脳腫瘍の生存率、遺伝子の傷で差

脳腫瘍の生存率、遺伝子の傷で差,,,治療法開発に期待(読売新聞 2015/4/14)

http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=117378

《概略》
・脳腫瘍の半数以上は遺伝子の傷付き方で生存率が変化する
・遺伝子の傷付き方は3種類ありその3つの組み合わせによって生存率は90%、70%、20%と差がある
・がんの多くは遺伝子が傷つき発症し脳腫瘍の神経膠腫は3分の2は比較的悪性度が低いといわれている

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp/brain/post/1064