Tag: GOROKU

Bestを望むのではなく



Beatを望んでつぶれるのではなくて
Betterを積み重ねていければいい。

Bestから引き算で現状を考えるのではなくて
いろいろあっても今がいい。
でも、明日が今日よりよくなればさらにいい。

今を否定せずに
明日を積み重ねていく。

今日を包含できるような明日を望む。

繰り返し繰り返し唱える私の呪文?おまじない?

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp/yosshi/422

そう思うくらい辛い



「もう死にたいよ。」

そう思うくらい辛いんですね。
そのくらいたまらなく辛いんですね。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp/yosshi/420

耄碌を濾過器として考える



鶴見俊介という哲学者が言っていたんですけど

「自分がもうろくを自覚したのは70歳のころです。
今はもうろくを濾過器として使っています。
細かいものは通してしまい、重みのあるものだけが残る。
それを中心に考える。」

 

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp/yosshi/421

長生きした証拠



「もう、すっかり忘れてばっかり」
「あちこり悪いところばっかり」
そう言う方に

そのくらい
長生きした証拠ですよ。

多少は忘れっぽくなってくれないと
20歳の若者の立つ瀬がなくなっちゃいますよ。

どんなに便利な世の中でも
冷蔵庫だって洗濯機だって
70年80年なんてもつものありませんよ。

70年80年生きてきたら
多少はどこかにガタも出るんじゃありませんか。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp/yosshi/418

若い時にはわからなかったことが



「もう何にもわからなくなった」
と言う方には

若い時に比べたら忘れっぽくなったかもですが
若い時にはわからなかったことが
わかるようになったり
若い時にはできなかったことが
できるようになってることもあるのと違いますか?

20歳の時には
わからなかったことで
今ならわかるってことが、たくさんあったりしませんか?

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp/yosshi/419

焦らずにでも着実に



いろんな人に言うし
自分にも言い聞かせてる言葉。

「焦らずにでも着実に」

去年より今年が良くなっていれば
それでいいじゃん。

時には
昨日よりも今日が
停滞していることも
後退していることも
あるかもしれない。

でも
照る日曇る日あるのは当然

一喜一憂するのではなくて
年単位で考える。

組織も生きものだから。

焦らずにでも着実に。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp/yosshi/416

GOROKU



言葉だけ知っていても使えないけど
知っている言葉に助けられることはあると思う。

今、現場で困っている若い人の
助けになるかもしれないから
ちょっと相当恥ずかしいことを承知で
GOROKU、書きます(^^;

くどいようだけど
言葉を表面的に使っても
相手には届かない。

でも、もしも、切実に感じていて
言葉を探している人なら
役に立つかことがあるかもしれない。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp/yosshi/448