Tag: 手工芸

お花マグネット


先日行われた「認知症をにんちしよう会」の景品で用いられた「お花マグネット」をactivityで紹介します。

<材料>
ペットボトルキャップ、リボン(両面テープがついたもの)、マグネット、紙粘土(茶色や緑だと綺麗に作れます)、造花、ラッピング袋、はさみ
※すべて100円均一で揃います
※リボンに関して、両面テープを自分でつけて貼る方法もあります。しかしはがれやすいため、グルーガンで止める必要があります。


<作り方>
①ペットボトルキャップの外側にリボンを柄のついたテープを貼る。
②ペットボトルキャップの中にマグネット入れる。


③紙粘土を敷き詰める

④造花を適切な長さに切る(造花の柄の長さは0.5cm~1cm程度だとコンパクトにまとまります)


⑤挿す

⑥完成


⑦ラッピング袋に入れる。

<段階付け>
花の種類を少なくする→花の種類を多くする

柄の長さを予め切っておく→自分で調整して切ってもらう

見本を真似る→自由に作成する

<特徴>
見栄えがよい作品が出来上がります。
他者へのプレゼントとしても好評です。
柄の長さを大体揃え、隙間なく埋めると綺麗に仕上がります。
道具は100円均一で揃います。
対象者のセンスが光ります。

<注意点>
巧緻性が低下することで花と花の隙間できやすくなります。その他、隙間に花を埋めようとした時に、しっかりと刺さっていない事がありますので注意が必要です。

<適応可能な状態像>
短期記憶が低下している方でも可能です。(昔華道をされていた方は上手かもしれません、試した事はありませんが…)
段階付けにて難易度を下げる事で、多くの方が対象になります。

<投稿者からの一言>
一回の介入時間で作成することができます。
贈答には持ってこいの活動だと思っております。
柄を切る作業は握力も必要になります。高齢者だと難しい場合があるので、切ってから渡すとよいです。
最初の見本作りは手こずると思います(花の種類と配色、柄の長さを難しく考えてしまうため)。対象者に提供する際は、難易度設定を一番低くしてから提供すると上手くいきます(^^)

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/marche/2017/191

切り紙



手指の巧緻性が保たれている方にオススメのActivityとして「切り紙」をご紹介します☆

<材料>
綺麗な折り紙・和紙・包装紙


 

<準備>
よく切れるハサミ
(私は紙を切る専用のハサミを用意しています)


 

<作り方>

折り紙を三角に3回折りたたみます。
「切り紙」の本などを参考にして模様を書きます。
(折りたたみ方もいろいろあります)


この時に図と地の判別がしやすいように切り落とすところを塗りつぶすと
切り間違いを防ぐことができます。

ここまでは、あらかじめ準備しておきます。

ハサミで線の通りに切っていただきます。
「折り紙が1枚になるようにそーっと広げてください」
と言って広げていただきます。



ハサミで線にそって切り落とすことが可能な方であれば
折り紙を破らないようにそっと開くことが可能だと思います。



この時に、黒い台紙の上に
切り開いた折り紙を置いていただくと
一層綺麗さが引き立ちます。


<難易度の段階づけ>
A シンプルな模様 → 複雑な模様
複雑な模様の方が難しくなります。

B 直線で構成された模様 → 曲線で構成された模様
曲線の方がハサミの扱い方、両手の恊応などをより要求されます。

C 大きな模様 → 小さな模様
大きな模様の方が簡単です。


<特徴>
手指の巧緻性、両手の協応性など身体能力は必要ですが
認知面では工程を覚えなくてすむという面があります。
線にそってハサミで切り落とすだけで完成します。
広げた時の見た目の綺麗さは思わず「わーステキ!」と声が上がります。
100均などでも綺麗な折り紙がたくさん売られていますし
お菓子の包装紙もおしゃれで綺麗なものがあります。
同じ模様でも紙が違うと雰囲気も変わります。
材料費も安価でコスパもGood!


 

<適応可能な状態像>
工程を覚えなくてもできるActivityなので
近時記憶が低下していても
即時記憶が保たれている方で
手指の巧緻性が保たれている方に向いています。
お年寄りだと手指の巧緻性が低下してしまう場合が多いですが
中には手指の巧緻性が保たれている方が必ずいらっしゃいます。
そのような方にオススメします☆


 

<投稿者からのひとこと>
見た目がとても綺麗なので、ご家族の方にお見せすると
「こんなに綺麗にできるんですね」と驚かれ喜んでいただけます。
性格的には几帳面な方、丁寧にモノゴトに向き合う方で
かつて縫い物や編み物を好まれていた方などに適していると思います。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/marche/2017/159

あずま袋

 

今日は、お年寄りの手続き記憶として定着している
「手縫い」を活かせるActivityとして「あずま袋」を紹介します☆

 

<材料>
手ぬぐい1枚
 もしくは
ふきん(縦横同じ長さを3枚1組)


その他に、縫い針&指ぬき&糸

 

<作り方>
* 手ぬぐいバージョン
手ぬぐいを表側(柄)を上にして机の上におきます。
手ぬぐいの横の長さを3等分します。



線Aを軸に中表に折り畳みます。
このときに赤い線の部分を青い線の部分が重なるように
黄色い線の部分と緑色の線の部分が重なるように
茶色の線の部分とオレンジ色の線の部分が重なるように折り畳みます。


布が2枚重なった状態の赤い線のところをまっすぐに縫います。
次に線Bを軸にして右側の布を中表に折り畳みます。



真ん中にある2枚目の布は縫わないように気をつけて、一番下の布と一番上の布の青い線の部分を縫います。
真ん中の布は下の写真のように少しよけておくと良いと思います。

(布が表裏反対ですけれど、イメージが伝われば)

ひっくり返して外表にして、持ち手を結べば出来上がり☆

 

* ふきん3枚組バージョン
ふきんをそれぞれ中表にして縫い合わせて、3枚で1枚の横長の状態にします。

同じように縫っていきます。
ひっくり返して、持ち手を結べば出来上がり☆

 

<難易度の段階付け>
手ぬぐい1枚の方が2カ所縫うだけで完成できますし
どこを縫うのかイメージしやすいようです。
ふきん3枚組だと、合計で4カ所縫うのと
縫うたびに布を折り畳んだりするので構成障害があると混乱しやすいかもしれません。

<特徴>
手ぬぐいもふきんも、どちらも周囲がすでにかがられている状態で販売されているので
まっすぐに縫うだけですぐにできるのがポイント高し☆
かつて、和裁を習っていた、羽織袴を縫っていたとおっしゃるお年寄りは多くいらっしゃいます。
けれど、浴衣や着物を縫い上げるとなると工程も多く難易度も高くなってしまいます。
このあずま袋なら、手縫いをしていたという手続き記憶を活用して
工程を覚えなくてもすぐにできあがるし、完成した時の見栄えがとても良いので
お年寄りの満足感も高いですし
ご家族へのプレゼントにすれば、間違いなく喜ばれて
「そういえば、昔よく縫い物していたなぁ」等と
かつてのお姿を思い出せるきっかけになるのも良いところだと感じています。

<適応可能な状態像>
かつて和裁などの縫い物をよくしていた方
両手の協応性が保たれている方
近時記憶障害が重度でも即時記憶が保たれている方

<投稿者からのひとこと>
工程が少ない
短時間で仕上がる
できあがりがキレイ
と認知症のある方にももってこいのActivityだと感じています。
ただ、くれぐれも針の取り扱いには要注意です。
お年寄りは、ちょっとお茶を飲んだりという時に
針をご自身の上着などに刺したりすることもあります。
そのまま忘れてしまったりすることのないように気をつけますし
開始前と終了後に針の本数を数えるなどのリスク管理も徹底しています。
ー PS ー
お年寄りが縫いながら針先を髪の毛につける仕草が大好きです (^^)

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/marche/2017/92

毛糸モップ



段階付けが多用なActivity「毛糸モップ」を紹介します☆

<材料>
針金のハンガー
アクリル毛糸
ビニタイ
両面テープ
ビニールテープ
リボン
* 大きめのハンガー1つに毛糸玉2個弱でできます。

<準備>
毛糸1本の長さ28㎝程度に切りそろえておきます。
毛糸の長さが短かいと、より高い手指の巧緻性が必要とされます。

<作り方>
ハンガーに毛糸を二つ折りにして輪の中に糸先を揃えてくぐらせてからキュッとひっぱります。


写真のように少しハンガーをたわませておくと作業しやすくなります。


ぐるっと持ち手の付け根のところまで結びつけたらOK
キュッとひっぱっておくと、後になって毛糸が緩むことがなくなります。

この後は、ハンガーを変形させてモップの形に仕上げていきます。
(この工程は難しいのでお手伝いすることが多いです)


赤く目印をつけたところをビニタイで固定します。
(写真では、わかりやすいように毛糸のない状態で示してあります)

次に持ち手を仕上げます。
針金のハンガーなので手を傷つけないように
持ち手の部分をビニールテープでぐるっと巻き付けます。
それからビニールテープに両面テープを貼付け、そこにリボンを螺旋状に貼付けます。
最後に蝶々結びにしたリボンを飾り付けて
糸先をハサミで切り落としてきれいに揃えれば完成☆

<難易度の段階付け>
A  毛糸を複数色で行う
(例1)3色用意して1色ごとに色を変える
(例2)5本むすびつけるごとに色を変えてできあがりが2色のツートンカラー仕上げにする

B  ハンガーの大きさ
(例1)100均では子供用のハンガーも販売されています。子供用のハンガーは小さいので早くできます。
初回のお試し用や疲れやすい方に向いています。

C 糸端をセロテープで留めておく

手指の巧緻性が低下していると、
2本の糸端をそろえたまま糸をハンガーにくぐらせる
ことがが困難になる場合も少なくありません。
そんな時には写真のように、毛糸の両端をあらかじめセロテープで留めておきます。
毛糸をそろえたまま動かすという身体的な同時並行作業をせずにすみますので
負担感が少なく作業を行いやすくなります。

これがセロテープで留めた毛糸を結びつけた状態です。
後で糸端をハサミで切り落としてしまいますので
仕上がりには影響ありません。

<特徴>
少ない工程の繰返し作業なので幅広い方に使えます。
仕事的要素が強い。
身体運動感覚を多用する。
仕上がりが綺麗
ご家族へのプレゼントにもなる。

<適応可能な状態像>
HDS-R3点の方でも実施できる方もいます。
構成障害が重度だと難しいかもしれません。
ハンガーを固定しておけば片麻痺のある方でも実行できます。

<投稿者からのひとこと>
かなり幅広い状態像の方に使えるなーという印象をもっています。
認知症のある方がご家族の方へのプレゼントのために
作れるというのも良いのではと感じています。
「こんなのが作れるんですね」と驚かれ喜ばれるケースがとても多いです。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/marche/2017/69