Category: 本・文献紹介

認知症関連図書の紹介です!!

お久しぶりです。yumo13です。

 今回は、認知症の人と家族の会がまとめた認知症関連の図書資料を紹介します。

誇らしいことに図書と関わりを持ったOTも多くいらっしゃいます。

是非ご確認ください。

ガイドブック一覧

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/marche/2019/464

SDATではなくてLATE?


BBC NESJAPANの2019年5月1日付で
「アルツハイマー患者、実は別の種類の認知症か=国際研究」
という記事が掲載されています。

要旨としては
米ケンタッキー大学のピート・ネルソン博士を中心とする国際研究チームが
生前にSDATと診断された認知症患者の脳を死後解剖した結果
LATE(Limbic-predominant age-related TDP-43 encephalopathy、大脳辺縁系優位型老年期TDP-43脳症)という病気が含まれていたことを医学誌「ブレイン」に発表したとのことです。

詳細は、ぜひ上記記事をご参照ください。

CBS大脳皮質基底核症候群など
臨床診断と病理診断が必ずしも綺麗に一致はしていないとは聞いていましたが
医学の進歩によって、より詳細に明確にいろいろなことがわかってくるということは
本当にすごいことだと感じています。

疾患概念は変遷される
目の前にいる対象者の方が最前線なのだと改めて思わされました。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/marche/2019/410

フランスで抗認知症薬が保険適用から除外


フランスでは、2018年8月から
ドネペジル等の抗認知症薬4剤が保険適用から除外されるとの報道がありました。

『「医療上の利益が不十分」アルツハイマー型認知症治療薬 フランスで保険適用を外されたワケ』
https://answers.ten-navi.com/p……ews/14317/

この記事の要旨は下記の通りです。
臨床試験のエビデンスが実臨床に直接繋がっていないという有効性と
消化器系・循環器系に対する副作用のリスク、薬物相互作用による副作用のリスクという安全性から
保健償還不可とフランス高等保健機構が2016年に公表した勧告を受けて
フランス保健省がアルツハイマー型認知症治療薬の保険償還を2018年8月1日から停止すると発表

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/marche/2019/402

HP紹介「ディペックス・ジャパン健康と病いの語り」


今日はサイトの紹介をします。

「ディペックス・ジャパン 健康と病いの語り」というウェブサイトです。
患者主体の医療の実現を目指しているNPO法人が開設・運営しているサイトです。
元々はがんのサバイバーの方の語りから始まったようですが
こちらのサイトに
「認知症の語り」というコンテンツがあります。

ご本人やご家族が
診断された時の気持ちや暮らしの中で遭遇する困難についてなど
それぞれのテーマについて語られたことを数分でまとめられたコンテンツを見ることができます。

書籍版として
日本看護協会出版会から「認知症の語りー本人と家族による200のエピソード」も出版されています。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/marche/2019/387

「認知症疾患診療ガイドライン2017」紹介


今さらではありますが
「認知症疾患診療ガイドライン2017」をご紹介します。
医学書院から出版されています。
詳細はこちらをご参照ください。
http://www.igaku-shoin.co.jp/b……book=91798

また日本神経学会のサイトから全文無料でダウンロードも可能です。
https://www.neurology-jp.org/g……_2017.html

このガイドラインは
日本神経学会、日本神経治療学会、日本精神神経学会、日本認知症学会、日本老年医学会、日本老年精神医学会の6学会合同で作成されたガイドラインです。

内容は医師向けに編纂されたものではありますが
私たち作業療法士をはじめとするコメディカルスタッフが読んでもとても勉強になります。
認知症という状態像を来す各種疾患の知識から始まり、有益とされる治療法や制度の紹介まで記載されています。

ぜひ、ご一読を。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/marche/2019/382

認知症の人視点で描かれた漫画


認知症の人視点で見た日常をとらえた漫画が興味深かったので紹介します

どうしても介助側の都合(スケジュールなど)で思い通りに動いてくれない対象者にイライラしてしまうこともありますが、漫画だと対象者の気持ちを理解するのに分かりやすいなと感じました。

吉田美紀子@介護職エッセイ本(おたくま経済新聞)

 

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/marche/2019/378

紹介『「トイレ」に行くタイミングってどうやって決めますか?排泄予測デバイス「DFree」の挑戦」



今、話題になっている「排泄予測デバイスDFree」について
「SOAR(ソア)」さんのサイトに
2018年1月25日付でインタビュー記事が掲載されています。
こちらをご参照ください。
http://soar-world.com/2018/01/……ign=buffer

「DFree」についてはこちらに詳細が記載されています。
http://dfree.biz

開発秘話も描かれた本「10分後にうんこが出ますー排泄予知デバイス開発物語ー」
http://www.shinchosha.co.jp/book/350531/

これはスゴイ!
こんな小さな機器で的確に予測・通知してくれるなんて
たくさんの方の不安や心配を取り除いてくれると思いましたし
施設に勤務しているスタッフにとっても業務の効率化につながると思いました。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/marche/2018/259

アルツハイマー 歯周病が誘発 九大、関与の酵素特定



前の記事に関連してご紹介します。

2017年8月7日付けの西日本新聞に
「アルツハイマー 歯周病が誘発 九大、関与の酵素特定」
という記事も掲載されていました。

カテプシンBが脳内での炎症作用を促す一方、老人班の生成にも関わっていることを突き止めた。
とのことです。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/marche/2018/252