Tag Archive: 中枢神経

7月 05 2015

脳損傷時の記憶障害の程度を予測する方法を開発

順天堂大など、脳損傷時の記憶障害の程度を予測する方法を開発(マイナビニュース 2015/7/1)
http://news.mynavi.jp/news……07/01/521/

《概略》
・記憶課題遂行中のサルの脳活動をfMRIを利用し領域の同定。領域がネットワークを形成していることを発見
・活動領域のネットワークの変化を定量的に予測するアルゴリズムを開発し、脳の情報処理の中心的な部位を特定
・これらの研究は後遺症の程度やリハビリ方針の最適化に役立つことが期待される

12月 29 2011

ALS、発症メカニズム解明

難病ALS、発症メカニズム解明・・・九大・慶大(YOMIURI ONLINE 2011/12/28)

http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=52361

≪概略≫

・九州大と慶応大の研究チームが、筋委縮性硬化症(ALS)の発症メカニズムをマウス実験で解明したと発表

・脊髄で分解酵素の働きが低下、神経を活性化させるアミノ酸が増加、蓄積するため、筋肉の委縮を引き起こすという

12月 04 2011

多発性硬化症、初の経口薬が登場

初の経口薬が登場、多発性硬化症の現状とは(CBnews)

http://www.cabrain.net/news/article/newsId/36082/page/0.html

≪概要≫

・多発性硬化症(MS)治療薬として、国内初の経口薬が11/28に発売された

・MSの現状について、インターフェロン製剤との相違点を医師が説明

10月 14 2011

京大、多発性硬化症関連疾患の鑑別方法を開発

京大、パターン解析手法を活用した多発性硬化症関連疾患の鑑別方法を開発(マイコミジャーナル)

http://journal.mycom.co.jp/news/2011/10/12/099/index.html

≪概要≫

・京大の研究グループが、脳脊髄液プロテオミクスパターン解析手法を用い、多発性硬化症関連疾患を鑑別することに成功したと発表

・多発性硬化症の治療が有害に働く場合がある、類似疾患である「視神経脊髄炎」との鑑別が可能となる

8月 06 2011

中枢神経再生を促進する物質発見 

中枢神経:再生を促進する物質 横浜市大准教授ら、マウスの脳で発見(毎日jp)

http://mainichi.jp/life/health……6000c.html

《概要》
・中枢神経で、再生を促進する方向に作用するとみられる物質を、横浜市立大の竹居光太郎准教授(神経科学)らがマウスの脳内から発見 

・竹居准教授が「LOTUS(ロータス)」と名付けた物質は、ヒトにも存在し、神経の再生医療につながる可能性

                              

Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com