今年も「明日から使える環境調整スキル」研修が始まりました!

第1回「明日から使える環境調整スキル」研修会が開催されました!

 

第1回目は『住環境編』として

① 疾患別の住環境整備のポイントと、住環境整備の流れと連携

② トイレと浴室の環境調整のポイント

③ 住宅改修に関わる知識と、グループでの事例検討

という内容で研修が行われました。

 

このテーマの研修会は、毎年定員に達する研修会で、県外からも多くの方に参加していただきました!

 


 

疾患別の環境整備のポイントと連携では、横浜総合リハビリテーションセンターの田治先生にご講義していただきました。

臨床でも多く関わる変形性膝関節症・股関節症や脳卒中片麻痺、パーキンソン病や多系統萎縮症などの難病などの疾患特性を分かりやすくご講義いただき、ポイントとなる住環境整備の概要をお話していただきました。日頃から他職種の方との連携をされている田治先生のお話は、とても分かりやすい言葉で現場をイメージしやすい内容でした。

後半は、環境整備の流れと連携についてお話していただきました。現場で関わる他職種としてケアマネさんが多いことから、どんな生活をしていただくかを明確にし、具体的にどの程度生活動作が出来るようになるか、私たちセラピストから発信することの大切さをお話していただきました。

 


 

次の講義は、トイレと浴室の環境調整のポイントとして、同じく横浜総合リハビリテーションセンターの粂田先生にご講義していただきました。

生活場面での福祉用具の選定と導入の流れとして、どのような生活情報を集めるのか?その情報からゴール・プラン設定はどこを目指すか?シュミレーションを行い、試用試験を経て導入し、再評価をするという事をお話していただきました。住環境整備を進めていく基本的な流れを詳しくお話して頂きました。

 


 

排泄と入浴の特性と用具の選定のポイントをご講義頂いた後は、リフトや移乗に関わる福祉用具の体験を参加者の皆様にしていただきました。

トイレ用と入浴用の吊り具の違いや特性、現場ではどのように選定していくか?など、実際の用具を使いながらお話していただきました。参加者からも多くの質問が出ていました。

 


 

最後の講義は、株式会社ハーツエイコーの一級建築士浅井先生から住宅改修に関わる建築の知識や、介護保険での福祉用具導入や、横浜や川崎の制度などをご講義していただきました。

様々な工法の実際の写真や、建築用語など、現場ではなかなか関わることが出来ない知識が多く、住宅改修に関わる業者との連携のポイントなどを分かりやすくお話していただきました。

 



 

後半は、横浜総合リハビリテーションセンターの田治先生より、実際の事例を紹介していただき、グループに分かれて、住宅改修案の提案を検討していただきました。様々な視点からの介入する方法を各グループで検討していただき、ディスカッションの多い時間になりました。

 

今回も、多くの方に参加していたただきありがとうございました!

 

【今後の開催予定】

7月28日 『シーティング編』       (ご好評により定員に達しました)

9月 1日 『移動編』           (7月ごろから募集致します)

[車椅子駆動の調整や屋外アプローチに関わる福祉用具]

11月4日 『起居・移乗編』        (9月ごろから募集致します)

[マットレスの選定や移乗に関わる福祉用具の選定]

12月1日 『嚥下とコミュニケーション編』 (10月ごろから募集致します)

[嚥下食など食品の調整とさまざまなコミュニケーション機器の選定と調整]

 

人気のあるテーマはすぐに定員に達してしまいますので、ご興味のある方はお早めにご応募ください。皆様のご参加をお待ちしております。よろしくお願い致します!

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/action/2018/435

現職者選択研修(発達領域)

こんにちは!教育部です。
現職者選択研修(発達領域)についてご報告します。

2月11日(土)横浜リハビリテーション専門学校にて行われました。

午前
講師 鴨下 賢一 氏(静岡県立こども病院)
9:30~11:00
作業療法の実際(0歳~就学期)
11:10~12:40
作業療法の実際(就学、学童、青年期;6歳~18歳)

午後
講師 髙橋 香代子 氏(北里大学)
13:30~15:00
発達障害領域の基礎知識と作業療法の課題と展望
15:10~16:40
自閉症スペクトラム障害児に対する作業療法の実際(18歳未満),この領域におけるトピックス

午前、午後共に大変興味深く、すぐに役立つ内容で、参加者の方々から好評を得ました。

40名程の参加者があり、真剣な面持ちで取り組まれています。個別の質問も沢山ありました!


関わり方のポイントや実際の指導法、著書の紹介、事例を通じての講義、作業療法のトピックスなど、内容は大変充実したものでした。
とても有意義な研修でした!

今年度の選択研修は、これで終了となります。来年度に関しましては、今後の神奈川県作業療法士会ホームページを確認していただきたいと思います。

宜しくお願い致します。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/action/2018/405

認知症研修会開催しました

 


平成29年12月2日(日)に
国際医療福祉大学小田原キャンパスにて
認知症対策委員会主催「認知症アップデート研修会2016」が無事に終了いたしました。

講師の先生方、どうもありがとうございました。
参加されたみなさま、おつかれさまでした。

この研修会は、OT協会が作業療法士の認知症関係の最低限の知識の担保・共通化を目的として
昨年度から全国の都道府県士会に事業委託・実施されているものです。

神奈川県では、今年度第1回目として開催いたしました。

全国共通の項目に追加して、神奈川県独自の取り組みとして
認知症専門医から「みたての重要性」「能力を活かす」という観点で
事例を通して具体的にお話いただきました。

長年高齢者の生活支援に携わってこられた職員としての視点と
同時に3世代にわたるお身内の方をお世話してこられたご家族としての視点の両方をお持ちの特養の施設長さんにお話いただきました。

参加者からのアンケートからは
「話がとても分かりやすかった」
「自分の持っている知識が古いことに気づくことも多く参加してよかった」
「日々の業務で悩んでいることが今回の講義を聞き、問題解決の手がかりになった」
「各先生の実際の経験を踏まえた講義内容だったので非常に説得力があった」
「色々な側面からの話が聞けて面白かった」
「もっと認知症について細やかな知識が必要だと思った」
など大変好評でした。


この研修会に参加された方には修了証が発行され、OT協会に登録されますし
もちろん、通常の研修会参加としてのポイントも発行されます。
この研修会は来年度も開催いたします。
詳細が決まり次第、県士会サイトや県士会ニュースでお知らせいたします。
ご都合がつかなくて今回参加できなかった方、来年度是非ご参加ください☆
認知症対策委員会委員一同、お待ちしております。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/action/2017/404

平成29年12月3日 現職者共通研修

こんにちは!教育部です!!!

本日、横浜リハビリテーション専門学校にて現職者共通研修が開催されました。

本日の内容は『事例報告と事例研究』『事例報告登録制度に関する研修会』でした。

寒い中、沢山の受講生が参加しました。



本日の講義を聞いて1人でも多くの認定作業療法士が増えるといいなと思います。
是非、みなさん頑張って取得を目指して下さい!

次回の現職者共通研修は3月11日 日曜日
『事例検討』『事例報告』になります。
奮って参加をお待ちしております!
https://kana-ot.jp/wpm/lecture……urse/h2901

 

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/action/2017/398

MTDLP基礎研修 2017年11月19日

こんにちは!教育部です。
11月19日日曜日にウィリング横浜にてMTDLP基礎研修が行われました。
参加者数50名程と盛況でありました。


研修内容は、概論90分、演習330分で、とても理解習得しやすい演習であると思いました。
まだ受講されていない方はお急ぎください。

次回の基礎研修は2018年2月18日日曜日です。
横浜リハビリテーション専門学校にて、9時30分〜17時30分です。(開場9時00分)
ふるって、ご参加下さい。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/action/2017/369

第4回 明日から使える環境調整スキルが開催されました!

皆さん、こんにちは!制度対策部福祉用具対策班です!

寒さも増してきましたね~。そんな中、11/5(日)にウィリング横浜にて第4回明日から使える環境調整スキルが開催されました~!!


今回のテーマは

①ポジショニングについて ②ベッドマットレスについて ③移乗についてでした!

 

【ポジショニングについて】

れいんぼう川崎のPT池谷先生にご講義頂きました。

実際にピロークッションや圧計測機を使用し安楽な姿勢に整える実技を行いました。

 
会場は寒さに負けず、和気あいあいと熱気に溢れておりました…!

実際に辛い姿勢と安楽な姿勢を比較して体験し、ポジショニングする方に何処が辛いかなど言葉で伝える体験もしました。

見ている事と感じている事にはギャップがある事を再確認でき、受講者からは話せる対象者なら感じている事を聞きながら行う事が大事なんだぁ~との声も聞かれました!

 

【ベッドマットレスについて】

約4社のメーカーさんにご協力を頂きました!

会場には本物のベッドマットレスが沢山!!!


直接、メーカーさんから各商品の特徴を説明頂き、デモンストレーションまで行って頂けて大変貴重な時間でした~!


寝ている姿勢でも寝返りなど体を動かしやすく、そして適度に除圧が出来るマットレスも…凄い!!参加したスタッフも興奮してしまいました(笑)


そして、最近のエアーマットレスは音が静か!そして体位交換が自然体で怖くない!

実際に利用者様や患者様に提案する事があっても、自分自身が寝て、体感できる機会はあまりないと思います。体感した事でより、その人の生活にあった用具の提案が出来ると感じました!

 

【移乗について】

川崎市北部リハビリテーションセンターPT数野先生にご講義頂きました。


移乗についても3社のメーカーさんが実際に用具を紹介して頂き、デモンストレーションを行って頂きました!


受講者の方も、実際に使用した事のある用具もありましたが、メーカーさんから応用的な使用方法など伝授して頂き、「おぉぉ~!!」と感激する声も沢山聞かれました!

今回のスキル研修は実技が多い内容で、皆さまからも分り易かったとのお言葉も頂きました!参加して頂いた皆さま、ありがとうございました(●´ω`●)

 

次回は12/2(土)に第5回 明日から使える環境調整スキルが開催されます★

テーマは【嚥下について&コミュニケーション機器について】です!

詳細は神奈川県士会のHPをご覧ください!

皆さまのご参加を心からお待ちしていまーす!!

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/action/2017/374

平成29年11月5日 現職者共通研修

こんにちは!教育部です!

本日はウィリング横浜にて現職者共通研修が開催されました。
参加者は、100人程集まる大盛況の研修会となりました。

1コマ目【作業療法における協業・後輩育成】を国際医療福祉大学小田原保健医療学部の岩上さやか先生に行って頂きました。

2コマ目【職業倫理】を湘南医療大学の楜沢直美先生に行って頂きました。

3コマ目【保健・医療・福祉と地域支援】を藤沢市保健医療センターの田中ゆかり先生に行って頂きました。

4コマ目【日本と世界の作業療法の動向】を北里大学病院の神保武則先生に行って頂きました。


連年、参加者も増えてきており、受講生の熱心さがとても伝わってきます。

是非、共通研修、選択研修共に受講し認定作業療法士取得を目指し頂ければと思います。

受講生の皆様1日研修お疲れ様でした。
講師をして頂いた先生方ありがとうございました。

次回の共通研修は平成29年12月3日(日) 横浜リハビリテーション専門学校にて開催予定です。
https://kana-ot.jp/wpm/lecture……urse/h2901

また、合わせて選択研修の方も平成29年11月19日にウィリング横浜にて開催予定なので、こちらの方にも奮ってご参加下さい。
https://kana-ot.jp/wpm/lecture……urse/h2902

 

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/action/2017/365

認知症研修会のお知らせ☆



認知症アップデート研修2016【包含済】が12月2日に開催されます!
そのお知らせが「オレンジ☆マルシェ」に掲載されています。

「認知症アップデート研修2016【包含済】」という
よくわからない、聞いたことのないタイトルの研修会は一体何?と思った方は
こちらをクリック☆してくださいな。

https://kana-ot.jp/wpc/marche/2017/198

さてさて、あなたは
ここに書かれた4つの問いに自信をもって答えられましたでしょうか?

4つの問い?
どんな問い?って思った方は上記URLをクリックしてみてくださいね。

研修会のお申込期日は、11月10日(金)まで。
お申込忘れのないように、お早めにお申込ください。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/action/2017/356