Tag: 2020/6

基礎から臨床応用まで学ぶ運動器治療 肩関節シリーズセミナー 評価編(基礎・応用)2days

名称 基礎から臨床応用まで学ぶ運動器治療 肩関節シリーズセミナー 評価編(基礎・応用)2days
主催 進リハの集い
日時 【基礎編】
2020/6/21(日)
【応用編】
2020/7/12(日)

○時間:
受付9時30分
セミナー時間10時00分~16時00分
場所 ○場所
ウィリング横浜(上大岡駅徒歩3分)
http://www.yokohamashakyo.jp/w……4-1-1.html
基礎編(6/21)⇒12F研修室125
応用編(7/12)⇒12F研修室121

※基礎編・応用編で部屋が異なるのでお間違えの
 ないよう注意をお願い致します。
内容 概要

治療を始める前に評価に基づくプランニングが明確になっていますか?
可動域制限があるからROM exを実施する…?
筋力低下があるから筋力トレーニングを処方する…?
痛みがあるから疼痛を緩和する治療テクニックを用いる…?

そんなその場しのぎの治療になっていませんか?

“Re”+“habilitation”(元の状態に戻す)には評価に基づく治療方略が最も重要です!

評価において大事なことはゴールまでの治療の“道筋”を立てることです。様々な検査から得られる“道標”を読み取り、よりシンプルに考えていくことが重要になります!

『評価編の基礎』では、一般に用いられる可動域検査や筋力検査をどう臨床的に解釈していくか。病態評価などに用いる肩関節Special testからどんな道標を得ていくのか。
検査の方法を確認しながら、臨床的な解釈について考えていきます!

『評価編の応用』では、実際の評価の流れに沿って『問診』から推論を組み立て、『病態評価』と『機能評価』にて治療のプランニングを行っていく過程を、症例やモデルケースに対して実践していきます!
ただ現象(現在)を評価して治療するだけでなく、原因となっている不良動作(過去)の推察から、今後起こりうる状態変化(未来)の予測まで含めた治療プランニングを実践できるように学んでいきましょう!

このセミナーを通して肩関節の基礎的な触診から治療への展開を学ぶことで、教科書では知ることができない肩関節の面白さ、奥深さを考えてみませんか?

興味のある方は、是非ご参加ください!

講義内容
【基礎編(6/21)】
〇関節可動域検査や筋力検査から治療プランを組み立てるヒントを読み取る
・可動域制限因子の推定
・関節安定性低下の原因部位の推察
〇Special testを用いた病態評価と機能評価
・Impingement test
・Instability test
・腱板機能テスト
・肩甲帯/胸郭機能検査

【応用編(7/12)】
〇肩関節疾患の病態整理
・肩関節周囲炎
・肩関節腱板損傷
〇評価のプランニングに最も重要な問診のポイント
・評価における問診の重要性
・病態把握の推論に役立つ問診のポイント
〇症例やモデルケースを用いて評価から治療のプランニングまでを実践
・治療の優先順位の決め方と患部外機能の考え方
・評価結果をもとに治療をプランニング
詳細URL https://www.shinreha.com/blank-51
対象 PT/OT
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 ○費用
申し込み人数によって料金が変わります。数名で申し込みされた方がお得となっております。
全て2日間受講された場合の料金となります。
※本セミナーは1日のみの受講は受け付けておりませんので、ご了承下さい。

【1名で受講される場合】
16,000円

【2名で受講される場合】
15,000円/人

【3名で受講される場合】
14,000円/人

【4名で受講される場合】
13,000円/人

【肩関節セミナー触診編・評価編・治療編全6回全て受講される場合】
40,000円/人
※通常受講より8000円お得となります
※6日間申し込みを行ったが、キャンセルをしたい場合、申し込み後の問い合わせより受け付けて
 おります。開催日の28日前であれば、セミナーキャンセルも可能です。
定員 40名
申込み方法 HP上の申し込みフォーマットよりお申し込みください
申込み締切 前日まで
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ Mail: shin.reha.tudoi@gmail.com
上記アドレスまでご連絡ください

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7780/

[触診が苦手な方限定] 第14期6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナー

名称 【触診が苦手な方限定】第14期6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナー
主催 療法士活性化委員会
日時 第14期 2020年 4月4,5日 5月2,3日 6月6,7日 9時30分~16時30分
*日程の都合がつかない場合は別の日に振替が可能です。
場所 ウィリング横浜 ゆめおおおかオフィスタワー
〒233-0002 横浜市港南区上大岡西1-6-1 ゆめおおおかオフィスタワー内
内容 1ヶ月目 体幹編
<1日目>
~ AM:触診 ~
1.1 上前腸骨棘・腸骨稜・上後腸骨棘の触診
1.2 頸椎・胸椎・腰椎の触診
1.3 胸鎖関節・肩鎖関節の触診
1.4 肩甲胸郭関節の触診
~ PM:関節モビライゼーション ~
1.1 上前腸骨棘・腸骨稜・上後腸骨棘の触診
1.2 頸椎・胸椎・腰椎
1.3 胸鎖関節・肩鎖関節
1.4 肩甲胸郭関節
・関節モビライゼーションの適応疾患、対象者の抽出
<2日目>
~ AM:触診 ~
4.1 最長筋・多裂筋の触診
4.2 大腰筋の触診
4.3 僧帽筋・胸鎖乳突筋・斜角筋の触診
5.1 小胸筋
~ PM:筋膜リリース ~
4.1 多裂筋
4.2 大腰筋
4.3 僧帽筋・胸鎖乳突筋・斜角筋
5.1 小胸筋
7.1 ICFの活用方法・報告書の書き方
1.4 肩甲胸郭関節
・筋膜リリースの適応疾患、対象者の抽出

2ヶ月目 上下肢編1
<3日目>
~ AM:触診 ~
2.1 肩甲上腕関節の触診
2.2 腕橈関節・の触診
3.1 股関節の触診
3.2 近位脛腓関節の触診
3.3 距腿関節の触診
~PM:関節モビライゼーション ~
2.1 肩甲上腕関節
2.2 腕橈関節・腕尺関節
3.1 股関節
3.2 近位脛腓関節
3.3 距腿関節
・シングルケーススタディ
・関節モビライゼーションの適応疾患、対象者の抽出<4日目>
~ AM:触診 ~
5.1 肩甲下筋・棘下筋の触診
6.1 大殿筋の触診
6.2 ハムストリングス・大腿四頭筋の触診
6.3 前・後脛骨筋・長・短腓骨筋の触診
~ PM:筋膜リリース ~
5.1 肩甲下筋・棘下筋
6.1 大殿筋
6.2 ハムストリングス・大腿四頭筋
6.3 前・後脛骨筋・長・短腓骨筋
・シングルケーススタディ
・筋膜リリースの適応疾患、対象者の抽出
3ヶ月目 上下肢編2
<5日目>
~ AM:触診・関節モビライゼーション ~
2.2 腕尺関節の触診
2.3 手根中手関節の触診
3.2 膝蓋大腿関節の触診
3.3 リスフラン関節の触診
~PM:骨の触診総復習~
・グループに分かれての復習
・ケーススタディ
・基本動作分析からアプローチ法
<6日目>
~ AM:触診・筋膜リリース ~
5.2 上腕筋・上腕三頭筋・浅・深指屈筋の触診
6.1 中殿筋の触診
6.4 膝窩筋・足底筋膜の触診
~PM:筋の触診総復習~
・グループに分かれての総復習
・ケーススタディ
・ADL動作からのアプローチ法の実践
詳細URL https://lts-seminar.jp/syokushinbasic/
対象 作業療法士
学生の
参加可否
参加可 受講料が39,600円になります。
参加費 59,800円(税抜)
定員 24名限定
申込み方法 HPよりお申し込みください。
>>> https://lts-seminar.jp/syokushinbasic/
申込み締切 前日まで
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 療法士活性化委員会事務局:lts-info@lts-seminar.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7767/