Tag: 概念

リンゴがあるよ



There is an apple.

There are few apples.

英語では、見たままを言葉にする。

でも、日本語なら
「リンゴがあるよ」
だけで個数には通常触れないと思う。

逆に言うと
省略することに慣れているという面もあると思うけど。

個数に特別の意味があるのでなければ。
(たとえば、子どもの友達が3人遊びにきていて、リンゴが4つあるから皆で1人1個ずつ食べな…ということを暗に伝えるとか)

リンゴがあるよ…って言われたほうは
パッと振り向いて、個数などを
それこそ、パッと目で見てとる。

日々の暮らしの中で
使い続けている機能はダテじゃない
自明の文化の中にあって
個人が活用してきたはたらきは
たとえ認知症になったとしても残っている。
自覚されにくいだけで。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp/yosshi/563

Withかぁ…



People with Dementia
あるいは
People who have Dementia

「認知症のある方」を英語で表現するとこうなります。

「認知症高齢者」という日本語に馴染んでいた私にとっては驚きでした。
そうかぁ…Withかぁ…と唸ったものです。

1つの名詞にしないで
「人」+「病気」という表現になっている

こういうところにも
「人」の尊重…とか、概念の明確化…といった文化が顕われている
こういう言葉を使い続けることで、さらに文化が固有のものになっていくんだろうなぁ…。
と感じました。

ベースには、英語そのものの構造もあるのでしょうけれど。
異なる文化の中で暮らす私ですが
「人」の尊重、概念の明確化…というものは
身に染み込ませたいものなので
それからは意識的に
「認知症のある方」という表現を使っています。

日本語的には何かこなれないなぁ…と思いつつも(^^;

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp/yosshi/561

認知症の作業療法?

イメージ_梅ときどき、見かけるこの言葉。

「認知症の作業療法」

うーん???
ヘンなの。

認知症のある方へ作業療法をすることはできるけど
認知症というコトへ対して作業療法なんてできないんだけど(^^;

そんなわけで私は
講演の依頼を受ける時に
こっそりパワーポイントのタイトルを変更することもあれば(^^;
依頼者にきちんとお話をして講演のタイトルそのものを変更していただくこともあります。

こういうことって、実は何でもないことのようでいて、とっても重要な問題だと感じています。
何気なく使っている言葉に概念の根本が投影されてしまう…。

私たちは、言葉を意識化することで概念に明敏になることができます。

それって、リハビリテーションの依って立つ根拠でもありますよね?

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp/yosshi/34

認知の人、認知のある方

イメージ_猫

最近、よく耳にするこの言葉。

「認知の人、認知のある方」

うーん…???

認知症のある方のことを指して言っているのはわかりますが(^^;
ヘンな言葉です。
だって、日本語として考えれば、
いいじゃありませんか。
認知があって。

なのに
言ってる言葉と意味している言葉とで意味が真逆になるのに使われている(^^;

私は、時々、地域の公民館などで地元の方を対象として、
認知症予防や認知症のある方への対応について
お話をさせていただく機会があります。

以前、講演後に参加者の方に言われたことがあります。
「認知の人って言葉を聞きますが、あれってヘンな言葉ですよね」

適切に言葉を扱えないと
そのギョーカイの概念の扱い方まで疑われてしまいかねません。

「認知症の人、認知症のある方」
言葉は正しく扱いたいものです。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp/yosshi/32