餓死状態はアルツハイマー病に悪影響を与える

餓死状態はアルツハイマー病に悪影響を与える(マイナビニュース 2015/7/14)
http://news.mynavi.jp/news……07/14/607/

《概略》
・神経変性疾患は細胞内外の異常たんぱく質の蓄積が原因とされるが異常たんぱく質の除去細胞機構としてオートファジーがある
・オートファジーには2種類が存在し、誘導性オートファジーに関しては脳内に存在しないとされていたが、技術の開発により脳内の存在を発見
・飢餓により誘導性オートファジーの過度な活性化はベータアミロイドを溜め込みアルツハイマー病態を悪化させるリスクがあることも発見

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp/brain/post/1108