認知症対策委員会

活動内容


県民、地域住民の方々に認知症への理解を深めるための普及・啓発活動や,認知症の予防、認知症のリハビリテーション、認知症のケア等専門職としての支援活動、地域の医療・介護などを連携させるための活動ができるよう県士会員対象に研修会を開催する。


活動計画(平成28年度)


  1. 認知症を認知しよう会へのブース出展(9月)
  2. 研修会の開催


構成委員の紹介


担当理事 村越妙美( 川崎医療生活協同組合介護福祉事業部)
委員 阿部文香(小沢病院通所リハ)
石山亜希子(いきいきクリニック)
菊地美帆(横浜市総合保健医療センター)
白熊千裕(みどり野リハビリテーション病院)
西川航平(介護老人保健施設こもれび)
丸山祥(ふれあい平塚ホスピタル)
矢野竜也(わかば訪問看護ステーション)


担当理事からのひと言


寿命が延びている中で健康寿命との差が10年程有ることも残念なことです。心身供に健康寿命を延ばす事、認知症の人を含む高齢者にやさしい地域づくりをすること、それを地域で援助する作業療法士を一緒に目指していきましょう。

(以上,文責:村越妙美)

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/departments/ninchi-sho.htm