Tag: 厚生労働省

第50回作業療法士国家試験、合格発表出る

第50回理学療法士国家試験及び第50回作業療法士国家試験の合格発表について(厚生労働省 2015/3/30)

http://www.mhlw.go.jp/gene……about.html

≪概略≫
・作業療法士試験の合格率77.5%(受験者数5324名・合格者数4125名)
・そのうち新卒者の合格率は85.5%
・合格基準、除外問題(4問)についても掲載

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp/brain/post/1054

「急性期」「回復期」病棟を4分類・・・厚労省、今月から

「急性期」「回復期」病棟を4分類 高齢者寝たきり防止 リハビリ促す(2014/10/4 読売新聞)

http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=106049

《概略》
・住宅支援、リハビリのため病棟を「高度急性期」「急性期」「回復期」「慢性期」の4分類し医療体制拡充を目指す
・現行の体制では高齢者医療の病床数が少なく、救急患者や重症患者ではリハビリなどの支援が乏しい
・身体機能の低下した高齢者が寝たきりになりやすいなどから病棟を機能分化することで明確化し対応する

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp/brain/post/959

精神病床「居住化」条件付きで容認へ

精神病床「居住化」条件付きで容認へ(朝日新聞 2014/7/2)
http://apital.asahi.com/article/news/2014070200013.html

《概略》
・精神科病床の病床を軽減し住居施設に転換する政策案に対し厚生労働省は認めることを決定
・厚生労働省は敷地内にグループホームを作れる制度改正を進めるが強い反対意見も存在し試行的に実施し、運用していく
・住居転換に関して複数の条件が付くことで容認が決定された

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp/brain/post/894

第49回作業療法士国家試験の合格発表について

第49回理学療法士及び及び第49回作業療法士国家試験の合格発表について(厚生労働省 2014/3/31)

http://www.mhlw.go.jp/gene……about.html

≪概略≫
・作業療法士試験の合格率86.6%(受験者数5474名・合格者数4740名)
・そのうち新卒者の合格率は94.2%
・合格基準、除外問題についても掲載

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp/brain/post/822

平成26年度診療報酬改定について

平成26年度診療報酬改定について(厚生労働省 2014/2/12)

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000032996.html

《概略》

・長期間にわたり精神科デイ・ケア等を提供している際の評価の見直し

・重度の認知症患者に対する短期の集中的な認知症リハビリテーションの評価の新設

・急性期の精神疾患患者に対するチーム医療を推進し、早期退院を促すため計画に基づいた医療を提供した場合の評価を新設

・病状が不安定な患者の地域移行を推進する24時間体制の他職種チームによる在宅医療に関する評価を新設

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp/brain/post/796

平成26年度診療報酬改定について

平成26年度診療報酬改定について(厚生労働省 2013/2/12)

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000032996.html

≪概略≫
・重点課題は、医療機関の機能分化・強化と連携、在宅医療の充実など
・急性期病棟への専門職の専従配置、介護分野でのリハへの移行に加算も。また維持期リハの見直しも行われた。
・認知症専門医療機関での認知症患者リハビリテーション料が設置される

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp/brain/post/793

重症向け急性期病床1/4削減へ

重症向け急性期病床4分の1削減へ 医療費抑制で転換(朝日新聞Digital 2014/2/7)

http://apital.asahi.com/article/news/2014020700008.html

≪概略≫
・厚生労働省は、症状が重く手厚い看護が必要な急性期病床について、2015年度末までに約9万床減らす方針を固めた
・急性期ではない患者の入院も目立っていた
・急性期病床以外での看護師不足も招き、批判が強まっていた

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp/brain/post/791

病院食、宅配OK・・・家庭での食事管理が容易に

病院食、宅配OK・・・家庭での食事管理が容易に(YOMIURI ONLINE 2013/12/3)

http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=89034

≪概略≫
・厚生労働省は、退院後在宅療養を続ける患者に、医療法人が病院食を届けられるよう通知を出すことを決めた
・通知では、医療法人が病院などで作った食事を、医師が必要と認めた元入院患者や通院患者たちに、弁当で出したり家庭に配達したり出来るようにする

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp/brain/post/767

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com