5月 20 2017

決算・予算の補足説明その4 New!!

29年度予算は、学会・臨床大会のオレンジ色の部分が少なくなって、全体的な各部門の色の割合が増えています

クリックで拡大されます



以上、ご説明してきたような経過と背景を踏まえて
平成29年度予算案を立案し、総会にて承認いただきました。

29年度予算(総会議案書37〜39p.)
1)県士会本体の事業を県学会・臨床大会よりも優先させる
2)お金に名前をつける
ということを意識して立案しました。

上のグラフの左側が平成28年度決算・右側が平成29年度予算に占める
県士会各部門と学会・臨床大会の割合を表しています。

事務局は
28年度4人体制を一時とっていたための人件費と金庫購入のために多額の支出がありましたが
29年度は3人体制に戻り金庫も購入できましたので事務局の割合も減少しています。

いかがでしょうか?
オレンジ色の学会・臨床大会の割合が減って
その分、県士会各部門の割合が少しずつ増えていることをご確認いただけますでしょうか?

県士会の事業として
短期的にやらねばならない事業も
中・長期的にやらねばならない事業も
目白押しです。

学会・臨床大会という場だからこそ
ふだんの業務では知り合えないような他施設のOTと恊働して働けることのメリットもたくさんあります。
ですが、従来のような県内養成校を会場として持ち回るような方法では
県士会員が2000名を超えた現在、遠くない将来に会場のキャパシティが限界を超えるのは目に見えています。
民間の広い会場を借りるにはお金が必要です。
そのための積立も開始しました。
また、学会・臨床大会では学生さんのご好意によるボランティアで多大なご協力をいただいています。
ご好意に甘えるだけではなくて交通費実費と学会誌はきちんとお支払いするということが決定しました。
そのための積立も新設しました。

平成29年度は総会議案書の中・長期目標の最後の年に当たります。
28年度は公益法人化に対して具体的な検討をするだけの予算が組み込めなかったために
情報収集を中心とした事業をお願いすることになりました。
その時はとても心苦しく思いました。
今年こそは具体的な検討ができるだけの積立を計上してあります。

予算・決算というお金の動きには
その団体の考え方や現状が投影されています。

考え方や現状を理念とは異なるお金というもう1つの側面から
県士会についてご説明してまいりました。

今後ともみなさまのご協力を引き続きよろしくお願い申し上げます。

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpc/finance/post/2017/196

5月 20 2017

決算・予算の補足説明その3 New!!

全部門の希望実現には平成32年度でようやく実現

クリックすると拡大されます



こちらは、財務部で作成して1年前の理事会に提出した資料です。

平成28年度の予算案を立案する時に
各部門の理事から出された予算希望額合計金額が¥21,384,980円

この希望金額を達成するためには
現行の見通しでいくと平成32年度まで待ってようやく達成できる見通しです。

これでは困ります。

それぞれの部門で抱える課題をスピードアップして解決していかないと
時代の流れに取り残されてしまいかねません。

支出の見直しという方法もありますが
限界もありますし
方法論としては後ろ向きで意欲の減退を起こしかねないというデメリットもあります。

財務としては
支出を抑制して結果として収入を上げるという方策よりも
むしろ積極的に収入増加策を検討することをご提案いたしました。

県士会収入の76%が会費収入、15%が研修会参加費収入ですから
収入増加を考えるということは、イコール新入会員を増やす、研修会参加者数を増やす
ということを意味します。

県士会は利益追求する団体では決してありません。

ですが、県士会が発展存続するために、そして県民の方の心身の健康増進に寄与できるために
現在必要な事業だけでなく将来必要な事業の先行投資としての事業も実施していくためには
収入を上げる方策を具体的に検討していくことが望まれるということなのです。

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpc/finance/post/2017/195

5月 20 2017

決算・予算の補足説明その2 New!!

クリックすると拡大されます



こちらは、県士会サイトに掲載されている損益計算書の過去4年間分を並べてみたものです。
損益計算書は、県士会サイト>情報公開(公告)でご覧いただけます。

読慣れない会計の専門用語が並んでいるから、ちょっと引いちゃうかもしれませんが
大雑把に言うと「売上総利益金額」とは県士会の通常活動によって得られた収入ということになります。
「販売費および一般管理費」というのが各部門の支出合計つまり決算報告書(総会議案書25p.)の活動費合計金額となります。
「当期純利益金額」というのが単年度会計赤字か黒字か、その金額がいくらかということを示します。

平成25年度は100万円を超える赤字決算となりましたが、これには理由があります。
この時、会費納入の簡素化・納入費用削減・収入規模の明確化を目的として
会費納入方法を従来のコンビニ等の振込から口座引落しに変更となりました。
詳細は県士会サイト>会費>会費納入方法の変更について でご覧いただけます。

この変更に伴う一連の作業は大変だったと思いますが
会費納入方法を変更したことで会員数から収入概算が明確になり安心して予算立案が可能となりました。
また年間40万円以上の費用削減も叶いました。
県士会にとって、一時的にはマイナスになっても長期的には大きなプラスになりました。

実は平成24年度の会費収入は¥11,881,000円で当期純利益金額が¥394,576円となっています。
先の記事でお知らせしましたように
県士会収入の予算の3/4は会費収入ですから
表の一番上の「会費収入」が一番下の「当期純利益金額」が見事に影響しているのがおわかりいただけると思います。

どんなに素晴らしいアイデアがあったとしても
お金がなければ県士会の事業としてそのアイデアを具現化することはできません。

この数字からも会員のみなさまが会費納入してくださるということがそのまま県士会活動に大きく影響を与えることをご理解いただけるのではないかと思います。
本当にどうもありがとうございます。

そのことを端的に表しているのが平成27年度28年度の会費収入と当期純利益金額です。
平成27年度は会費収入が前年度よりも落ち込んでいます。
その結果、当期純利益金額も少なくなっています。かろうじて単年度会計の赤字化を免れてはいますが。
この年は本当に大変でした。
どの部門も予算希望額よりも大幅に削減した年ですが、それでも赤字ギリギリだったわけです。
その理由はいろいろありますが、退会者数が見込みよりも30人多かったこともその1つです。
ところが、平成28年度は退会者数は27年度とほぼ同数でしたが、入会者数が飛躍的に伸びました。
27年度よりも80人も増えたのです。

入会者数増加の陰には、たくさんの方のご協力がありました。
たとえば福利部では
新入会員オリエンテーションの時期を前倒ししたり
学術部とタイアップして研修会開催後に開催することで
参加者数を大幅に増やしたり
また県内養成校の教員の方々のご協力を得て卒業前の学生さんに県士会のPRをしていただいたり
職場でも新卒の方に入会を勧めてくださったたくさんの方がいらしてくださったと思います。
それらすべてが実を結んだのが平成28年度の入会者数の大幅な増加というカタチになって現れたのだと思います。
本当にどうもありがとうございました。
年度途中で大幅な増収が見込めましたので、29年度の予算案立案時にはすべての部門の希望金額を予算化することができました。

このことからも、
会員のみなさまの会費納入がどれだけ県士会収入を支えてくださっているか
どれだけ県士会の活動を支えてくださっているか
ということが言えるのです。
本当にどうもありがとうございます。

そして、このことは逆の言い方をすると
県士会活動が現状に甘んじることなく
「やらねばならない事業」
「やりたい事業」
「先手を打って将来のためにやっておいた方が望ましい事業」
にまで手を広げることができるようになるためには、
残念ながら現状の収入では心もとないという現実があります。

そのあたりを次の記事でご説明いたします。
是非今後とも引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpc/finance/post/2017/194

5月 20 2017

決算・予算の補足説明 New!!

会費76%

円グラフ「収入割合」



 

 

5月14日(日)に横浜開港記念会館で一般社団法人神奈川県作業療法士会の社員(代議員)総会が開催されたことは既にお伝えしました。

そこで「財務情報の見える化」の一環として
現状の県士会の財政状況について、つまり総会議案書にある決算書・予算案について補足説明をしましたので、こちらでも総会で行った説明をいたします。

だって、パッと見だけじゃ数字の羅列にしか見えなくないですか?
どう読み解くのか説明してもらわないと赤字か赤字でないかぐらいしかわからなくないですか?
財務担当理事になるまでは、そんな状態だったよっしーです (^^;

では、さっそく☆

まずは上の(円グラフ1)をご参照ください。
こちらは平成28年度の収入の予算をグラフ化したものです。
一目でおわかりいただけるように、収入の3/4は会員のみなさまの会費で成り立っているんです。
さらには「雑収入」の内訳は県学会・臨床大会の参加費収入と貸付助成金の返金です。
会費収入76%+研修会参加費収入15%+学会・臨床大会4%=95%
県士会の収入の95%は会員のみなさまの会費収入と研修会に参加してくださることによって成り立っています。
みなさま一人ひとりの県士会へのご参加によって県士会が支えられていることになります。
本当にどうもありがとうございます m(_ _)m

みなさまの会費があるからこそ成り立つ県士会ということをお金の側面からご説明いたしました。

それでは次に
モノゴトには何事も経過と背景があるものですから
県士会の財政状況の経過についてご説明していきますね (^^)

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpc/finance/post/2017/193

5月 17 2017

社員総会を傍聴してきました New!!


平成29年5月14日(日)に横浜開港記念会館で神奈川県作業療法士会第4回社員総会が行われました。

今回、私とユモ助さんは一般で申し込んで傍聴してきました。

 

会場で受付をすると総会議案書や資料を受け取ります。

一般傍聴者は先着20名とのことですが、今回は私とユモ助さんの2名だけでした。


 

 

会長から各部門の28年度活動報告。財務部長から28年度の決算報告、29年度予算案報告。表彰。次年度の会長、副会長、事務局長の発表などが行われました。

 

また、この総会をもって10年間務められた監事を退任される清宮先生から「こういう場に若い人がもっと積極的に参加したくなるような士会になって欲しい」というお言葉がありました。清宮先生には財務部として監査でお世話になり、監査中に困った事例があると、いつも豊富な経験から的確なアドバイスを頂きました。

 

最後に閉会の挨拶の中で、県や市、様々な団体と交渉をする時に士会の加盟率を聞かれることが多く、加盟率が高い団体=信頼出来るという解釈があるそうです。なので、職場に会員未入会の人がいたら入会を勧めて下さいという話しで総会は締めくくられました。

 

 

Permanent link to this article: http://kana-ot.jp/wpc/finance/post/2017/192