会話の工夫



認知症のある方と会話する時に気をつけていることです。

それは、復唱すること

認知症のある方から
訴えというカタチで声をかけてくる時は
たいてい不安な気持ちを抱えておられるように感じています。

だから
認知症のある方の言葉を復唱してから答えるようにしています。

「便所、どこ?」
「便所ですね。ご案内します。」

「カバンがない」
「カバンのことが心配なんですね。どんなカバン?」

認知症のある方の言葉を受け止めました
ということを伝えるために、復唱するようにしています。 

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp/yosshi/4339