Return to 各部・各委員会

エリア化推進委員会

活動内容


エリア化推進委員会は、地域に根差した作業療法の実践に向けて、会員間のネットワーク構築を促進していきます。


活動計画(2019年度)


1.エリア化推進委員会の会議実施
2.会員交流会の開催
3.エリア化に関する情報発信
4.その他、エリア化推進に関わるもの


構成委員の紹介


担当理事 大郷和成(遊びリパーク リノア)
委員 遠藤陵晃(よこはまYMCA学院専門学校、理事)
金山桂(介護老人保健施設千の風・川崎、理事)
佐藤良枝(曽我病院認知症疾患医療センター、理事)
澤口勇(訪問看護ステーション レンゲの花、理事)
神保武則(北里大学病院、理事)
渡村卓也(遊びリパーク リノア)
吉本雅一(医療法人沖縄徳洲会 湘南鎌倉総合病院、理事)


担当理事からのひと言


神奈川県作業療法士会では、「各会員が地域で作業療法を実践していく際にどのようなお手伝いができるだろうか?」と問い続けており、出てきたキーワードが「ネットワークの構築」でした。将来、県内全域に存在する作業療法士たちが、「市町を主とする各エリアの作業療法士たちが連携を成し、行政や他団体と共に県民や市民を支えていくことになる」と考えております。

2019年度の当委員会における事業では「顔が見えるナナメの関係づくり:ネットワークの構築」を第一の目的とし、県内8か所で会員のみなさまに集まって頂く企画を進めております。当委員会の活動に注目していただけると幸いです。
( kaotあっとまーくkana-ot.jp [件名:エリア化推進委員会に転送])

(以上,文責:大郷和成)

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/departments/area.htm