重症向け急性期病床1/4削減へ

重症向け急性期病床4分の1削減へ 医療費抑制で転換(朝日新聞Digital 2014/2/7)

http://apital.asahi.com/article/news/2014020700008.html

≪概略≫
・厚生労働省は、症状が重く手厚い看護が必要な急性期病床について、2015年度末までに約9万床減らす方針を固めた
・急性期ではない患者の入院も目立っていた
・急性期病床以外での看護師不足も招き、批判が強まっていた

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp/brain/post/791