Return to 各部・各委員会

制度対策部

活動内容


制度対策部は、医療介護保険を中心とした社会保障制度対策に関すること、福祉用具の普及発展に関わること、災害対策に関することを中心に、作業療法(士)に関連する法規、諸制度に関する活動を行います。


活動計画(2019年度)


社会保障制度対策事業
  1. 作業療法に関わる社会保障制度(医療保険・介護保険・障害者総合支援法など)の情報収集
  2. 作業療法に関わる社会保障制度の情報発信
  3. 日本作業療法士協会の制度対策に関する連携
福祉用具対策事業
  1. 福祉用具に関する会員向け研修会開催
  2. 福祉用具に関する情報提供,相談支援
  3. 他団体からの要請に対し,福祉用具関連講師の派遣
災害対策事業
  1. 災害対策に関する情報の収集と発信
  2. 大規模災害リハビリテーション支援関連団体協議会(JRAT)との連携
  3. 日本作業療法士協会および県内他団体との災害対策に関わる連携
自動車運転と作業療法に関する事業
  1. 自動車運転と作業療法に関する情報の収集と発信
  2. 自動車運転と作業療法に関する普及啓発


構成部員の紹介


部長 野本義則(自宅会員)
社会保障制度対策事業班
班長 山根剛(茅ヶ崎リハビリテーション専門学校)
班員 奥村容子(国府津病院)
岸貴雅(藤沢病院)
前田智恵子(神奈川県立相模原中央支援学校)
福祉用具対策事業班
班長 沼田一恵(自宅会員)
班員 金原衣理子(イムス横浜狩場脳神経外科病院)
秋枝舞(イムス横浜狩場脳神経外科病院)
千葉利奈(イムス横浜狩場脳神経外科病院)
木村亮介(リハリゾートわかたけ)
神保匡良(茅ヶ崎リハビリテーション専門学校)
宮田和典(横浜なみきリハビリテーション病院)
加藤結花里(介護老人保健施設リハセンターさわやか)
鎌田博之(横浜なみきリハビリテーション病院)
高吉亮平(東名厚木病院)
井上里菜(イムス横浜狩場脳神経外科病院)
川辺均(茅ケ崎新北稜病院)
田畑雄吉(自宅会員)
長井美奈子(横浜市立脳卒中・神経脊椎センター)
山崎あゆみ(自宅会員)
災害対策事業班
班長 西則彦(横浜市総合リハビリテーションセンター)
自動車運転と作業療法事業班
班長 渡邉隼人(さがみリハビリテーション病院)
班員 渡辺謙斗(横浜なみきリハビリテーション病院)


担当理事からのひと言


制度対策部は今年度、4つの班を中心に活動してまいります。
以下各班長より。

社会保障制度対策班は、作業療法士に関わる医療福祉の情報をできる限り収集し、ブログなどを通じて情報提供、情報の活用を検討実施することを目的としております。また、今期も引き続き、「特別支援教育とOT」に関しても積極的に取り組んでいきます。(社会制度対策班長 山根)

福祉用具に馴染みのない方・一から学んでみたい方は研修会へ、困ったときには相談支援システムへ、自助具や環境整備に関わった方はモデル事業へ投稿を、ご活用・ご協力お願いいたします!(福祉用具対策事業班長 沼田)

災害対策班は、大規模災害時や県内の局所災害などにも迅速に対応できるよう、現在準備を進めており、今年度も引き続き、会員安否確認システムのテスト運用を予定しております。その際はぜひご協力ください。被災地では生活や環境を支援できる作業療法士の必要性が高まっています。しかし、災害時の後方支援、災害時に活動できる人材の育成など課題が多くあります。災害時の対応について、一緒に考えてくれる方を募集しておりますので、ご興味のある方は是非こちらまでnishi.n@yokohama-rf.jpご連絡ください!(災害対策事業班長 西)

自動車運転と作業療法事業班は、今年度より担当から班に形を変えて活動していきます。班としてまずは神奈川県内の自動車運転支援の実情を調査しつつ、地域ごと・病院ごと等で情報を整理していきます。また、県警や県警所属OTをはじめとした外部団体との連携体制を検討するため、情報共有を進めていきます。OT協会から発信された情報や自動車運転支援に関わる情報も今後皆様にも共有できるよう活動していきます。(自動車運転と作業療法事業班 渡邉)

担当理事として各班の事業がよりスムーズに実行されるようにバックアップするとともに、県士会にとって必要な新たな事業の創設も行っていきたいと考えております。今に満足せずより良いものを作っていくよう、班長と各班のメンバーとともに尽力いたします。ご協力の程どうぞよろしくお願いいたします。

(以上,文責:野本義則)

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/departments/seido.htm