Tag: 2022/6

オンラインおもちゃゼミナール 手の活動を促す!手工芸アイデア発想法 ~利用者さんの「できる」に注目!思わず男性も夢中になるアート実践~

名称 オンラインおもちゃゼミナール 手の活動を促す!手工芸アイデア発想法 ~利用者さんの「できる」に注目!思わず男性も夢中になるアート実践~
主催 芸術と遊び創造協会 高齢者アクティビティ開発センター
日時 2022年6月17日(金)19:00~20:30
場所 zoom開催
内容 【座長】磯 忍(芸術と遊び創造協会 高齢者アクティビティ開発センター)
【講師】山口裕美子先生(障害者支援施設 東京都八王子福祉園 非常勤講師)
【内容】今回は、身近な素材発泡トレーを活用した手工芸です。土台に毛糸やリボンを刺してモチーフを作ります。実践を通して、作業のしやすい素材や道具の選び方、創作のアイデアの広げ方を教えていただきます。利用者さんの笑顔と意欲を引き出すアート実践を、ご自身で楽しんでみませんか。
【ご用意いただくもの】
発泡トレー(生鮮食品や納豆のパックなど)2枚、竹串 2本、ハサミ、
太い毛糸(3色くらいあると楽しいです)
※お手元にあれば、薄いリボン20㎝くらい、茶色や赤や緑の余りフェルト
詳細URL https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/02gbikva0fd21.html
対象 作業療法士、介護福祉士、看護師など、病院、介護施設の専門職の方をはじめ、
高齢者との活動にご興味のある方全て。
学生の
参加可否
条件付きで参加可 医療・介護・福祉の専門職を志す、大学、短大、専門学校の学生の方
参加費 550円
定員 25名
申込み方法 下記サイトより、お申し込みをお願い致します。
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/02gbikva0fd21.html
開催前日までに、zoomアドレスをお知らせいたします。
準備物をご用意上、ご参加をお願い致します。
申込み締切 定員になり次第締め切り
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 芸術と遊び創造協会 高齢者アクティビティ開発センター
高山陽子
〒165-0026 東京都中野区新井2-12-10
03-3387-5461 y.takayama@art-play.or.jp
備考 認知症予防専門士 更新単位 2単位付与(年間4単位まで)

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/8578/

OTコネクトミーティング 2022.6「自助具・3Dプリンター」

名称 OTコネクトミーティング 2022.6「自助具・3Dプリンター」
主催 エリア化推進委員会
日時 2022年6月29日(水)21:00~22:00(入室20:55~)
場所 オンライン開催(ZOOM使用)
内容 OTコネクトミーティグン2022.6「自助具・3Dプリンター」

この分野のスペシャリストである神奈川県リハビリテーション病院の一木さんをゲストにお招きし、「自助具・3Dプリンター」をテーマに皆様とディスカッションを楽しみたいと思います!

【OTコネクトミーティングとは】
経験年数や領域、職場の枠を超えて“作業療法の楽しさ”をざっくばらんに語り合い、OT同士のナナメの関係づくりを目的としています。OTコネクトミーティングでは毎回テーマを設定して、参加者同士で楽しく対話をしながら気づきを持ち帰っていただいております。

【プログラム内容】
テーマ:「自助具・3Dプリンター」
1 ゲストによる話題提供
2 参加者同士のコネクトミーティング

主 催:エリア化推進委員会
日 時:6/29(水)21:00-22:00(入室20:55~)
会 場:オンライン開催(ZOOM使用)
   ※ZOOMのURLは開催前日にメールにてお知らせいたします
参加費:無料
定 員:30名
申 込:登録フォームよりお申込みください。
    https://forms.gle/UoAo6k6rLuzZRc9LA

対象 作業療法士、その他
学生の
参加可否
参加可 
参加費 無料
定員 30名
申込み方法 登録フォームよりお申込みください。
https://forms.gle/UoAo6k6rLuzZRc9LA
申込み締切 6月28日
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ area.otkanagawa@gmail.com
備考 途中入退出可、お子さんとの一緒の参加可。ざっくばらんな語り場ですのでお気軽にご参加ください!

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/8574/

あなたは気づけますか? 思春期から成人期の限局性学習症(SLD)

名称 あなたは気づけますか? 思春期から成人期の限局性学習症(SLD)
主催 特定非営利活動法人Coaction (コアクション)
日時 2022年6月19日(日)・26日(日) 10時~12時40分
1日目(6/19):基礎知識編
2日目(6/26):応用編
場所 ZOOMによるオンライン研修(研修後、オンデマンド視聴できます)
内容 テーマ「あなたは気づけますか?思春期から成人期の限局性学習症(SLD)」
講師:沖村 可奈子 先生(言語聴覚士 / 特定非営利活動法人バオバブの樹 理事)、限局性学習症の特徴を持つ5名の若者

臨床現場やアセスメントで、限局性学習症(SLD)を見落としていませんか?
今研修では、主に子供から成人期前期SLD支援に奮闘されている言語聴覚士 沖村可奈子先生、SLDの特徴を持つ青年期・成人期の若人方々にご演壇いただき、支援職が知っていなければならない基礎知識、ご本人の体験、困難やその中で見出した自分らしく在るための工夫についてお話しいただきます。

1日目:基礎知識編
・限局性学習症について:発生機序・特徴・臨床像
・発達段階ごとに生じやすい困り事について
・どうやって特性を検出するのか

2日目:応用編
・どのような工夫をしてきたか
・SLDを、自分でどう理解していったのか
・支援者がSLDに気づいたとき、どのようなフォローが欲しいか
・自分たちが生きていく社会はこうあってほしい

詳細URL https://coaction-npo.wixsite.com/website
対象 守秘義務を持つ有資格者(作業療法士・理学療法士・言語聴覚士・臨床心理士・公認心理師・医師・看護師・精神保健福祉士・社会福祉士・保育士など)、相談支援従事者、直接支援従事者、臨床心理系大学院生
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 5,000円(19・26両日参加の料金となります)
*オンデマンド配信のため、キャンセルされる場合もご返金できません。
あらかじめご了承の上、お申し込みください。
定員 50名
申込み方法 メールでのお申込みになります。
以下、6項目をご記入いただき、特定非営利活動法人Coaction 研修事務局 大坪宛【メールアドレス:8723mt@gmail.com】にメールをお送りください。
詳細は、当法人webサイトをご参照ください。

1 お名前(ふりがな)
2 ご所属・役職
3 連絡可能なお電話番号
4 メールアドレス
5 取得資格(臨床心理士の場合は、臨床心理士資格番号)
6 講師へのご質問や研修に関するご希望(任意)

申込み締切 6月11日(金)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 特定非営利活動法人Coaction (コアクション)
メール:8723mt@gmail.com
電話:070-3336-1642 
*業務のため電話に出られないことがございます。留守番電話に、お名前、ご用件をお話ください。折り返しご連絡させていただきます。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/8567/

第26回日本ペインリハビリテーション学会学術大会

名称 第26回日本ペインリハビリテーション学会学術大会
主催 日本ペインリハビリテーション学会
日時 2022年6月11日(土)・12日(日)
場所 神戸学院大学ポートアイランドキャンパス および オンライン
詳細URL  URL:https://www.painreha.com/  公式LINEアプリ:https://lin.ee/SPOi24X
対象 誰でも参加可能
学生の
参加可否
参加可 
参加費 会員10,000円

非会員12,000円

学生(大学院生は除く)1,000円

定員 ありません
申込み方法 参加を希望される方は、会員・非会員を問わず参加登録が必要です。
参加登録はインターネットからのオンライン参加登録のみとなります。

1 参加者情報登録
 学会ホームページから、またはLINEアプリ「参加申込」から参加者情報を登録してください。
2 オンライン決済
 参加費のお支払いはPeatixを利用したオンライン決済で行います。以下の参加費をご確認のうえ、「参加者情報登録」後に配信されるメールを参照し、お支払いのお手続きをお願いします。
◆はじめてPeatixを利用される方は、アカウントを取得(新規登録)していただく必要があります。
◆Peatixのご利用方法について詳しくは、こちら から、【初めてご利用される参加者様向け】peatixご利用の流れ)をご確認ください。

3 参加登録完了
  事務局にて参加費のお支払いを確認後、参加登録が完了となります。「Webサイトログイン」ページから学術大会への参加やオンデマンド配信の視聴が可能となります。
 ◆Peatixでのお支払いから参加登録完了まで、時間がかかる可能性がございます。参加費をお支払い済みにもかかわらずログインができない場合にはjapr26@painreha.comまでご連絡ください。

申込み締切 2022年6月25日(土)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ リーフレット(PDF)も準備がございます。
もし、よろしければ貴ホームページへの案内の掲載、所属会員へのメーリングリストやLINEを利用した案内の周知をしていただけました幸甚です。
どうぞご検討よろしくお願いいたします。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/8565/

第29回 精神科作業療法集談会(オンライン開催)

名称 第29回 精神科作業療法集談会(オンライン開催)*精神科作業療法や関連する精神医療の様々な事柄について,相互に検討していく場です。
主催 精神科作業療法集談会
日時 2022年6月4日(土)
13時 Zoom開室
13:20~13:30 開会.事務連絡
13:30~15:00 セッション1
15:30~17:00 セッション2
(中締め)
17:30~夜中  Zoom懇親会(Zoom飲み)
場所 Zoom開催 
お申し込み後に、事務局より入室用zoom IDをメールにてお送りいたします。
内容 セッション1:「作業療法士としての成長とは」
    話題提供者:奥原孝幸(神奈川県立保健福祉大学,世話人)

セッション2:「苦しむ人に生きる力をーそのためのぼくの旅についてー」
    話題提供者:藤田 純司(医療法人誠心会 神奈川病院)

詳細URL 精神科作業療法集談会メールアドレス:from1994syudankai@gmail.com
対象 精神科作業療法に興味のある方ならどなたでも(学生可)
学生の
参加可否
参加可 
参加費 1000円
定員 概ね30名
申込み方法 第29回精神科作業療法集談会
参加申込みサイト:Peatix(ピーティックス)
サイトURL:https://peatix.com/event/3179389/view

研修会の詳しいご案内は、事務局にご連絡下さるとメールにてお送りします。

申込み締切 まずは、事務局にお問い合わせください。
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 精神科作業療法集談会 事務局
メールアドレス:from1994syudankai@gmail.com
備考 精神科作業療法集談会について

本会は作業療法士の有志による研究会です.会員制をとらず,毎回の集談会ごとに参加者を募る形で進めています.
1994年の秋田県での日本作業療法学会で第1回目の会合を持ちました.作業療法士である私たち自身が,『精神科作業療法や関連する精神医療の様々な事柄』について,相互に検討していく場を作りたいということが発足の主旨です.第2回目以降は毎年1回1泊2日で開催し,話題提供者を3~4名決め,各々の話題提供の内容に沿って,相互に検討を行う形をとっています.

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/8558/

アクティビティ インストラクター資格認定セミナー<オンライン>

名称 アクティビティ インストラクター資格認定セミナー<オンライン>
主催 特定非営利活動法人芸術と遊び創造協会 高齢者アクティビティ開発センター
日時 6月18日(土)10時~12時 
※お申し込み後、7日ほどで教材をお届けします。
 動画視聴(4時間)後、スクーリング(2時間)を受講し、資格認定となります
場所 オンライン(zoom)
※ビデオ付きのパソコン、タブレット、携帯電話でご受講いただけます
内容 【本講座で学べる3つのポイント】
1. 個々の人生をベースに考える実践事例(動画視聴)
 デイケア、デイサービス、入所施設での事例から、利用者さんの変化を通して、アクティビティ・ケアの基本的な考え方、「心が動けば身体が動く」ことの大切さが理解できます。そして、少し視点を変えるだけで、日常生活の些細なことの中にも、一人ひとりの生きる喜びや楽しさがあることに気づき、アクティビティの幅が広がります。⇒<カリキュラム1.2>
 
 作業療法士である講師自らが実践した認知症の方への個別プログラムについて導入から終了まで経過を追って語ります。この事例からは、対象者の心を動かす「意欲のカギ」を見つけることの大切さ、意欲継続の工夫、チームとしての協力を得る方法を知ることができます。⇒<カリキュラム5>

2.認知症の人のアクティビティ・ケア(動画視聴) ⇒<カリキュラム 3・4>
 これだけは押さえておきたい認知症の基礎知識と、現場でよくある「食事」「入浴」「排泄」時の会話を再現。介護者の声のかけ方でどのように利用者さんの行動が変化するのかを、認知症のスペシャリストの講師がケースごとにわかりやすく説明しています。
 認知症の方へかかわるときに大切な「3つのない」を実践することで、認知症の人が安心し、お互いに気持ちの良い信頼関係を構築することができます。

 高橋克佳先生と劇団「いくり」の人気キャラクター かずさんとの対話形式で進むカリキュラムは、現場で役立つ内容を楽しみながら学べると好評です。
参考:デイサービスセンターお多福さんのアクティビティYouTube動画
   劇団いくりの皆さんによる「回想しながらオリジナル百人一首を楽しもう!」

3. 「心を動かす」コミュニケーション(スクーリング)
 現場で重要なコミュニケーションについては、動画だけでは十分学んでいただけないと考えスクーリングを設けています。アクティビティ・グッズの制作と活用を通して、ケアの提供者である自分自身が「心を動かす」ことの楽しさを実感することを目的としています。
さらに実践事例と評価データから、コミュニケーションを総合的に学べます。

■ポイント付与対象 
日本作業療法士協会 SIG認定 生涯教育制度 基礎ポイント 1ポイント
日本認知症予防学会 認知症予防専門士 更新単位2単位(年間4単位まで)

■講座内容 《WEB動画視聴》4時間+《スクーリング》2時間

1《動画視聴》(5つのカリキュラム)
 カリキュラム1 アクティビティ・ケアの考え方
 カリキュラム2 アクティビティ・ケアの基礎理論
 カリキュラム3 認知症の認知症の人のアクティビティ・ケア
 カリキュラム4 アクティビティ・ケア実践論 生活文化編
 カリキュラム5 アクティビティ・ケア実践論 人生歴編

2動画視聴後、Googleフォームにて、視聴確認レポートの送信と同時に、
スクーリング(zoom 2時間)のお申し込みをお願い致します。 

■受講期限:6か月 
 平均1~2ヶ月で資格取得。最短では 教材を送付後 10日で資格取得。
※スクーリングは、1~2か月に1回開講します。受講期限の6か月の間にご受講ください

■ポイント付与対象 
日本作業療法士協会 SIG認定 生涯教育制度 基礎ポイント 1ポイント
日本認知症予防学会 認知症予防専門士 更新単位2単位(年間4単位まで)

詳細URL https://artplaylab.jp/activity_care/instructor.html#corr_seminar
対象 作業療法士、理学療法士、言語聴覚士、介護福祉士、看護師など、医療・介護の現場の専門職の方、
セラピスト・介護・看護の大学、専門学校へ通学中の学生の方など
学生の
参加可否
条件付きで参加可 大学、短期大学、専門学校の学生の方
参加費 9,900円
定員 20名
申込み方法 当センターホームページにて詳細をご覧いただき、
「カートに入れる」ボタンから、ショッピングサイトでのお申し込みをお願い致します。
https://artplaylab.jp/activity_care/instructor.html#seminar
事務局で入金確認(お申込み完了)後、1週間ほどで、教材をお送りします。
申込み締切 満席になり次第締め切り
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 特定非営利活動法人 芸術と遊び創造協会 
高齢者アクティビティ開発センター
TEL:03-3387-5461 E-mail:aptc@aptycare.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/8552/

NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会

名称 NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 
主催 特定非営利活動法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会
日時 令和4年6月18日(土)~19日(日) 9:0~19:30
場所 東京都世田谷区・世田谷ボランテイアセンター
内容 弊団体は、高齢者や障害を有する人々の旅行(外出を含む)についての情報発信、相談業務、同行介助をしています。6月にそれらを担う人々である旅サポーターの養成講座を開催します。その講座について掲載をお願い致したいと思います。
●内容及び講師
6月18日(土)
1.10:00~12:00
座学/実習「視覚に障がいがある方へのサポーティング・理解と実際」
NPO法人地域活動サポートセンター柏崎 事務局長 押見 敏昭

12:00~13:00 昼食 *写真撮影(認定証用)

2.13:00~14:30
「ユニバーサルルームと接客 京王プラザホテルにおける取組み」                    
京王プラザホテル  中村 さおり

3.14:40~16:00
「旅サポーターのするべきことと流れ、NPOの取り組み」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会  理事長 久保田 牧子

4.16:10~17:40
「高齢者、障がいのある方に向けた鉄道の旅」
交通経済研究所 研究員 遠藤俊太郎

5.17:50~19:20
「観光業についての理解 ユニバーサルツーリズムの普及を目指して」                        
元帝京大学経済学部観光経営学科 教授 栗木 敏男

6月19日(日)
1.9:30~11:30
「高齢者、障がい者の理解と対応~旅行における医学的注意」
昭和大学医学部リハビリテーション医学講座 講師 医学博士 正岡 智和

11:30~12:30 昼食 

2. 12:30~14:00
「高齢者、障がい者が旅(航空機利用)をする際の留意点」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会  副理事長 室井 孝王

3. 14:10~16:40
座学/実習「障がいがある方へのサポーティング・理解と実際」                 
三軒茶屋リハビリクリニック 理学療法士 中島 鈴美

4. 16:50~18:20
「障がいを有する者からのメッセージ 当事者目線での町歩き」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会  会員 西村 剛

5. 18:20~19:50
「旅のサポート&ホスピタリティー 人にやさしい旅の実践」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会  理事 長橋 正巳

詳細URL https://www.tabisuppot.org
対象 対象は問いません
学生の
参加可否
参加可 
参加費 20,000円
定員 10名
申込み方法 e メール mail@tabisupport.org
FAX 0-6300-9191
申込み締切 6月11日
生涯教育
ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 弊団体は、高齢者や障がい者の旅行(外出を含む)の情報発信、相談業務、同行介助をサポートしています。6月18日~19日にこれらを担う旅サポーターを養成する講座を開催いたします。その講座を広く作業療法士の方々にお知らせし、ご参加いただきたく、掲載をお願いしたいと思います。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/8545/

ポジショニング To シーティング 理論編×実技体感編~ポジショニングから行う姿勢制御アプローチ~

名称 ポジショニング To シーティング 理論編×実技体感編~ポジショニングから行う姿勢制御アプローチ~
主催 日本ユニバーサルリハビリテーション協会
日時 2022年6月12日 (日) 10:00~16:30(受付開始9:40)
場所 多摩平の森ふれあい館
(東京都日野市多摩平2-9)
中央本線 豊田駅より徒歩6分
内容 「姿勢保持は筋力低下やバランス不良だけではありません。身体機能だけでなく認知機能や知覚機能も大切な構成要素です」
みなさんは、シーティングやフィッティングを行なっていて、どうしても座ることが難しい症例や利用者と出会った事はないでしょうか。(関節拘縮が重度、傾きが強い、プッシャー現象、高次脳機能障害等の障害)
そんな時、適切な訓練やケアの後に代償手段として、リクライニング車椅子やチルト車椅子を処方したリ、座位保持装置等の環境調整を検討するでしょう。

この考えを払拭してください。
ポジショニングから身体の筋緊張のコントロール(リラクゼーションを含む)や身体輪郭や身体の軸意識等の感覚入力、関節可動域の改善を行なってから座位というシーティングに移行する訓練方法があります。
『臥位姿勢から過緊張や低緊張の異常姿勢筋緊張をポジショニングによりコントロールし、座るための準備状態を整えてから座位姿勢や動作を引き出していく』というアプローチ、これが「ポジショニング To シーティング」です。
身体にかかる圧が骨を作り、循環が発生し、呼吸を行ないます。脚は大地を踏み、その安定から体幹の運動や手の作業を行います。重力があるからこそ、我々は生活が出来ているはずです。しかし、障害を呈した方はこの状況が大きな負担となります。
地球上での重力の使い方が全く通用しなくなるからです。
これでは、真っ直ぐに座る、立ち上がる、歩く等の運動はとても難しく、生活をしていくためには、その身体状況で再び重力環境下での身体の動かし方を学び直さなくてはなりません。
それを座位からではなく、臥位から行なうのがポジショニング To シーティングであり、その理論が数mmHgでポジショニングを行なう微小反作用環境のアプローチです。
この最新の知見「ポジショニングで関節拘縮を緩和させ身体全体が柔らかくなる効果」を共有しましょう。

詳細URL https://www.meducation.jp/seminar/detail.php?id=37847
対象 作業療法士、 理学療法士、看護師
学生の
参加可否
参加可 
参加費 15000円(クッション作製材料込)
定員 5名
申込み方法 下記URLよりお申し込みください
https://www.meducation.jp/seminar/detail.php?id=37847
申込み締切 2022年6月8日(水)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本ユニバーサル リハビリテーション協会
TEL 042-208-0102
https://universalreha.com/

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/8543/

臨床シーティングセミナー 理論編×実技編~身近なものを利用して除圧効果のあるクッションを作ろう~

名称 臨床シーティングセミナー 理論編×実技編~身近なものを利用して除圧効果のあるクッションを作ろう~
主催 日本ユニバーサルリハビリテーション協会
日時 2022年6月5日 (日) 10:00~16:30(受付開始9:40)
場所 多摩平の森ふれあい館
(東京都日野市多摩平2-9)
中央本線 豊田駅より徒歩6分
内容 クッションは買わずに作ってシーティング&フィッティング!そのために・・・
【理論を応用して、身の回りのものを使って姿勢保持を行ないます】
■世界中のシーティング、座位保持の概念や技術をまとめ、急性期、回復期、維持期でそれぞれに対応した姿勢を考えよう。回復段階やADLに合わせた姿勢保持を考えます。
■姿勢とは運動であり、日常様々な姿勢をとります。同じ姿勢は一つもありませんし、同じ姿勢をとり続ける事は不可能です。そこで、ひとつのシーティングの概念や技術、勉強会、セミナーで謳われているものだけで満足せず、そのすべてを統合して、その障害回復段階やADL(日常生活活動)に合わせたシーティング、フィッティングを行う技術が必要となります。
■使うものは、シートのたるんだ車椅子、タオル、バスタオル、段ボール、そして中身は身近にあるすぐに準備出来る物。お金をかけずに、短時間で作ります。
<プログラム>
-理論編- シーティングやフィッティングに関する理論、原理をを身につけます
■世界にある様々なシーティングの技術
■廃用にはこのシーティングを使う
■脳神経系のシーティングはこう考える
■業者シーティング、コンサルティングシーティングの導入時の注意点
■人間工学とシーティング&姿勢保持
-実技編- 身近にある物を解剖学、運動学、物理学を基にして、座れる道具に変えて実際に使う。
■作り方の概要説明
■実技1 エアフォースクッションの作り方
■実技2 ゲルフォースクッションの作り方
■実技3 エラスティックフォース(イーフォース)クッションの作り方
施設や病院内の限られた環境で、姿勢保持や座位保持を考え、結果を出していく方法論と技術を習得する研究を「臨床シーティングセミナー」で共有しましょう。
詳細URL https://www.meducation.jp/seminar/detail.php?id=37843
対象 作業療法士、 理学療法士、看護師、介護福祉士
学生の
参加可否
参加可 
参加費 15000円(クッション作製材料含む)
定員 5名
申込み方法 下記URLよりお申し込みください
https://www.meducation.jp/seminar/detail.php?id=37843
申込み締切 2022年6月1日(水)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本ユニバーサル リハビリテーション協会
TEL 042-208-0102
https://universalreha.com/

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/8542/

A-QOA入門セミナー

名称 A-QOA入門セミナー
主催 認知症のある人の活動の質を高める研究会(QOA研究会)
日時 2022年6月24日19:00~21:00
場所 オンライン(Zoom)
内容 新しく開発された認知症のある人への作業療法支援に有用なA-QOA(活動の質評価法)について学べる研修会です。A-QOAについての詳細はHP(https://www.a-qoa.com/)を確認ください。
詳細URL https://www.hanetama.net/a-qoa
学生の
参加可否
参加可 
参加費 4500円
申込み方法 セミナーHPより(https://www.hanetama.net/a-qoa
生涯教育
ポイント
あり
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ A-QOA入門セミナー 事務局(担当:岡田・菅田) TEL. 075-661-5741(クリエイツかもがわ内) E-mail.hanetama@crekamo.xsrv.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/8541/