Category Archive: 在校生からメッセージ

【在学生】第30回 益々感じる作業療法の魅力

益々感じる作業療法の魅力  はじめに,私が作業療法士という職業を知ったのは高校生の時でした.将来の進路を考えているときに,医療専門職の作業療法士という職業について,気になり調べたのがきっかけでした.高校時代までは,将来に …

続きを読む »

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/essay/post/258

【在学生】第29回 “理由”は学校で見つけた

 「“理由”は学校で見つけた」  人は朝起きてから、夜眠りに就くまでいくつの作業を行っているでしょうか。  ある主婦は、いつもの時間になっても起きてこない娘を起こすために、二階の子供部屋に行き、布団を剥ぎ取ります。  あ …

続きを読む »

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/essay/post/223

【在学生】第28回 たった一言

 「たった一言」  「あなたは作業療法士が向いているんじゃない?」と、高校の担任の先生に言われたこの一言で、私は作業療法士という仕事を初めて知りました。今まで大きな怪我をすることがなく、リハビリテーションも受けたことがな …

続きを読む »

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/essay/post/218

【在学生】第27回 作業療法士を目指して

 「作業療法士を目指して」  高校生の自分がまさか十年後に作業療法士の専門学校に通っていると予想もできず、作業療法士の「さ」の字も知りませんでした。私は高校卒業後、格好が良くて高収入が得られるとの軽い気持ちから建築士に憧 …

続きを読む »

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/essay/post/207

【在学生】第26回 学生が思う作業療法の魅力

 「学生が思う作業療法の魅力」  私は小学生の頃から,ボランティアなどで自分が関わった人が笑顔になることが嬉しく,将来は困っている人を笑顔にさせる仕事をしたいと漠然と考えていました.その後,病気で苦しんでいる患者さんを笑 …

続きを読む »

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/essay/post/193

【在学生】第25回 私ができる「これっぽっち」

 「また増えたのよ、困ったものね。」  祖父母のそんな呟きを、幼い頃から何度か耳にしていました。核家族化が問題視される中、私の家は二世帯で暮らしております。祖父母に父母、そして私と姉、犬が二匹に猫一匹の計9名での毎日を送 …

続きを読む »

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/essay/post/189

【在学生】第24回 作業療法との出会い

 私が作業療法士を志した理由は、小学生の頃に祖父が病院に入院し、そこでリハビリテーションを受けていて、作業療法士という仕事を知りました。まだ小学生だったので詳しいことはわからず、ただ祖父が楽しそうに作業をしているのを見て …

続きを読む »

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/essay/post/143

【在学生】第23回 作業療法の世界に進む

 私は、作業療法がどのような職業かが分らないまま、リハビリテーションに興味があるという理由から現在通学している大学に入学し2年が経過しようとしています。リハビリテーションに興味を持った理由を今考えると、幼い頃からバスケッ …

続きを読む »

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpm/essay/post/138

1 / 41234