脳性まひ:新生児さい帯血の幹細胞移植

脳性まひ:新生児さい帯血の幹細胞移植  低酸素性脳症、治療に光 埼玉医科大など臨床研究へ(2014/8/27 毎日新聞)

http://mainichi.jp/shimen/……7000c.html

≪概略≫
・大阪市立大、埼玉医科大学などは、脳性まひを減らす目的に、低酸素脳症で生まれた新生児に幹細胞を移植する臨床研究を秋から始めると発表
・対象になるのは、新生児が仮死状態になり、脳に酸素や血流が不足して意識障害などを起こす「新生児低酸素性虚血性脳症」
・米国の大学でなどではすでに実施されており、生存率に差はなかったが、発達が正常だった割合に差がみられている

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp/brain/post/926