緑茶で認知症リスク減

緑茶で認知症リスク減(読売新聞 2014/5/16)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=98358

《概略》
・60歳以上の982人を対象に緑茶・コーヒー・紅茶を飲む頻度を調べ、5年後に再調査
・緑茶を頻繁に飲む機会のある人は、ない人と比べ認知機能低下のリスクが三分の一~二分の一となっている
・カテキン類やポリフェノールが認知機能低下の予防に関わっている可能性がある

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp/brain/post/848