職場見学会報告 ~作業療法の可能性・必要性を感じた1日~

9月22日(木)特定非営利法人 laule’a(ラウレア)放課後等デイサービス「遊びリパークLino’a(リノア)」にて職場見学会を実施させて頂きました。講師は「スポットライト~OTの生き方~」にも寄稿して頂いた大郷和成先生です。「遊ぶ力を伸ばし、学ぶ力を身につけ、生きる力を育む」というテーマを基にした施設の紹介や児童たちとの触れ合いなど、とても充実した時間となりました。遊びの中にリハビリの要素を取り入れ、児童たちの興味・主体性を引き出すことが大切との先生の話の通り、広々とした施設内でたくさん遊具を上手に使用して遊ぶ児童たちの素敵な笑顔をみることができ、参加者の皆様も自然と笑顔になっていました。質疑応答ではそれまで勤めていた病院から地域に移った経緯や、今後の取り組みについての説明があり、参加者からも多くの質問が挙がりました。今回の見学会を通して感じた事は、作業療法士は活躍する枠に捉われず、様々な分野・領域で活動する事が可能だという事です。その源には「患者様・利用者様を良くしたい、地域のために貢献したい」など熱い思いがあってこその事だと感じました。私たち、作業療法士は多くの方に必要とされています、熱い思いを持って、その可能性を広げていきたいと改めて感じる1日となりました。

また先生からは「いつでも施設に見学に来てください」との言葉を頂きました。皆様も是非一度、放課後等デイサービス「遊びリパークLino’a(リノア)」を見学されてはいかがでしょうか。

img_1984 img_1992

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/action/2016/153

平成28年9月19日 現職者共通研修 第1回目

こんにちは!教育部です。
本日、今年度最初の現職者共通研修がウィリング横浜にて開催されました。

約60名もの多くの受講生の中、各講師の先生方に講義をして頂きました。

image
1コマ目【作業療法生涯教育概論】
県士会教育部理事・神奈川県立保健福祉大学の奥原孝幸先生に行って頂きました。

image
2コマ目【職業倫理】
県士会事務局長・イムス横浜狩場脳神経外科病院の福留大輔先生に行って頂きました。

image
3コマ目【実践のための作業療法研究】
昭和大学の作田浩行先生に行って頂きました。

image
受講生の皆様は各先生の講義を熱心に聞いてました。学び多い1日になったかと思います。

全10テーマの内、3テーマは終了致しました。

次回の研修は平成28年11月20日(日)ウィリング横浜にて開催予定です。沢山の参加をお待ちしております。

 

以下に案内があります。是非アクセスをよろしくお願い致します。

http://kana-ot.jp/wpm/lecture/……urse/h2801

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/action/2016/147

財務部のブログ、知ってる?

cimg0306
朝晩は涼しくなってほんのり秋めいてきましたね (^^)

こんにちは!
財務担当理事のよっしーです。

みなさま、この県士会サイトに財務部のブログがあるの、知ってました?
その名も「 財務’s Jobs 」


この上にある赤い文字のタイトルをクリックしてみてください m(_ _)m

財務部は直接的には会員のみなさまにお目にかかる機会がないので
いったい何をしてるんだろう?というナゾの部門かもしれません (^^;

現代日本は資本主義社会ですから、何をするにもお金が必要です。

県士会活動は、会員のみなさまから会費を納入していただいているからこそ成り立っています。
詳細は「総会資料説明:決算報告(収入)」でご覧いただけます。
会費を納入してくださいまして、本当にどうもありがとうございます。

みなさまからお預かりしている会費がより有効に
会員のみなさまのために役立つように、ひいては神奈川県民のみなさまの健康増進に役立てるように
そのためのお金にまつわる管理が財務部のお仕事です。

みなさまの会費がどんな風に使われているのか
県士会の事業をお金という視点で眺めると新たな発見もあるかもしれません。

「 財務’s Jobs 」

こちらにもどうぞお立ち寄りくださいませ ☆

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/action/2016/127

認知症をにんちしよう会イベントブース出展

認知症対策委員会です。
9月25日(日)10:00~16:00 小田原駅にあるハルネ小田原にて

認知症をにんちしよう会主催の、地域の方への認知症について啓蒙するイベントにて

ブースを出展することになりました。

 

ステージ企画では、全体の参加者向けに体操や脳トレを

ブース企画では、興味関心チェックリストやアクティビティを提供します。

 

誰でも参加できますので、お近くの方はぜひ覗きにいらしてください☆

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/action/2016/122

明日から使える環境調節スキル研修 第3回が開催されました!

こんにちは。県士会制度対策部福祉用具対策事業班です。

9月4日(日)にウィイング横浜にて第3回の環境調節スキル研修が開催されました!

今回のテーマは「車椅子の移動と屋外移動アプローチ」でした。

★1コマ目は【車椅子の移動について】

車椅子の仕組みや上肢駆動と下肢駆動の調節の違いなど実技を交えながら丁寧に教えて頂きました。

車椅子の調節については業者の方が多くのモジュール型車椅子を持ってきて頂き、ご指導頂きました。

普段、患者・ご利用者様に提供する機会があっても、細部まで調節できるのは貴重な体験だなと感じました!

1311
1210
★2コマ目は【屋外アプローチについて】

屋外アプローチで、自分で乗って!操作して!体験する!という内容でした。

その為になんと会場には様々な段差やスロープが…!

873
実際に体験してみると、よく見る数センチの段差も乗り越えるのが凄く大変な事だと実感しました。

また、製品のメッリト・デメリットも見つける機会になったと思います。

 

次回の研修は11月27日(日)ウィリング横浜で行います!

テーマは「起居動作(ポジショニングやベッドマットレス)と移乗動作について」です。

あまり触れる機会の少ない福祉用具の体験ができるよう準備しております。

病院・老健・地域と領域問わず、皆さまの日頃の悩みのヒントになればと思います!

皆様のご参加心よりお待ちしております!

 

 

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/action/2016/110

職場見学・体験会開催決定! 先着順なので申し込みはお早めに!

今年も職場見学・体験会が開催されます!

今年のテーマは「起業」です。「起業」と聞いてみなさんどんなイメージを抱きますか?

私には関係がない事と思っている方が多いのではないでしょうか!?

そんな事はありません。「起業」は作業療法の「必要性」「可能性」を広げることです。

みなさんが働いている場所・領域・年代に関わらず絶対に必要な事です。

ぜひとも、職場見学・体験会に参加し講師の熱い思いを感じて、ご自分の作業療法の「必要性」「可能性」を広げて頂ければと思います!!

貴重な小児領域の見学・体験会になっておりますので多くの方の参加をお待ちしております。先着順ですので申し込みはお早めに!!

職場見学体験会2016 お知らせ

 

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/action/2016/102

第2回 明日から使える環境スキル研修会が開催されました!

864
皆さん、こんにちは!制度対策部 福祉用具対策班です!

8/6に第2回明日から使える環境スキル研修が開催されました。

今回のテーマは「車椅子の調節と座クッションの選定」でした。

業者の方々が沢山の車椅子や座クッションを持ってきて頂き、用具の特徴や使用方法など実技を通し教えて頂きました。

その他にも、講師の皆さまから明日から実際に使いたくなる豆知識や情報を教えて頂きました。

受講生の皆様も熱心に取り組まれ、会場は各グループの意見交換の声で賑わいました。

 

次回のスキル研修は9/4(日)を予定しております。

テーマは「車椅子の移動と屋外アプローチについて」です。

今後も病院・老健・地域と領域を問わず明日から使える環境スキルについての研修会を計画しております!

皆様のご応募を心よりお待ちしております!

 

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/action/2016/94

事務局員3名のご紹介☆

事務所
みなさま、こんにちは!
財務担当理事のよっしーです (^^)

横浜は関内にある
一般社団法人神奈川県作業療法士会(県士会)事務局へ
突撃インタビューにお邪魔してきました☆

県士会の活動は
私たち理事や部員・委員だけで成り立っているわけではありません。

現在は3名の事務局員の方がここで働いてくださっています。
写真左から
高橋真喜子(たかはしまきこ)さん
松村啓子(まつむらけいこ)さん
鎌田快予(かまたよしよ)さん
です。

3人
私が理事になる前から
何かお願いごとなどで事務局に連絡すると
すぐにお返事が返ってきて、しかも、その対応がとても感じが良かったことを覚えています。

財務担当理事になって、もっとハッキリわかったことがあります。
会費関係のことでいろいろと連絡をとる機会が増えました。
県士会は、この3名の事務局員の方に支えられている!ということを強く実感しました。

そこで是非とも、3名の高橋さん、鎌田さん、松村さんのお仕事やお人柄について
お伝えしたい!と思い、突撃インタビューを敢行(?)させていただきました。
お忙しい中、お時間を作っていただいたことに深く感謝申し上げます。

さて、前置きはこのくらいにして早速インタビューをお届けしまーす☆

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

Q1:県士会には、いつ頃からお務めですか?
高橋さん「2009年からかしら?7年半くらいになると思います。」
鎌田さん「私は昨年の5月の連休明けからなので、1年と2ヶ月くらい。」
松村さん「去年の10月からだから、9ヶ月くらいになります。」

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

Q2:現在、担当されている主なお仕事を教えてください。
高橋さん「研修会受付、渉外関係、文書発行、ニュース求人やチラシ関係を担当しています。」
鎌田さん「会員のみなさまの入会や変更などの各種手続き、会費の口座振替やニュース発送業務が
     担当です。」
松村さん「会計全般が担当です。毎月の会計報告の確認、精査、入力作業などですね。
     決算関係や税金関係も担当です。」

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

Q3:ところで、みなさまのマイブームを教えてください。
高橋さん「えっ。そんなことも聞かれるんですか (^^;
     そうですね。甘いものは大好きです(^^) 洋菓子系が特に好きです。
     珈琲も好きで毎日飲んでいます。」
鎌田さん「私は温泉めぐり。草津のお湯はいいですね。濁っていてつるっとする感じがたまらなく好き。
     温泉らしい温泉。後は季節の花をみて写真を撮ったり。カメラも買ったんです。
     冬は毎年家族でスキーをして蟹を食べる!」
松村さん「フィギュアスケート観戦ですね。
     伊藤みどりの時代から観るのが好きで、今は海外まで行っています。」

(ここで鎌田さんから「追っかけしてるんですよね」とツッコミが入るが
松村さん「追っかけじゃなくて応援ね」と鋭く訂正のひと言が入る)

    「羽生結弦選手のファンで、去年は上海、バルセロナに行きました。
     試合だけじゃなくて国内のアイスショーも。北海道、盛岡、長野、金沢。
     羽生選手のどこが良いか?それは演技がすべて良いもの。
     ジャンプもスピンも容姿もいいでしょう。それにメンタルも。
     まだ若いのに賞金や本の印税も全部寄付してるし、常に言行一致。あとは前向きなところ。
    『何ひとつムダなことなんてない』『負けようが失敗しようが次へ進むためのステップ』
     良い言葉。彼はまだ21歳だけど年齢じゃない。若いけど人として尊敬できる。
     年々、彼のファンが増えていって国内のチケットがなかなかとりづらいのが悩み。」

(お話を聞いて、松村さんが「追っかけ」じゃなくて「応援」って言われた意味がよくわかりました)

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

Q4:県士会のお仕事と今までのお仕事との違いはありますか?
鎌田さん「利益追求じゃないところが大きな違いかしら。
     あとは理事と会員のみなさまとのパイプ役として…
     つなぎ目としての役割が大切だと思っています。」

(高橋さん、松村さんも大きくうなづく)

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

Q5:最後になりますが、会員のみなさまに何かお伝えしたいことがありますか?
3人揃って「お忙しいと思いますけど、入会・変更などのお手続きはお早めに。
      毎年研修会参加のための入会や変更の確認などのご連絡がありますが
      限られた時間だとお互いに慌ててしまって見落としてしまうこともあり得るし
      お送りするのにどうしても時間もかかりますので。
      お手続きのために研修会に参加できなくなってしまってはもったいないですし」
     「何かあれば、お電話でもFAXでもメールでも、何でも結構ですので
      ご遠慮なくご連絡ください。」

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

まるで、お母さんのような暖かい笑顔でニッコリと微笑みながらのお言葉。
こんなステキな、そしてしっかりした事務局員の方に
私たちと県士会の活動が支えられていることを深く再確認できました。

もう一度、最初の写真をご覧ください。
この写真は玄関から向かって正面を撮りました。
昼間だけど布のカーテンが引かれています。
経費削減のために普段からできることを実行してくださっているんですよね。。。

高橋さん、鎌田さん、松村さん
いつも本当にどうもありがとうございます。
今後とも引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます m(_ _)m

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/action/2016/74