Tag: 2021/1

ADLから見る評価の抽出と効率的な介入法

名称 ADLから見る評価の抽出と効率的な介入法
主催 療法士活性化委員会
日時 2021年1月16日(土)10:00〜16:00
場所 ウィリング横浜 ゆめおおおかオフィスタワー
〒233-0002 横浜市港南区上大岡西1-6-1 ゆめおおおかオフィスタワー内
内容 ・ADLに機能訓練を繋げる3つの段階
・ADLに必要な視点とは?
・ADLの動作の工程分析
・行程に必要な機能を抽出
・抽出された問題に対してのアプローチ法
・ADLに活かすための無意識での運動
詳細URL https://lts-seminar.jp/ptadl/
対象 作業療法士、理学療法士、言語聴覚士、養成校学生(学生は受講料が半額となります。)
学生の
参加可否
参加可 
参加費 7,900円(税別)
定員 24名
申込み方法 HPよりお申し込みください。
>>>https://lts-seminar.jp/ptadl/
申込み締切 前日まで
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 療法士活性化委員会事務局:lts-info@lts-seminar.jp
備考 オンラインでも参加可能です

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/8030/

[オンライン] 作業療法における事例別クリニカルリーズニング (認知症,失語,高次脳,高齢期,職場管理,後輩育成)

名称 【オンライン】作業療法における事例別クリニカルリーズニング (認知症,失語,高次脳,高齢期,職場管理,後輩育成)
主催 ジャパンライム株式会社
日時 認知症:2020年12月12日 13:00~15:00
失語症:2021年1月9日 13:00~15:00
高次脳:2021年1月30日 13:00~15:00
高齢期:2021年2月6日 13:00~15:00
職場管理:2021年2月13日 13:00~15:00
後輩育成:2021年2月27日 13:00~15:00
場所 オンライン
内容 作業療法領域におけるクリニカルリーズニングを事例別(6回)に分けて詳しく解説し、様々な事例に基づいて一つでも多くの課題が解決できるように解説いたします。
講師:茅ヶ崎新北陵病院 作業療法士 藤本一博
詳細URL https://www.event-form.jp/event/11797/occupational
対象 参加制限なし
学生の
参加可否
参加可 
参加費 2,800円
定員 制限なし
申込み方法 下記URLの専用フォームよりお願いいたします.
https://www.event-form.jp/event/11797/occupational
申込み締切 認知症:2020年12月11日 20:00
失語症:2021年1月7日 14:00
高次脳:2021年1月28日 14:00
高齢期:2021年2月4日 14:00
職場管理:2021年2月11日 14:00
後輩育成:2021年2月25日 14:00
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 下記URLの専用フォームよりお願いいたします.
https://www.event-form.jp/event_inquiry/11797/occupational

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/8014/

[オンライン] ポジショニングR.E.D.セミナー 理論編~微小重力環境で行う筋緊張制御~

名称 [オンライン] ポジショニングR.E.D.セミナー 理論編~微小重力環境で行う筋緊張制御~
主催 日本ユニバーサルリハビリテーション協会
日時 2021年1月31日 (日) 14:00~17:00
場所 本セミナーは「Zoom」を使用したオンラインでの開催となります。
インターネットに繋がっているパソコン、スマホ、タブレット (カメラ、マイク付属)で どこからでも受講できます。
内容 微小重力環境で段階的に筋緊張制御をおこなう治療概念です。
身体質量と重力を拮抗させた環境で行うポジショニングアプローチを行う事で、筋緊張が安定し、関節拘縮の変化と長時間持続する臨床研究が発表されました。
身体にかかる重力が小さくなり、収縮の必然性がなくなる筋、腱は、柔軟性を取り戻し、神経や感覚入力と相互作用していきます。変化した身体状況は自律神経系の安定(副交感神経優位)や呼吸、循環へと波及し、過緊張、低緊張など異常筋緊張の安定に結びついていきます。
長期療養生活を送り、長い年月をかけてもたらされた過緊張や関節拘縮の変化と循環器系の安定例は、これまでの臨床場面では見られなかった新しい発見と、今後の医療に大きく影響する事が示唆されました。
低反撥マットレスを身体質量の比重に合わせて積層する環境設定という単純性は、高い再現性と介入者要因に依存しない筋緊張制御となり、誰が介入しても同じ結果となります。このような現象、結果の蓄積により関節拘縮の概念をも、確実に変える力を持っています。

筋組織の変化と過緊張、低緊張など異常筋緊張の安定、重度の呼吸器疾患、心疾患患者の心拍数、呼吸数、血中酸素飽和度、血圧の安定といった変化は、内部障害への新たなアプローチとしても期待されています。

ポジショニングで関節拘縮を緩和させ身体全体が柔らかくなる効果を共有しましょう。しかも臨床のケアに応用できます。実技では、微小重力環境を体感できます。あなたの身体が数mmHgの身体質量に変化します。その体感がリハビリ、日頃のケアの気付きへ導き治療手段や介助技術に繋がります。
関節拘縮の対応にお悩みの方は一度ご参加ください。

詳細URL https://www.meducation.jp/seminar/detail.php?id=33783
対象 作業療法士、理学療法士、看護師
学生の
参加可否
参加可 
参加費 5,980円(税込)
※クレジットカード決済または銀行振込のお手続きをお願い申し上げます。詳細につきましてはお申込み後にご連絡いたします。
定員 5名
申込み方法 下記URLよりお申し込みください。
https://www.meducation.jp/seminar/detail.php?id=33783
申込み締切 2021年1月27日 (水)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本ユニバーサル リハビリテーション協会
TEL 042-208-0102
http://universalreha.com/

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/8008/

オンライン[ユニリハ] 全身の筋緊張制御を行うポジショニングからの 摂食嚥下リハビリテーション理論編

名称 オンライン【ユニリハ】全身の筋緊張制御を行うポジショニングからの 摂食嚥下リハビリテーション理論編
主催 日本ユニバーサルリハビリテーション協会
日時 2021年1月31日 (日) 10:00~13:00
場所 本セミナーは「Zoom」を使用したオンラインでの開催となります。
インターネットに繋がっているパソコン、スマホ、タブレット (カメラ、マイク付属)で どこからでも受講できます。
内容 【長期療養生活6年、ADL全介助の症例に、局所的ではなく、全身の筋緊張を一度に落とすポジショニングを行ったところ、拘縮が変化して端座位や自立、20日後にお楽しみのゼリー食を用いた摂食嚥下訓練の介入に至った。】
上記の内容で、岡山開催の第9回摂食嚥下リハビリテーション学会へ口述発表する。
本セミナーは、この原理と症例報告から全身の筋緊張制御を行うことでの、呼吸筋、横隔膜、呼吸数の低下(過呼吸の変化)、舌骨上筋群、舌骨下筋群の過緊張の改善、摂食嚥下の変化を報告し、『p×s=mg』の物理学的根拠から認知、高次脳機能、筋収縮様式の変化を熟考し考察する。
<プログラム>
■長期療養生活者の過緊張、関節拘縮の変化から関節可動域が改善した症例を提示し、重力をコントロールしたポジショニングを行うことでの様々な効果を報告する。
●誤嚥性肺炎を繰り返し全身関節拘縮、長期療養生活から2カ月後嚥下訓練導入開始。上記の筋緊張のコントロールが誤嚥性肺炎を繰り返す長期療養生活を送る症例に変化をもたらした。局所的ではなく全身的な過緊張の緩和が摂食嚥下に影響する事実を提案する。
●頸髄不全損傷、長期療養、全身関節拘縮、起居動作全介助の状態から介入4回目で端座位、24日目で車いす自操、32日目でADLを獲得した症例。この症例のポジショニングR.E.D.方法と技術伝達。
●実際の介入方法や技術論、ポジショニングR.E.D.の具体的内容を伝達。
詳細URL https://www.meducation.jp/seminar/detail.php?id=33782
対象 言語聴覚士、作業療法士、理学療法士、看護師
学生の
参加可否
参加可 
参加費 5,980円(税込)
※クレジットカード決済または銀行振込のお手続きをお願い申し上げます。詳細につきましてはお申込み後にご連絡いたします。
定員 5名
申込み方法 下記URLよりお申し込みください。
https://www.meducation.jp/seminar/detail.php?id=33782
申込み締切 2021年1月27日 (水)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本ユニバーサル リハビリテーション協会
TEL 042-208-0102
http://universalreha.com/

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/8007/

WEBセミナー 介護ロボット導入・活用研修 ~介護ロボットを効果的に活用するためのはじめの一歩~

名称 WEBセミナー 介護ロボット導入・活用研修 ~介護ロボットを効果的に活用するためのはじめの一歩~
主催 横浜市リハビリテーション事業団横浜市総合リハビリテーションセンター
日時 第2回:令和3年1月28日(木)13時~16時30分
第3回:令和3年2月22日(月)13時~16時30分
※第2回、第3回の内容は同等です。
場所 WEBでZoomを使用したオンライン研修となります。
内容 1.介護ロボットの開発・実証・普及のプラットフォーム構築事業紹介(株式会社NTTデータ経営研究所)
2.介護ロボット導入活用9つのステップ(株式会社NTTデータ経営研究所)
3.各種介護ロボットの紹介(見守り/コミュニケーション/移乗/排泄)
4.事例検討:介護施設での介護ロボット導入(公益社団法人かながわ福祉サービス振興会)
5.神奈川県/横浜市における介護ロボット普及推進の取組(公益社団法人かながわ福祉サービス振興会)
※第2回、第3回の内容は同等です。
詳細URL https://www.yrc-pf.com/news/workshop.html
対象 ・介護施設、障害者施設の作業療法士、理学療法士、看護師、介護職員等。
・介護ロボットの業務への導入・活用に興味がある方。
学生の
参加可否
参加可 
参加費 無料
定員 30名(先着順)
申込み方法 下記のURLから申込フォームに必要事項をご記入いただき、送信ボタンを押してください。参加の可否につきましてはメールでお知らせいたします。
https://www.yrc-pf.com/contact/workshop-form2.html
※第3回の募集は、随時横浜市総合リハビリテーションセンター 介護ロボット相談窓口ホームページ(https://www.yrc-pf.com/news/)でお知らせいたします。
申込み締切 第2回 令和3年1月20日(水)17時(定員に達し次第、締め切らせていただきます)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 横浜市総合リハビリテーションセンター 介護ロボット相談窓口 研修会担当
電話番号:045-473-0666
メールアドレス:kenkyu-info@yokohama-rf.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/8006/

第11回「アクティビティ・ケア全国大会」 オンライン ~コロナ禍の今、高齢者・障がい者の心と身体の健康を保つために  アクティビティ・ケアが出来

名称 第11回「アクティビティ・ケア全国大会」 オンライン ~コロナ禍の今、高齢者・障がい者の心と身体の健康を保つために  アクティビティ・ケアが出来
主催 認定NPO法人芸術と遊び創造協会 高齢者アクティビティ開発センター
日時 【リアルタイム配信】 2021年1月16日(土)・23日(土)・30日(土)
【録画配信】 各開催日の2日後~2月28日(日)まで
場所 会 場 オンライン開催
内容  ■1/16(土)
 13:00〜 開会あいさつ 多田千尋(芸術と遊び創造協会 理事長)
 13:30〜特別講演「レビー小体型認知症当事者が語る、幻視のふしぎ」
      認知症の当事者でご自身の「幻視」を記録し続けている三橋昭さんをお迎えしてお話を伺います。
 14:20〜コロナ禍でのアクティビティ・ケア実践
      今、アクティビティ・ケアの実践者たちは、どのようなことを考え、
      ケアをしているのか、最新事情を各地からレポートしていただきます。
 16:30~オンライン交流会 興味や職種に合わせたグループでの交流会を予定しています。

 ■1/23(土)
  10:00〜12:00 実践①リハビリ 1人ひとりの「意欲の鍵」を見つけよう
            リハビリの専門職によるアクティビティ実践についての発表。
           いかにご本人の意欲を引き出すのかを中心にお話しいただきます。
  13:30〜15:30 実践②手工芸 身近な素材で楽しむ作品作り
            身近な素材で楽しむ作品作り 水性ペンを使った美しいにじみ絵
            いろいろ応用できる折り紙の花作り
            1時間程度の実践は、利用者さんにもご参加いただけます。
            必ずスタッフの方とご一緒にお願いします

 ■1/30(土)
  10:00〜12:00 実践③運動 「心が動けば身体が動く」運動アクティビティ
            イスに座ってできる体操を行います (休憩しながら1時間程度)
            利用者さんにもご参加いただけます。
            必ずスタッフの方とご一緒にお願いします

  13:30〜15:30 実践④おもちゃ 施設対抗!アクティビティ・トイオリンピック
            オンラインでつながりながら楽しい時間を過ごします。
            利用者さんのご参加は、必ずスタッフの方とご一緒にお願いします

詳細URL https://www.aptycare.com/forum_zenkoku.html#top
対象 介護福祉士、作業療法士、理学療法士、看護師などの専門職の他、
高齢者に関わる地域活動、講師、ボランティアをされている方
ご家庭で介護をされている方など

【単位付与対象者の方】
(予定) 一般社団法人 日本認知症ケア学会
  「認知症ケア専門士」3日間参加で3単位付与
一般社団法人 日本作業療法士協会
  SIG認定「基礎ポイント」3日間参加で3ポイント付与
一般社団法人 日本認知症予防学会
  「認知症予防専門士」3日間参加で更新単位2単位付与(年間4単位まで)

学生の
参加可否
参加可 
参加費 参加費 全てのプログラムと交流会に参加できるオンライン特別参加費
《会員》 個人:3,000円 団体:5,000円
《一般》 個人:4,000円 団体:6,000円
《学生》 個人:2,000円
※参加費をお支払いいただいた方は、3日間の全てのリアルタイム配信への参加と、録画配信の閲覧ができます。
※《会員》は芸術と遊び創造協会の会員である「個人」、または会員が勤めている施設などの「団体」です。
※録画配信の閲覧のみを目的としたお申込みも可能です。(参加費は同額です)
定員 200名
申込み方法 【オンラインでの参加方法】
カメラ付きのパソコン・スマートフォン・タブレットのいずれかでご参加ください
「リアルタイム配信」はオンライン会議システム「ZOOM」を活用して行います。
お申し込み後、ZOOM参加用URLとご用意いただきたい準備物が掲載された「参加者専用ホームページ」を、メールにてご案内します。
「録画配信」も参加者専用ホームページからご覧いただけます。(2月末まで)

【お申し込み方法】
(1)ショッピングサイトからお申込みください
https://artplaylab.buyshop.jp/categories/1040542
【お支払い方法は、銀行振込・クレジットカード払い・コンビニ払いから選べます】
下記から芸術と遊び創造協会のショッピングサイト「芸術と遊びらぼ」の「高齢者アクティビティ」のページにアクセスしてください。
ご希望の参加区分の商品をカートに入れ、必要事項の入力とともに決済方法を選択し、ご入金ください。

申込み締切 定員になり次第しめきり
生涯教育
ポイント
3日間参加で 3ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 高齢者アクティビティ開発センター

パンフレットをご希望の方はご連絡ください。

〒165-0026 東京都中野区新井2-12-10 認定NPO法人芸術と遊び創造協会 中野オフィス
TEL 03-3387-5461 FAX 03-3228-0699
(木・日曜日、祝日以外の10:00~17:30)
年末 1月26日まで 年始 1月6日から
URL:http://www.aptycare.com/
E-mail:aptc@aptycare.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/8004/

第15回 滋賀認知行動療法研修会 [児童思春期の摂食障害 ~基礎から臨床まで~] [Family Based Treatment in滋賀]

名称 第15回 滋賀認知行動療法研修会 【児童思春期の摂食障害 ~基礎から臨床まで~】 [Family Based Treatment in滋賀]
主催 一般社団法人CBTを学ぶ会
日時 2021/01/30(土)10:00~ 03/31(水)20:00
場所 WEB
内容 これまで思春期の神経性やせ症(AN)は、慢性化や死亡率の点で難治とされてきました。
FamilyBasedTreatment(FBT)はANに対してエビデンスが高い新しい治療法です。
特に家族が介入の主体となって、スタッフはチームでそれを支えるところに特徴があります。
また、この治療法は早期に発見して早期に介入することが、いかに予後を改善するかについて伝えています。
本研修では、摂食障害の基礎知識とその鑑別、介入の原理原則、FBTの理論と実践について、具体的に学ぶことができ、ANにアプローチする際の心強い指針となるでしょう。
一般社団法人CBTを学ぶ会では【児童思春期の摂食障害 基礎から臨床まで】という二日間研修を企画しました。
詳細URL https://studygroup.cbtcenter.jp/fbt/2020fbt.php
対象 【1日目】養護教諭、スクールカウンセラーなど子どもを支援する立場にある専門家。摂食障害の専門知識や経験がそれほど多くない精神科医、小児科医、心理師、看護師、保健師、管理栄養士など。

【2日目】児童思春期の摂食障害をある程度知っている、何例か治療を経験している臨床家。神経性やせ症の治療に携わっておられる、小児科、精神科を中心とした、医療、保健、福祉、教育等さまざまな現場で臨床をされている有職専門家。
または1日目の研修を受けた者で、 今後摂食障害治療に意欲があるもの。

臨床的な対象者を持たない方、得られた知見を還元する対象者さんが居ない方は参加できません。
(その他、事務局の判断でお断りする場合もございます。予めご了承下さい)

学生の
参加可否
条件付きで参加可 大学院生さんは有給の臨床現場を持ち、かつ所属大学教員の推薦状をお持ちいただければ参加可能です。
(すでに当会のこれまでの研修会で提出頂いている方は結構です)
参加費 1日参加 15,000円、両日参加 28,000円
定員 録画視聴参加 10,000名(定員に達し次第、締め切ります)
申込み方法 下記ページ下部に記載の申込フォームより、お申し込みをお願いします。
https://studygroup.cbtcenter.jp/fbt/2020fbt.php
申込み締切 3月24日
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 一般社団法人CBTを学ぶ会 事務局
study@cbtcenter.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/8002/

[オンライン] 臨床シーティングセミナー理論編~身近な物を利用して除圧効果のあるクッションを作る~

名称 【オンライン】 臨床シーティングセミナー理論編~身近な物を利用して除圧効果のあるクッションを作る~
主催 日本ユニバーサルリハビリテーション協会
日時 2021年1月16日 (土) 14:00~17:00
場所 「Zoom」を使用したオンラインでの開催となります。
インターネットに繋がっているパソコン、スマホ、タブレット (カメラ、マイク付属)で どこからでも受講できます。
内容 「クッションは買わずに作ってシーティング&フィッティング!
そのために・・・全てのシーティング理論をまとめ、臨床ですぐに使える技術を習得します。」

世界中のシーティング、座位保持の概念や技術をまとめ、そこから急性期、回復期、維持期という様々なシーンに対応していく姿勢保持を学びます。このように、シーティングやフィッティングは、それぞれの回復段階やADLに合わせた姿勢保持を考えるべきです。
なぜなら、姿勢とは運動であり日常様々な姿勢となります。同じ姿勢は一つもありませんし、同じ姿勢をとり続ける事は不可能です。このため、ひとつの概念や技術だけでは、運動を切り取った姿勢という画像を見ているようなもので応用できません。

運動や日常生活動作に合わせるためには画像ではなく、動画として姿勢を捉えるべきであると考えます。動画として捉えるためには、ひとつのシーティングの概念や技術で満足せず、様々な概念を統合して、障害回復段階やADL(日常生活活動)に合わせたシーティング、フィッティングの技術が必要です。

施設や病院内の限られた環境で、姿勢保持や座位保持を考え、結果を出していく方法論と技術を習得する研究を「臨床シーティングセミナー」で共有していきます。

<プログラム>
○世界にある様々なシーティングの技術
○廃用にはこのシーティングを使う
○脳神経系のシーティングはこう考える
○業者シーティング、コンサルティングシーティングの導入時の注意点
○人間工学とシーティング&姿勢保持

詳細URL https://www.meducation.jp/seminar/detail.php?id=33970
対象 作業療法士、理学療法士、看護師、介護福祉士
学生の
参加可否
参加可 
参加費 5,980円(税込)
※クレジットカード決済または銀行振込のお手続きをお願い申し上げます。詳細につきましてはお申込み後にご連絡いたします。
定員 5名
申込み方法 ホームページまたはメデュケーションよりお申し込みください
http://universalreha.com/semina-sitei-yoyaku-2/1day-kosu-top-2/riron-jitugi-yoyaku-2/?ym=2021-1
申込み締切 2021年1月13日 (水)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本ユニバーサル リハビリテーション協会
TEL 042-208-0102
http://universalreha.com/

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7990/

[オンライン] 車椅子住環境リスクマネジメントセミナー ~車椅子管理とリスクの視点~

名称 【オンライン】車椅子住環境リスクマネジメントセミナー ~車椅子管理とリスクの視点~
主催 日本ユニバーサルリハビリテーション協会
日時 2021年1月16日 (土) 10:00~13:00
場所 「Zoom」を使用したオンラインでの開催となります。
インターネットに繋がっているパソコン、スマホ、タブレット (カメラ、マイク付属)で どこからでも受講できます。
内容 「車椅子の整備不良からアクシデントが発生してしまった」
「車椅子管理はどうしたらいいのか・・・」
「どこをどう調整すればいいんだ?」
「リスクへの職員の意識が薄い」
「業者に頼みたくても見積をとったらとんでもない金額に!?」
などなど、このような問題が職場に溢れていませんか。
しかし、あなたの運営する施設、みなさんの働く病院だけではありません。全国的に、しかも慢性的に問題となっています。

当セミナーの講師は、車椅子メーカーの技術者として全国を飛び回り、問題と向き合い、解決してきた工学のスペシャリストです。しかも皆さんと同じ、医学の目線からリスク管理を考え、解決策を研究しました。そのノウハウをたくさんの皆さんと共有し、患者様の明日の安全な生活に生かしてみませんか。

<講義のポイント>
リスクの把握 ⇒ 技術の習得(整備、点検技術)⇒ 車椅子の管理と継続 ⇒ このすべてがマネジメント

リスクの因子が出せない様では、問題は見つけられず、当然意識も上がらず、解決ができないという図式になってしまいます。そこで、始めにみなさんとリスクを確認共有し、リスク因子を定義します。この定義から必要な技術、知識を説明し、姿勢管理や姿勢保持、シーティング、フィッティング、褥瘡にまで関係する事を確認しましょう。

定義と技術が習得されれば、そのあとは同じ水準で行えるようにする「管理」と、誰もが再現性ある行動ができるようにする「持続」を考えます。

より具体的な行動レベルにまで落とし込むので、「本当にできるのか」という不安がよぎるかもしれません。そのために全国の病院や施設はどうやっているのか、どのようにリスクマネジメントを行い、問題を解決しているのかを提示します。

リスクという大きなカテゴリーを焦点化し、具体的行動レベルへと導くリスクマネジメントセミナー。全ての利用者の健康と安全、あなたのお仕事へ尽力します。

詳細URL https://www.meducation.jp/seminar/detail.php?id=33969
対象 作業療法士 、理学療法士 、 看護師 、 介護福祉士
学生の
参加可否
参加可 
参加費 4,980円(税込)
※クレジットカード決済または銀行振込のお手続きをお願い申し上げます。詳細につきましてはお申込み後にご連絡いたします。
定員 5名
申込み方法 ホームページまたはメデュケーションよりお申し込みください
http://universalreha.com/semina-sitei-yoyaku-2/1day-kosu-top-2/ningenkisoouyo-yoyaku-2-2-2-3-2/?ym=2021-1
申込み締切 2021年1月13日(水)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本ユニバーサル リハビリテーション協会
TEL 042-208-0102
http://universalreha.com/

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7989/

[オンライン] 役割理論・評価を学び、OTスキルをアップさせよう!

名称 【オンライン】 役割理論・評価を学び、OTスキルをアップさせよう!
主催 臨床実践に役立つ理論研究会
日時 2021 年 1 月 10 日(日)
10:00~16:00 (途中,昼休みあり)
場所 Zoom を利用したオンラインセミナー
内容 役割は様々な次元で使われている言葉ですが,臨床でどの程度活用していますか?
実は役割は精巧に構築された理論背景を持っています.身体、精神、高齢、小児領域を問わず臨床の中でよく使われている「役割」について整理してみませんか.本講座では役割理論を知り,役割に関する情報をどのように収集,解釈し,介入への活かし方を、初心者にもわかりやすく解説していきます.明日からの実践にいかしてみてください!

講師:笹田哲(神奈川県立保健福祉大学大学院教授)

詳細URL https://www.facebook.com/uottip
対象 作業療法士、作業療法学生(領域、学年は問いません)
学生の
参加可否
参加可 
参加費 作業療法士:4000円
作業療法学生:2000円
定員 30名まで
申込み方法 申し込方法:uottip456@gmail.com まで以下の内容を添えてメールでお申し込み下さい
「gmail.com」からのメールを 受信できるように設定してください.

メール記載内容
件名: 2021 年 1 月 10 日 参加申し込み
本文:
1氏名
2所属
3連絡先メールアドレス(PDF ファイルが添付可能なアドレス)

申込み締切 2021 年 1 月 8 日(金)まで
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ uottip456@gmail.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7985/