Tag: 2020/3

作業と姿勢と人間工学 基礎編×応用編 ~インテリアを学ぶことから見えてくる道具を介したケア~

名称 作業と姿勢と人間工学 基礎編×応用編 ~インテリアを学ぶことから見えてくる道具を介したケア~
主催 日本ユニバーサルリハビリテーション協会
日時 2020年3月27日 (金) 10:00~16:30(受付開始9:40)
場所 多摩平の森ふれあい館
(東京都日野市多摩平2-9)
中央本線 豊田駅より徒歩6分
内容 車椅子、椅子、ベッドというインテリアは人間工学から生まれました。患者様が使う車椅子を知る、椅子を知る、ベッドとは何かを知るために、まずはインテリアの基盤、基礎である人間工学を学びませんか。

人間工学は我々の生活に身近なものです。学校の廊下や教室の椅子の配置、電車の乗り降りや改札の環境、公園やベンチの配置などたくさんの分野に人間工学が深く関係しています。その事実を知ることで施設や病院内でも快適な生活空間を構築する技術が身に付きます。
そして、車椅子を卒業しもう一度椅子に座る、もう一度机に向かって仕事をする、もう一度インテリアを使った生活をするというごく当たり前な生活スタイルに帰っていただく。健常者と同じ生活環境へ戻すという役割の一端を医療や介護が担っているのではないでしょうか。
いつまでも車椅子に座る事を考えずに、原点である人間工学という基礎を振り返ることで、治療に応用し、再び馴染みのある道具やインテリアの利用を考える事が本セミナーの目標です。
人間工学を知ることで、インテリアと椅子の関係性から座る技術やシーティングについても理解が深まり、人間工学を施設や病院内で応用していくことが出来ます。
何気なく使っている道具は、聴講後、治療機器に見えてくるかもしれません。
<プログラム>
●基礎編
・とっても身近な人間工学
・作業と姿勢、姿勢と疲労の関係性 そこから見えてくる「身体技法」
・工学からみた人間の感覚
・工学からみた人体の仕組みと動作
・心理と行動 ~他人に侵入されたくない領域~
・人間工学から回復段階に合わせたシーティング

●応用編
・インテリアへの応用
・椅子と机への応用
・寝具への応用
・住宅機器への応用
・身近なもので姿勢を保持していく技術論
・車椅子を卒業するという発想
詳細URL http://universalreha.com/
対象 作業療法士、理学療法士、看護師 、介護福祉士
学生の
参加可否
参加可 
参加費 14000円
定員 5名
申込み方法 ホームページよりお申し込みください  http://universalreha.com/
申込み締切 2020年3月24日 (火)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本ユニバーサル リハビリテーション協会 TEL 042-208-0102/E-mail otmode@jcom.home.ne.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7823/

SST初級研修「SSTファーストレベルセミナー」

名称 SST初級研修「SSTファーストレベルセミナー」
主催 アームズラボ
日時 2020年
3月21日(土)9:30~17:30
3月22日(日)9:30~12:30
※2日間(合計10時間研修)
場所 医療法人社団柏水会三軒茶屋診療所 東京リワークセンター
東京都世田谷区三軒茶屋2-19-16
東急田園都市線 三軒茶屋駅から徒歩4分
内容 SST普及協会のガイドラインに沿った初級10時間研修となります。
SST(ソーシャルスキルトレーニング・生活技能訓練)を
はじめたい、学びたいと思っている方向けの「初級セミナー」です。
詳細URL https://www.arms-lab.com/train……-info/1750
対象 看護師、作業療法士、精神保健福祉士、臨床心理士、
ピアスタッフ、一般企業、ご家族など参加者の方はさまざまです。
学生の
参加可否
参加可 
参加費 18,000円
定員 20名
※定員になり次第、受付を締め切らせていただきます。
申込み方法 ●メールフォーム
https://www.arms-lab.com/inquiry
●メール
必要事項をご記入の上、下記のメールアドレスへご連絡ください。(名前・生年月日・住所・携帯番号・勤務先)
info@arms-lab.com
●電話
08033487575
●ファックス
0367453379
下記のファックス用紙に必要事項を書き込んで、ファックス送信ください。
申込み締切 2020年3月15日
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ アームズラボ
●HP
https://www.arms-lab.com/
●メール
info@arms-lab.com
●電話
08033487575
●ファックス
0367453379
備考 ●1●
予約のご連絡をお客様が行う(メール、電話、ファックス)
●2●
弊社からお客様へご連絡致します。その際に、お振込みに関してのご連絡を致します。
●3●
お客様が弊社へお振込みいただきます。
●4●
研修当日までお待ちください

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7814/

車椅子メンテナンスセミナー ~付属の専用工具を使って技術を習得~

名称 車椅子メンテナンスセミナー ~付属の専用工具を使って技術を習得~
主催 日本ユニバーサルリハビリテーション協会
日時 2020年3月10日 (火) 18:30~21:10(受付開始18:20)
場所 八王子市芸術文化会館いちょうホール
(東京都八王子市本町24-1)
中央本線 八王子駅より徒歩15分
内容 講師は、車椅子メーカーの技術者として、問題と向き合い解決してきた工学のスペシャリストであり、セラピストでもあります。工学技術とリハビリテーション医学の目線からメンテナンスの重要性と技術を、実際にできるようになるまで、丁寧にお教えします。
患者様の明日の安全な生活に知識と技術を生かしてみませんか。

<車椅子メンテナンスセミナー> 車椅子メンテナンス用工具セット付属

車椅子のメンテナンスが出来るようになることは、車椅子住環境の事故を自身の手で予防することに繋がります。
また、メンテナンスは車椅子の能力を最大限に引き出す方法です。このため、ADLや日常の姿勢、車椅子シーティングにも大きく関ってきます。車椅子メンテナンスを通じて、最低ここだけ調整すれば、日常で快適に座れてしまうシーティング技術も合わせて紹介します。

・車椅子の構造からメンテナンスのポイント
・タイヤ交換、キャスター調整、ブレーキ調整、車椅子のバランス、車椅子の転がり抵抗、車椅子から異音がした時の対応、時間があればパンク修理もやってみましょう。
・メンテナンスと日常の車椅子姿勢の関わりを説明し、簡単なADLシーティングのポイントの実演、実技をします。たとえば、フットサポートの調整やメンテナンスと、知名度の高いバックサポートの張調整。この2か所の調整で姿勢は見違えるほど変わります。
詳細URL http://universalreha.com/
対象 作業療法士、 看護師、 理学療法士、介護福祉士
学生の
参加可否
参加可 
参加費 8000円 (車椅子メンテナンス用工具セット付属)
定員 5名
申込み方法 ホームページよりお申し込みください http://universalreha.com/
申込み締切 2020年3月7日(土)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本ユニバーサル リハビリテーション協会 TEL 042-208-0102/E-mail otmode@jcom.home.ne.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7813/

地域と高次脳機能障害 研修会

名称 地域と高次脳機能障害 研修会 中止
主催 地域リハビリテーション部主催
日時 2020年3月29日(日) 
10:00~16:00
場所 横浜YMCA学院専門学校6階
(横浜市中区常磐町1-7)
内容 高次脳機能障害の方は一人ひとり、症状の現れ方、支援内容、支援方法、介助量が異なります。“病院”とは違い“生活の場である地域”において、どのように生活しているのか、支援を受けているのか、多職種とどのように情報共有していくかについて、リハビリ病院で指導し、在宅での経験がある森田秋子先生よりご講演をいただきます。午前中は、森田先生から今更聞けない高次脳機能障害やご家族対応、多職種連携についてと話して頂きます。また午後は、作業療法士から事例提示して頂き、実際の事例を通して、より具体的に地域、高次脳機能障害について考えを深めればと思っております。利用者様がどのように地域で生活しているか、地域で支援するための方法を、職種を超えて学んでいくことができればと思っております。地域で働いている方は勿論のこと、医療で働いている医療、福祉職もご参加の方をお待ちしています。
対象 神奈川県作業療法士会会員、その他興味がある医療・福祉職の方
学生の
参加可否
参加可 
参加費 会員:2,000円 非会員:4,000円
定員 50名
申込み方法 中止
申込み締切 2020年2月10日(月)~3月27日(金)
生涯教育
ポイント
2ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 神奈川県作業療法士会 地域リハビリテーション部 遠藤 E-mail:chiikireha@kana-ot.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7803/

生活行為向上マネジメン研修会(旧基礎研修)

名称 生活行為向上マネジメン研修会(旧基礎研修) 中止
主催 神奈川県作業療法士会生活行為向上マネジメント推進委員会
日時 2020年3月14日(土)9:30~17:30(開場9:00)
場所 横浜リハビリテーション専門学校
JR横須賀線「東戸塚駅」徒歩5分
内容 基礎研修 : 概論90分 + 演習330分
対象 日本作業療法士協会会員かつ神奈川県作業療法士会会員(今年度会費納入済みの方)
日本作業療法士協会会員かつ他当道府県士会会員
※応募者多数の場合、神奈川県士会員を優先いたします。
※生涯教育ポイント付与あり
※現職者選択研修対象
学生の
参加可否
参加可 
参加費 4,500円
定員 80名
申込み方法 中止
申込み締切 2020年3月10日(火)
生涯教育
ポイント
2ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ mtdlp@kana-ot.jp
生活行為向上マネジメント推進委員会 木村
備考 生活行為向上マネジメントの生活行為とは我われ作業療法士が対象としてきた「作業」とほぼ同意語として使用されております。「生活行為を向上するためのマネジメント方法」と簡単にご理解いただいても構いません。
 生活行為向上マネジメントは作業療法士の先人達が作り上げてきた作業療法の思考プロセスを、ツールを通じて追体験するものであり、対象者にも関係者にも見える化された作業療法を提示することができます。
日本作業療法士協会の重点課題であり、当国における作業療法士の生き残りをかけた一大プロジェクトです。
またH27年度の介護報酬改定では、通所リハビリテーションにおいて「生活行為向上リハビリテーション加算」が算定可能になりました。算定要件は「生活行為の内容の充実を図るための専門的な知識や経験を有する作業療法士」となっており、生活行為向上マネジメントの基礎研修修了がこれにあたるとされております。
既に全国では講習会受講者を多く輩出しておりますので、遅ればせながら神奈川県でも精力的に推進していく所存です。多くの会員の受講を心よりお待ちしております

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7802/

第24回日本作業療法教育学術集会 テーマ「リフレクション~作業療法教育の中でどう学習者の内省を育てるか~」

名称 第24回日本作業療法教育学術集会 テーマ「リフレクション~作業療法教育の中でどう学習者の内省を育てるか~」
主催 日本作業療法教育学会
日時 2020年3月14日(土)~3月15日(日)→ 中止となりました。

新型コロナウィルス感染症が拡大している状況を受け、講師の先生方、参加者及び関係者の健康・安全を第一に考慮した結果、多数の参加者が集う学術集会の開催を中止することにいたしました。
今回、参加のご登録及びご予定をいただいた皆様には大変申し訳ございませんが、ご理解下さいますようお願い申し上げます。直前のご報告となり大変ご心配ご不便をおかけいたしましたこと、心よりお詫び申し上げます。

なお、今回予定されていたプログラムについて、皆様の作業療法教育研究に役立てられる方法での反映を検討しております。詳細が決まりましたらまたご案内させて頂きます。
学会ウェブサイト http://www.joted.com/
場所 日本リハビリテーション専門学校 タイムプラザイセ2F
東京都豊島区高田3-18-2
JR高田馬場駅早稲田口より徒歩7分 東京メトロ東西線高田馬場駅より徒歩5分 東京メトロ副都心線早稲田駅より徒歩13分
内容 3月14日(土)
大会長講演 
「リフレクションを生かす作業療法教育」大会長 小林幸治 先生
ミニワールドカフェ 吉備国際大学 籔脇健司 先生
教育講演 「これからの作業療法教育が目指すもの」
教育講演1 「これからの作業療法士の養成・育成教育で目指すもの」日本作業療法士協会会長 中村春基先生
教育講演2 「これからの養成教育・臨床教育の具体的課題」 藤田医科大学 鈴木孝治 先生
口述発表(一般演題・テーマ演題)
レセプション 

2020年3月15日(日)
特別講演 「省察的実践の学び方・学ばせ方」 東北福祉大学 上條晴夫 先生
フラッシュトーク&ポスター発表
総 会
シンポジウム 「内省を考える~学習者にいかに内省を促すか~」
 昭和大学 鈴木久義 先生
 東京都保健医療公社豊島病院 中澤史江 先生
 蓮田よつば病院 石川英樹 先生
詳細URL 日本作業療法教育学会  http://www.joted.com/
対象 作業療法士
学生の
参加可否
参加可 
参加費 学会会員両日参加5000円/1日参加4000円 
学会非会員両日参加7000円/非会員1日参加5000円
レセプション4000円
定員 100名
申込み方法 事前参加登録 日本作業療法教育学会ホームページよりオンライン登録をお願いします
http://www.joted.com/
演題募集(2月15日まで)演題募集要項は学会ホームページをご覧ください
申込み締切 事前登録:2月29日まで 当日参加も可能です。
生涯教育
ポイント
基礎ポイント:2日間参加2ポイント、1日参加1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 問い合わせ先
日本作業療法教育学会 事務局 近野智子
otkyoiku@gmail.com
03-5954-6511
備考 学術集会の詳しい内容、スケジュールは学会ウェブサイトをご覧ください。
http://www.joted.com/

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7800/

ポジショニングR.E.D.セミナー 理論編×実技体感編~微小重力環境で行う筋緊張制御~

名称 ポジショニングR.E.D.セミナー 理論編×実技体感編~微小重力環境で行う筋緊張制御~
主催 日本ユニバーサルリハビリテーション協会
日時 2020年3月8日 (日) 10:00~16:30(受付開始9:40)
場所 多摩平の森ふれあい館
(東京都日野市多摩平2-9 )
中央本線 豊田駅より徒歩6分
内容 微小重力環境で段階的に筋緊張制御をおこなう治療概念です。

身体質量と重力を拮抗させた環境で行うポジショニングアプローチを行う事で、筋緊張が安定し、関節拘縮の変化と長時間持続する臨床研究が発表されました。
身体にかかる重力が小さくなり、収縮の必然性がなくなる筋、腱は、柔軟性を取り戻し、神経や感覚入力と相互作用していきます。変化した身体状況は自律神経系の安定(副交感神経優位)や呼吸、循環へと波及し、過緊張、低緊張など異常筋緊張の安定に結びついていきます。

長期療養生活を送り、長い年月をかけてもたらされた過緊張や関節拘縮の変化と循環器系の安定例は、これまでの臨床場面では見られなかった新しい発見と、今後の医療に大きく影響する事が示唆されました。
低反撥マットレスを身体質量の比重に合わせて積層する環境設定という単純性は、高い再現性と介入者要因に依存しない筋緊張制御となり、誰が介入しても同じ結果となります。このような現象、結果の蓄積により関節拘縮の概念をも、確実に変える力を持っています。

筋組織の変化と過緊張、低緊張など異常筋緊張の安定、重度の呼吸器疾患、心疾患患者の心拍数、呼吸数、血中酸素飽和度、血圧の安定といった変化は、内部障害への新たなアプローチとしても期待されています。

ポジショニングで関節拘縮を緩和させ身体全体が柔らかくなる効果を共有しましょう。しかも臨床のケアに応用できます。実技では、微小重力環境を体感できます。あなたの身体が数mmHgの身体質量に変化します。その体感がリハビリ、日頃のケアの気付きへ導き治療手段や介助技術に繋がります。
関節拘縮の対応にお悩みの方は一度ご参加ください。
詳細URL http://universalreha.com/
対象 作業療法士、理学療法士、看護師
学生の
参加可否
参加可 
参加費 15000円
定員 5名
申込み方法 ホームページよりお申し込みください  http://universalreha.com/
申込み締切 2020年3月5日 (木)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本ユニバーサル リハビリテーション協会 TEL 042-208-0102/E-mail otmode@jcom.home.ne.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7797/

第100回 横浜脳血管障害リハビリテーション症例検討会

名称 第100回 横浜脳血管障害リハビリテーション症例検討会 中止
主催 横浜脳血管障害リハビリテーション症例検討会
日時 2020年3月7日 9:30~12:00
場所 横浜市イギリス館集会室
http://www.hama-midorinokyokai……access.php
内容 退院から在宅生活の安定・参加へ 
~高次脳機能障害者の生活の安定・拡大に向けてどう支援するか?~

 高次脳機能障害を呈した方の退院後の生活の中ではどのような課題を生じているのでしょうか?また、その課題を解決していくために、どのような支援ができるのでしょうか?
今回は、退院直後~半年の間に、横浜市在宅リハビリテーション事業で支援した複数事例を紹介し、生活期に生じやすい課題と解決の手立て、また回復期入院中にできることなどについて、意見交換を行います。
対象 作業療法士・理学療法士など、脳血管障害のリハビリテーションにかかわる方
学生の
参加可否
参加可 
参加費 会場費として50円程度
定員 12名
申込み方法 メールでお願いいたします
ykhm-cvariha@hotmail.co.jp
申込み締切 定員になり次第終了
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
あり
問い合わせ メールでお願いいたします
ykhm-cvariha@hotmail.co.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7796/

地域×作業療法研修会

名称 地域×作業療法研修会 中止
主催 県士会地域リハビリテーション部
日時 2020年3月15日(日) 
10:00~16:15
場所 横浜YMCA学院専門学校 6階
(横浜市中区常磐町1-7)
内容 1.老健における作業療法
森木 勇一郎氏(介護老人保健施設 都築シニアセンター)

2.小規模多機能事業での作業療法
久保 直子氏(株式会社ぐるんとびー)

3.病院からみたがん作業療法
鈴木 香苗氏(関東病院)

4.多世代に渡る健康増進への取り組み
河野 圭介氏(真鶴町国保診療所)

5.他事業所への介入をしてみて~生活機能向上連携加算~
札野 優氏(桜ヶ丘中央病院)

 今回は「地域」をキーワードに作業療法を行っている方を招いて講演してもらいます。どのような事業なのか、どのようにして現在の事業を行っているのか、作業療法が効果的なのかを経験を踏まえてお話をして頂きます。
皆さんで、地域で行える作業療法を考える時間に出来ればと思っています。
詳細URL
対象 神奈川県作業療法士会会員、他都道府県OT士会会員、養成校在学中の学生、医療・福祉関連職種
興味のある方はどなたでも
学生の
参加可否
参加可 
参加費 会員:1,000円 非会員:2,000円
定員 50名
申込み方法 中止
申込み締切 2020年3月13日金曜日
生涯教育
ポイント
2ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 問い合わせ先:地域リハビリテーション部 遠藤 E-mail:chiikireha@kana-ot.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7788/

第18回日本通所ケア研究大会(合同開催)第15回認知症ケア研修会in福山

名称 第18回日本通所ケア研究大会(合同開催)第15回認知症ケア研修会in福山
主催 日本通所ケア研究会/NPO法人日本介護福祉教育研修機構
日時 1日目:2020年3月13日(金)10:30~16:00
2日目:2020年3月14日(土)10:00~19:30
3日目:2020年3月15日(日)10:00~15:00
場所 ・広島県民文化センターふくやま(広島県福山市東桜町1-21)
・まなびの館ローズコム(広島県福山市霞町1-10-1)
内容 【特別講演】
・2021年介護報酬改定の骨格と動向
講師:北原 加奈子 氏(厚生労働省老健局老人保健課 介護保険データ分析室長)

・次期改定に向けたデイケア構築!次期改定に向けたデイサービス構築
講師:岡野 英樹 氏(一般社団法人全国デイ・ケア協会 理事)
講師:小室 貴之 氏(株式会社楓の風 代表取締役)

・加速するIT・ICT革命!次世代ヘルスケアと医療・介護業界の動向
講師:西川 和見 氏(経済産業省 ヘルスケア産業課長)

・これからの地域包括ケアと介護事業とデイ~地域包括ケアの「地域ケア」と「包括ケア」~
講師:妹尾 弘幸 氏(日本通所ケア研究会 会長)

ほか、全43プログラム
詳細URL https://www.tsuusho.com/meeting/
対象 介護・医療分野に携わる方、興味がある方
学生の
参加可否
参加可 
参加費 [1日のみ]10,000円
[2日間参加]15,000円
[3日間参加]20,000円
※[プレセミナー]5,000円(3日間参加の方は無料)
※[サンセットセミナー]3,000円(3日間参加の方は無料)
定員 1000名
申込み方法 公式ホームページよりお申し込みいただくか、事務局までメールまたはFAX・お電話にてお問い合わせください。

■公式ホームページ
http://www.tsuusho.com/meeting/

日本通所ケア研究会事務局
担当:小川
〒721-0902
広島県福山市春日町浦上1205
TEL:084-971-6686
FAX:084-948-0641
メール:info@tsuusho.com
申込み締切 当日受付可
生涯教育
ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本通所ケア研究会事務局
担当:小川
〒721-0902
広島県福山市春日町浦上1205
TEL:084-971-6686
FAX:084-948-0641
メール:info@tsuusho.com
備考 日本認知症ケア学会単位認定講座(認知症ケア専門士単位:3単位)
※発表者は4単位

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7785/