3月 17 2017

年会費請求の季節 New!!

年度末になると次年度の年会費請求がきますよね。複数の学会等に所属していたりするとそれなりの額になります。

私はOT協会、県士会、OT連盟、ハンド学会に入っているので総額は33.000円になります。毎年この時期は入っている学会等を見直そうかと迷う人も多いのではないでしょうか。正直、私も躊躇する気持ちはあります。

現在、OTも心臓疾患に対する単位として「心大血管」という診療報酬が認められていますよね。中堅以上の人は御存じだと思いますが最初はPTのみが算定可能だったんです。確かに、心臓疾患に対してOT介入の専門性はPTに比べると少ないかもしれません。ただ、いざ介入が必要になった場合、そもそも診療報酬で単位が認められていなければ現場が困ってしまいます。

ある研修会で協会幹部の方が言っていたのですが、心臓疾患に対する研究助成を作り、心臓疾患の事例登録や実績を厚生労働省に持って行き何度も交渉したそうです。また、議員や官僚と情報交換が出来るようにOT連盟が作られて、政治面からOTをサポート出来るように頑張ってくれています。

私は「心大血管」の算定にOTが加えられたのは協会や連盟の方々の御尽力があったからだと思っています。近々での恩恵は感じないかもしれませんが、協会や学会等はOTの職種としての立場を守るために頑張ってくれています。

だから私は、OTとして働いている限り年会費は払っていこうと思います。

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpc/finance/post/2017/169

2月 28 2017

県士会入会支援


ふ〜っ
気持ちはこんな感じ?

来年度予算(案)ver.5が完成してホッとしています (^^)

28年度は県士会入会者が例年以上に大きく増えました!
例年実質150名ほどの新規入会者数があるところ
28年度は既に200名を超え、1月末日現在の会員数は1960名となりました。

県士会でも以前より会員入会促進へ向けて部門横断的に努力が積み重ねられています。
養成校の教員のみなさまへ県士会についてのご案内配布への協力依頼や
福利部さんの新入会員オリエンテーションの時期を前倒ししたり
研修会開催と同日開催する 。。。などなど。

そして何よりも会員のみなさまの職場へ就職した方へのお勧めがあってのことだと思います。
本当にどうもありがとうございます。

モチロン、財務部も対策を考えました。
まずは、仮入会状態の方の入会手続きが円滑に進むように
事務局の方との恊働対応を行いました。

みなさまご存知の通り、県士会の入会手続きは2段階となっています。
「入会申込書を記載・送付する→会費納入として銀行口座振替依頼書を郵送する」
県士会では入会申込書を受理した段階では仮入会扱い
その後銀行口座振替依頼書を受理した段階で正式に入会としています。

ところが、仮入会のまま、つまり県士会入会の意思表示をしながら
そのまま、銀行口座振替依頼書の提出がなかったり書類に不備があったりの理由で
正式入会に至らない。。。という方がかなり多かったのです。

これは本当にもったいない!
入会したい、入会していただきたい。のに
手続きの問題で現実化しないなんて、双方にとって不利益です。
財務部として最優先で取り組む課題と判断しました。

そこで書類提出が円滑に進むようなご案内や
再提出依頼のお知らせを忘れずに開封していただくための工夫
あるあるな不備について対応を県士会ニュースや県士会サイトでお知らせする
そのような対応の結果
27年度12ヶ月合計で延べ626人、1ヶ月平均52.2人の仮入会者を
28年度10ヶ月合計で延べ366人、1ヶ月平均36.6人にまで減らすことができました。
入会者数自体は増えているので、円滑な入会手続き支援に寄与できていると考えております。

財務部としてできることは限られていますが
財務部だからできることもあります。
財務部単独では難しいことも他の部門と恊働しながら行えることもあります。
その活動の一端をこちらでもご報告していきますね。

もうすぐ3月になります。
先日、PTOTの国家試験が終わりました。
4月になったら、新人さんが職場に配属されるところも多いと思います。

数だけがチカラではありませんが
数がチカラという側面は間違いなくあります。
これから地域主体の保健・医療・福祉サービスに移行していくにあたり
さまざまな職能団体との交渉や
選ばれる職種として作業療法士が神奈川の地で生き残っていくために
職能団体としての県士会の価値が大きくなることはあっても小さくなることはありえません。

先輩県士会員としてのみなさま
是非、新人さんへの入会のお勧めを
今後とも引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます m(_ _)m

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpc/finance/post/2017/165

1月 09 2017

来年度予算(案)ver.1 作成中

fullsizerender
みなさま、こんにちは。
お正月はいかがお過ごしになられましたでしょうか?

私はただいま、財務担当理事として
神奈川県作業療法士会の平成29年度予算(案)ver.1を作成中です。

写真は作成に使用する資料さんたちの一部です (^^;

朝8:00にパソコンに向かい
大枠の形ができたのが夜の20:00過ぎ。。。(> <)

さすがに疲れました。。。

でも、とにもかくにも
まずは、形になって一安心です。

今回は新年早々年明けの1月5日に
各部門の理事から来年度予算案とそれに伴う資料をご提出いただきました。
資料が提出されるためには各部門の会計担当者や部員・委員のみなさまと諸々の検討が為されたことと思います。
年末・年始のお忙しい時期にご対応くださいまして本当にどうもありがとうございました。
おかげさまで予算案作成に着手することができました。

私は財務担当理事として2回目の予算案立案に関わっていますが
県士会の単年度予算の黒字化はもちろん、それだけではなくて
中期的にみた時の財務状況と必要な手だてについて
まずは理事役員のみなさまにご理解ご検討いただける根拠となるような財務資料の作成も
財務部の大切な業務の1つと考えております。

本年も「 財務’s Jobs ぱちぱちだけじゃおまへんで 」
どうぞよろしくお願い申し上げます m(_ _)m

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpc/finance/post/2017/160

12月 18 2016

財務部の存在意義とは。

東京2020オリンピックの3会場が元の鞘に収まりましたね。

色々意見はあると思いますが、私は小池都知事がスローガンにしている「情報を公開し見える化する」という目的は果たしていると思います。

私個人の意見としては小池都知事にならなかったら問題が明るみに出ることも無かったでしょうし、もっともっと予算が膨れ上がっていたのではないかと思います。

 

以前、都の調査チームは「オリンピック事業には社長と財務部長がいない」と言っていました。以前ブログで書きましたが会計?経理?財務?財務部の仕事は、資金の調達や運用を管理しTOPに伝えるという役割です。

要するに、オリンピック事業では予算や運用に関してチェックして指摘する部門が無かったということです。

せっかく建設するのなら良い物をと、誰だって思いますよね。

雪ダルマ式に予算が増えていった理由も分かります。

 

10月に、神奈川県作業療法士会の中間監査を行ったのですが中間監査終わりました

①領収書がない ②交通費が複数日まとめて請求されている

など、電卓を叩きながら全部門を細かくチェック致しました。修正をお願いした部門もあります。

それは、重箱の隅をつつくような作業で「うるさいな」とか思われるんだろうなという感情を持ちます。

予算編成でも、急務ではない部や委員会に予算の縮小や一時停止をお願いすることもあり、良い活動をしたいと色々考えている側からすれば面白くはないですよね。

 

でも、情報を見える化してチェック・指摘する部門が無いと、今回のオリンピック事業のように雪だるま式に予算が増えてしまいます。

神奈川県作業療法士会の財務部として、これからも励んでいきたいと思います。

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpc/finance/post/2016/155

12月 04 2016

来年度予算案編成へ向けて

img_0355
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

先日は突然の降雪でビックリ
温暖な小田原でも雪が降り積もり翌朝も日陰ではまだ雪が残っていました。

これから年末へ向けお忙しい日々を過ごされる方も多いと思います。
どうぞくれぐれもご自愛ください。

さて
年末と言えば
県士会の来年度予算案編成へ向けて動き出すのがこの時期でもあります。

まずは
各部門の中で来年度事業計画と予算案を立案・提出してもらいます。

その上で
三役会と理事会で審議して何回か事業計画と予算案の修正を繰り返して
5月の総会で承認していただくべく検討を続けるという作業を行っています。

平成29年度の事業計画案と予算案は
年明けに各部門から提出される予定です。

財務部としては
年明けからは、数字とにらめっこの日々が続くことになります。

事業遂行のためには、お金が必要です。

みなさまからお預かりしている大切な会費を
現在と将来の県士会と会員のみなさまのために
そして県民のみなさまの心身の健康に寄与できるように
最大限、有効活用できるように
理事や会員のみなさまがより検討しやすくなるよう
財務情報の提供を継続してまいります。

県士会ニュースでもその一端をご覧いただけます。
9月下旬に発行された181号の7ページには
6月に開催された理事会の議事録抄録が掲載されています。
是非、お立ち寄りくださいませ m(_ _)m

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpc/finance/post/2016/153

1 / 512345