Tag: 2019/3

田邉浩文先生による、CIセラピー研修会 IN 横浜 開催決定!! 2019年3月、4月、5月 の3回シリーズです。

名称 田邉浩文先生による、CIセラピー研修会 IN 横浜 開催決定!! 2019年3月、4月、5月 の3回シリーズです。
主催 タナベセラピー研究会、日本CIセラピー研究会
日時 2019年3月31日(日)
10:00~16:00
場所 ウィリング横浜 介護実習室2
www.yokohamashakyo.jp/willing/……4-1-1.html
内容 田邉浩文先生による、CIセラピー研修会 IN 横浜 開催決定!!
2019年3月、4月、5月 の3回シリーズです。

日々の臨床で片麻痺の方を目の前にして、何をしたらいいのか、どうしたらより有効なアプローチを提供できるのか、悩むことはありませんか?
 本講習会では、CIセラピーの第一人者、田邉浩文先生から直接指導を受け、片麻痺当事者に対する治療演習を行います。サポーター(片麻痺当事者)1名に対し、3~4名のグループで治療していく形式です。
田邉先生は、世界でも成功例の少ない重度片麻痺者の手指機能回復に取り組み、最新の治療技術を提供し続けています。明日からの治療に役立つノウハウが必ず身に付きます。ぜひご参加ください!

【上肢機能・基礎コース】
評価から治療まで、基本的な手技を学びます。はじめて受講される方、もう一度基礎から学び直したい方におすすめです。臥位での実技演習がメインです。
詳細URL フェイスブック タナベセラピー、タナベセラピー研究会 公式ホームぺージ
対象 PT OT
学生の
参加可否
参加可 
参加費 8000円
申込み方法 フェイスブック【タナベセラピー(脳卒中片麻痺)】、もしくは、【タナベセラピー研究会 公式ホームページ】より、受付フォームにアクセスしてください。

2019年3月31日 受付フォーム*【上肢機能・基礎コース】*
https://goo.gl/forms/D1kDqFMeRlt0rGXY2

2019年4月31日 受付フォーム*【上肢機能・机上課題コース】*
https://goo.gl/forms/m2NSHi5wblkGvR0R2

2019年5月18日 受付フォーム*【下肢機能・基礎コース】*
https://goo.gl/forms/WEgrT0mzCuEHBlBI2
申込み締切 開催まじかです。早めのお申込みをお勧めします。
生涯教育
ポイント
なし。
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ ご不明なことや、受付メールが届かない、などございましたら、tanabetherapyentry@yahoo.co.jp へご連絡下さい。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7303/

第96回横浜脳血管障害リハビリテーション症例検討会


名称 第96回 横浜脳血管障害リハビリテーション症例検討会
主催 横浜脳血管障害リハビリテーション症例検討会
日時 2019年3月30日(土)9:30~12:00
場所 大倉山記念館 第3集会室
http://o-kurayama.com/access/
内容 『重度の失語症を有する右片麻痺者 復職がかなわず社会参加を探った道のり』
回復期病院、施設入所を経た脳血管障害の症例について、それぞれの期を担当したOTのプレゼンテーションをもとに症例検討を行います。
対象 OT, PT, ST, 心理など.OTS参加可能
学生の
参加可否
参加可 
参加費 参加は無料ですが、会場費として50円程度の実費を徴収します。
定員 10名
申込み方法 メールでお願いいたします
ykhm-cvariha@hotmail.co.jp
申込み締切 定員になりしだい
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ メールでお願いいたします
ykhm-cvariha@hotmail.co.jp
備考 脳血管障害ケースの急性期・回復期・社会復帰にわたる一連の経過の理解、それぞれの期間で関わるOTの役割の認識、連続的なOTの展開をめざし、年4回、症例検討会を開催しております。是非ご参加ください。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7215/

歩行障害の病態解釈を認知神経リハの視点で


名称 歩行障害の病態解釈を認知神経リハの視点で
主催 神奈川県認知神経リハビリテーション研究会
日時 平成31年3月31日(日) 10時~16時(9時半受付開始)
場所 登戸内科・脳神経クリニック 2階リハビリテーション室
内容 今年度のテーマは『病態解釈』です。
本年度は、病態解釈をテーマに行っております。ぶん回し、すくみ足色々あると思いますが、神経科学から紐解いて臨床のヒントにしてください。
普段の臨床思考を高め、病態解釈を明確にできるための勉強会にしていきます。

1. 認知神経リハビリテーションの基礎
~プロフィールの紐解き方~
2. 神経科学「歩行の神経科学」
3. 症例検討「すくみ足を呈するパーキンソン病患者の長期経過と訓練展開」
4. 実技
対象 理学療法士,作業療法士(認知神経リハビリテーション初学者も大歓迎)
学生の
参加可否
参加可 
参加費 300円
申込み方法 kanagawaetc☆yahoo.co.jpに下記の事項を記入の上メールください(☆は@に変更してください)
1氏名 2所属 3職種 4認知神経リハビリテーション学会 修了コース(or 未修了)
申込み締切 平成31年3月30日
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ kanagawaetc☆yahoo.co.jp(☆は@に変更してください)

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7195/

[東京] 新人の為の骨格・筋膜アプローチ研修会


名称 【東京】新人の為の骨格・筋膜アプローチ研修会
主催 一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会
日時 2019年3月30日(土)10:00~16:00
場所 砂町文化センター 和室(東京都江東区北砂5-1-7)
内容 *本講座は、実技中心で学べる新人セラピストのための徒手介入・入門講座です。
人体を巡る血液・脳脊髄液・間質液・リンパ液などの循環不全は組織に様々な影響を及ぼし、筋・筋膜のみならず、神経伝達・内臓の働きにも影響を与えることが明らかになってきています。

当講習会では主に筋骨格にアプローチを行い、膜組織同士の滑走を生み出し膜組織に変化を出すことで毛細血管や神経組織の解放を可能にするIAIRがリハビリ専門職専用に創り出したアプローチ法:TGAを、実技を通して科学的理論と実践方法を学ぶことができます。

講義内容:
1. TGA総論
2. 体幹:腹部ポンピング
3. 上肢:肘関節(橈尺関節)TGA
4. 体幹:腹腔(体幹深部)TGA
5. 下肢:脛腓関節TGA
詳細URL https://iairjapan.jp/events/ev……wfac_tokyo
対象 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 8,640円(税込)
定員 30名(先着になり次第閉め切らせて頂きます。)
申込み方法 こちらからお申し込みください
》》 https://www.0553.jp/eventpay/e……7071288852
申込み締切 2019年3月29日(金) 18:00
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会(kanto@iairjapan.jp)

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7121/

自分の想いを探るワークショップー説得力のあるコミュニケーション力を身につけて仕事をスムーズにするー


名称 自分の想いを探るワークショップー説得力のあるコミュニケーション力を身につけて仕事をスムーズにするー
主催 リハビリコミュニケーション研究所
日時 平成31年3月31日(日)10時~16時半
場所 越谷市コミュニティセンター第2和室
JR武蔵野線南越谷駅、東武スカイツリーライン新越谷駅 (地下鉄日比谷線・半蔵門線直通)より徒歩3分
http://www.suncityhall.jp/info……st_27.html
内容 忙しい臨床の中で、自分が本当はどんな想いで働いているのか?セラピストとしての、自分の本心を探っていくワークショップです。
対人援助職をしていると、様々な人に尽して働くうちに、自分の想いがわからなくなることがあります。
そのため、患者さんへのリハビリの説明、多職種への協力要請、後輩への指導などの際にうまく自分の想いが伝わらないということが起こります。こんな時、自分がなぜ、このことを伝えたいのか?自分の想いに気づくことで、説得力のあるコミュニケーションをとることができます。
今回のワークショップでは、NLPという心理学の手法を使いいくつかのエクササイズを通して、自分の想いや本心を探っていきます。
詳細URL https://www.rihacommu.jp/thought/
対象 作業療法士他PTSTなどリハビリ従事者 学生も可
学生の
参加可否
参加可 
参加費 8000円団体割引あり複数人の参加希望で6000円となります。
定員 10人
申込み方法 リハビリコミュニケーション研究所のHPよりお申し込みください。
https://www.rihacommu.jp/thought/
申込み締切 前日まで
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ https://www.rihacommu.jp/thought/

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7113/

精神科作業療法について考える~実践報告を通して~


名称 精神科作業療法について考える~実践報告を通して~
主催 神奈川県作業療法士会学術部
日時 2019年3月17日(日)13時半~16時半
場所 藤沢市民会館 第2会議室
内容 精神科領域において、特色のある取り組みを行っている 3 名を 迎え、クライシスプランについて焦点をあてた取り組みについてそれぞれのフィールドから報告して頂きます。 実践報告終了後はグループディスカッションの場も設けております。
〈報告者〉
1.非自発的な入院を減らす ~精神科病院でのクライシスプランは機能するか~ 藤沢病院 武井寛道氏
2.医療観察法病棟におけるクライシスプラン
久里浜医療センター 立山和久氏
3.本人と共同でつくるクライシスプラン ~クライシスの経験を「活用」する~
訪問看護ステーションみのり横浜 星竜平氏
対象 神奈川県 OT 士会員で今年度会費納入済みの方、他都道府県 OT 士会員等 ※神奈川県在勤の OT
で、神奈川県作業療法士会未入会または今年度会費未納の方は受講できません。
学生の
参加可否
参加可 
参加費 2000円
定員 40名
申込み方法 申し込み方法が変更になりましたのでご注意ください。
このフォームにアクセスし、必要事項をご入力ください。
https://fs223.formasp.jp/n699/form22/

1. 神奈川県在勤のOTの方は、申し込み2週間前までに必ず今年度県士会費を納入してください。
2. 納入状況をお忘れの場合は、(社)日本作業療法士協会「WEB版OT協会会員情報システム」にてご確認頂くか、士会事務局(TEL045-663-5997)にお問い合わせください。
3. 申し込み方法等ご質問のある方は、事務局ken-ot@kana-ot.jpにお問い合わせください。
申込み締切 2019 年 2 月1日(日)~2014 年 3 月1日(金)
生涯教育
ポイント
2ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 藤沢病院 西前 0466 23 0909

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7109/

脳卒中リハに活かす脳機能とハンドリングの基礎


名称 脳卒中リハに活かす脳機能とハンドリングの基礎
主催 高齢者をリハビリするセラピストのための研究会 -コウセラ-
日時 2019年3月31日(日)
10:00~16:00(受付9:30~)
場所 鎌倉芸術館 会議室1(JR大船駅 徒歩10分)
神奈川県鎌倉市大船6-1-2
内容 当セミナーは『エモリハ』代表である加藤渉先生の脳卒中基本動作に対するハンドリングに特化したセミナーです!!実践力向上のために丁寧な座学と実技を多く組み込んだ構成で、じっくりと臨床的な内容を学習できます。初学者でも安心して受講いただけます。

【セミナー内容】(実技あり)
1錐体路と錐体外路の役割
21次運動野の特徴
3大脳基底核・小脳の役割
4高次運動野の役割
5APAs(先行随伴性姿勢調節)を臨床に活かすために・・
6脳機能からハンドリングを考える(実技)
7APAsを意識したハンドリングのポイント(実技)
8各動作でのハンドリングのポイント(実技)
詳細URL https://koutheraken.jimdo.com/
対象 PT・OT・他脳卒中リハビリテーションに関わる方
学生の
参加可否
参加可 
参加費 7000円
定員 30名
申込み方法 お申込みはホームページより
https://koutheraken.jimdo.com/
申込み締切 2019年3月30日
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ お問い合わせはメールにて
koutheraken@yahoo.co.jp
備考 【講師】加藤渉 先生(多摩川病院リハビリテーション科副主任・エモーショナルリハビリテーション研究会代表)
資格:理学療法士・心臓リハビリテーション指導士
講師経験:TAP研究会、メディカルリハビリテーション、Bridge、Assist
受賞歴:2015年、2016年リアル臨床 3位入賞
共同著書:クリニカルリーズニングで神経系の理学療法に強くなる!(羊土社)

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7052/