!
また、治療方法には創造力が大切なので、講義を通して他の先生方の考えに触れながらディスカッションをしていけたらと考えています!!

このセミナーを通して肩関節の基礎的な触診から治療への展開を学ぶことで、教科書では知ることができない肩関節の面白さ、奥深さを考えてみませんか?

興味のある方は、是非ご参加ください!

講義内容
〇肩甲帯/胸郭に対する徒手療法と運動療法
 ・肩甲帯/胸郭のアライメントや安定性に影響する動きの獲得
 ・肩甲帯機能に焦点を当てた運動療法の実践
〇肩関節運動パターンに対する包括的な運動療法
 ・円滑な四肢運動を可能にする腹腔内圧のコントロール
 ・より人間らしい動作パターンへの修正
〇(中枢性感作に対する頚部への徒手治療)
 ・頚部の触診と評価
 ・頸椎椎間関節モビライゼーション
詳細URL https://www.shinreha.com/blank-52
対象 PT/OT
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 ○費用
申し込み人数によって料金が変わります。数名で申し込みされた方がお得となっております。
【1名で受講される場合】
9,000円/人
【2名で受講される場合】
8,000円/人
【3名で受講される場合】
7,000円/人
【4名で受講される場合】
6,000円/人
定員 40名
申込み方法 HP内の申し込みフォーマットよりお申込みください
申込み締切 前日まで
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 【Mail】
shin.reha.tudoi@gmail.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7665/