10月 04 2017

認知症をにんちしよう会@ハルネ小田原 New!!



平成29年10月1日(日)に
小田原駅東口地下街ハルネ小田原にて
「認知症をにんちしよう会」イベントが開催され
神奈川県作業療法士会認知症対策委員会も参加してきました!

認知症対策委員会では
ブース出展とステージ発表を行いました。

ブース出展では
語想起課題として「やわらか頭になる体操」を行いました。
みなさん、意欲満々で参加された方の1/3以上の方が問題用紙を持ちかえられていました。



ステージ発表では
同時並行課題として「頭と身体と心の体操」を行いました。
おかげさまで大盛況!

 

当日は、認知症対策委員会7名総動員してのイベント参加。
初めてのイベントに戸惑うどころか、さすがOT!
みんなスムーズに臨機応変に対応していました。

遊びにきてくださった方もありがとうございました m(_ _)m
とても心強かったです。

ここで少しだけご報告を。
良い機会ですので、簡単なアンケートも行いました。

回収できたのが88名分。
設問が
Q1)あなたは、作業療法を知っていましたか?
Q2)あなたの年代を教えてください。

「Q1 作業療法を知っていましたか?」
作業療法を知っていた方は、39名
聞いたことがある方は、14名
知らなかった方は、33名
未記入の方が、2名

「Q2 年代を教えてください」
40歳以下 13名
50歳代    6名
60歳代  18名
70歳代  31名
80歳代  17名
未記入     3名
12歳〜29歳の訪問者は0名でした。

来年はさらにバージョンアップします。
お楽しみに (^^)
お近くの方は是非お立ちよりください。

 

以上、認知症対策委員会でした☆

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/action/2017/340

9月 03 2017

イベント予告by認知症対策委員会



認知症対策委員会からイベントのお知らせです☆

ドキドキワクワクしながら
委員一同準備に邁進しております (^^)

みんな来てね〜☆
詳細は「オレンジ☆マルシェ」にて近日中に掲載予定です。
お楽しみに〜!

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/action/2017/335

8月 23 2017

オレンジ☆マルシェ公開!



じゃじゃーん☆

本日は、みなさまにお知らせがあります。

この県士会サイトに新しいブログが誕生しました。
その名は「オレンジ☆マルシェ ひとりひとりがサポーターby認知症対策委員会」です。

認知症対策委員会委員一同、賑わいあるブログにすべくガンバリます (^^)
どうぞみなさま、お立ち寄りくださいませ。

ところで、冒頭の写真のお花、可愛いですよね。
これは認知症対策委員会のみっちーさん直伝のワザです。
いったい、何のためのお花なのか。。。?
それは追い追い明らかにされる予定です。
それまでどうぞお楽しみに♡

さてさて、実は本日、認知症対策委員会第3回会議が開催されました。
密かにアレやコレやのために活動をしております。
7月10日に新認知症対策委員会のメーリングリストが開通しましたが
な・なんと!すでに100本を超えるメールが行き交っております (o o)
わずか1ヶ月半にも満たない間に。。。
委員一同、頑張っております。

その1つが新しいブログ「オレンジ☆マルシェ」です。
認知症対策委員会も「オレンジ☆マルシェ」も
みんなで協力しながら大きく育っていくのを
ともに、お見守りいただけましたなら、とてもうれしく思います。


認知症対策委員会のみんなです (^^)

これから、どうぞよろしくお願い申し上げます m(_ _)m

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/action/2017/329

8月 17 2017

第2回 明日から使える環境調整スキル研修が開催されました!

皆さんこんにちわ!

 

第1回に続き、第2回の明日から使える環境調整スキル研修が、8月5日に開催されました。

 

今回は、PT・OTの参加者合わせて、40名近くの方々に参加していただきました。

 

参加していただきました皆様、ありがとうございました!!

 

 

 

今回のテーマは『車椅子の調整』です。

 

 

 

前半は、『車椅子の構造とバランス・座クッション』について、横浜市総合リハビリテーションセンター・リハ工学技師の児玉真一先生にご講義いただきました。

 

日頃の臨床で多く関わる車椅子について、基本的な構造と調整機能について、よく見られる身体状況に合わせたポイントなどを、とても分かりやすくご説明していただきました。

 

また、座クッションの選定では、さまざまなクッションの種類やメリット・デメリット、実際に使用したときの座圧測定の状態など、それぞれのクッションの特性を知る事が出来るご講義でした。

 


 

実技では、調整不良の車椅子に乗り、調整不良の部分を確認する内容や、不良箇所を児玉先生と一緒に確認し、不良箇所を再調整する内容などがありました。

 

参加して頂いた皆様に、調整不良の乗り心地の悪さを体験して頂くことで、不良箇所を調整することでの車椅子の乗り心地の違いを知って頂く機会になる実技だったのではないかと思います。

 

また、福祉用具の業者の方々のご協力もあり、車椅子の調整をするポイントをより詳しく説明していただきました。

 



 

さらに、実際に多くの種類の座クッションを準備していただき、実際に触れる事や座ることなど、多くの座クッションを体験していただきました。

 


 

 

 

後半は、『身体と車椅子の適合』について、神奈川リハビリテーション病院・理学療法士の森田智之先生にご講義頂きました。

 

講義では、「シーティングは何をする事なのか?」という内容から、車椅子寸法の知識、身体寸法の測定方法、マットでの評価や座位保持能力の評価の仕方など、車椅子と身体を適合させる為の評価のポイントを多くご講義いただきました。

 


 

実技では、車椅子寸法の実際のやり方をデモンストレーションしていただき、森田先生の現場でのやり方など、実践的な内容でした。

 

実際の現場では、メジャーの当て方や持ち方、メジャーを当てた状態で正しく見るやり方なども大切と、森田先生はお話されていました。臨床経験が豊富な先生のやり方を知る事ができる貴重な実技でした。

 

また、身体寸法の実技では、基本的な身体寸法のやり方を学び、サポーターを使用した股関節拘縮や膝関節拘縮の模擬ケースでの身体寸法などの実技をしていただきました。

 



 

体験した参加者の方からは、模擬ケースの体験により利用者体験が出来た事と、その状態に合わせた車椅子の選定を学ぶ機会になったと話がありました。

アンケートでは、多くの参加者の方に満足していただきました。参加して頂いた皆様の今後の車椅子への支援にお役立て頂ければと思います。

 

 

 

次回は、9月2日に『車椅子の移動と屋外アプローチ』についてです!

 

車椅子での駆動調整のポイントや、屋外での活動に繋げる為の電動車椅子の選定など、より実践的な内容になっています。

 

若干の参加枠はまだ残っておりますので、ご興味ある方のご参加を、心よりお待ちしております。

 

また、11月5日には『起居・移動編』として、ポジショニングやベッドマットレスの選定、リフトなどの移乗機器の選定などの研修が行われる予定です。こちらは、9月1日よりご案内をする予定です。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/action/2017/313

6月 28 2017

2017年度 第1回 明日から使える環境調整スキル研修が開催されました

皆さまこんにちは!

洗濯物の乾きにくい日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、6/4にウィリング横浜にて第1回明日から使える環境調整スキル研修が行われ、多くの皆さまにご参加いただきました。

今回のテーマは「住環境編」です。

 

 

◎1コマ目:環境整備と連携◎

横浜市総合リハビリテーションセンター 理学療法士 田治先生にご講義頂きました。

 

環境整備は生活をよりよくするための重要なアプローチですが、本当にこれでいいのかな?他にも方法があるのかな?と頭を悩ませることがありますよね。
田治先生からは環境整備を提案する上での視点や、連携について教えて頂きました。

支援中心者や建築・福祉用具業者、行政など様々な連携先があり、それぞれの視点で情報共有する重要性を感じました。

私たちから発信できる提案だけでなく、してきた生活やしたい生活に向けて、最適な方法を見つけ出したいですね。


 

 

◎2コマ目:トイレ・浴室の環境を整える◎

横浜市総合リハビリテーションセンター 作業療法士 粂田先生にご講義頂きました。

 

トイレ・浴室はニーズの高い環境であるにも関わらず、なかなか実現できないと感じられる方も多いのではないでしょうか。

2コマ目は講義と実技を行い、ケースワークを通して、評価や用具の導入についてお話いただきました。

患者様・利用者様やご家族の希望に寄り添い、能力を引き出すことや楽に動作が出来る手段がたくさんあることを学びました。


 

 

◎3コマ目:住宅改修◎

株式会社ハーツエイコー 浅井先生にご講義頂きました。

 

住宅改修を実際に行う建築士ならではの視点は、受講者の皆さまからも「聞くことができてよかった」とのご意見を多数頂いています。

患者様・利用者様の大切なご自宅のことですから、私たちの提案が実現可能なのか、適切なのか、しっかり考えたいですよね。

今回のご講義で私たちの提案や、建築士の方との連携がスムーズになるのではないでしょうか。


 

3コマ目の終盤にはケースワークでのディスカッションを行いました。

皆さま短時間にも関わらず、多くの意見交換をされていて、スタッフも聞き入ってしまいました!


 

 

用具にはメリットデメリットや、適応不適応があり、提案者が使えないことにはご説明が難しいですよね。

多くの方にご参加頂き、講義や用具に触れていただくことで、今後の環境調整にお役立て頂ければ嬉しいです。

 


 

 

次回の研修は8/5(土)、ウィリング横浜で行います。

テーマは「シーティング編 リハ工学の視点から」です!

次回もたくさんの方に申し込み頂き、定員に達しております。

第3回は9/2(土)ウィリング横浜、テーマは「移乗編」です!

参加受付は7/1からですので、皆さまのご参加、心よりお待ちしています。

 

 

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/action/2017/296