Category: ニュース

SDATではなくてLATE?


BBC NESJAPANの2019年5月1日付で
「アルツハイマー患者、実は別の種類の認知症か=国際研究」
という記事が掲載されています。

要旨としては
米ケンタッキー大学のピート・ネルソン博士を中心とする国際研究チームが
生前にSDATと診断された認知症患者の脳を死後解剖した結果
LATE(Limbic-predominant age-related TDP-43 encephalopathy、大脳辺縁系優位型老年期TDP-43脳症)という病気が含まれていたことを医学誌「ブレイン」に発表したとのことです。

詳細は、ぜひ上記記事をご参照ください。

CBS大脳皮質基底核症候群など
臨床診断と病理診断が必ずしも綺麗に一致はしていないとは聞いていましたが
医学の進歩によって、より詳細に明確にいろいろなことがわかってくるということは
本当にすごいことだと感じています。

疾患概念は変遷される
目の前にいる対象者の方が最前線なのだと改めて思わされました。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/marche/2019/410

フランスで抗認知症薬が保険適用から除外


フランスでは、2018年8月から
ドネペジル等の抗認知症薬4剤が保険適用から除外されるとの報道がありました。

『「医療上の利益が不十分」アルツハイマー型認知症治療薬 フランスで保険適用を外されたワケ』
https://answers.ten-navi.com/p……ews/14317/

この記事の要旨は下記の通りです。
臨床試験のエビデンスが実臨床に直接繋がっていないという有効性と
消化器系・循環器系に対する副作用のリスク、薬物相互作用による副作用のリスクという安全性から
保健償還不可とフランス高等保健機構が2016年に公表した勧告を受けて
フランス保健省がアルツハイマー型認知症治療薬の保険償還を2018年8月1日から停止すると発表

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/marche/2019/402

紹介『「トイレ」に行くタイミングってどうやって決めますか?排泄予測デバイス「DFree」の挑戦」



今、話題になっている「排泄予測デバイスDFree」について
「SOAR(ソア)」さんのサイトに
2018年1月25日付でインタビュー記事が掲載されています。
こちらをご参照ください。
http://soar-world.com/2018/01/……ign=buffer

「DFree」についてはこちらに詳細が記載されています。
http://dfree.biz

開発秘話も描かれた本「10分後にうんこが出ますー排泄予知デバイス開発物語ー」
http://www.shinchosha.co.jp/book/350531/

これはスゴイ!
こんな小さな機器で的確に予測・通知してくれるなんて
たくさんの方の不安や心配を取り除いてくれると思いましたし
施設に勤務しているスタッフにとっても業務の効率化につながると思いました。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/marche/2018/259

アルツハイマー 歯周病が誘発 九大、関与の酵素特定



前の記事に関連してご紹介します。

2017年8月7日付けの西日本新聞に
「アルツハイマー 歯周病が誘発 九大、関与の酵素特定」
という記事も掲載されていました。

カテプシンBが脳内での炎症作用を促す一方、老人班の生成にも関わっていることを突き止めた。
とのことです。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/marche/2018/252

「歯周病で認知症悪化、仕組みを解明 脳のゴミを増やす:朝日新聞デジタル」



「歯周病で認知症悪化、仕組みを解明 脳のゴミを増やす」
というタイトルの記事が2018年1月5日付けで朝日新聞デジタルに掲載されています。

国立長寿医療センター、名古屋大学などのグループの研究で
歯周病があると脳の海馬でのアミロイドβの量が増えたり
記憶学習能力が低下したという内容です。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/marche/2018/251

大和市の取り組み


以前、よっしーさんの記事で大和市で既に認知症のある方が事故を起こした時の賠償のための保険料を公費で支出することが議会で可決。29年11月から開始されることが記事になりました。

 

先日用事があって大和市役所を訪れたら大きなのぼりが掲げてありました。

 

新情報としては、30年1月より認知症の予防・早期発見のため、65歳以上の市内在住の希望者などを対象に、タブレットを活用し認知機能評価アプリを使った検査を開始。

神奈川県内自治体として初との事です。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/marche/2017/247

「認知症徘徊、公費で保険料 電車事故で賠償 神奈川・大和市」(日本経済新聞)

少し前の記事ですが
平成29年9月26日に日本経済新聞ネット版に
「認知症徘徊、公費で保険料 電車事故で賠償 神奈川・大和市」
という記事が掲載されました。

詳細はこちら
https://www.nikkei.com/article……0C1CC1000/

市によると、全国初の制度とのこと。

被保険者としての対象者は
「はいかい高齢者等SOSネットワーク」の登録者とのことです。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/marche/2017/222

認知症絡む事故、神戸市が給付金…賠償責任救済(読売新聞)


平成29年11月19日(日)YOMIURI ONLINEにて
「認知症絡む事故、神戸市が給付金…賠償責任救済」という記事が配信されました。

認知症高齢者らが事故などを起こして損害賠償責任が生じた際、本人や家族に給付金を支給する条例素案をまとめた。
とのことです。

詳細は
http://www.yomiuri.co.jp/natio……ytop_main2

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/marche/2017/219