Category: イベント情報

認知症、早期発見へ 65歳以上対象に無料検診 横浜市



認知症の疑いの有無を問診で確認する無料の物忘れ検診のお知らせです。

横浜市は、65歳以上の市民を対象に、認知症の疑いの有無を問診で確認する「もの忘れ検診」を無料で始める。市によると、県内では初の取り組み。市内89の医療機関で予約を受け付けている。

認知症の早期発見、早期対応につなげるのが目的。各医療機関は「長谷川式簡易知能評価スケール」など、2種類の簡易検査を使って問診し、認知症の疑いがあった場合、専門の医療機関を有料で紹介する。本年度はモデル事業として、3月31日まで検診する。

神奈川新聞のサイトへ

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/marche/2020/501

「認知症をにんちしよう会」秋のイベント開催のお知らせ

開催日時:2019年9月8日(日) 午前10時~午後3時
会場:小田原ダイナシティ ウエスト1F キャニオンステージ(小田原市中里208) https://www.dynacity.jp/access/

当委員会もイベントに参加致します。当日はステージ発表「コグニサイズ」とブースで「頭の体操」を担当致します。

イベント詳細

頭の体操では参加者の方全員に景品を用意しております。当日是非お待ちしております。

景品の準備風景です↓

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/marche/2019/454

認知症シンポジウム、改めフォーラム@小田原


来る6月23日(日)に小田原において、我が県士会の認知症対策委員会が参画するイベントが行われます。イベントを主催するのは小田原市と箱根・真鶴・湯河原の3町で活動する“認知症をにんちしよう会”。”にんちしよう会”は「地域で認知症を支えよう!」と、医療・福祉の多職種と地域行政とが協働するとてもユニークな団体です。“にんちしよう会”が発足してはや5年、県西での認知度も上がって来たかな?と思います。
“にんちしよう会”では例年、春にはシンポジウム秋にはイベントを行って来ました。今年は春のシンポジウムを大幅にバージョンアップ!名称も改めフォーラムとして行うこととなりました。
I
 上のチラシを見てもらえば一目瞭然ですが、認知症サポーター養成口座とトークセッションとの二本立て。午前の認知症サポーター養成口座は、各団体のその道のプロフェッショナルが口述する“世界一贅沢な”口座です。もちろん我が県士会からもプロフェッショナルが参りますよ!そして午後のトークセッションには認知症の当事者の方が登壇されます。当事者に口から語られるお話、私も今から楽しみです!
I
つきましては皆さまお誘い合わせの上、小田原までお越しになって下さい。認知症の地域支援に関心のある方、OTが参画するイベントに興味がある方はぜひ!

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/marche/2019/422

国際的な意識調査にご協力ください


公益社団法人認知症の人と家族の会のサイトに
「国際的な意識調査にご協力ください」というコンテンツが掲載されています。
http://www.alzheimer.or.jp/?p=15389

ご協力をお願いいたします。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/marche/2019/415

【報告】にんちしよう会イベント2018 @小田原



去る9月9日、小田原にて“認知症をにんちしよう会”によるイベントが行われ、わが認知症対策委員会も神奈川県作業療法士会として参画しましたので、ここに報告します。イベントの実施から報告まで日にちが経ってしまいました、ごめんなさい。

県士会としてはブースの出展、およびステージへの登壇での参画です。ブースで「頭の体操」、ステージで「コグニサイズ」と題目こそ昨年と同じですが、昨年のイベントから熟慮して、それぞれグレードアップしたものになったと自負しています。

ブースでの「頭の体操」ではより気軽に参加できること、標準値が示され明解であることからTrailMakingTestを行っています。思いのほかできて自信をつけて帰っていく方、一見するより難しく前のめりに取り組む方、と来場者はみな真剣です。ステージでの「コグニサイズ」では我が委員会の誇る若手?が登壇しました。良かったと思うのは来場者と一体になったライブ感ですね。主催者から「OTさんはいつも元気で良いね」との言葉をいただきました。



“認知症をにんちしよう会”のイベントも今年で4年目。今年も新たな団体の参画あり、ステージへの当事者の登壇ありと、イベントとして年々進化していることを感じます。わが県士会もイベントに参画して3年目。イベントの進化に触発されつつ、来年以降も作業療法としての立ち位置を見失うことなく参画していきたいです。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/marche/2018/361

ドキュメンタリー映画「毎日がアルツハイマー」の紹介



おすすめのドキュメント映画を紹介します

関口祐加 監督の実母(アルツハイマー)を監督ご本人が主介護者として映像記録された編集作品です。

失われていく能力ではなく、残っている能力を映像で楽しく表現されていると感じます。

仕事をしていると、本人の意思や気持ちを二の次にしてしまうことも多いですが、反省させられます。

今回はファイナルです。1、2もあります。youtubeで予告編を見られます。

映画館:シネマジャック&ベティ

期間:平成30年9月23日~10月5日

「毎日がアルツハイマー」オフィシャルサイト

 

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/marche/2018/354

認知症をにんちしよう会イベント2018 @HaRuNe小田原

I
来る9月9日(日)に小田原市にて認知症の地域イベントが執り行われます。主催するのは“認知症をにんちしよう会”。”にんちしよう会”は「地域で認知症を支える」とのスローガンのもと、地域行政の協力も得て、県西の1市3町における医療・福祉の多職種で作り上げたユニークな団体です。“にんちしよう会”は発足して4年目になり、春にはシンポジウムを、秋にはイベントを地域で行うのが通例となりました。
I
 私ども県士会も認知症対策委員会として“にんちしよう会”に参画して3年目、現在は来るイベントに向けて準備も大詰めです。ちなみに県士会はブースでTMTによる頭の体操を、ステージでコグニサイズを行いますよ。ブースへの来場者には手作りのプレゼント付きです。
I
つきましては、皆さまお誘い合わせのうえお越し下さい。また認知症の地域支援に関心のある方、OTが参画するイベントに興味がある方は、お気軽に県士会のブースまで声をかけて下さいね。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/marche/2018/338

認知症シンポジウム@小田原



昨日5月20日、小田原にて「認知症をにんちしよう会」の春の企画である認知症シンポジウムが行われました。「認知症をにんちしよう会」は小田原市と足柄下郡3町の、医療 ・福祉の各団体と行政との多職種で作り上げています。

今回のイベントは「認知症の方が住みやすいまちづくりを目指して!」をテーマに、特別講演とシンポジウムとの2部構成。前半は「認知症をにんちしよう会」の会長である武井和夫先生から認知症予防について、「生活習慣病対策からまちづくりまで」のお話がありました。認知症予防をさまざまな切り口から丁寧に説明され、とても分かりやすかったです。



後半は「みんなにやさしいまちを目指して!」をテーマに、各団体の代表によるシンポジウムが催されました。神奈川県作業療法士会からも理事の佐藤良枝氏がシンポジストとして、「作業体験を通してその方らしさを再体験・再確認できるように」と熱く語られました。



今回の認知症シンポジウムはまことに盛況のうちに閉幕しましたが、同時に「認知症をにんちしよう会」は秋のイベントに向けて走り出しています。乞うご期待!

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/marche/2018/306