Tag: 2020/12

[オンラインセミナー] 基本動作の改善につなげる!!胸郭・骨盤の評価と治療

名称 【オンラインセミナー】基本動作の改善につなげる!!胸郭・骨盤の評価と治療
主催 進リハの集い
日時 ○開催日
・骨盤編   2020/12/6 (日)
・胸郭編   2020/12/13(日)
・基本動作編 2020/12/20 (日) 

○時間:
受付20時00分よりzoom起動可能
セミナー時間20時30分~22時00分
*質疑応答などで時間延長となる可能性もありますが、その際は途中退室可

場所 ○場所
自宅などWi-Fi環境のある室内
内容 概要
近年,高齢者は増加の一途をたどり,その特徴的な姿勢変化である円背姿勢が問題となっているが、若年層においても環境の変化により、姿勢が悪い人が急増しています。
姿勢変化が起きることで、上肢機能、歩行能力,運動耐容能,腰痛,活動性低下、呼吸機能など多くの影響が出ることがわかっています。また、胸郭の状態を把握するには、骨盤の傾斜角を知るとことも重要とされています。
本セミナーでは「胸郭」と「骨盤」の状態を把握し、オンライン向けに学びやすいように最終的には寝返り、起居、座位、立位における基本動作の改善を目指すことができるようにしたセミナーとなっております。もちろん、個々の疾患アプローチにも十分応用ができるようになります。

以下、思う人・悩む人におすすめです。
・体幹評価といったざっくりしか見ることができない
・基本動作の評価ポイントを知りたい
・胸郭の評価が知りたい
・骨盤(寛骨・仙骨)の評価が知りたい
・骨盤を一塊と捉えて評価している(・前傾、後傾 、左右の高さ、左右の回旋のみしか評価できない)
・アライメント評価を行うことで基本動作介入に向けた戦略をしたい
・多裂筋の重要性は良く聞くが、何をしていいかわからない
・OTは上肢機能だけを着目すればいいと思ってしまっている
・PTであるが体幹部の評価に苦手意識を覚えている
・解剖学、生理学、運動学が苦手だ。
・全身を捉えた治療をしてみたい。

もしひとつでも当てはまるのであれば参加をお勧めします。

治療の効果として
○上肢・下肢・体幹の可動域の改善
○上肢・下肢・体幹の筋緊張軽減
○基本動作能力向上
○坐位立位バランス向上
○歩行機能向上
○下肢血流量の改善
○上肢・下肢の痙性抑制 
○呼吸機能向上

全身を捉えることができるようになるので、治療の視野は格段に広がることを保証します。

対象疾患
全身から捉えるため疾患は問いません

講義内容
※本セミナーは全3回で構成されております

【骨盤編】 12/6(日)
・骨盤の評価
・仙腸関節の動きについて
・寛骨と仙骨の関係
・腸骨翼角度の評価
・仙腸関節mobilityの評価
・骨盤からの異常筋緊張の評価
・仙骨の動きの評価
・仙骨とインナーユニットの関係

*主に講義は寛骨と仙骨においての評価となります。

【胸郭編】 12/13(日)
・肩甲帯・胸郭の機能解剖
・胸郭の役割
・胸郭の機能(ポンプハンドルモーション・バケツハンドルモーション)
・胸郭可動性とアライメント評価
・胸郭と上肢機能について
・肩甲上腕リズムについて
・骨盤との連動について

【基本動作編】 12/20(日)
・寝返りについて
・起居について
・座位について
・立位について
*胸郭・骨盤の評価を踏まえた上での介入となります
*動作には上肢・下肢の影響はありますので、そちらの話しも講義では含まれていきます

詳細URL https://www.shinreha.com/kyoukaku
対象 PT/OT/ST
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 各編  3980円
全編受講 9800円
全受講希望の場合、約2000円お得となります
定員 20名
申込み方法 HP内の申し込みフォーマットよりお申込みください
申込み締切 前日まで
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ HP内の問い合わせフォーマットよりお問い合わせ頂くか、下記までご連絡下さい
Mail:shin.reha.tudoi@gmail.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7932/

エビデンスに基づく認知症リハビリテーション(第2弾) -ADL・BPSDの評価・介入を中心に-

名称 エビデンスに基づく認知症リハビリテーション(第2弾) -ADL・BPSDの評価・介入を中心に-
主催 コウセラ
日時 2020年12月6日(日) 10:00~13:00
場所 オンラインセミナー(視聴方法:Zoomにて開催)
内容 【セミナー内容】
〇ADLについて
〇BPSDについて
〇介入について
※プログラムは追加・変更になる場合がございます。

【講師】
田中寛之先生(大阪府立大学 作業療法学専攻 講師)
・作業療法士
・保健学博士
著書:Evidence Based で考える 認知症リハビリテーション

詳細URL https://koutheraken.jimdofree.com/
対象 OT・ST・PT・看護師・介護士・他 
学生の
参加可否
参加可 
参加費 2000円
→各種クレジットカード、コンビニ・ ATM (ペイジー)・Paypal
定員 150名(先着順)
申込み方法 詳細・お申込みはホームページより(『コウセラ』で検索)
https://koutheraken.jimdofree.com/
申込み締切 満席・セミナー前日
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
あり
問い合わせ Mail:koutheraken@yahoo.co.jp 
備考 なし

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7928/

[オンライン] 初学者でも実践できるようになる!!研究セミナー

名称 【オンライン】初学者でも実践できるようになる!!研究セミナー
主催 進リハの集い
日時 ○開催日
・導入編  2020/11/7 (土) 1時間半 
・思考編1 2020/11/21 (土) 1時間半 
・思考編2 2020/11/28 (土) 1時間半
・実践編  2020/12/5 (土) 1時間半

○場所

自宅などWi-Fi環境のある室内
○時間:
受付19時30分よりzoom起動可能
セミナー時間20時00分~21時30分
*質疑応答などで時間延長となる可能性もありますが、その際は途中退室可

場所 ○場所
自宅などWi-Fi環境のある室内
内容 【概要】
本セミナーでは、研究論文を読む機会や学会発表未経験の人を対象とし、学会発表や論文から情報収集ができるようにするためのセミナーです。

論文検索の仕方から、様々なノウハウをお教えします。
まずは情報取得の仕方から伝達していこうと思います。
新人、若手だけでなく、学会発表の経験がない中堅の先生方にもわかりやすく伝えていきます

こんな悩みや思うことはないですか?

・研究をしたことがない。
・学会発表は症例報告しか経験がない。
・養成校では卒研をやった経験がない。
・卒論は論文を調べてくるだけで終わってしまった。
・学会発表や研究をしてる先輩が周りにいない。
・一人職場で情報がなかなか手に入らない。
・地方に住んでいて、なかなか学会や勉強会に行く機会がない。
・研究の必要性がわからない。
・PT.OT.STは技術だけあればいいと思ってしまっている。
・学会発表、論文執筆をこれからしていきたいと考えている。
・業務的に組織の人にデータをとらされていることに疑問を感じている。
・そもそも論文の読み方すらわからない。
・大学院に行きたいと考えているが、目的が漠然としている。
・大学院に行かないと研究はできないと思っている。

​​一つでも当てはまる方は参加をお勧めします!!
皆さんが思っている研究というのは大学の先生がするもの・・・と思っている人がいるかもしれません。
実は研究というのは、現場での思考過程の勉強に非常につながる部分です。普段臨床で疑問に思うことや実践していることが「本当に正しいのか?」そういった観点から、お伝えしていこうと思います。まずは初学者にも「楽しい」、「調べることがしたくなってきた」。そんな視点を持ってもらえるようなセミナーにしていきます。

*すでに論文執筆作業をしている先生方は、初学者向けのために物足りなさを感じるかもしれません。そういった執筆の悩みは、オンライン上でやりとりも可能とします。少人数で行いたいと思います。

【講義内容】
※本セミナーは全4回で構成されております

11月7日
【導入編】
・研究とは?
・なぜ研究が必要か?
・エビデンスレベルについて
・研究デザインの概観
・量的研究と質的研究の特徴
・各デザインの紹介
・研究者の検索の仕方
・論文検索のメディアについて知る
・職場が論文検索できない場合

11月21日、11月28日
【思考編1・2】
・研究計画までのプロセスについて
・臨床疑問を構造化するには?
・PICO/PECOについて
・先行研究から何が明らかになっているか?
・臨床疑問をモデル作成
・測定のデザインの方法について
・解析方法のデザイン、統計ソフトの紹介
・倫理的配慮:個人情報保護、IC、利益相反

12月5日
【実践編】
・論文の検索し、読んだものをシェアする(日本語、英語論文でも可)。
・研究計画を立てるためのオンラインワークショップ。
*論文計画も助言・アドバイスを行います。(注意点:あくまで仮の計画です。実際の実行は所属長の許可が
必要となります。その辺りは自身の職場とのやりとりが必要と思われます。ここでできるのは仮のものです。)

詳細URL https://www.shinreha.com/ot
対象 PT/OT/ST
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 ○費用

各回 2980円
全4回受講 9800円
全受講希望の場合、2000円お得となります
※前回研究セミナーを受講された方は、全編3000円で受講が可能となります。

定員 10名
申込み方法 HP内の申し込みフォーマットよりお申込みください
申込み締切 前日まで
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ Mail:shin.reha.tudoi@gmail.com までお問い合わせください

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7911/

令和2年度オンライン公認心理師現任者講習会(JTA)

名称 令和2年度オンライン公認心理師現任者講習会(JTA)
主催 一般社団法人日本遠隔カウンセリング協会(JTA)
日時 ○オンライン講習会 Aコース
日時:令和2年8月30日(日)~10月31日(土)
   オンデマンド型遠隔授業

○オンライン講習会 Bコース
日時:令和2年10月18日(日)~12月19日(土)
   オンデマンド型遠隔授業

場所 ご自宅等(オンデマンド型遠隔授業)
内容 平素は格別のお引き立てにあずかり、厚くお礼申し上げます。この度は、心理業務に携わる方々を対象として、「公認心理師現任者講習会(JTA)」を2020年8月、10月にオンライン開催いたします。

現在、Web応募を承っております。未受講の方のご応募はもちろん、お知り合いへのご周知も歓迎いたします。

▽講習会のお申し込みはこちら
https://kouninshinrishi.jtaonline.or.jp/

【公認心理師現任者講習会(JTA)3-11の概要】
○オンライン講習会 Aコース
日時:令和2年8月30日(日)~10月31日(土)
オンデマンド型遠隔授業
会場:ご自宅等
定員:100名
費用:55,000円(税込み)

○オンライン講習会 Bコース
日時:令和2年10月18日(日)~12月19日(土)
オンデマンド型遠隔授業
会場:ご自宅等
定員:1,900名
費用:55,000円(税込み)
※ 本講習会のお申し込みは抽選となります。定員になり次第、締め切らせていただきます。

詳細URL https://kouninshinrishi.jtaonline.or.jp/
学生の
参加可否
参加可 
参加費 55,000円(税込み)
定員 2,000名(Aコース100名・Bコース1,900名)
申込み方法 Web応募
申込み締切 令和2年(2020年)7月21日(火)から10月9日(金)まで
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeWhkhixjvDRiMnUDxBEG1g4p5yLmJCIYeEsNlxLUc-wrDBmg/viewform

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7889/

PT・OTのための土曜教室

名称 PT・OTのための土曜教室
主催 社会福祉法人 神奈川県総合リハビリテーション事業団
日時 2020年9月5日、10月17日、11月14日、12月26日、2021年1月30日(計5回) 
場所 神奈川リハビリテーション病院 3階研修室(厚木市七沢516)
内容 この研修は、臨床場面で実践的教育を受ける機会の少ない若手PT・OTが対象です。少人数編成のクラスで、9月から1月まで毎月1回開催します。
初回は移動の援助を通じて、セラピスト自身のからだの動きについて理解を深めます。2回目以降は「姿勢と動作」の評価と治療について、各回テーマを決めて取り組みます。全5回を通じて臨床上の実践力を高めることを目指します。
詳細URL https://www.chiiki-shien-hp.kanagawa-rehab.or.jp/
対象 PT・OT
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 20,000円
定員 24人(全日程出席できる方を対象としています)
申込み方法 『地域リハビリテーション支援センター』のホームページからお申込みください。
https://www.chiiki-shien-hp.kanagawa-rehab.or.jp/
申込み締切 定員になり次第締め切らせていただきます。
生涯教育
ポイント
5
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ (社福)神奈川県総合リハビリテーション事業団
地域リハビリテーション支援センター 小泉・清水・砂川
Tel:046-249-2602
Mail:chiiki-shien.kensyu@kanagawa-rehab.or.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7881/

[触診が苦手な方限定] 第16期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナー

名称 【触診が苦手な方限定】第16期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナー
主催 療法士活性化委員会
日時 2020年 10月3,4日 11月7,8日 12月5,6日 9時30分~16時30分
場所 ウィリング横浜 ゆめおおおかオフィスタワー
〒233-0002 横浜市港南区上大岡西1-6-1 ゆめおおおかオフィスタワー内
*会場が変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
変更の場合は速やかにご連絡いたします。

zoomを利用してオンラインでも参加いただけます。

内容 1ヶ月目 体幹編
<1日目>
~ AM:触診 ~
1.1 上前腸骨棘・腸骨稜・上後腸骨棘の触診
1.2 頸椎・胸椎・腰椎の触診
1.3 胸鎖関節・肩鎖関節の触診
1.4 肩甲胸郭関節の触診
~ PM:関節モビライゼーション ~
1.1 上前腸骨棘・腸骨稜・上後腸骨棘の触診
1.2 頸椎・胸椎・腰椎
1.3 胸鎖関節・肩鎖関節
1.4 肩甲胸郭関節
・関節モビライゼーションの適応疾患、対象者の抽出
<2日目>
~ AM:触診 ~
4.1 最長筋・多裂筋の触診
4.2 大腰筋の触診
4.3 僧帽筋・胸鎖乳突筋・斜角筋の触診
5.1 小胸筋
~ PM:筋膜リリース ~
4.1 多裂筋
4.2 大腰筋
4.3 僧帽筋・胸鎖乳突筋・斜角筋
5.1 小胸筋
7.1 ICFの活用方法・報告書の書き方
1.4 肩甲胸郭関節
・筋膜リリースの適応疾患、対象者の抽出

2ヶ月目 上下肢編1
<3日目>
~ AM:触診 ~
2.1 肩甲上腕関節の触診
2.2 腕橈関節・の触診
3.1 股関節の触診
3.2 近位脛腓関節の触診
3.3 距腿関節の触診
~PM:関節モビライゼーション ~
2.1 肩甲上腕関節
2.2 腕橈関節・腕尺関節
3.1 股関節
3.2 近位脛腓関節
3.3 距腿関節
・シングルケーススタディ
・関節モビライゼーションの適応疾患、対象者の抽出<4日目>
~ AM:触診 ~
5.1 肩甲下筋・棘下筋の触診
6.1 大殿筋の触診
6.2 ハムストリングス・大腿四頭筋の触診
6.3 前・後脛骨筋・長・短腓骨筋の触診
~ PM:筋膜リリース ~
5.1 肩甲下筋・棘下筋
6.1 大殿筋
6.2 ハムストリングス・大腿四頭筋
6.3 前・後脛骨筋・長・短腓骨筋
・シングルケーススタディ
・筋膜リリースの適応疾患、対象者の抽出
3ヶ月目 上下肢編2
<5日目>
~ AM:触診・関節モビライゼーション ~
2.2 腕尺関節の触診
2.3 手根中手関節の触診
3.2 膝蓋大腿関節の触診
3.3 リスフラン関節の触診
~PM:骨の触診総復習~
・グループに分かれての復習
・ケーススタディ
・基本動作分析からアプローチ法
<6日目>
~ AM:触診・筋膜リリース ~
5.2 上腕筋・上腕三頭筋・浅・深指屈筋の触診
6.1 中殿筋の触診
6.4 膝窩筋・足底筋膜の触診
~PM:筋の触診総復習~
・グループに分かれての総復習
・ケーススタディ
・ADL動作からのアプローチ法の実践

詳細URL https://lts-seminar.jp/syokushinbasic/
対象 作業療法士、理学療法士、言語聴覚士
学生の
参加可否
参加可 
参加費 59,800円(税抜)
定員 24名限定
申込み方法 HPよりお申し込みください。
>>> https://lts-seminar.jp/syokushinbasic/
申込み締切 前日まで
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 療法士活性化委員会事務局:lts-info@lts-seminar.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7876/

~腰痛は治すな!〇〇で癒せ!最大の治癒力は、人と人との“絆”~ [対話的腰痛アプローチ] ILPTベーシックセミナー

名称 ~腰痛は治すな!〇〇で癒せ!最大の治癒力は、人と人との“絆”~ 【対話的腰痛アプローチ】 ILPTベーシックセミナー
主催 一般社団法人 赤羽総合腰痛研究所
日時 2020年12月6日(日)9時40分~16時50分
場所 ウイリング横浜
上大岡駅 徒歩5分
内容 「腰痛治療に悩むセラピストの為の治療研修会 ~ひとを丁寧に診る」 

【テーマ】
~腰痛は治すな!〇〇で癒せ!最大の治癒力は、人と人との“絆”~
 
【セミナー内容】
1. ILPT誕生物語からの学び
2.腰痛総論
1)保存的治療の最新の動向
(1治療者としての心構え、2腰痛治療ガイドライン)      
2)自己管理できる腰痛?しうる腰痛?の判断   
        
3.腰痛の保存的治療システムの紹介 
4.“温かな人間関係”の築き方の講義  
5.実技:対話的腰痛アプローチ(ILPT)の腰痛治療への有効性        
6.受講生を対象とした治療デモンストレーション

【講師プロフィール】
赤羽 秀徳 (あかは ひでのり) 
(一社)赤羽総合腰痛研究所 代表理事          
理学療法士  
博士(工学) 
選択理論心理士 
ウィリアム・グラッサー国際協会 会員
認定NPO日本リアリティーセラピー協会 会員
国際マッケンジー協会認定療法士 

詳細URL https://iairjapan.jp/backpain
対象 医師、PT、OT、ST
学生の
参加可否
参加可 
参加費 ・全日参加【早割】 9,900円(税抜)
 (*開催1か月前 同日 23時59分までのお申込)
・全日参加【通常】 11,900円(税抜)
・半日参加 3,000(税抜)
 (*ILPT誕生物語、腰痛総論まで。3時間参加後、全日に変更可能。後日精算)
定員 30名(先着順)
申込み方法 こちらよりお申し込みください
》》》https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=IRnMylTcawy
申込み締切 12月5日(土)正午
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 一般社団法人 赤羽総合腰痛研究所 
ILPTセミナー 事務局 
メール:office@akahalabo.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7721/