Tag: 2019/4

訪問リハビリテーションフォーラム2019

名称 訪問リハビリテーションフォーラム2019
主催 (公社)日本理学療法士協会(一社)日本作業療法士協会(一社)日本言語聴覚士協会
日時 2019年4月28日(日)13:00~16:00(受付12:15~)
場所 あいおいニッセイ同和損保新宿ビル貸ホール
住所:東京都渋谷区代々木3丁目25-3
内容 1.開会式

2.特別講演「2021年度介護報酬改定を見据えた在宅リハビリテーションへの期待と今後の動向(仮)」
講師:厚生労働省 担当官

3.シンポジウム「東日本大震災復興特別区域法における訪問リハビリテーションの実際」
シンポジスト
浜通り訪問リハビリステーション 管理者 熊谷 大 氏
宮古・山田訪問リハビリステーションゆずる 副管理者 山本 喜文 氏
気仙沼訪問リハビリステーション 管理者 小野寺 裕志 氏

4.閉会式
詳細URL https://www.gene-llc.jp/secret……970-634875
学生の
参加可否
参加可 
参加費 1,000円(税込)
当日受付にてお支払いください
定員 500名
※在宅リハビリテーションに関わる関係職種
申込み方法 https://www.gene-llc.jp/secret……970-634875
上記URLからお申込みください
生涯教育
ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 事務局代行 
株式会社gene
TEL:052-325-6611
Email:jimukyokudaikou@gene-llc.jp
備考 東日本大震災発生から8年を迎えました。
東日本大震災復興特別区域法のもと、平成24年11月より訪問リハビリステーションが支援活動を開始し
現在では三つの事業所が各地域で支援活動しております。
この5年間の活動をご報告すると共に、今後の可能性と課題を討議いたします。

特別講演として、厚生労働省担当官から
2021年度介護報酬改定を見据えた在宅リハビリテーションへの期待と今後の動向をご講演頂きます。
シンポジウムについては、管理者の立場から
ケアマネジャー・医師・看護師・地域包括支援センターなど多職種連携を踏まえて、訪問リハビリテーションの現状と課題を共有するとともに、訪問リハビリテーションの有用性を討議します。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7365/

『クラインフォーゲルバッハの運動学とアフォーダンス』藤田保健衛生大学 冨田昌夫先生

名称 『クラインフォーゲルバッハの運動学とアフォーダンス』藤田保健衛生大学 冨田昌夫先生
主催 NDK横浜研修
日時 平成31年4月29日(祝)
場所 ウィリング横浜

〒233-0002 神奈川県横浜市港南区上大岡西1-6-1 
京浜急行/市営地下鉄 「上大岡」駅下車 徒歩3分
内容 NDK横浜ではリハビリに関係する様々なジャンルの研修を行っております.
今回は『クラインフォーゲルバッハの運動学とアフォーダンス』 として藤田保健衛生大学 冨田昌夫先生にご講演を頂きます.
冨田先生には毎年ご講演を頂き,今まで多くの方がご参加されております.
また午後には実際の中枢疾患患者様をお招きして,治療のデモをお願いしております.
片麻痺や中枢疾患に対する治療にお悩みの方は,是非一度ご参加ください.
きっと多くのヒントが得られることと思います!
詳しくはNDK横浜研修ホームページをご覧ください.

皆様のご参加を心よりお待ちしております.
詳細URL http://ndkyokohama.net/
対象 PT・OT・ST・その他
学生の
参加可否
条件付きで参加可 参加費半額
参加費 10000円
申込み方法 NDK横浜研修HP上,お申込みフォームよりお願い致します.
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ NDK横浜研修HP上,お問い合わせフォームよりお願い致します.

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7345/

役割理論・評価を学び OTスキルをアップさせよう!

名称 役割理論・評価を学び OTスキルをアップさせよう!
主催 臨床実践に役立つ理論研究会
日時 2019年4月28日(日)
10:00~16:00  (途中,昼休みあり)
場所 横浜市健康福祉総合センター 8F会議室  横浜市中区桜木町1-1
http://www.yokohamashakyo.jp/s……o/map.html
※会場へは内容に関する問い合わせしないようお願い致します
内容 役割は様々な次元で使われている言葉ですが,臨床でどの程度活用していますか?
実は役割は精巧に構築された理論背景を持っています.身体、精神、高齢、小児領域を問わず臨床の中でよく使われている「役割」について整理してみませんか.本講座では役割理論を知り,役割に関する情報をどのように収集,解釈し,介入への活かし方を、初心者にもわかりやすく解説していきます.過去に講義した内容をさらに version upしました.明日からの実践にいかしてみてください!

講師:笹田哲(神奈川県立保健福祉大学大学院教授)
詳細URL
対象 作業療法士,作業療法学生 (領域・学年は問いません)
学生の
参加可否
参加可 
参加費 作業療法士  5,000円
作業療法学生 2,000円
定員 40名
申込み方法 申し込方法:uottip456@gmail.com まで以下の内容を添えてメールでお申し込下さい
「gmail.com」からのメールを 受信できるように設定してください.

メール記載内容
件名:2019年4月24日参加申し込み
1氏名 
2所属 
3連絡先メールアドレス
申込み締切 2019年4月24日(水)まで
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ uottip456@gmail.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7342/

車椅子設計採寸技術と車椅子メンテナンスセミナー ~付属のキットと工具で技術指導~

名称 車椅子設計採寸技術と車椅子メンテナンスセミナー ~付属のキットと工具で技術指導~
主催 日本ユニバーサルリハビリテーション協会
日時 2019年4月26日 (金) 10:00~16:30(受付開始9:40)
場所 多摩平の森ふれあい館
(東京都日野市多摩平2-9)
内容 講師は、長年車椅子メーカーで修業し工学系資格を有した作業療法士です。工学技術とリハビリテーション医学の目線で採寸や選定、メンテナンスの重要性と技術を、丁寧にお教えします。

車椅子の採寸や車椅子適合、選定のための身体採寸方法がわかっていれば、業者ではなく自身の目線から車椅子を選定できます。工学というきっかけを知るだけで、シーティング技術、概念も自然に身体に身に付くようになっていくでしょう。
そして、車椅子をメンテナンス出来るようになることは、車椅子住環境の事故を自身の手で予防することに繋がります。車椅子はADLや日常の姿勢、シーティングにも大きく関ってきます。車椅子メンテナンスを通じて、最低ここだけ調整すれば、日常で快適に座れてしまうシーティング技術も合わせて紹介します。

<車椅子設計身体採寸と適合選定>
・車椅子の構造やメカニズムを徹底的にお見せします。動画やイラスト、DVDを用いてわかりやすく、注釈を講師が説明しながら行います。
・車椅子の測り方。車椅子に座るための身体寸法の測り方を伝授します。測り方がわかれば、シーティングという設計製図の子供のような技術は簡単に習得できます。まずは製図という幹を学んでいただけたらと思います。
・処方箋の書き方。図面の書き方。自分でイメージした具像を形にします。大丈夫、ポイントを絞るので簡単にできます。
・車椅子の適合。車椅子の選定(症例を交えて実践的にやりましょう)
<車椅子メンテナンスセミナー>
・車椅子の構造からメンテナンスのポイント
・タイヤ交換、キャスター調整、ブレーキ調整、車椅子のバランス、車椅子の転がり抵抗、車椅子から異音がした時の対応、時間があればパンク修理もやってみましょう。
・メンテナンスと日常の車椅子姿勢の関りを説明し、簡単なADLシーティングのポイントの実演、実技をします。たとえば、フットサポートの調整やメンテナンスと、知名度の高いバックサポートの張調整。この2か所の調整で姿勢は見違えるほど変わります。
詳細URL http://universalreha.com/
対象 作業療法士、理学療法士、看護師、介護福祉士
学生の
参加可否
参加可 
参加費 15000円(採寸用ツールセット、メンテナンス工具セット付属)
定員 5名
申込み方法 ホームページよりお申し込みください  http://universalreha.com/
申込み締切 2019年4月23日 (火)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本ユニバーサル リハビリテーション協会
TEL 042-208-0102/E-mail otmode@jcom.home.ne.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7332/

第114回横浜CBTに集う会「ピアサポートを行うことによるピアサポーター自身に与える影響に関する探索的検討」

名称 第114回横浜CBTに集う会(認知行動療法を学んでいます)「ピアサポートを行うことによるピアサポーター自身に与える影響に関する探索的検討」
主催 横浜CBTに集う会(認知行動療法を学んでいます)
日時 平成31年4月25日(木)19時~21時
場所 ウイリング横浜 11階会議室2
京急線、横浜地下鉄線上大岡駅徒歩数分
内容 テーマ:「ピアサポートを行うことによるピアサポーター自身に与える影響に関する探索的検討」
話題提供者 魚岸 実弦 さん 作業療法士 メンタルホスピタルかまくら山 国際医療福祉大学大学院 博士課程

魚岸さんより一言
作業療法士の魚岸です。
ここ数年に渡り、精神科病院に入院している方々に対して、ピアサポートを活かした取り組みを精神科作業療法の枠組みを用いて実践してまいりました。
また、研究という形でもピアサポートを扱わせていただき、今春、修士論文として当時所属していた大学院にて報告をさせていただきました。
この研究では、ピアサポートを行うピアサポーターを対象に、ピアサポートを行うことにより、自分自身にどのような影響があったかについて検討したものです。
この度、集う会にて報告の場をいただきましたので、私のピアサポート研究の動機や研究(修士論文)の内容、ピアサポートの未来について、ゆっくりお話したく思っています。
お気軽にご参加ください。
詳細URL 横浜CBTに集う会ホームページ http://yokohamacbt.jimdo.com/
対象 認知行動療法やテーマに興味や関心がある人ならどなたでも
学生の
参加可否
参加可 
参加費 500円(会場費・資料代、学生は無料)
定員 なし
申込み方法 申し込みは不要ですが、ホームページよりメールをいただけるとありがたいです。
申込み締切 なし。当日お気軽にお越しください。
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 横浜CBTに集う会ホームページ http://yokohamacbt.jimdo.com/
備考 本会の詳細や年間予定等が本会ホームページにあります。
サンドウィッチやおにぎりを食べながらご参加ください。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7327/

よこすかOT勉強会 のお知らせ<2019年度>

名称 <2019年度>よこすかOT勉強会 のお知らせ
主催 よこすかOT勉強会
日時 毎月第2火曜日 19:00~21:30ごろまで

※2020年2月12日(水)のみ第二水曜日の開催です.

ーーーーーーーーーーーーーーーー
2019年4月9日:基礎I(クラインフォーゲルバッハの運動学,ハンドリング)
2019年5月14日:基礎II
2019年6月11日:臥位I(寝返り含む)
2019年7月9日:臥位II
2019年8月13日:座位I(リーチ含む)
2019年9月10日:座位II
2019年10月8日:立位
2019年11月12日:歩行
2019年12月10日:活動分析アプローチI
2020年1月14日:活動分析アプローチII
2020年2月12日:統合アプローチI
2020年3月10日:まとめ・復習
ーーーーーーーーーーーーーーーー
日程は台風等の影響により変更もございます。
場所 神奈川県立保健福祉大学  教育研究棟 A221教室
(京浜急行「県立大学」より徒歩約7分)
内容 本勉強会は玉垣努先生(神奈川県立保健福祉大学 教授)の指導の下、作業療法士・理学療法士を中心に,クラインフォーゲルバッハの運動学や臨床動作分析、活動分析やボバースアプローチ、アフォーダンスなど種々のアプローチや考え方の良いところを取り入れ、知識だけでは汎化できない様な実技の練習を中心に実施しています.臨床での疑問や解決に対する試行錯誤も大歓迎です.自由で闊達な意見交換を実施しています。
※年度途中からの参加・飛び石での参加も問題なく参加いただけます。
対象 OT・PTなどこの勉強会に関心のある方
学生の
参加可否
参加可 
参加費 無料
定員 40名
申込み方法 申し込み不要
申込み締切 なし
生涯教育
ポイント
1
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ よこすかOT勉強会事務局まで
thewildflowers83あっとまーくgmail.com
(あっとまーく、を@に変更してください)

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7325/

プログラミングカフェ おとなとこどもと

名称 プログラミングカフェ おとなとこどもと
主催 一般社団法人ICTリハビリテーション研究会
日時 2019年4月28日(日)11時00分から12時30分
場所 FabLab Shinagawa 
東京都品川区中延4丁目6-15
https://goo.gl/eLXiBs
内容 Scratch3.0を使って、大人も子供も作品作りや作品のシェアを楽しむ会です。
年齢障害の有無関係なく楽しめるコンテンツ作りも行ってみましょう。

サポート:一般社団法人ICTリハビリテーション研究会 staff
FabLab Shinagawa staff

内容:
・Scratch3.0 の説明
・使ってみよう・作ってみよう
・シェアしよう

主催:一般社団法人ICTリハビリテーション研究会
 共催:ファブラボ品川

※こちらのイベントは、2018年まで一般社団法人ものづくり×プログラミングforShinagawaが開催していた
「プログラミングカフェおとなとこどもと」を、一般社団法人ICTリハビリテーション研究会が継承・主催し、
ファブラボ品川の共催にて実施するイベントになります。
詳細URL https://www.ictrehab.com/
学生の
参加可否
参加可 
参加費 無料
定員 8名
※オンライン参加も可能です。お申し込み時に「オンライン参加希望」と添えてください。
  追ってご参加URLをご返信いたします。
申込み方法 下記予約ページよりお申込みください。
http://ptix.at/XJJLRA
(満席の場合は別の会へご案内させて頂く場合があることをご了承ください。)
生涯教育
ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 一般社団法人ICTリハビリテーション研究会
事務局
email :info@ictrehab.com
HP : https://www.ictrehab.com/

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7319/

リハビリに活用しよう!今話題の3D プリンター体験会(初めての方向け)

名称 リハビリに活用しよう!今話題の3D プリンター体験会(初めての方向け)
主催 一般社団法人ICTリハビリテーション研究会
日時 2019年4月20日(土)10時00分から12時00分
場所 Socionet, Inc.(ソシオネット株式会社)  
東京都千代田区九段北一丁目14番12号 郵船九段ビル
https://goo.gl/QwzYDW
内容 「Thingivers」などの3Dモデルシェアサイトを活用し、今話題の3Dプリンターからお好きなものをダウンロード・出力する体験を一緒にしてみませんか?
ドリンクホルダーや食事補助具などの介護・援助グッズはもちろん、アクセサリーやスマホケースなどご興味のあるものなら何でもOKです。ぜひ、この機会に3Dプリンターを体験してみましょう!

講師:濱中 直樹(当研究会理事 一級建築士 ファブリケーター)
    林 園子(当研究会代表理事 作業療法士)

内容:
・3Dプリンターの説明
・「Thingivers」などの3Dモデルのシェアサイトご紹介
・上記の使い方のご紹介
・出力体験

注意事項
・お時間の関係で、出力サイズは4センチ立方までとさせて頂きます。
・出力が間に合わなければ、後日受け渡しとなります。
・ご自身のノートPCをお持ち込み頂いても結構です。

主催:一般社団法人ICTリハビリテーション研究会
詳細URL https://www.ictrehab.com/
学生の
参加可否
参加可 
参加費 2,000円(PCレンタル・材料費込み)
当日現金払い
定員 10名
申込み方法 下記フォームよりお申込みください。
https://goo.gl/forms/zBJFjkVe3SZvtZOq2
(満席の場合は別の会へご案内させて頂く場合があることをご了承ください。)
生涯教育
ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 一般社団法人ICTリハビリテーション研究会
事務局
email :info@ictrehab.com
HP : https://www.ictrehab.com/

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7318/

地域を支える生活行為向上マネジメント

名称 地域を支える生活行為向上マネジメント
主催 日の出医療福祉グループ
日時 平成31年4月23日(火)16:00~18:00(懇親会18:30~)
場所 プロミティ厚木 8階AB会議室(厚木市中町4-16-21)
内容 テーマ:地域を支える生活行為向上マネジメント
    小規模多機能型居宅介護サービスの役割
講師:関西総合リハビリテーション専門学校 作業療法学科 学科長
   北岡 裕也 (兵庫県生活行為向上マネジメント推進委員)
詳細URL https://hinode.or.jp/
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 無料(懇親会も無料)
定員 50名
申込み方法 nakajima.sn@hinode.or.jpまでメールにてお問い合わせください
申込み締切 平成31年4月12日(金)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
あり
問い合わせ nakajima.sn@hinode.or.jpまでメールにてお問い合わせください

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7312/

神奈川発達OT 第1回事例検討会

名称 神奈川発達OT 第1回事例検討会
主催 神奈川発達OT
日時 2019年4月25日 木曜日 19:00~20:30
場所 川崎市中央療育センター
https://www.douaikai.com/ccrc/……ccess.html
内容 【神奈川発達OT  事例検討会とは】
この度、県学会もしくは全国学会での発表や事例登録にむけた事例検討を広く行い、
臨床介入を形に残すことを目的とした事例検討会を立ち上げることになりました。
今後は、日本OT協会および県士会のSIG認定申請を予定しております。
神奈川県で発達障害児・者に関わっている多くの方の輪を広げ、
ともに発達領域を盛り上げていきましょう!

一人職場でOTとしてどう子どもに関わってよいのか悩む、
事例登録や学会発表をしてみたいがどうしたらよいかわからない、
事例を通してもう少し学びを深めたい、とにかく発達を学びたい、
どなたでも参加可能です。
対象 発達障害児・者に関わる方
学生の
参加可否
参加可 
参加費 年度初回参加時に500円
定員 30名
申込み方法 1氏名、2所属、3経験年数、4連絡先アドレスをご記入の上
kanagawa.developmentalsig@gmail.com
までお申し込みください。
※件名は「神奈川発達事例検討会申込み」でお願いします
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 代表者:戸塚(坂本)香代子(川崎市中央療育センター)
事務局:加藤 直樹(横浜医療福祉センター 港南) kanagawa.developmentalsig@gmail.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7309/