Category: お知らせ

2019年度研究助成事業 研究課題募集のお知らせ

2019年度研究助成事業 研究課題募集のお知らせ


神奈川県作業療法士会研究助成事業は、毎年2研究課題に対して最大20万円の助成金を出しています.これは,神奈川県作業療法士会の発展に寄与する研究・実践についての知見を多くの会員間で広く共有することを目的とし,最終的には論文投稿するまでを目標としています.

また昨年度から,若手を含め様々な神奈川県士会員からの研究活動を活発化させるため,応募要項を一部緩和しました.研究Iでは,研究代表者を全神奈川県士会員とし研究組織は2法人以上(研究分担者は神奈川県士会員を1名含む)とし,研究IIでは,研究代表者は免許取得7年目以下で,研究組織は1法人以上です(図).また最終的な論文投稿は,神奈川県作業療法研究のみに限定しました.

研究となると敷居が高く感じられますが,チャレンジしたいと考えている方に対して,学術部が相談に乗ることも可能です.質問や相談したことがある方は,学術部kana-zyosei@kana-ot.jpまで気軽にメールして下さい.

1. 応募資格者(研究代表者)

神奈川県作業療法士正会員(応募年度までの会費納入済みの方)

2. 研究組織

(研究I)研究組織は2法人以上(研究分担者は神奈川県士会員を1名以上含む).
(研究II)研究代表者は免許取得7年目以下で,研究組織は1法人以上

研究組織の例
図 研究組織の例

3. 研究期間 交付決定

2019年10月中~2021年3月31日(約18カ月間)

4. 公募期間

2019年5月1日~2019年7月31日

5. 課題採択の可否

2019年8月末日までに事前評価委員会にて決定

6. 応募・投稿義務

神奈川県作業療法学会または日本作業療法学会への応募
「神奈川作業療法研究」への投稿

7. 研究計画書書式

ウェブサイトよりダウンロードして使用すること

《ダウンロードファイル》

研究助成事業概要(PDFファイル)
研究計画書(WORDファイル)
過去の助成金一覧(PDFファイル)

(学術部)

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/post/1560

第6回 神奈川県作業療法士会 社員総会

第6回 神奈川県作業療法士会 社員総会


日時:2019年5月19日(日) 受付 9時30分  総会開始 9時45分
場所:かながわ労働プラザ(横浜市中区寿町1丁目4番地)


(事務局)

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/post/1552

2019・2020年度役員選挙について

2019・2020年度役員選挙について


2019・2020年度の役員選挙の立候補を2019.2.11(当日消印有効)で締め切りました.また,定数を満たさない欠員分は理事会にて推薦しました.

その結果,理事18名,監事2名の立候補者および推薦候補者がありましたことをご報告させていただきます.立候補者および推薦候補者は,下記の日程で行われる社員総会での承認をもって正式に役員として決定されます.



(選挙管理委員会)

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/post/1551

2019年度 新入会員募集!!

2019年度 新入会員募集!!


一緒に神奈川OTを盛り上げませんか

新年度を迎え、新入会員を募集します。神奈川県作業療法士会では、研修会や学術大会などを開催しています。ぜひこの機会にご入会下さい。

すでに会員の方は、4月号県士会ニュースに、新入会員向けの入会案内を同封しました。新入職員の方やまだ県士会に入会されていない方にぜひご紹介下さい。


入会方法はこちらから
URL: https://kana-ot.jp/association……ission.htm

(福利部)

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/post/1549

2019・2020年度役員選挙の結果についての修正とお詫びについて

2019・2020年度役員選挙の結果についての修正とお詫びについて


この度,2019.2.28から掲載している2019・2020年度役員選挙に関する記事で,立候補者の人数に誤りがありました.

誤)理事14名,監事0名の立候補
正)理事15名,監事0名の立候補

関係者ならびに立候補くださった方々には大変失礼いたしました.
ここにお詫びを申し上げます.

なお,理事会による推薦は,修正内容を反映させて行っていただいております.

(選挙管理委員会)

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/post/1539