Tag: お知らせ

認知症の人と家族の会「実態調査報告書」が公開されています



認知症の人と家族の会のHPにて
「認知症の人と家族の思いと介護状況及び市民の認知症に関する意識の実態調査報告書」が公開されています。

報告書はこちらからご参照いただけます。(サイズが重いのでDLに時間がかかります)
概要版はこちら。

非常に丁寧・詳細にまとめられていて頭が下がります。
読み応えのある報告書ですが、概要の確認はもちろんぜひ詳細をご一読ください。

「認知症に関わる支援者の意識調査」から、一部を抜粋します。
支援者の「そう思う」「ややそう思う」と回答の割合です。

「認知症の人に優しく接することができる」               91.1%
「認知症の行動の意味を理解することができる」              77.5%
「認知症の人へのケアには自信がある」                  55.9%
「認知症の人への支援は専門家が適切な支援を実践してくれると思う」 55.1%

『支援者自身が専門的な支援を受ける立場で回答していると思われ、複雑なケア現場の現状が示唆された』
とまとめられています。

かつて
あるご家族から言われたことがあります。
「いろいろな相談機関に相談に行った。
言われることは確かにその通りだと思ったけど
これに困っていると相談したことへの答えは返ってこなかった。
ここで初めて答えをもらえた。」

また
NHKスペシャル「私は家族を殺した”介護殺人”当事者たちの告白」
https://www6.nhk.or.jp/special……d=20160703
をみた時の衝撃も忘れられません。

介護殺人に至ってしまったケースの3/4で何らかの介護保険サービスを利用していた
にもかかわらず、最悪の事態に陥ってしまったということ

介護家族の
「認知症を理解したって私たち家族の介護は楽になるわけじゃない」という言葉

今までは
介護を家族だけでなく、もっと「場」を増やす、関わる「人」を増やす
という量的拡大がまず必要だったのだと思います。

でも、これからは切実に「質」の向上が求められている。

介護現場では多くの専門家が優しく在りたいと心がけているけれど
それだけでは適切な支援はできない、自信がないと感じながら働いている人の多さを改めて実感しました。

専門家たりえる実践の担保がこれからもっと必要になってくる。

改めて背筋が伸びるような思いをしました。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp/yosshi/4280

FMおだわらに出演



FMおだわらに出演しました。
11月6日(水)と13日(水)の16:30〜16:40に放送される
「井口健一郎の 市民を介護で困らせない ミンナの介護」という番組です。

https://fm-odawara.com

サイマルラジオでもお聞きいただけるとのことです。

 

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp/yosshi/4263

国際的な意識調査への協力依頼

症状を援助に活かす:視覚的被影響性亢進

ご協力のお願いです。

公益社団法人認知症の人と家族の会のサイトで
「国際的な意識調査にご協力ください」
http://www.alzheimer.or.jp/?p=15389
というページがあります。

国際アルツハイマー協会主催による大規模調査で
世界94の国・地域の加入メンバーに呼びかけ、27の言語によるアンケート実施とのこと。

ぜひ、アンケートへのご記入と拡散にご協力をお願い申し上げます。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp/yosshi/4225

2019更新再開



2019年、今年も2週間経ってしまいました。
みなさま、どのように新年を迎えられましたでしょうか。

だ〜いぶ長いこと更新が滞ってしまいましたが
記事更新を再開いたします。

改めまして、今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp/yosshi/3989

医学書院「精神看護」9月号に掲載



医学書院の隔月誌「精神看護」9月号特集2に
私の原稿「スプーン介助を変えれば食べる力は復活する」が掲載されます。



うわっ!カラーだ。。。とまず最初はビックリ
次にげげっ!顔写真がのってる。。。
と最初は本論に無関係なコトを気にしておりました(^^;

でも、担当してくださったIさんがとても良い方で
Iさんの心意気に触発されるようにしてお話していたような気がします。
Iさん、本当にどうもありがとうございました。

スプーン操作に気をつけるだけで
認知症のある方も
食事介助をする私たちも
確実に困りごとが少なくなります。

そして
スプーン操作に気をつけることができて初めて
認知症のある方の食べる能力に気がつくことができるようになるんです。

だからこそ、もっと広まってほしいし、広めたい。

職場に「精神看護」がある方、是非お手にとってみてください。

知らないために
介助者も認知症のある方も
食べることに困難を感じていることを
知ることによって確実に困りごとを減らすことができます。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp/yosshi/3595

新ブログ「オレンジ☆マルシェ」公開



みなさま〜本日はお知らせです!

この神奈川県作業療法士会公式ウェブサイトに
認知症対策委員会のブログ
「オレンジ☆マルシェ ひとりひとりがサポーターby認知症対策委員会」
http://kana-ot.jp/wpc/marche/
が誕生いたしましたー!!!

どなたにとっても
便利で役立つ、眺めているだけも楽しくなるような
市場の賑わいのようなサイトを目指します。

まだ、公開されたばかりで記事も少ないけれど
これからいろいろな項目にそって記事も増えていきます。

どうぞ新しいブログもご贔屓に♡

よろしくお願い申し上げます m(_ _)m

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp/yosshi/3594

アクセス数非表示のお知らせ



もしかして、既にお気づきの方もいらっしゃるかもしれません。

このブログの右側に今まではアクセス数が記事ごとに表示されていましたが
昨日より非表示となりました。

サーバーの関係で一時非表示となる旨、サイト管理者よりご連絡がありました。

アクセス数をご参照いただいていた方には
大変申し訳ありませんが、どうぞご了承くださいますようお願い申し上げます。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp/yosshi/3577

日精看「ナーシング・スター」11月号見てね

IMG_0442

日本精神科看護協会の「ナーシング・スター」
私が実践している食事介助に関する記事が掲載されました!

img_0301

関連職種に聞こうという企画の中で私も登場することになりました。
11月27日(日)の日本精神科看護協会学術集会での実践セミナーに関するPRも兼ねてくださっています。
ありがたい限りです。

私たちが食事介助を変えるだけで対象者の方の食べ方が変わります。

認知症治療病棟に入院される患者さんはモチロンですが
精神科療養病棟に入院されている高齢患者さんの中に食事介助が必要な方が増えてきていると思います。

ところが、残念なことに
精神科作業療法に従事している作業療法士が
「食事介助に詳しくない」
「ポジショニングに詳しくない」
ということで看護師さんも相談にのってもらいたいのにのってもらえなくて困っている
という声を聞くことがあります。

精神科作業療法に従事している作業療法士にも諸般の事情があるのだと思います。
診療報酬の枠内でいろいろなことに対応するためには物理的な限界もあるでしょう。
でも、それって精神科に限ったことではありません。
身障系でも診療報酬の枠組みが大きく変わり、そのことへの対応が迫られました。
介護保険の分野でも、大きな変更がたびたび行われ、その都度対応が迫られています。
チャレンジを続けるのは、どの分野でも同じです。

もし使えるようでしたら、この情報誌を活用してくださいませんか?

看護師さんは、「こんなことしてる作業療法士がいるんだって」と
腰の重い作業療法士のお尻をひっぱたいてください。
作業療法士は、「こんな風に変わるんだそうです。試してみたいんです」と
看護師さんにはたらきかけてみてください。
もしかしたら黒船効果?として機能して第一歩を踏み出すことに寄与できるかもしれません。

それは私にとっても嬉しいことです。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp/yosshi/2680