Tag:

声で威圧しない



私が講演をした時に
「声がいい」
「声がすっと頭の中に入ってくる」
という感想を寄せられることがあります m(_ _)m

そういう感想はとても嬉しくて
というのも
声で参加者を威圧しないように
声で参加者をcontrolしないように
気をつけているからなんです。

職業柄、「声」にはとても気をつけています。

私は、対象者の方をcontrolしたいんじゃない。
私は、研修会参加者をcontrolしたいんじゃない。

それぞれの場で
自分の目で見て
自分の耳で聞いて
自分のココロで感じて
自分のアタマで判断してほしい

実は、無自覚のうちに
controlされたがっている人は少なくない 。
と感じています。

でも、私が声を届けたいのは
他者をcontrolしまいとして、苦しんだり困ったりしている人

私の講演やこのコンテンツが
そのような人の支えにほんのちょっとでもなれば
私はすごく嬉しい。
かつて、もがき苦しんでいた過去の私はすごく嬉しい。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp/yosshi/811

そっと静かに

寝たきりで自発語のないような状態像の方には

そっと声かけを。

ささやくように。

暖かみのある声で。

ドアをノックする時やベッドのカーテンを開け閉めする時にも

乱暴にならないように気をつけて。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp/yosshi/109

声で雰囲気をつくる

大集団での体操の時などは、大きなハリのある声を出すようにしていますが

説明する時など集中してほしい時には

あえて、声量を落とします。

集団の集中の程度を感じとりながら

声量や話すテンポもコントロール。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp/yosshi/108

用事がない時ほど大事

 

声、まなざし、笑顔、うなづき

…言葉にならないものだけれど、私が大切にしているコト。

特別、用事がない時ほど大事だと思う。

他の人に用事があって

傍らを通り過ぎる時は、とりわけ気をつけてる。

 

 

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp/yosshi/103

意図的に選択された声かけ

対象者の方の言語理解力や視覚的理解力を把握して、

1度に言う文章の長さや動詞の使い方や

声の調子や強さやジェスチャー、場の工夫などを意図的に選択して

「日々の暮らし」にそって

対象者が理解しやすいように

行為しやすいような声かけができるということ。

それが、評価を治療に活かすということでもあり

まず、第一に、優先して考えられるべき事柄だと思うんだけど

あんまり、検討されていないような気がする。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp/yosshi/102

言葉以外の丁寧さ

相手が理解しやすい、受入れやすい対応をすることが大切。

時には敬語にこだわらないことも必要。

ただし、言葉で「丁寧さ」を伝えられない時には

声の調子や表情、態度などで「丁寧さ」を伝えることを忘れずに。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp/yosshi/96

On Your Mark

声は大事。

「言うことを聞かせる」のが私たちの仕事じゃない。

声で相手を威圧しちゃいけないし

聞くのを忌避されてしまうような声もNG。

言葉をのせる声が相手に届いて初めてスタートできる。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp/yosshi/95

声の強さ

声の強さもコントロールを。

あんまり大きい声や押しの強い声だと、

認知症のある方は疲れてしまったり、圧倒されてしまったりします。

目の前の方が話す声の強さをよく聞きとって、

同じ程度の強さの声で話すといいと思います。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp/yosshi/94