多動性障害治療薬「コンサータ」大人も使用可に

多動性障害治療薬「コンサータ」 大人も使用可に(産経ニュース 2014/2/26)

http://sankei.jp.msn.com/life/news/140226/bdy14022609010002-n1.htm

《概略》

・注意欠陥多動性障害(ADHD)の治療薬「メチルフェニデート塩酸塩」(コンサータ)が、18歳以降の成人期の患者にも使えるようになった。

・心理社会的治療を施し、改善しなかった場合薬物療法を組み合わせるする。現在まで「ストラテラ」に次ぐ2剤目

・子供に比べ大人の患者の治療環境は十分とは言えない

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp/brain/post/799