Tag: 2020/4

[1単位20分で変化を出す] 股関節疾患に対する評価とアプローチ法

名称 【1単位20分で変化を出す】股関節疾患に対する評価とアプローチ法
主催 療法士活性化委員会
日時 2020年4月19日(日) 10:00~16:00
場所 ウィリング横浜 ゆめおおおかオフィスタワー
〒233-0002 横浜市港南区上大岡西1-6-1 ゆめおおおかオフィスタワー内
内容 1、変化の出るアプローチ法
・股関節関節のモビライゼーション
・仙腸関節のモビライゼーション
・腰椎のモビライゼーション
・大腰筋に対するアプローチ
・大殿筋に対するアプローチ
・中殿筋に対するアプローチ
2、股関節疾患に対する評価法
・姿勢、動作観察のポイント
・パトリックテスト
・トーマステスト
・立位での股関節の安定性のテスト
3、股関節疾患の病態
4、具体的な症例へのアプローチ法
詳細URL https://lts-seminar.jp/neckfracture/
対象 作業療法士、理学療法士、言語聴覚士
学生の
参加可否
参加可 受講料が4,400円(税込)になります。
参加費 8,690円(税込)
定員 30名限定
申込み方法 HPよりお申し込みください>>> https://lts-seminar.jp/neckfracture/
申込み締切 前日まで
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 療法士活性化委員会事務局:lts-info@lts-seminar.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7809/

高次脳機能障害の評価とアプローチ ~ 脱『高次脳は難しい』を目指して ~(横浜会場)

名称 【高次脳機能障害の評価とアプローチ ~ 脱『高次脳は難しい』を目指して ~】(横浜会場)
主催 Medical MARKSTAR
日時 2020年4月29日(水祝)10:00~16:00
場所 ウィリング横浜
内容 ・「高次脳はなんとなく苦手」
・「高次脳機能障害について基礎から学びたい」
・「実際の対象者に行なっている評価を聞きたい」
・「アプローチ方法について学びたい」
・「実際の症例提示から、どう評価してアプローチに繋げたのか聞いてみたい」

今回の講習会では、高次脳機能障害の基礎知識を学ぶとともに、より臨床的な解釈やアプローチのポイントなどを中心にご講演いただきます。「高次脳は難しい」と感じているセラピストにとって、苦手意識を克服できる貴重な機会になると思います。

【講習会の概要】
・脳の基礎知識
・高次脳機能障害の基礎知識
・高次脳機能障害の評価と、臨床的に考えるポイント
・高次脳機能障害に対するアプローチ
・早川先生が実際に評価・アプローチした症例の提示と解説
 
ぜひ、皆さまのお越しを心よりお待ちしております。
詳細URL https://www.markstar.net/highe……ain2020-1/
対象 PT・OT・STなど、どなたでも参加可能
学生の
参加可否
参加可 
参加費 7800円
定員 先着50名程度
申込み方法 ホームページよりお申込み下さい。
申込み締切
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ MARKSTAR事務局へのお問い合わせ
https://www.markstar.net/contact/
備考 info@markstar.netからのメールを受信できるようお願いいたします。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7805/

神経科学とバイオメカニクスから紐解く脳卒中リハビリテーション~自己組織化アプローチ(BiNI Approach)の基礎と臨床応用~(横浜会場)

名称 【神経科学とバイオメカニクスから紐解く脳卒中リハビリテーション~自己組織化アプローチ(BiNI Approach)の基礎と臨床応用~】(横浜会場)
主催 Medical MARKSTAR
日時 2020年4月5日(日)10:00~16:00
場所 ウィリング横浜
内容 ・「もっと片麻痺に対するアプローチの知識・技術を身に付けたい」
・「脳卒中の神経科学を臨床的に学びたい」
・「脳卒中をバイオメカニクスを元に評価できるようになりたい」
・「自己組織化アプローチ(BiNI Approach)について教えて欲しい」
・「神経科学とバイオメカニクスから考える脳卒中リハを聞いてみたい」
・「実際のアプローチの動画を見て学びたい」

近年の脳卒中リハビリテーションでは様々なアプローチがあり、皆さまの臨床でのスキルアップに役立つ知識・技術が数多く存在しております。その中でも、PT学会で会場に入れないほどの注目を浴びた、新たなアプローチとして注目されている自己組織化アプローチ(BiNI Approach)を、今回初めて企画することができました。
今回の講習会では、バイオメカニクスと神経科学を融合した画期的なアプローチの基礎から臨床応用までをわかりやすく、講義・実技を通してお伝えいたします。

【講習会の概要】
・自己組織化理論、自己組織化アプローチ(BiNI Approach)とは
・自己組織化アプローチの基礎知識
・脳卒中における神経科学とバイオメカニクス
・実際の自己組織化アプローチの動画と解説
  
ぜひ、皆さまのお越しを心よりお待ちしております。
詳細URL https://www.markstar.net/bini-……roach2020/
対象 PT・OT・STなど、どなたでも参加可能
学生の
参加可否
参加可 
参加費 7800円
定員 先着50名程度
申込み方法 ホームページよりお申込み下さい。
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ MARKSTAR事務局へのお問い合わせ
https://www.markstar.net/contact/
備考 info@markstar.netからのメールを受信できるようお願いいたします。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7804/

すっっっごい分かりやすく、ハンドリングの基礎を学ぼう!寝返り、起き上がり、立ち上がりのハンドリングが明日から出来るようになる!

名称 すっっっごい分かりやすく、ハンドリングの基礎を学ぼう!寝返り、起き上がり、立ち上がりのハンドリングが明日から出来るようになる!
主催 MediArt(メディアート)
日時 2020年4月19日(日)9時30受付
10時00分開始 終了時間は17時30分頃。
講習会終了後、に受講者は無料でナイトセミナーに参加できます!
実技練習や、講義以外の内容でも質問が行えます!
お時間の余裕のある方は是非どうぞ!
場所 会場までの最寄り駅:
横浜市営地下鉄ブルーラインのセンター北駅より徒歩5分。

〒224-0003
横浜市都筑区中川中央1-4-4ブランズセンター北1階

https://goo.gl/maps/SaQoWSu9VNgKMVrw9
詳細の行き方につきましては、お部屋までのご案内順路なども含めて受講者へ、分かりやすい順路の内容をお送りしておりますので、ご安心下さい。
内容 4月から出来る療法士になれる!
過去の受講生の満足度が10点満点中で9.5点!
強烈な満足度の講習会!
実際に、講義を受けると『ハンドリングって、こういうコツで、行なえば良いんだ!』と、ガッテン!して帰ってもらえます!
セラピストの中には、
『ハンドリングについて、知りたいけれど、なかなかコツとかが上手く分からなくて難しい!でも、上手くなりたい!』方は非常にオススメ!
明日から使える基本動作の動作分析の仕方や、評価の仕方、ハンドリングのコツなど、明日から実践できる具体的な方法を紹介します!
ホームページに詳細があります!
詳細URL https://mediart2016.jimdo.com/
対象 業療法士、理学療法士、柔道整復師、トレーナーなど*学生可能
学生の
参加可否
参加可 
参加費 10000円 当日、会員登録(無料をしていただくと1000円引きとなります。)9000円になります。*当日支払いになります
定員 10名前後
申込み方法 ホームページより、お申し込み欄がございます。
また、 申し込み・お問い合わせを行って、3日経過しても返信がない場合は、mediartdaisuki@gmail.com までご連絡ください。
メールの誤送信などやエラーなどが増えております。
申込み締切 満席となり次第、申込みを締め切ります。詳細は、ホームページをご参照ください。
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ ホームページより、お問い合わせ欄がございます。
また、 申し込み・お問い合わせを行って、3日経過しても返信がない場合は、mediartdaisuki@gmail.com までご連絡ください。
メールの誤送信などやエラーなどが増えております。
備考 ●無料会員登録をして受講した方の特典●
1.過去の資料を無料でダウンロードできる!
2.会員限定でリハビリ動画をYouTubeで見られる!
講習会の様子を撮影した動画や、その他にも、リハビリに関連する内容!復習用や予習用に学習が出来るようにしています。
3.臨床で使いやすい評価表・検査用紙などを無料でダウンロードできる!
4.高次脳機能、認知症の方への評価・訓練に使える用紙・レクリエーションなどに使えるアイディア集などが無料でダウンロードできる!
5.割引価格での受講ができる!
会員登録は【無料】です!
非常にお得な内容です!
詳細は、ホームページをご確認ください!

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7786/

もっと考察したくなる!完全攻略の歩行分析セミナー

名称 もっと考察したくなる!完全攻略の歩行分析セミナー
主催 進リハの集い
日時 ○開催日
2020/4/5(日)

○時間:
受付:9時15分
セミナー時間:9時30分~12時30分
場所 ○場所
ウィリング横浜(上大岡駅徒歩3分)
http://www.yokohamashakyo.jp/w……4-1-1.html
11階多目的室
内容 概要
臨床ではかなりの確率で観察する歩行。
観察はいっぱいしてもそこからの分析が苦手な療法士が多い印象です。
なぜ苦手なものと位置づけしてしまうのか。それは、普段から観察する癖がないからです。歩行に限らず、各動作の観察をする癖を付けることでいろんなことが見えてきます。今回は歩行をひたすら観察、分析して明日からついついすれ違う人の歩行すら観察してしまうようになる分析方法をお伝えします。

以下の項目に当てはまる方はぜひご参加ください。

◎理学療法士だけど今さらよくわからないなんてカミングアウトできない
◎作業療法士だけど臨床で見られるようにしたい
◎整体院で質問される歩くときの膝の痛みについて解消したい
◎観察するときに必要なこと、分析にどうやって繋げたらいいのかわからない
◎踵が異常にすり減ってしまうのをなんとかしたい
◎自分の歩き方が気になるから見て欲しい、あわよくば改善したい
◎代償動作を瞬時に見分ける方法を身に付けたい
◎もう一度、歩行について復習したい
◎受講後、院内にて伝達講習までやりたい
◎臨床で困っているクライアントの歩行についてセミナー後も質問したい

受講にて得られること
・観察の仕方が理解できる。
・分析の方法がわかり、アセスメントまで出来るようになる。
・誰かに歩行分析の仕方を伝えたくなる。
・歩行観察、分析の自信がつく。
・自分の歩き方を見直すことができる。

◎対象疾患は問いません。基本的解剖学および運動学を基にしております。

講義内容
当セミナーはペアを組んでいただき、お互いの歩行観察そして分析をして頂きます。
最終的にはお互いの歩行分析からどの部分が治療対象なのかまで見れるようにお伝えします!

・歩行の基礎知識
・歩行観察および分析~下肢の各関節のポイントと疾患の治療ポイント~
・歩行分析の臨床応用~関節アプローチについて~
・股関節、膝関節、下腿、足関節の評価の仕方と治療方法
・実際の症例の歩行を見る~観察から分析まで~
詳細URL https://www.shinreha.com/blank-71
対象 PT/OT
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 ○費用
通常:6000円
ペア割:5000円
定員 30名
申込み方法 HP上の申し込みフォーマットよりお申し込みください
申込み締切 前日まで
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ Mail: shin.reha.tudoi@gmail.com
上記アドレスまでご連絡ください

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7778/

新人にもわかる高次脳機能障害に対する評価と治療

名称 新人にもわかる高次脳機能障害に対する評価と治療
主催 進リハの集い
日時 ○開催日
2020/4/5(日)

○時間:
受付13時15分
セミナー時間:13時30分~16時30分
場所 ウィリング横浜(上大岡駅徒歩3分)
http://www.yokohamashakyo.jp/w……4-1-1.html
11階多目的室
内容 概要

脳卒中のクライアントと接する際に、身体機能に着目しすぎて、高次脳機能評価をないがしろにしていないですか?
今回は、1つの症例を共有することで、高次脳機能の評価を前向きに捉えて介入できるような勉強会を開催します。

こんな悩みはありませんか?

◯高次脳機能障害を漠然と難しいと思って介入してしまう。
◯机上の検査解釈は言語聴覚士にまかせてしまっている。
◯検査解釈の重要性を知らない。
◯ADL場面で問題がありそうまではわかるが、それに対してどのような取り組み方がいいのか悩むことが多い。
◯高次脳機能の評価が後手に回ることが多い。
◯作業療法士なのに高次脳機能障害の評価が曖昧だ。

上記に当てはまる人は参加をオススメします。

クライアントの現在を見ることで、曖昧になってしまっている部分の解決の一助となる勉強会を実施します。

講義内容
◯高次脳機能とは
前頭葉、頭頂葉、側頭葉、後頭葉から

◯検査結果の解釈のコツ
線分二等分課題.線分抹消課題.模写課題.HDS-R.TMT-A.TMT-B.コース立方体組み合わせテスト.かなひろいテスト.三宅式記銘力検査

◯症例供覧
初期評価、脳画像での把握、検査結果、日常生活評価、職業復帰に向けた評価、治療プログラムの一例
*決して正解例ではありません。

◯グループワーク
講義時間、受講生人数により時間の増減あり

*机上検査が行えるクライアントを対象とした評価を行います。そのため、観察、動作、机上検査から統合と解釈を行い説明します。
*勘違いしないでいただきたいのがクライアントを治すではなく、評価を行うことで、改善点を把握し、現在問題となっていることが職業復帰にどのように影響するかを検討します。
*今回は動画などを通したクライアント共有はしませんのでご注意下さい。
詳細URL https://www.shinreha.com/blank-28
対象 PT/OT/ST
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 通常:6000円
ペア割:5000円 
 
定員 30名
申込み方法 HP上の申し込みフォーマットより
申込み締切 前日まで
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ Mail:shin.reha.tudoi@gmail.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7770/

[触診が苦手な方限定] 第14期6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナー

名称 【触診が苦手な方限定】第14期6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナー
主催 療法士活性化委員会
日時 第14期 2020年 4月4,5日 5月2,3日 6月6,7日 9時30分~16時30分
*日程の都合がつかない場合は別の日に振替が可能です。
場所 ウィリング横浜 ゆめおおおかオフィスタワー
〒233-0002 横浜市港南区上大岡西1-6-1 ゆめおおおかオフィスタワー内
内容 1ヶ月目 体幹編
<1日目>
~ AM:触診 ~
1.1 上前腸骨棘・腸骨稜・上後腸骨棘の触診
1.2 頸椎・胸椎・腰椎の触診
1.3 胸鎖関節・肩鎖関節の触診
1.4 肩甲胸郭関節の触診
~ PM:関節モビライゼーション ~
1.1 上前腸骨棘・腸骨稜・上後腸骨棘の触診
1.2 頸椎・胸椎・腰椎
1.3 胸鎖関節・肩鎖関節
1.4 肩甲胸郭関節
・関節モビライゼーションの適応疾患、対象者の抽出
<2日目>
~ AM:触診 ~
4.1 最長筋・多裂筋の触診
4.2 大腰筋の触診
4.3 僧帽筋・胸鎖乳突筋・斜角筋の触診
5.1 小胸筋
~ PM:筋膜リリース ~
4.1 多裂筋
4.2 大腰筋
4.3 僧帽筋・胸鎖乳突筋・斜角筋
5.1 小胸筋
7.1 ICFの活用方法・報告書の書き方
1.4 肩甲胸郭関節
・筋膜リリースの適応疾患、対象者の抽出

2ヶ月目 上下肢編1
<3日目>
~ AM:触診 ~
2.1 肩甲上腕関節の触診
2.2 腕橈関節・の触診
3.1 股関節の触診
3.2 近位脛腓関節の触診
3.3 距腿関節の触診
~PM:関節モビライゼーション ~
2.1 肩甲上腕関節
2.2 腕橈関節・腕尺関節
3.1 股関節
3.2 近位脛腓関節
3.3 距腿関節
・シングルケーススタディ
・関節モビライゼーションの適応疾患、対象者の抽出<4日目>
~ AM:触診 ~
5.1 肩甲下筋・棘下筋の触診
6.1 大殿筋の触診
6.2 ハムストリングス・大腿四頭筋の触診
6.3 前・後脛骨筋・長・短腓骨筋の触診
~ PM:筋膜リリース ~
5.1 肩甲下筋・棘下筋
6.1 大殿筋
6.2 ハムストリングス・大腿四頭筋
6.3 前・後脛骨筋・長・短腓骨筋
・シングルケーススタディ
・筋膜リリースの適応疾患、対象者の抽出
3ヶ月目 上下肢編2
<5日目>
~ AM:触診・関節モビライゼーション ~
2.2 腕尺関節の触診
2.3 手根中手関節の触診
3.2 膝蓋大腿関節の触診
3.3 リスフラン関節の触診
~PM:骨の触診総復習~
・グループに分かれての復習
・ケーススタディ
・基本動作分析からアプローチ法
<6日目>
~ AM:触診・筋膜リリース ~
5.2 上腕筋・上腕三頭筋・浅・深指屈筋の触診
6.1 中殿筋の触診
6.4 膝窩筋・足底筋膜の触診
~PM:筋の触診総復習~
・グループに分かれての総復習
・ケーススタディ
・ADL動作からのアプローチ法の実践
詳細URL https://lts-seminar.jp/syokushinbasic/
対象 作業療法士
学生の
参加可否
参加可 受講料が39,600円になります。
参加費 59,800円(税抜)
定員 24名限定
申込み方法 HPよりお申し込みください。
>>> https://lts-seminar.jp/syokushinbasic/
申込み締切 前日まで
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 療法士活性化委員会事務局:lts-info@lts-seminar.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7767/

高齢者に対する運動処方の最前線 ~介護予防・フレイル・サルコペニア・栄養・転倒予防~

名称 高齢者に対する運動処方の最前線 ~介護予防・フレイル・サルコペニア・栄養・転倒予防~
主催 コウセラ
日時 2020年4月12日(日) 10:00~16:00(休憩1時間)
場所 ウィリング横浜(京浜急行・横浜市営地下鉄「上大岡」駅 徒歩3分)
神奈川県横浜市港南区上大岡西1-6-1 ゆめおおおかオフィスタワ-内
内容 【セミナー内容】
・介護予防のための運動処方
・フレイル・サルコペニアに関しての運動処方
・栄養と運動処方
・転倒予防についての運動処方

【講師】
山田実 先生(筑波大学人間系 教授)
・理学療法士
・専門理学療法士(生活支援系理学療法、基礎理学療法、運動器)
著書
『エピソードで学ぶ転倒予防78』文光堂, 2018
『理学療法実践レクチャー 栄養・嚥下理学療法』医歯薬出版. 2018
『フレイルのみかた』中外医学社, 2018
詳細URL https://koutheraken.jimdofree.com/
対象 PT・OT・ST・健康運動指導士・看護師・介護士・他 高齢者リハビリテーションに関わる方
学生の
参加可否
参加可 
参加費 7000円
定員 50名(先着順)
申込み方法 申し込み・詳細はホームページより(『コウセラ』で検索)
https://koutheraken.jimdo.com/
申込み締切 2020年4月11日(土)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ Mail:koutheraken@yahoo.co.jp 

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7760/

明日から臨床で結果の出せる体幹・下肢セミナー

名称 明日から臨床で結果の出せる体幹・下肢セミナー
主催 進リハの集い
日時 ○開催日
2020/4/19(日)

○時間:
受付9時30分
セミナー時間10時00分~16時00
場所 ○場所
ウィリング横浜(上大岡駅徒歩3分)
http://www.yokohamashakyo.jp/w……4-1-1.html
10介護実習室2
内容 【概要】
体幹・下肢を対象にクライエントを治療しているが、治療手段に悩んでいる方必見!!または筋骨格系の触診に自信がない方は必見です!!OTの人にもオススメしたいです!!

臨床でこんな悩みのある方はいませんか。

○評価後のアプローチの仕方に悩み、治療結果が出せない。
○触診技術が甘い。
○とにかく結果を出したい。
○筋骨格系の問題であるにもかかわらず、代償手段を先に考えてしまう。
○筋と筋膜の差を知りたい。
○アライメントを調整したい。
○解剖学、生理学、運動学が苦手だ。
○治療手段を少しでも身につけたい。
○実技をたくさんしたい。
○痛みを少しでも緩和させる技術を身につけたい。
○痛みがある方に対して筋トレだけをしてしまっている。

もしひとつでも当てはまるのであれば参加をお勧めします。

体幹・下肢治療よって得られるもの
○筋・筋膜性の疼痛改善
○可動域改善
○体幹スタビリティ向上
○座位・立位バランス向上
○筋膜性の腰痛軽減
○猫背の改善
○触診技術の向上
○不定愁訴の改善(気怠さ・疲れの改善など)

対象疾患
どの疾患に対してもベースとして持っていることが重要なことですので、疾患は問いません。健康な方から障害のある方まで通じる技術です。

【講義内容】
■実際のアプローチについての考え
・筋硬結(トリガーポイント)に対するリリース
・離開とその動き(モビライゼーション)について

■触診に必要な心得
・相手を緊張させない触り方の実践

■胸部・腹部・腰部のアプローチの実際
・腹直筋リリース
・胸郭リリース
・腹横筋リリース
・腹斜筋リリース
・脊柱起立筋リリース
・腸腰筋リリース
・腰方形筋リリース

■下肢のアプローチの実際
・臀筋リリース
・大腿筋膜張筋リリース
・大腿四頭筋リリース
・ハムストリングスリリース
・膝関節モビライゼーション
・前脛骨筋リリース
・下腿三頭筋リリース
・趾伸筋腱分離運動
・足根骨モビライゼーション
・足底腱膜リリース

*セミナー翌日からの臨床で早速手技を使って頂きたいので、当セミナーは実技中心のセミナーになっております。
詳細URL https://www.shinreha.com/blank-17
対象 PT/OT
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 ○費用
通常:9000円
ペア割:8000円 
定員 40名
申込み方法 HP内の申し込みフォーマットよりお申込みください
申込み締切 前日まで
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ Mail: shin.reha.tudoi@gmaiul.com
上記メールアドレスまでお問い合わせください

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7741/

第2弾 臨床につなげられる身体機能の評価の仕方(動作分析時の6つのみる!クラインフォーゲルバッハの運動学の視点など)

名称 ★第2弾 臨床につなげられる身体機能の評価の仕方★(動作分析時の6つのみる!クラインフォーゲルバッハの運動学の視点など)
主催 MediArt(メディアート)
日時 2020年4月12日(日)9時30受付
10時00分開始 終了時間は17時30分頃。
講習会終了後、に受講者は無料でナイトセミナーに参加できます!
実技練習や、講義以外の内容でも質問が行えます!
お時間の余裕のある方は是非どうぞ!
場所 会場までの最寄り駅:
横浜市営地下鉄ブルーラインのセンター北駅より徒歩5分。

〒224-0003
横浜市都筑区中川中央1-4-4ブランズセンター北1階

https://goo.gl/maps/SaQoWSu9VNgKMVrw9
詳細の行き方につきましては、お部屋までのご案内順路なども含めて受講者へ、分かりやすい順路の内容をお送りしておりますので、ご安心下さい。
内容 新人の方は、患者さんを担当して苦戦していませんか?後輩ができた方は新人指導に苦戦していませんか?そんな方へ、非常にオススメな講習会です!
本講義は、第2弾の内容となります!第2弾から受講しても、第1弾から受講しても問題ない内容となっています。
1明日からの臨床で、すぐ取り入れられる動作分析時の視点や、クラインフォーゲルバッハの運動学の説明を噛み砕いて分かりやすく説明します。
2動作分析の際の臨床展開の考え方である『6つのみる』を、座学と実技を合わせて体験しながら分かりやすく説明します。
3実際の動作分析前に、身体機能評価(慣れれば5分程度で行える全身の筋緊張評価・スクリーニング評価)の仕方を学び、翌日の臨床で実践できます!
4他にも学校の教科書などでは学べない実技を通しての評価方法を学び、明日からの臨床で実際の多くの患者さんに使いやすく、動作分析に繋がる身体機能の評価方法を楽しく学べます!
★詳細は、ホームページをご覧になってください!★
無料会員登録した方は、受講後にパスワード申請すると、講義動画を無料でプレゼント!
動画を見て復習しよう!
詳細URL https://mediart2016.jimdo.com/
対象 作業療法士、理学療法士、柔道整復師、トレーナーなど*学生可能
学生の
参加可否
参加可 
参加費 10000円 当日、会員登録(無料をしていただくと1000円引きとなります。)9000円になります。*当日支払いになります
定員 10名前後
申込み方法 ホームページより、お申し込み欄がございます。
また、 申し込み・お問い合わせを行って、3日経過しても返信がない場合は、mediartdaisuki@gmail.com までご連絡ください。
メールの誤送信などやエラーなどが増えております。
申込み締切 満席となり次第、申込みを締め切ります。詳細は、ホームページをご参照ください。
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ ホームページより、お問い合わせ欄がございます。
また、 申し込み・お問い合わせを行って、3日経過しても返信がない場合は、mediartdaisuki@gmail.com までご連絡ください。
メールの誤送信などやエラーなどが増えております。
備考 ●無料会員登録をして受講した方の特典●
1過去の資料を無料でダウンロードできる!
2会員限定でリハビリ動画をYouTubeで見られる!
講習会の様子を撮影した動画や、その他にも、リハビリに関連する内容!復習用や予習用に学習が出来るようにしています。
3臨床で使いやすい評価表・検査用紙などを無料でダウンロードできる!
4高次脳機能、認知症の方への評価・訓練に使える用紙・レクリエーションなどに使えるアイディア集などが無料でダウンロードできる!
5割引価格での受講ができる!
会員登録は【無料】です!
非常にお得な内容です!
詳細は、ホームページをご確認ください!

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7732/