Category: イベント情報

国際的な意識調査にご協力ください


公益社団法人認知症の人と家族の会のサイトに
「国際的な意識調査にご協力ください」というコンテンツが掲載されています。
http://www.alzheimer.or.jp/?p=15389

ご協力をお願いいたします。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/marche/2019/415

【報告】にんちしよう会イベント2018 @小田原



去る9月9日、小田原にて“認知症をにんちしよう会”によるイベントが行われ、わが認知症対策委員会も神奈川県作業療法士会として参画しましたので、ここに報告します。イベントの実施から報告まで日にちが経ってしまいました、ごめんなさい。

県士会としてはブースの出展、およびステージへの登壇での参画です。ブースで「頭の体操」、ステージで「コグニサイズ」と題目こそ昨年と同じですが、昨年のイベントから熟慮して、それぞれグレードアップしたものになったと自負しています。

ブースでの「頭の体操」ではより気軽に参加できること、標準値が示され明解であることからTrailMakingTestを行っています。思いのほかできて自信をつけて帰っていく方、一見するより難しく前のめりに取り組む方、と来場者はみな真剣です。ステージでの「コグニサイズ」では我が委員会の誇る若手?が登壇しました。良かったと思うのは来場者と一体になったライブ感ですね。主催者から「OTさんはいつも元気で良いね」との言葉をいただきました。



“認知症をにんちしよう会”のイベントも今年で4年目。今年も新たな団体の参画あり、ステージへの当事者の登壇ありと、イベントとして年々進化していることを感じます。わが県士会もイベントに参画して3年目。イベントの進化に触発されつつ、来年以降も作業療法としての立ち位置を見失うことなく参画していきたいです。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/marche/2018/361

ドキュメンタリー映画「毎日がアルツハイマー」の紹介



おすすめのドキュメント映画を紹介します

関口祐加 監督の実母(アルツハイマー)を監督ご本人が主介護者として映像記録された編集作品です。

失われていく能力ではなく、残っている能力を映像で楽しく表現されていると感じます。

仕事をしていると、本人の意思や気持ちを二の次にしてしまうことも多いですが、反省させられます。

今回はファイナルです。1、2もあります。youtubeで予告編を見られます。

映画館:シネマジャック&ベティ

期間:平成30年9月23日~10月5日

「毎日がアルツハイマー」オフィシャルサイト

 

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/marche/2018/354

認知症をにんちしよう会イベント2018 @HaRuNe小田原

I
来る9月9日(日)に小田原市にて認知症の地域イベントが執り行われます。主催するのは“認知症をにんちしよう会”。”にんちしよう会”は「地域で認知症を支える」とのスローガンのもと、地域行政の協力も得て、県西の1市3町における医療・福祉の多職種で作り上げたユニークな団体です。“にんちしよう会”は発足して4年目になり、春にはシンポジウムを、秋にはイベントを地域で行うのが通例となりました。
I
 私ども県士会も認知症対策委員会として“にんちしよう会”に参画して3年目、現在は来るイベントに向けて準備も大詰めです。ちなみに県士会はブースでTMTによる頭の体操を、ステージでコグニサイズを行いますよ。ブースへの来場者には手作りのプレゼント付きです。
I
つきましては、皆さまお誘い合わせのうえお越し下さい。また認知症の地域支援に関心のある方、OTが参画するイベントに興味がある方は、お気軽に県士会のブースまで声をかけて下さいね。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/marche/2018/338

認知症シンポジウム@小田原



昨日5月20日、小田原にて「認知症をにんちしよう会」の春の企画である認知症シンポジウムが行われました。「認知症をにんちしよう会」は小田原市と足柄下郡3町の、医療 ・福祉の各団体と行政との多職種で作り上げています。

今回のイベントは「認知症の方が住みやすいまちづくりを目指して!」をテーマに、特別講演とシンポジウムとの2部構成。前半は「認知症をにんちしよう会」の会長である武井和夫先生から認知症予防について、「生活習慣病対策からまちづくりまで」のお話がありました。認知症予防をさまざまな切り口から丁寧に説明され、とても分かりやすかったです。



後半は「みんなにやさしいまちを目指して!」をテーマに、各団体の代表によるシンポジウムが催されました。神奈川県作業療法士会からも理事の佐藤良枝氏がシンポジストとして、「作業体験を通してその方らしさを再体験・再確認できるように」と熱く語られました。



今回の認知症シンポジウムはまことに盛況のうちに閉幕しましたが、同時に「認知症をにんちしよう会」は秋のイベントに向けて走り出しています。乞うご期待!

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/marche/2018/306

中井貴一さん主演、若年性アルツハイマーを宣告された敏腕弁護士のドラマ



若年性アルツハイマーを宣告された弁護士が最後まで自分の尊厳を守りぬこうとする姿と家族のお話です。

フジテレビCS放送なので契約していないと視聴出来ませんが御案内させて頂きます。

 

2018年3月21日(水・祝)22時から『フジテレビONE/TWO/NEXT×J:COM共同制作 連続ドラマ「記憶」』を放送。

韓国で“復讐3部作”と言われる『魔王』『復活』『サメ』を生み出したパク・チャンホン監督×脚本家キム・ジウが、韓国tvN10周年記念特別ドラマとして再タッグを組んだ感動作『記憶~愛する人へ~』を、フジテレビとJ:COMの共同制作で日本版としてリメイクする本作は、若年性アルツハイマーを宣告された敏腕弁護士の人生を懸けた闘い、最後まで自分の尊厳を守り抜こうとする彼の姿と家族の愛を描く、壮大な人間ドラマです。
主演の中井貴一が演じる敏腕弁護士・本庄英久(ほんじょう・ひでひさ)の現在の妻、本庄遥香(ほんじょう・はるか)を演じるのは、ドラマや映画、舞台など数々の作品で演技の幅を広げている優香。
アソシエイトとして本庄を支える新人弁護士の二宮正樹(にのみや・まさき)役には、子役から活動を続け、その高い演技力で近年ではNHK連続テレビ小説『ひよっこ』や、映画『サバイバルファミリー』など多くの作品で活躍している泉澤祐希。
本庄の事務局・足立初花(あだち・はな)役には、2017年10月クールの月9『民衆の敵』で高橋一生演じる藤堂誠と関係を持つデリヘル嬢を演じ、人気急上昇中の今田美桜。

また、本庄の別れた前妻・篠原佳奈子(しのはら・かなこ)役は、誰もが認める演技派女優の松下由樹が演じます。他にも、丸山智己、三浦貴大、草村礼子、石丸謙二郎など、そうそうたる豪華な顔ぶれがそろいました。
また、物語の舞台となる横浜を背景に、本庄と佳奈子の事故で亡くなった幼き息子を象徴する丘と黄色いチューリップがデザインされたポスタービジュアルも完成しました。

そして、このたび3月21日(水・祝)22時から第1話を放送することが決定いたしました。「フジテレビNEXT ライブ・プレミアム」と「J:COMプレミアチャンネル」で同時放送し、以降、毎週水曜22時から、全12話でお届けします。また、本作は、4K映像でも撮影されており、放送後の同日0時より、J:COM動画配信サービス「J:COMオンデマンド」で4K版を配信いたします。

オフィシャルサイトへ

第1話ストーリー

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/marche/2018/267

「介護フェアinかながわ」のお知らせです。

 



「介護の日」関連イベントとして、神奈川県で「介護フェアinかながわ」を開催されますのでお知らせ致します。

 介護の仕事に関心のある方はもちろん、これまで介護との接点が少ない、介護に関心がない層に対しても介護の仕事の魅力を発信し、就業していない女性、中高年齢者など、あらゆる層に介護への理解や関心を高めることで、介護に携わる人材のすそ野を広げ、多様な人材の確保につなげていくことが目的となっています。

 

開催日  平成29年11月5日(日曜日)

開催時間 11時30分から17時まで

会場 新都市ホール 横浜新都市ビル(そごう横浜店)9階

参加費:無料

「介護フェアinかながわ」特設ページはこちら

 

 

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/marche/2017/170

「つながろう!地域の支え合い」ご紹介



平成29年10月22日(日)に国士舘大学世田谷キャンパスにおいて
リハビリテーション専門職合同フォーラム
「つながろう!地域で支え合い〜リハビリテーションでいきいき元気〜」が開催されます。

これからは、地域がメインとなっていくことが要請されています。
特別に認知症に特化した内容ではありませんが、無関係なことではありませんのでご紹介します。

一日かけてのイベントですが
入退場自由、事前申込不要、参加費無料でどなたでもご参加いただけます。

詳細は添付してあるチラシをご参照ください。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/marche/2017/153