Tag Archive:

11月 23 2015

妊娠中の抗てんかん薬投与が子供の学習/記憶障害を引き超す可能性

妊娠中の抗てんかん薬投与が子供の学習/記憶障害引き起こす可能性-九大(マイナビニュース 2015/11/20)
http://news.mynavi.jp/news……11/20/208/

≪概略≫
・抗てんかん薬であるバルプロ酸(VPA)は妊娠中の投与が子供の学習・記憶に悪影響を与え、またこれらの能力低下は自発的運動にて改善できる
・実験においてVPA曝露マウスは神経幹細胞の数が少なく新生されるニューロンの数も減少。また、機能的な異常もおこる
・自発的運動は海馬のニューロン新生を亢進させ、新生ニューロンの機能的な異常も改善できることが判明
・これらの知見を人に適応する際、適切な運動療法の程度や強度、期間など検討すべき点は多い

5月 04 2013

50難病、iPS使い新薬

50難病、iPS使い新薬・・・国主導産学連携で(YOMIURI ONLINE 2013/5/3)

http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=77116

≪概略≫
・政府は、iPS細胞を使い患者数が少ない難病の新薬開発を加速させるプロジェクトにのりだした
・パーキンソン病など50以上の難病が対象
・基礎研究から薬の実用化までにらみ、産学の連携で日本発の難病治療薬を送りだす構想

1月 14 2013

抗うつ薬、脳細胞生成に効果

抗うつ薬、脳細胞生成に効果 藤田保健大、マウスで成功(asahi.com 2013/1/5)

http://apital.asahi.com/ar……00001.html

≪概略≫

・うつ病の薬の成分が、大脳皮質で新たに神経細胞を作る働きを促進することが藤田保健衛生大学のマウスを使った実験で分かった。

・新しく生まれた細胞には周りの神経細胞が死ぬのを防ぐ働きもあることが分かった

・脳卒中に伴う脳の障害を防ぐ治療法につながる可能性も。

1月 09 2013

〈医療立国〉再生医療、創薬…ⅰPS細胞が開く可能性

〈医療立国〉再生医療、創薬…ⅰPS細胞が開く可能性(MSN産経ニュース 2013/1/3)

http://sankei.jp.msn.com/life/news/130103/bdy13010318000002-n1.htm

≪概略≫

・京都大の山中伸弥教授による人工多能性幹細胞(iPS細胞)の研究成果は、病気の原因究明や治療法の確立につながるだけでなく、新薬開発のリスク低減など幅広い分野での応用が期待される。

・理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの高橋政代プロジェクトリーダーらは近く、iPS細胞から作った網膜の細胞を使い滲出型加齢黄班変性を治療する臨床研究に乗り出す。

・慶応大の岡野栄之教授らはiPS細胞から作った神経細胞で、脊髄損傷で首から下がまひしたサルの運動機能を回復させる実験に成功した。

・難病の原因究明や薬の効果、毒性を調べる細胞実験などでもiPS細胞への期待は大きい。

12月 18 2012

「レヴィ小体病」脳萎縮の関連物質を特定

「レヴィ小体病」脳萎縮の関連物質を特定-放医研、認知症治療に可能性(CBnews 2012/12/10)

http://www.cabrain.net/news/article.do?newsId=38772

《概略》
・法医研の研究グループが「レヴィ小体病」の脳萎縮にアルツハイマー病発症の原因とみられる「アミロイド」と呼ばれるたんぱく質の蓄積が関連していることを解明
・ アルツハイマー病に対する新規治療薬がレヴィ小体病の治療への寄与が期待される

1 / 3123
Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com