平行集団の活用



同じ時間と同じ場を共有しているけれど

取り組んでいる作業は人それぞれ

…という平行集団を活用しています。

 

その人の能力と障害と特性に応じて

段階付け、場面設定もした上で「場」を共有する

そこは1つの疑似社会となります。

 

いろんな人がいろんなコトをいろんなやり方でしている

という体験をすることができます。

 

個々の人が失敗しないで作業が行えるように工夫しているし

同じことを同じやり方で行うわけではないので

比較することもされることもないし

 

「場」がとても豊かになるのを実感できます。 

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp/yosshi/345