研修会開催結果報告



10月2日(水)に当委員会で認知症に関する研修会を開催しました

内容は6月30日(日)の午前中に開催した基礎編と同内容でしたが、今年度はあえて平日の夜に開催するという試みでした。会場は小田原駅徒歩5分程度のumecoという小田原市の施設にしました。ここは、当委員会が月1回の会議で使用している会場なのですが、アクセスが良く綺麗で市民や学生も夜遅くまで使用しています。

参加者は16名、大半は県西地区勤務者でしたが、横浜エリアからも数名参加がありました。



アンケートの結果を掲載致します↑

平日の19:00からという開催時間に不安もありましたが、アンケートは少し意外な結果となりました。土日は研修に参加出来ない方や、平日だと他の研修会と被らないのでありがたいという声があり、おおむね満足度が高いという結果となりました。

6/30と今回のアンケート結果を基に、来年度からの研修会プランを考えていきたいと思います。

 

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/marche/2019/474

認知症の参考資料です

皆さんこんにちは。だいふくです。

だんだんと秋が深まってきましたね。

今回認知症に関する書籍を1つ紹介します!

出版社はシーニュから出ている 小田陽彦さん著書の
『科学的認知症診療 5 Lessons 』です。
中身は認知症に関する科学的なデータと海外の論文なども含めた
かなり内容は濃いものとなっています。
提供する治療方法にどのような科学的な根拠があるのか非常に明快に書いてあります。

ぜひご一読させると、明日からの臨床にも活かせると思います!

中堅からベテランOTでも読み応えありますので、ぜひぜひ読んでみてください(^-^)

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/marche/2019/471

認知症関連図書の紹介です!!

お久しぶりです。yumo13です。

 今回は、認知症の人と家族の会がまとめた認知症関連の図書資料を紹介します。

誇らしいことに図書と関わりを持ったOTも多くいらっしゃいます。

是非ご確認ください。

ガイドブック一覧

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/marche/2019/464

「認知症をにんちしよう会」秋のイベント開催のお知らせ

開催日時:2019年9月8日(日) 午前10時~午後3時
会場:小田原ダイナシティ ウエスト1F キャニオンステージ(小田原市中里208) https://www.dynacity.jp/access/

当委員会もイベントに参加致します。当日はステージ発表「コグニサイズ」とブースで「頭の体操」を担当致します。

イベント詳細

頭の体操では参加者の方全員に景品を用意しております。当日是非お待ちしております。

景品の準備風景です↓

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/marche/2019/454

認知症に関する研修会情報です

認知症に関する基礎知識2019年度版(2019/6/30に開催した「午前の部」と同内容になります)

内容
認知症に関わる上で見逃せないフィジカルアセスメントや、4大認知症の特徴や概要など基礎ではあるけど重要な内容となります。またDSM-5で変更された定義と概念、認知症の最近の知見もお伝えします。

講師
介護老人保健施設グレースヒル湘南 椎野光優
鶴巻温泉病院 リハビリテーション科 山口拓也

日時:2019年10月2日(水)18:30~受付開始 19:00~21:00
場所:umeco会議室room2(小田原駅から徒歩約3分)
住所:〒250-0011 小田原市栄町一丁目1番27号(小田原駅東口駐車場1階)
TEL:0465-24-6611 HP: http://umeco.info/use/access/

申し込み方法

下記URLの専用フォームからお申し込み下さい

https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7529/

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/marche/2019/453

初めまして(^^)

今年度より、認知症対策委員を務めさせて頂くことになりました「ゆう」です(^^)

私は作業療法士5年目になります。

県内の慢性期病院で働いており、回復期病棟、医療療養病棟を経て、現在は地域包括ケア病棟に所属しています。

最近では維持期〜終末期の認知症の方を担当する機会が多く、その中で日々重要と感じているのは「介護者への支援」です。

ご本人への介入はもちろんですが、認知症の人の家族介護者に対する心理的社会的介入は、介護負担感やBPSDを軽減すると言われています。

この委員会でも年に数回「家族の会」に参加する機会があります。地域で暮らす認知症の方やご家族と接し、少しでも力になれればと思います。また、私は病院でしか働いたことがないので、地域で暮らしている方の生の声を聞ける貴重な機会に参加できることが今から楽しみです(^^)

まだまだ若輩者ですが、委員会の活動や臨床を通して、新人さんや皆さんに分かりやすく発信していければと思います。

どうぞ宜しくお願いします。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/marche/2019/446

認知症予防に思うこと

はじめまして。みのりんぱぱと申します。

熊本県士会、群馬県士会と渡り歩き、今年生まれ故郷である神奈川に戻りました。

 

現在は、無床の診療所に籍を置き、地域活動を中心に取り組んでいます。

認知症予防・介護予防が、活動の中心になります。認知症予防もご存知のように、一次予防から三次予防まであります。

一般の方々には、分かりにくい(であろう)この制度を、分かりやすく、正しく周知、且つ環境整備を行うことが、自分の仕事だと思っております。

この予防施策が、広く、正しく周知されることで、”認知症になっても安心して地域で暮らせる社会”になると信じています。

OTとしての活動は、だいぶ年月が経ちましたが、認知症対策委員としての活動は、一年生です。

委員長をはじめ、委員の皆さんの背中を見つつ、県士会の皆さん、県内の認知症に関わる皆さんに貢献できるような活動をしていきたいと思っております。

よろしくお願い致します。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/marche/2019/442

これが表すもの…





このグラフ、何の事だかわかりますか?6月30日に行われた研修会の結果です。前回のブログにも載せましたが、殆どの方がこの研修会に満足されているのです。

実際の声の一部を紹介しましょう!!

「実際に臨床にいるような方に対する対応方法や改めて認知症/BPSDの事を詳しく知ることが良かったです。臨床でも生かしていければと思います。」

「基礎から応用までとても充実した内容でした。臨床に役立つ様な内容でとても勉強になりました。」

「認知症についてきちんと学習できていなかったと改めて感じ基礎から応用まで学ぶことができて有難かったです。現場に生かしていきたいです。ありがとうございます。」

「在宅で認知症家族への対応に困っている方が多く、今回の研修でアプローチのヒントになるものをたくさん知ることが出来ました。ステーションの他スタッフとも共有していきたいと思います。」

「再認に段階をつけることで評価がさらに深くなること、さっそく臨床で使っていこうと思います。」

「職場では認知症専門棟の担当セラピストをしていることもあり本日の内容はまさに明日から活用できるものばかりだったと感じます。去年も同様の研修会を受講しましたがグレードアップしており大変満足です。」

 

 

神奈川県作業療法士会 認知症対策委員会主催による勉強会は毎年行っており、今回で3度目になります。次回の研修会は基礎編のみになりますが、10月2日(水)の夜に行われます。どうぞご検討下さい(^^)

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/marche/2019/435