会話の工夫2



復唱する時には
基本的には、言い換えないようにしています。

特に、認知症のある方が言われた最初の発言に対して答える時には
相手が使った言葉をそのまま使うようにしています。

「便所」と言われたら、
「便所」と言って「トイレ」「お手洗い」とは言わないようにしています。

認知症のある方が使った言葉をそのまま私も使うようにしています。
特に、意思疎通困難な方が使った言葉は言い換えないようにしています。

さほど、疎通困難ではない方でも
「便所」と言った方に
「お手洗いですか?」と言い換えて復唱すると
「手は洗わない」と言われたりします。

その方になじみのある言葉は、意味が明確に伝わりやすいと感じています。

また、相手が言った言葉を言い換えずにそのまま使うのは
クレーム対応の一環としても行われていると何かで読んだ記憶があります。
なるほどなーと思ったものです。

あなたの言葉を確かに受け止めました
ということを明確に伝える。

会話のドアを開く
言葉のキャッチボールの準備をする

ほんのちょっとしたことですが
今すぐにでもできること

  

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp/yosshi/4340